野鳥の素顔 <野鳥と日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

<   2019年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

シリーズ家で咲く花(2019)-12 コンカドール

今年も「オリエンタルリリー」の大輪の花が開いた。この花は色々な名前で呼ばれていて、「イエローカサブラ
ンカ」とか「オレンジカサブランカ」とも呼ばれている。また、この二つは「ゴールデンカサブランカ」とも呼
ばれている。然し、これ等は正式な名称ではなく、花が「カサブランカ」に似ていて色が違うだけと言う事で、
「カサブランカ」にその色を付けて呼んでいる、いわゆる、”通称“ として呼ばれている物の様だ。この花の正
式名称は「コンカドール」と言われている。この花も「カサブランカ」と同じ「オリエンタル・ハイブリット・
リリー」の園芸品種」に当たるもので、真っ白な「カサブランカ」に対して黄色系の色の付き方も様々で、種類
によって其々の黄色を楽しむことが出来る。                              

c0198669_23100223.jpg
c0198669_23095570.jpg
c0198669_23083320.jpg
c0198669_23071324.jpg
c0198669_23061772.jpg
c0198669_23052615.jpg
c0198669_23043365.jpg
c0198669_23033268.jpg
c0198669_23022360.jpg
c0198669_23015720.jpg
c0198669_22584419.jpg
c0198669_22573666.jpg
c0198669_22570774.jpg
c0198669_22561248.jpg
c0198669_22553519.jpg
c0198669_22552095.jpg
c0198669_22550650.jpg
c0198669_22515060.jpg
c0198669_22514465.jpg
c0198669_22510331.jpg
c0198669_22503587.jpg
c0198669_22495593.jpg
c0198669_22493268.jpg
c0198669_22492102.jpg

tmc90kp+k3177-190622
o1240em5mk2+20310-190624
o1240em5mk2+80010-190628

by doi_masanori | 2019-06-30 00:01 | 家に咲く花

シリーズコシアカツバメ(2019)-6 ストレッチ

「コシアカツバメ」たちが何時も生活している中で、止まって休憩できる電線がエリア内に何本か走っている。
皆揃って並んで止まっている事も有れば、2・3羽づつかたまって何か所かに止まっていたり、今回の様に1羽
だけでのんびり寛いでいる事もある。彼等にとって、この電線は無くてはならないものの様だ。       

c0198669_13390545.jpg
c0198669_13384042.jpg
c0198669_13383493.jpg
c0198669_13382787.jpg
c0198669_13382048.jpg
c0198669_13381383.jpg
c0198669_13380321.jpg
c0198669_13375574.jpg
c0198669_13374717.jpg
c0198669_13374015.jpg
c0198669_13373492.jpg
c0198669_13372884.jpg
c0198669_13372190.jpg
c0198669_13371689.jpg
c0198669_13370797.jpg
c0198669_13370074.jpg
c0198669_13365385.jpg
c0198669_13364673.jpg
c0198669_13363630.jpg
c0198669_13362781.jpg
c0198669_13362078.jpg
c0198669_13361366.jpg
c0198669_13360497.jpg
c0198669_13355703.jpg
c0198669_13354245.jpg

n300x14em10+10160b10-19062

by doi_masanori | 2019-06-29 00:01 | スズメ目/ツバメ科

シリーズ家で咲く花(2019)-11 アマリリス

前回、紹介した真っ赤な「アマリリス」から3週間位遅れて、此方の赤地に白の「アマリリス」が咲き始めた。
全体が深紅の「アマリリス」も見応えがあるが、此方の様に白色が加わるだけでかなり印象が変わるものだなー
と感じた。真っ赤な方は緊張感を感じるのに対して、此方の方はリラックス感が感じられる。なーんて思った。

c0198669_11032258.jpg
c0198669_11031315.jpg
c0198669_11030214.jpg
c0198669_11024219.jpg
c0198669_11022786.jpg
c0198669_11021480.jpg
c0198669_11011232.jpg
c0198669_11010284.jpg
c0198669_11005518.jpg
c0198669_11004708.jpg
c0198669_11004111.jpg
c0198669_11003169.jpg

sg18200k70+k7137/tmc90kp+k3133-190615
o1240em5mk2+50019a-190618

by doi_masanori | 2019-06-28 00:01 | 家に咲く花

シリーズコシアカツバメ(2019)-5 道路で寝そべる

生活の拠点がこの場所に移って、巣作りや子育て等も順調に来ている様に見え、日常の生活も安定して来たので
は無いかと思われる。彼等の生活を毎日観察している訳では無いので、偶にここに来た時は概ね空を飛びながら
食事をしていたり、電線に止まって休憩や会話などをしているのを見る事が多い。そんな中で今回は、道路に寝
そべっている姿を目撃した。道路に顔を擦りつけたりしていて、いったい何をしていたのか良く分からない。 

