野鳥の素顔 <野鳥と日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

タグ:カワラヒワ ( 69 ) タグの人気記事

カワラヒワ ひまわりは枯れても

夏を象徴する太陽の花、ヒマワリも、華やかな花の時期を終えた後は、この様な惨めと言うか無残な姿になって
しまう。ところが自然界では綺麗な花も枯れてなくなることは常なる出来事。ひまわりは、春に種を撒く一年草
で、夏に花を咲かせ、秋には沢山の種を作る。その種が大好物の「カワラヒワ」は、その硬い種の皮を砕くため
に進化した様な嘴でもって、皮の中の実(種)を食べている。このひまわり畑には毎日沢山の群れでやって来て
いるが、ヒマワリの種もそれを上回る数が有るので、当分は「カワラヒワ」達の食事場所になるだろう。   

c0198669_18123417.jpg
c0198669_18122854.jpg
c0198669_18121931.jpg
c0198669_18120675.jpg
c0198669_18115643.jpg
c0198669_18114906.jpg
c0198669_18114165.jpg
c0198669_18113353.jpg
c0198669_18112048.jpg
c0198669_18111188.jpg
c0198669_18105423.jpg
c0198669_18104799.jpg
c0198669_18103875.jpg
c0198669_18101034.jpg
c0198669_18100357.jpg
c0198669_18095843.jpg
c0198669_18095293.jpg
c0198669_18094052.jpg
c0198669_18093484.jpg
c0198669_18092456.jpg
c0198669_18091875.jpg
c0198669_18091130.jpg
c0198669_18090262.jpg
c0198669_18085465.jpg
c0198669_18084914.jpg
c0198669_18083977.jpg
c0198669_18082963.jpg
c0198669_18081748.jpg
c0198669_18075716.jpg
c0198669_18074340.jpg
c0198669_18073350.jpg
c0198669_18072533.jpg
c0198669_18071913.jpg
c0198669_18071149.jpg
c0198669_18043199.jpg


b71x14i6+06079-190904

by doi_masanori | 2019-09-11 00:01 | スズメ目/アトリ科

カワラヒワ 道路路端で

     郊外の田んぼや畑のある所では「カワラヒワ」が小さな群れで行動しているのをよく見かける。今頃の時期は、     
草むらで草の実(種)等を採食している事がある。食欲旺盛な彼等は、大きな嘴の周りを汚してながら懸命に採
食している姿も時々目にする。舗装した農道に彼等が集まっていた。そーっと近づいて見たがやはり1羽.2羽
と飛んだり、歩いたりして行ってしまった。然し、1羽だけ逃げようともせず夢中になって何かを食べていた。
   
               
c0198669_18481044.jpg

c0198669_18480354.jpg
c0198669_18475742.jpg
c0198669_18475170.jpg
c0198669_18474596.jpg
c0198669_18473907.jpg
c0198669_18473465.jpg

皆、三々五々行ってしまった後に残った1羽 何やらムシャムシャ 
c0198669_18472922.jpg
c0198669_18472371.jpg
c0198669_18471730.jpg
c0198669_18471141.jpg
c0198669_18470554.jpg
c0198669_18465639.jpg
c0198669_18464980.jpg
c0198669_18464467.jpg
c0198669_18463772.jpg
c0198669_18463239.jpg
c0198669_18462773.jpg
c0198669_18461962.jpg
c0198669_18461289.jpg
c0198669_18460553.jpg
c0198669_18455942.jpg
c0198669_18455258.jpg
c0198669_18454311.jpg
c0198669_18453468.jpg
c0198669_18452894.jpg
c0198669_18452227.jpg
c0198669_18451516.jpg

b45em10+30184b9-190702

by doi_masanori | 2019-07-09 00:01 | スズメ目/アトリ科

何度も水浴びカワラヒワ

ぽかぽか陽気に誘われて、小鳥たちが水浴びをしているところが見られる様になった。「カワラヒワ」もチャプ
チャプ水浴びが好きな様で、以前にもよくその姿を撮ったことを記憶している。今回見つけた時には、川原に上
がって濡れた羽の羽繕いやストレッチをしていたが、それが終わると再び水に入って行った。水浴びの後、川原
に戻って来たが、その時のずぶ濡れの姿は何とも憐れみを感じるものだった。               

c0198669_18110930.jpg
c0198669_18110289.jpg
c0198669_18105219.jpg
c0198669_18104766.jpg
c0198669_18104296.jpg
c0198669_18103594.jpg
c0198669_18103041.jpg
c0198669_18102570.jpg
c0198669_18102082.jpg
c0198669_18101559.jpg
c0198669_18100904.jpg
c0198669_18100487.jpg
c0198669_18095935.jpg
c0198669_18095240.jpg
c0198669_18094722.jpg
c0198669_18094169.jpg
c0198669_18093281.jpg
c0198669_18092735.jpg
c0198669_18092238.jpg
c0198669_18091763.jpg
c0198669_18090827.jpg
c0198669_18090280.jpg

b71em10mk2+30148-190403

by doi_masanori | 2019-04-20 00:01 | スズメ目/アトリ科

栴檀の実とカワラヒワ

野鳥達が好む木の実はあちらこちらで見られるが、やや大きめだが栴檀の実は、「カワラヒワ」の好物でもある。
比較的嘴の大きい「カワラヒワ」でもスムーズに口の中に入れることが難しそうだ。一つの実を何とか食べようと
努力しているが、どうしても口に入れることが出来ないでいる可愛そうな姿を見てしまった。         


c0198669_17321688.jpg
c0198669_17320448.jpg
c0198669_17315931.jpg
c0198669_17315055.jpg
c0198669_17314350.jpg
c0198669_17313567.jpg
c0198669_17312924.jpg
c0198669_17312446.jpg
c0198669_17311862.jpg
c0198669_17311360.jpg
c0198669_17310694.jpg
c0198669_17310110.jpg
c0198669_17305677.jpg

