野鳥の素顔 <野鳥と日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

タグ:シジュウカラ ( 59 ) タグの人気記事

春を待ち侘ぶシジュウカラ

桜の木を好んでやって来る「シジュウカラ」だが、冬本番の今は、芽も固く、春は未だかと待ち侘びている様に
も見える・・・?。然し、そんな風に思っているのは人間だけなのかも知れない。果たして彼等は、・・・?。

c0198669_22203859.jpg
c0198669_22203316.jpg
c0198669_22202931.jpg
c0198669_22202259.jpg
c0198669_22201631.jpg
c0198669_22201074.jpg
c0198669_22195980.jpg
c0198669_22195384.jpg
c0198669_22194835.jpg
c0198669_22194104.jpg

b71em10mk2+00065-190110

by doi_masanori | 2019-01-24 00:01 | スズメ目/シジュウカラ科

ツグミとシジュウカラ

最近「ツグミ」の姿を見る様になった。まだ、地上で餌を啄んでいるところは見ていなく、比較的高い木の枝に止
まっているところしか見てない。近くの木で「シジュウカラ」が大あくび?しているところをGet。     

「ツグミ」が高い所に
c0198669_18012304.jpg
c0198669_18011730.jpg

これは ”あくび” か?
c0198669_18010924.jpg
c0198669_18010224.jpg
c0198669_18005456.jpg
c0198669_18004728.jpg

Borg 71FL / Olympus OM-D E-M10MK2

by doi_masanori | 2018-12-21 00:01 | スズメ目/ツグミ科

シジュウカラ 木の上で忙しそう  

木の枝や新芽、若葉に潜んでいる昆虫の幼虫等は、小形の野鳥達にとっては必要且つ嬉しい食べ物だ。「シジュ
ウカラ」も幼虫を探して採食しているが、他の仲間も採食の合間には羽繕い等もしなければならなく忙しそう。

c0198669_18434140.jpg
c0198669_18432418.jpg
c0198669_18431077.jpg
c0198669_18430180.jpg
c0198669_18425206.jpg
c0198669_18424361.jpg
c0198669_18423192.jpg
c0198669_18422487.jpg
c0198669_18415694.jpg
c0198669_18414863.jpg
c0198669_18414070.jpg
c0198669_18412405.jpg
c0198669_18411570.jpg
c0198669_18410838.jpg
c0198669_18405843.jpg
c0198669_18405128.jpg
c0198669_18404314.jpg
c0198669_18403413.jpg
c0198669_18402423.jpg
c0198669_18395505.jpg
c0198669_18394582.jpg
c0198669_18393305.jpg
c0198669_18391729.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2018-04-05 00:01 | スズメ目/シジュウカラ科

シジュウカラ 何を見つけた?

雑木が生い茂る茂みで「シジュウカラ」がゴソゴソ動いている。近づいてみると、蜘蛛の巣でもなく、白い真綿
の様なものに包まれたものを見つけて、周りの真綿を取り除こうと必死になっている。真綿に包まれているもの
は、どうやら昆虫の蛹らしきものだが、真綿が付いたまま飲み込んでしまい、直ぐ飛び去ってしまった。   

c0198669_20584239.jpg
c0198669_20583527.jpg
c0198669_20582281.jpg
c0198669_20581534.jpg
c0198669_20580928.jpg
c0198669_20574969.jpg
c0198669_20573549.jpg
c0198669_20553387.jpg
c0198669_20552717.jpg
c0198669_20551381.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2018-02-26 00:01 | スズメ目/シジュウカラ科

おしどりの里の野鳥たち

おしどりの里では管理人の伊藤さんが「オシドリ」の好物のドングリを川周辺に撒いて餌付けしている。お陰で
鳥見用のブースから色鮮やかな沢山の「オシドリ」を見ることが出来る。また、ブースの入り口付近の木立の周
りが整備され、此方にもヒマワリの種を置いて小鳥たちを呼び寄せている。「オシドリ」が一時的に居なくなっ
た時などに「ヤマガラ」「シジュウカラ」「カシラダカ」等の小鳥たちを見て楽しむ事も出来る。      

ヒマワリの種を啄む「ヤマガラ」
c0198669_17511125.jpg
c0198669_17510563.jpg
c0198669_17505912.jpg
c0198669_17505204.jpg
c0198669_17504665.jpg
c0198669_17503906.jpg
c0198669_17503427.jpg
Nikon ED82 / D.com 30WFA / Sony NEX-6 / Sigma 30F2.8

ヒマワリの種が目当てでは無さそうな「カシラダカ」
c0198669_17502146.jpg
c0198669_17500464.jpg
c0198669_17501125.jpg
c0198669_17495635.jpg
c0198669_17494967.jpg
c0198669_17494104.jpg
c0198669_17493489.jpg
c0198669_17492439.jpg
c0198669_17491631.jpg
c0198669_17491015.jpg
c0198669_17490445.jpg
c0198669_17485721.jpg
Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2018-02-16 00:01 | スズメ目/シジュウカラ科

シジュウカラ 葦の中には何がいる?