c0198669_18485377.jpg
c0198669_18484627.jpg
c0198669_18484046.jpg
c0198669_18483495.jpg
c0198669_18482731.jpg
c0198669_18482122.jpg
c0198669_18480858.jpg
c0198669_18480285.jpg
c0198669_18475740.jpg
c0198669_18475070.jpg
c0198669_18474458.jpg
c0198669_18473754.jpg
c0198669_18472866.jpg
c0198669_18471939.jpg
c0198669_18471335.jpg
c0198669_18470605.jpg
c0198669_18465655.jpg
c0198669_18465141.jpg
c0198669_18464549.jpg
c0198669_18464064.jpg
c0198669_18463465.jpg

b71x17n3k5+81729b20-190616

by doi_masanori | 2019-06-27 00:01 | スズメ目/ツバメ科

アジサイとヤマアジサイ-2 紫陽花の花

今回「アジサイ」の花について調べてみた。普通の球状に沢山の花が付いた「アジサイ」と周りに花びらが有り
中央部に雄しべや雌しべが沢山集まっている「ガクアジサイ」の花の構造を調べた結果を「アジサイ」の画像と
ともに解説付きで紹介。                                       

微妙に花の色が変わって咲いている「アジサイ」の花? 
実は「アジサイ」の本当の花(真花)はこれではない・・
c0198669_22254204.jpg

結論から言って、中央に咲いているのが本当の花(通常花)(真花)で両性花(花弁と雄しべと雌しべが柱中の栗を拾うしている)とも言う
c0198669_22250612.jpg

大きな花の房がを作っている4弁の小さ花は飾り花(装飾花)で真花は中央に見える青い花
c0198669_22245538.jpg
c0198669_22242088.jpg

4弁の沢山の装飾花の花弁に当たるものは実は、ガク片でこの中心には蕾も付いている
c0198669_22240246.jpg

がく片の蕾にも花が咲いている これも装飾花
c0198669_22251543.jpg

カールした装飾花の出来る過程が良く分かる 真花も咲いている
c0198669_22231842.jpg
c0198669_22235214.jpg

成熟した装飾花をかき分けると真花が見える
c0198669_22233731.jpg
c0198669_22233060.jpg

普通に咲いている「アジサイ」は本当の花は見えない
c0198669_22222187.jpg
c0198669_22221428.jpg
c0198669_22212664.jpg
c0198669_22211742.jpg
c0198669_22211015.jpg

「ガクアジサイ」の構造も基本的には「アジサイ」と同じ 「ガクアジサイ」は装飾花をかき分けなくても
真花は良く見える 装飾花に囲まれた沢山の花弁と雄しべと雌しべのある両性花 これが真花の集まり・
c0198669_22202040.jpg
c0198669_22201303.jpg

花(両性花)が咲く前の沢山の蕾
c0198669_22200693.jpg
c0198669_22200057.jpg
c0198669_22195325.jpg
c0198669_22194664.jpg
c0198669_22191687.jpg

花糸(カシ)が長く伸びて先端に葯(ヤク)が付いているものが雄しべ
雌しべは花柱(カチュウ)が短く先に柱頭(チュウトウ)が付いている
c0198669_22190564.jpg
c0198669_22184632.jpg
c0198669_22174774.jpg
c0198669_22173023.jpg
c0198669_22172548.jpg
c0198669_22171206.jpg
c0198669_22170616.jpg
c0198669_22124341.jpg

「ヤマアジサイ」は野生の「アジサイ」で「ガクアジサイ」風のものが多いが、普通の「アジサイ」風のものもある
これより先は全て「ヤマアジサイ」
c0198669_22125093.jpg
c0198669_22122417.jpg
c0198669_22121700.jpg
c0198669_22120898.jpg
c0198669_22120213.jpg
c0198669_22101200.jpg
c0198669_22100544.jpg