この後も挑戦していたが、結局は口に入れることは出来なかった
c0198669_17305010.jpg

Borg 71FL / Olympus OM-D E-M10MK2

by doi_masanori | 2018-12-26 00:01 | スズメ目/ホオジロ科

栴檀の実大好きカワラヒワ

今の時期には栴檀の白い実がよく目立っている。「カワラヒワ」はこの栴檀の実が好物とみえ、あちこち色んなと
ころにある栴檀の木には白い実を頬張る「カワラヒワ」の姿が見られる。                  

c0198669_18483354.jpg
c0198669_18482147.jpg
c0198669_18465365.jpg
c0198669_18464642.jpg

Borg 71FL / Olympus OM-D E-M10MK2

by doi_masanori | 2018-12-20 00:01 | スズメ目/アトリ科

カワラヒワ 銀杏の木で

公園の銀杏並木の1本の木に「カワラヒワ」が飛び込んだ。「カワラヒワ」は、飛んでいる時に見える羽の黄色が
特徴的で非常に綺麗でそれと分かる。それに”キリキリキリ”と言う鳴き声でも直ぐ分かる。この暑さの中、銀杏の
葉も若葉の色あいを呈しているが、これが本来の黄金色に変わるのもそう遠いことではない。         

c0198669_17253907.jpg
c0198669_17253309.jpg
c0198669_17252155.jpg
c0198669_17251379.jpg
c0198669_17250209.jpg
c0198669_17245274.jpg
c0198669_17235765.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2018-07-15 00:01 | スズメ目/アトリ科

カワラヒワ もう1羽やって来た

田んぼや畑、緑地公園など開けたフィールドを好んで住んでいる「カワラヒワ」は、この地域では1年を通して見ら
れるので「留鳥」と言うことになるが、地域によっては1年の中で秋から冬にかけて見られる「漂鳥」や「冬鳥」に
なる事も有る。「スズメ」の様に人が住むところでは見られないが、民家から離れたところでは容易に見られる。

c0198669_17483541.jpg
c0198669_17482800.jpg
c0198669_17482196.jpg
c0198669_17481415.jpg
c0198669_17480728.jpg
c0198669_17480130.jpg
c0198669_17475462.jpg
c0198669_17474685.jpg
c0198669_17473825.jpg
c0198669_17473197.jpg
c0198669_17472484.jpg
c0198669_17471862.jpg
c0198669_17471170.jpg
c0198669_17470370.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2017-12-22 00:01 | スズメ目/アトリ科

カワラヒワ 皆と一緒に

一年を通して見られる「カワラヒワ」は留鳥の部類に入るが、繁殖期以外はだいたい群れで生活している。特にこれ
から冬にかけては「スズメ」などの様に群れに成っていることが多い。彼らが飛び上がって羽を広げた時や、群れで
飛翔している時は、黄色の羽がよく目立って綺麗に見える。
c0198669_22514614.jpg
c0198669_22513838.jpg
c0198669_22513125.jpg
c0198669_22512580.jpg
c0198669_22512043.jpg
c0198669_22511453.jpg
c0198669_22510531.jpg
c0198669_22505415.jpg
c0198669_22504742.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2017-09-24 00:01 | スズメ目/アトリ科

カワラヒワ 野草の種も大好き

トダシバ?の様なイネ科の植物に赤紫色の小さな穂がびっしり付いている。「カワラヒワ」がその穂の中央辺り
に止まって、大きな嘴で小さな穂を挟んで扱く様にして中の種子を食べている。昆虫等も食べるが、主に草木の
種子が好物の様で、嘴の周りにいっぱい付けて無心に食べている。
c0198669_21535183.jpg
c0198669_21533415.jpg
c0198669_21532623.jpg
c0198669_21530828.jpg
c0198669_21525927.jpg
c0198669_21525124.jpg
c0198669_21524094.jpg
c0198669_21523446.jpg
c0198669_21522655.jpg
c0198669_21522077.jpg
c0198669_21521291.jpg
c0198669_21520351.jpg
c0198669_21514998.jpg
c0198669_21513881.jpg
Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax KP

by doi_masanori | 2017-07-07 00:01 | スズメ目/アトリ科

カワラヒワ 羽は綺麗

あちらこちらでよく見かける「カワラヒワ」。これから冬にかけてはある程度まとまって群れでの生活となる。
彼らが群れで飛翔している時は黄色の羽模様がよく目立って綺麗だ。勿論、1羽でも顔に似合わず羽は綺麗。
c0198669_18140883.jpg
c0198669_18133623.jpg
c0198669_18132554.jpg
c0198669_18131063.jpg
c0198669_18124849.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2016-11-16 00:01 | スズメ目/アトリ科