今、葦原に残っている葦は、随分と朽ち果てた姿になったものも多く見られる。また、茎の部分はしっかりして
いる様に見える葦でも茎に小さな亀裂が入っていたり、白っぽく或は薄黒く変色しているものも沢山ある。この
葦原にやって来る鳥達はこの葦の茎の中に好物が潜んでいることを知っている。此処に来た「シジュウカラ」も
然り、ここに居座りかなり長い時間かけて真剣に採食していた。恐らく腹いっぱいに成ったことだろう。   

c0198669_17560627.jpg
c0198669_17560056.jpg
c0198669_17555581.jpg
c0198669_17554905.jpg
c0198669_17553746.jpg
c0198669_17553027.jpg
c0198669_17552179.jpg
c0198669_17551448.jpg
c0198669_17550808.jpg
c0198669_17550177.jpg
c0198669_17545512.jpg
c0198669_17544782.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2018-01-31 00:01 | スズメ目/シジュウカラ科

シジュウカラ 住所変更!?

少し前までは山で生活していた「シジュウカラ」も近頃は平地に下りて来て、街路樹や公園の樹木等を生活の場
とする様になった。これからは平地の公園でも「メジロ」や「コゲラ」、時には「エナガ」等をも交えて混群で
木から木を定期的に巡回しているところを見ることが出来る。今の時点ではまだ単独で行動している事が多い。

c0198669_17124810.jpg
c0198669_17123974.jpg
c0198669_17123221.jpg
c0198669_17122659.jpg
c0198669_17120190.jpg
c0198669_17114801.jpg
c0198669_17114040.jpg
c0198669_17113307.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2018-01-29 00:01 | スズメ目/シジュウカラ科

梅の木のヤマガラとシジュウカラ

まだ蕾ばかりの梅の木に「ヤマガラ」と「シジュウカラ」が順番にやって来て、餌を捕る様子もなく蕾の付いた
枝の間を飛び回っている。「ヤマガラ」は元々単独で行動しているが、「シジュウカラ」は小群れで行動したり
「メジロ」たちと混群で行動する事も有る。今回は周りに仲間は見当たらないので自分だけでやって来た様だ。

「ヤマガラ」は雌雄同色故、見た目での判別は出来ない
c0198669_17475581.jpg
c0198669_17474820.jpg
c0198669_17474227.jpg
c0198669_17473651.jpg
c0198669_17473042.jpg

この「シジュウカラ」はネクタイが太いので♂と判断出来る
c0198669_17472081.jpg
c0198669_17471364.jpg
c0198669_17470786.jpg
c0198669_17470056.jpg
c0198669_17464117.jpg
c0198669_17463541.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2018-01-23 00:01 | スズメ目/シジュウカラ科

最後にシジュウカラが水浴びに

大きな石の穴に溜まった水場は野鳥達にとても重宝がられている様に思った。然し今回、4羽の野鳥達が順番にやっ
て来て最後に「シジュウカラ」がやって来たが、その後は待っていたが何も来なかった。重宝がられているとは言え
何時でも気軽に来れる場ではない様だ。勇気のある1羽が、水浴びなり水飲みをしていれば、それを見ていて其処へ
行く勇気が出てくるのかも知れない。だから!一気に短時間で順番に・・・と言うことになるのだろうか?。
c0198669_17371241.jpg
c0198669_17365845.jpg
c0198669_17364360.jpg
c0198669_17362801.jpg
c0198669_17361166.jpg
c0198669_17355601.jpg
c0198669_17354579.jpg
c0198669_17351163.jpg
c0198669_17342346.jpg
c0198669_17332435.jpg
c0198669_17331441.jpg
c0198669_17322358.jpg
c0198669_17311151.jpg
c0198669_17305560.jpg
c0198669_17310306.jpg

Nikon ED82 / D.com 30WFA / Sony NEX-6 / Sigma 30F2.8

by doi_masanori | 2017-12-05 00:01 | スズメ目/シジュウカラ科

シジュウカラ 何を見つけた?

岩陰で「シジュウカラ」が何かゴソゴソしている。よく見ると獲物を捕まえて足で押さえつけている。辺りを見
回しながら嘴で咥えたり、放したりしている。獲物は蜘蛛みたい?。「シジュウカラ」は木の実や種などの他
昆虫や蜘蛛なども好んで食べている。
c0198669_18452003.jpg
c0198669_18451391.jpg
c0198669_18450410.jpg
c0198669_18445833.jpg
c0198669_18445333.jpg
c0198669_18444761.jpg
c0198669_18444150.jpg
c0198669_18443548.jpg
c0198669_18441434.jpg
c0198669_18440798.jpg
c0198669_18440251.jpg
c0198669_18435671.jpg
c0198669_18435066.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-70

by doi_masanori | 2017-02-24 00:01 | スズメ目/シジュウカラ科