「ガクアジサイ」風でなく、普通の「アジサイ」風の「ヤマアジサイ」
c0198669_22095780.jpg
c0198669_22094737.jpg
c0198669_22093712.jpg
c0198669_22092852.jpg
c0198669_22091993.jpg
c0198669_22090279.jpg
c0198669_22085444.jpg
c0198669_22084774.jpg
c0198669_22083854.jpg
c0198669_22083197.jpg
c0198669_22082379.jpg
c0198669_22081593.jpg
c0198669_22080933.jpg
c0198669_22080073.jpg

o14150em5mk2+40304-190614

by doi_masanori | 2019-06-26 00:01 | フラワーパーク

ツバメの子供たち-2

親から餌を貰おうと道路の中央に出て待機している「子ツバメ」たちは、待っている時は皆おとなしくしている
様だが、親が餌を咥えてやって来ると、子供たちは全身を使って親にアピールして餌を貰おうとする。親の方も
今度はどの子にと、大凡見当付けているものと思われる。子供たちも喧嘩もしないでお利口にして待っている。

c0198669_18114364.jpg
c0198669_18113651.jpg
c0198669_18112820.jpg
c0198669_18112151.jpg
c0198669_18111647.jpg
c0198669_18110950.jpg
c0198669_18105905.jpg
c0198669_18105467.jpg
c0198669_18104640.jpg
c0198669_18104036.jpg
c0198669_18103594.jpg
c0198669_18102944.jpg
c0198669_18102455.jpg
c0198669_18101934.jpg
c0198669_18101133.jpg
c0198669_18100407.jpg
c0198669_18095770.jpg
c0198669_18095028.jpg
c0198669_18094583.jpg
c0198669_18093867.jpg
c0198669_18092712.jpg
c0198669_18091851.jpg
c0198669_18090573.jpg
c0198669_18085716.jpg
c0198669_18084644.jpg
c0198669_18083571.jpg
c0198669_18082248.jpg
c0198669_18081570.jpg
c0198669_18080633.jpg
c0198669_18075380.jpg
c0198669_18074784.jpg
c0198669_18073122.jpg
c0198669_18072445.jpg
c0198669_18071343.jpg

n300x14em10+60792-190616

by doi_masanori | 2019-06-25 00:01 | スズメ目/ツバメ科

花しょうぶまつり(2019)二人の姫様-2

二人の姫様、雅姫そして琴姫、其々の表情を追ってみた。今年は個別に撮影する時間が短かったので其々の表情
を十分に撮ることが出来なかったのが残念だった。それでも、彼女たちの其々持ち前の素晴らしい表情を撮るこ
とが出来たことが良かったと思っている。                               

丸山紗季(雅姫)さん
c0198669_18083581.jpg
c0198669_18082870.jpg
c0198669_18081802.jpg
c0198669_18081175.jpg
c0198669_18080390.jpg
c0198669_18075850.jpg

松坂知恵(琴姫)さん
c0198669_18074989.jpg
c0198669_18073738.jpg
c0198669_18073151.jpg
c0198669_18072355.jpg
c0198669_18071658.jpg
c0198669_18070861.jpg
c0198669_18065167.jpg
c0198669_18064683.jpg
c0198669_18064046.jpg
c0198669_18063273.jpg

s70200i7+04878/o1240em5mk2+20245-190602

by doi_masanori | 2019-06-24 00:01 | 花しょうぶまつり姫様

ツバメの子供たち-1

野鳥の雛や幼鳥、いわゆる赤ちゃんや小さな子供の特徴とも言える大きく開ける口は、取りあえず今を生きる為
に親から餌を貰う為で、彼等が生まれ持って行う行為行動であろう。 親が餌を持って近づいて来ると、貰えても
貰えなくても、羽ばたきながら顔が見えなくなるくらい大きく口を開けてアピールしている。        

農道の真ん中に子供たちが集まって来ている
c0198669_18312739.jpg
c0198669_18312162.jpg
c0198669_18311552.jpg
c0198669_18310959.jpg
c0198669_18310176.jpg
c0198669_18305583.jpg
c0198669_18304677.jpg
c0198669_18304051.jpg
c0198669_18303543.jpg
c0198669_18302966.jpg
c0198669_18302310.jpg
c0198669_18301826.jpg
c0198669_18301156.jpg

おとなしく待っていても親が来ないと直ぐ場所を移動してしまう
c0198669_18300592.jpg
c0198669_18295826.jpg

ここには親がやって来るようだ
c0198669_18295262.jpg
c0198669_18293958.jpg
c0198669_18293336.jpg
c0198669_18292718.jpg
c0198669_18292096.jpg
c0198669_18291368.jpg

