野鳥の素顔 <野鳥と日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

タグ:月 ( 190 ) タグの人気記事

弓張月と木星

月齢6.611(46.773%)の弓張月(七日月)
c0198669_22330993.jpg

木星と内側から「イオ」「エウロパ」「ガニメデ」「カリスト」の4つのガリレオ衛星
c0198669_22325877.jpg

eg85x50em10+50006-191005

by doi_masanori | 2019-10-06 00:00 | 天体

中秋の名月

雲の合間をついて、十五夜の中秋の名月を撮ってみた

c0198669_23501682.jpg

eg85x50g20em10+30034-190913



by doi_masanori | 2019-09-14 00:01 | 天体

十一夜月

残暑の夜、煌々と輝く宵月を二階の窓越しに撮ってみた。

c0198669_23205371.jpg

eg85x50g20em10+90010-190909

by doi_masanori | 2019-09-10 00:00 | 天体

満月

夜、家の外へ出ると、目線のやや上から真ん丸い月が目に飛び込んで来た。久し振りの満月を撮る事にした。撮り
終えてから、満月の状態を調べてみると、月面に光が当たって輝いている面積の割合「揮面比」が99.998%
と、100%に近い満月だった。そこで100%の満月の時間帯を調べてみると20時25分から21時30分と
言うことで、30分位前に撮っていれば100%の満月が撮れていたことになる。              

フィールドスコープに75倍のアイピースが付いていて、取り換えずそのまま使用したので真ん丸が撮れなかった
c0198669_17130552.jpg
c0198669_17115971.jpg
c0198669_17112919.jpg

Nikon EDG85 / 75WDS / Sony NEX-6 / Sigma30F2.8

by doi_masanori | 2018-08-28 00:00 | 天体

国際宇宙ステーションと弓張月

Mag-3.9の明るいISSが春の大三角形を横切って通過した。南南西の空から見え始め南東の高さ60度の位置で
最高光度-3.9等の明るさで東北東の夜空に消えて行った。今回、最高光度の方位は南東でこの時間帯にはMag-2.5
の木星が煌々と輝いていて、其の上にある春の大三角形の真ん中を通り抜けた。抜け際に「うしかい座」の一等星
「アルクトゥルス」があり、あわや衝突かと思わせるニアミスを見ることが出来た。ISSが見えなくなった後、
南西の夜空に7日目の弓張月が輝いていた。                               

星空案内
c0198669_18335845.jpg

f10(換算15mm) s30secx5=2分30秒 5フレームスタック
c0198669_18335122.jpg
Sony α6000 / E10-18F4

ISS通過直後の月齢5.97の弓張月
c0198669_18334427.jpg
Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax KP

by doi_masanori | 2018-05-23 00:01 | 天体

十五夜お月さん

久し振りに満月を撮ることが出来た。月齢13.560、満月度99.825%でほぼ真ん丸の十五夜お月さん。

c0198669_22461983.jpg

Nikon EDG85 / 50WDS / Sony NEX-6 / Sigma 30F2.8

by doi_masanori | 2018-05-01 00:00 | 天体

弓張月(七日月)

丁度1か月前にも弓張月を掲載しているが、今回も晴天の夜空に同じ月が輝いていた。月齢が6.425と前回
(5.650)と比べてやや増えていたが、同じ七日目の弓張月だった。                 

c0198669_17384413.jpg

Nikon EDG85 / 50WDS / Nikon CP P340

by doi_masanori | 2018-04-24 00:01 | 天体

弓張月(七日月)

月齢5.650の弓張月 f2313=f30x1.5x51.4 F27.2(F2.8) iso800 s1/100

c0198669_22255086.jpg

Nikon EDG85 / 50WDS / Sony NEX-6 / Sigma 30F2.8

by doi_masanori | 2018-03-24 00:01 | 天体

有明月と朝の太陽

早朝、鳥撮りに出かける時は暗い内に出でる事も多い。今の時期の日の出は午前7時頃だから午前6時半頃は未
だ暗さが残っている。玄関を出て暗い空を見上げると、下弦の月から日毎に細くなり始める最初の「有明月」が
暗い寒空に煌々と輝いている。あまりの美しさについカメラを取り出し、車のドアに持たせ掛け何枚か撮った。
日の出前に目的地に着たので日の出も撮る事にした。途中、明るくなった空に「有明月」が薄っすらと見えた。

早朝の寒空で輝く「有明月」(月齢22.62)at 6:25
c0198669_17464801.jpg

この日の「太陽」は雲に阻まれ顔を出した
c0198669_17464386.jpg
c0198669_17463757.jpg
c0198669_17463021.jpg
c0198669_17462528.jpg

雲の上に全姿を見せた「太陽」
c0198669_17462032.jpg

みなもを黄金色に染めた
c0198669_17461432.jpg
c0198669_17460879.jpg

明けた空を見上げると角度を変えた「有明月」が見えた (月齢22.66) at 7:16
c0198669_17460064.jpg

太陽にカメラを向けると・・・
c0198669_17454890.jpg

測光位置を変え且つEV-5迄下げて・・・
c0198669_17454291.jpg

測光位置を変えて・・・少し明るく
c0198669_17453739.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2018-01-13 00:01 | 風景

今年の初めはスーパームーン

正月の2日深夜から明け方に見えた月は、今年見ることが出来る満月で最大のものとなる。満月が最大と言うこ
とは地球と月の距離が最短になり、丁度その時がほぼ満月となることが条件となる。因みに最短になる時刻は、
2日の7時頃、そして満月になる時刻は11時頃で最短距離と満月の瞬間は一致しないが、最短距離356,5
65kmの時の満月度は99.950%でほぼ満月故この時が最大とされている。また、満月度100%の満月
の瞬間の時の距離は356.595kmで30km程遠くなる。距離最短時と満月の瞬間時は、明るくてなって
いるので月のデテールが見辛いので、深夜から明け方が良いことになる。                 
この「スーパームーン」は2日0時過ぎに撮影したもので、撮影スペックは画像左上記載の通りとなっている。

f=45mmx38倍=1710mm(35mm換算) iso200  s1/25
 S’ムーンの月面詳細は、2回拡大すると見ることが出来る 
c0198669_18244830.jpg

Nikon ED82 / D.com 30WFA / Sony NEX-6 / Sigma 30F2.8

by doi_masanori | 2018-01-04 00:01 | 天体