1羽だけ餌をゲット出来た
c0198669_18290746.jpg
c0198669_18290165.jpg
c0198669_18285683.jpg
c0198669_18285005.jpg
c0198669_18284341.jpg
c0198669_18283614.jpg
c0198669_18282994.jpg
c0198669_18282424.jpg
c0198669_18281874.jpg
c0198669_18280832.jpg
c0198669_18280179.jpg
c0198669_18275311.jpg
c0198669_18274685.jpg

n300x14em10+60067-190616

by doi_masanori | 2019-06-23 00:01 | スズメ目/ツバメ科

花しょうぶまつり(2019)二人の姫様-1

今年も「花しょうぶまつり」開催中の「賀茂菖蒲園」で休日のイヴェントとして恒例の「二川宿本陣まつり」の
二人の姫様「雅姫」「琴姫」の撮影会が行われた。丁度花も見ごろで沢山の来園者で賑わっている中での撮影会
となった。昨年の本陣まつりの「大名行列」(雨で街道沿い中止、小学校体育館で行う)、今年の「梅まつり」
撮影会、そして今回「花しょうぶまつ」での撮影会と3度の撮影チャンスがあった。彼女達も「モデル」として
何回か経験して来ているので、慣れた様子が窺え、落ち着いていた雰囲気の中で、撮影を楽しむことが出来た。

撮影会開始直前の二人の笑顔
c0198669_18444307.jpg
c0198669_18443189.jpg

松坂知恵さん(琴姫)左と丸山紗季さん(雅姫)のお二人
c0198669_18441871.jpg
c0198669_18441270.jpg
c0198669_18440684.jpg
c0198669_18435921.jpg
c0198669_18435360.jpg
c0198669_18434839.jpg
c0198669_18434206.jpg
c0198669_18433751.jpg
c0198669_18433137.jpg
c0198669_18432136.jpg
c0198669_18431210.jpg
c0198669_18430689.jpg
c0198669_18430028.jpg
c0198669_18425577.jpg
c0198669_18424914.jpg
c0198669_18423727.jpg
c0198669_18423154.jpg
c0198669_18422218.jpg
c0198669_18420680.jpg
c0198669_18415957.jpg
c0198669_18415384.jpg
c0198669_18414606.jpg
c0198669_18414093.jpg
c0198669_18413382.jpg
c0198669_18412777.jpg
c0198669_18412155.jpg
c0198669_18411290.jpg
c0198669_18405967.jpg
c0198669_18405067.jpg
c0198669_18404093.jpg
c0198669_18403333.jpg
c0198669_18402206.jpg
c0198669_18401587.jpg
c0198669_18400524.jpg
c0198669_18395484.jpg
c0198669_18394286.jpg
c0198669_18392604.jpg
c0198669_18391804.jpg
c0198669_18391133.jpg
c0198669_18390335.jpg

o1240em5mk2+20024/s70200i7+04577-190602

by doi_masanori | 2019-06-22 00:01 | 花しょうぶまつり姫様

シリーズコシアカツバメ(2019)-4

1羽の「コシアカツバメ」が電線でストレッチをしていた。終わって一息ついたところへ、もう1羽がやって来
 て、すぐ隣に止まった。その後、寄りつ離れつしながらも結局2羽は近づいて何か話し始めた。さてその後は?。

c0198669_18304223.jpg
c0198669_18303407.jpg
c0198669_18302122.jpg
c0198669_18300309.jpg
c0198669_18295510.jpg
c0198669_18295068.jpg
c0198669_18293845.jpg
c0198669_18293222.jpg
c0198669_18292632.jpg
c0198669_18291804.jpg

チョッと離れて
c0198669_18291284.jpg

少し近寄って
c0198669_18290685.jpg

さらに近づいて
c0198669_18285255.jpg
c0198669_18284442.jpg

何の話をしてるのかな?
c0198669_18283788.jpg
c0198669_18282795.jpg
c0198669_18281890.jpg
c0198669_18281248.jpg
c0198669_18280529.jpg
c0198669_18275816.jpg
c0198669_18275144.jpg
c0198669_18274495.jpg
c0198669_18273237.jpg
c0198669_18271711.jpg
c0198669_18270280.jpg
c0198669_18265483.jpg
c0198669_18264759.jpg
c0198669_18264074.jpg
c0198669_18263393.jpg
c0198669_18262605.jpg
c0198669_18261589.jpg
c0198669_18260562.jpg
c0198669_18255789.jpg
c0198669_18255082.jpg

お互いの気持ちはどうなんだろう・・・?
c0198669_18254358.jpg

b71em5mk2+90958b10-190529

by doi_masanori | 2019-06-21 00:01 | スズメ目/ツバメ科