野鳥の素顔 <野鳥と日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

<   2019年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

シリーズ野鳥園 クマタカ

長年 ”WaoBlog” へ、ほぼ毎日投稿して来たが、いよいよ今日が平成最後の日となった。今日は、時々
通っている野鳥園で撮った「クマタカ」を平成最後の投稿とする。                    

c0198669_18270115.jpg
c0198669_18265218.jpg
c0198669_18264856.jpg
c0198669_18264109.jpg
c0198669_18262590.jpg
c0198669_18261572.jpg
c0198669_18261007.jpg
c0198669_18260418.jpg

b36em10+91294f25-190423

by doi_masanori | 2019-04-30 00:01 | タカ目/タカ科

草むらで警戒するヒバリ

地上から飛び上がって直ぐに「チュルリ ピチュリ チュルル ピチュル ・・」と囀りながら一気に上昇して
上空で囀り続けている。長い時間縄張り宣言した後、2・3度急降下して地上に舞い降りる。地上に降りた後は
  ランダムに歩き回っているが、比較的背の高い草むらの場合は、直ぐに見失ってしまう。            

c0198669_17220834.jpg
c0198669_17220266.jpg
c0198669_17215641.jpg
c0198669_17214916.jpg
c0198669_17214325.jpg
c0198669_17213816.jpg
c0198669_17213310.jpg
c0198669_17212475.jpg
c0198669_17211711.jpg

b71em10mk2+21500f10-190412

by doi_masanori | 2019-04-29 00:01 | スズメ目/ヒバリ科

遅咲きの桜

桜と言えば何と言っても日本を代表する桜として「ソメイヨシノ」が一般的ではあるが、日本には他にも沢山の
種類の桜がこの時期を楽しませてくれる。「ソメイヨシノ」の後に咲く遅咲きの桜は、「八重桜」が多い様だ。
ここで紹介する桜は遅咲きの八重桜としてよく見られる「関山」や「菊桜」、「御衣黄」、「浅黄」、「鬱金」
 等々で色や形も其々独特の風情を醸し出している。                            

「関山」(かんざん)
c0198669_21442046.jpg
c0198669_21435499.jpg
c0198669_21434689.jpg
c0198669_21433429.jpg

「春日井」(かすがい)
c0198669_21432666.jpg
c0198669_21432196.jpg
c0198669_21440320.jpg
c0198669_21435960.jpg
c0198669_21394043.jpg

「菊桜」(きくざくら)
c0198669_21425886.jpg
c0198669_21424278.jpg
c0198669_21423721.jpg
c0198669_21423058.jpg

「御衣黄」(ぎょいこう)
c0198669_21411155.jpg
c0198669_21410396.jpg
c0198669_21405402.jpg
c0198669_21404953.jpg
c0198669_21404465.jpg
c0198669_21404022.jpg
c0198669_21403052.jpg
c0198669_21402483.jpg
c0198669_21402085.jpg

「永源寺」(えいげんじ)
c0198669_21400381.jpg

「浅黄」(あさぎ」
c0198669_21385330.jpg
c0198669_21384441.jpg
c0198669_21380556.jpg
c0198669_21372699.jpg
c0198669_21372057.jpg
c0198669_21371337.jpg
c0198669_21370518.jpg

「鬱金」(うこん)
c0198669_21364934.jpg
c0198669_21364489.jpg

「駿河台匂」(するがだいにおい)
c0198669_21451494.jpg
c0198669_21450938.jpg

sg18200kp+k1228-190420

by doi_masanori | 2019-04-28 00:01 | フラワーパーク

枯葦に止まるホオアカ

枯れた葦の茎に「ホオアカ」が止まっている。またしても遠目では「ホオジロ」かと思ったが、よく見ると間違
いなく「ホオアカ」だった。前回と同じ川の堤防で場所は少し離れてはいるが、同じフィールド内でのことだ。

c0198669_18243021.jpg
c0198669_18242352.jpg
c0198669_18241763.jpg
c0198669_18241142.jpg
c0198669_18240374.jpg
c0198669_18235775.jpg
c0198669_18234613.jpg
c0198669_18234018.jpg
c0198669_18233557.jpg
c0198669_18230745.jpg
c0198669_18230238.jpg
c0198669_18225687.jpg

b71em10mk2+40406-190414

by doi_masanori | 2019-04-27 00:01 | スズメ目/ホオジロ科

錦織成す山躑躅

山の斜面に植えられている色んな種類の「ツツジが」見ごろを迎えている。「ツツジ」も種類によって色や形が
様々で、それらが同時に斜面を覆って咲いている様には、つい見とれてしまう程の風情がある。       

c0198669_18274949.jpg
c0198669_18274358.jpg
c0198669_18273735.jpg
c0198669_18272833.jpg
c0198669_18271935.jpg
c0198669_18271293.jpg
c0198669_18270073.jpg
c0198669_18265312.jpg
c0198669_18264615.jpg
c0198669_18263803.jpg
c0198669_18262655.jpg
c0198669_18261851.jpg
c0198669_18261270.jpg
c0198669_18260646.jpg
c0198669_18260079.jpg
c0198669_18254981.jpg
c0198669_18253977.jpg
c0198669_18253364.jpg

sg18200kp+k0290-190420

by doi_masanori | 2019-04-26 00:01 | フラワーパーク

葦原のアオジ

川原に沿って小さな葦原がある。冬枯れした薄茶色の葦を押しのけて、新芽が伸びて来て徐々に緑色に変わろう
としている。薄茶と緑のコントラストの中に「アオジ」が飛んで来て薄茶の枯れ枝に止まった。冬羽の♂の様だ
が、これから徐々に夏羽に変身して目の周りが黒くなるが、その姿はこの地域では見られないかも知れない。 

c0198669_18335039.jpg
c0198669_18334443.jpg
c0198669_18333902.jpg
c0198669_18333328.jpg
c0198669_18313253.jpg
c0198669_18300567.jpg
c0198669_18300028.jpg
c0198669_18295572.jpg
c0198669_18294982.jpg
c0198669_18275341.jpg
c0198669_18274206.jpg
c0198669_18273625.jpg
c0198669_18273133.jpg
c0198669_18272697.jpg
c0198669_18272107.jpg
c0198669_18271220.jpg
c0198669_18270635.jpg
c0198669_18263974.jpg
c0198669_18260390.jpg
c0198669_18255868.jpg
c0198669_18255117.jpg

b71em10mk2+40224-190414

by doi_masanori | 2019-04-25 00:01 | スズメ目/ホオジロ科

山里の桜と花桃

山間部をドライブしていると、平野部では既に終わっている「ソメイヨシノ」が今を盛りに咲いていたり、枝垂
れ桜や花桃等の花も色鮮やかに咲いていて目を楽しませてくれる。こんな素晴らしい景色は、見るだけでは勿体
ないと、つい車を止めてカメラを向けて切り取ってしまう・・・と言う撮影欲癖が出てしまった結果の作品?。

c0198669_17142318.jpg
c0198669_17141809.jpg
c0198669_17141334.jpg
c0198669_17140351.jpg
c0198669_17135895.jpg
c0198669_17135240.jpg
c0198669_17133846.jpg
c0198669_17133126.jpg
c0198669_17132500.jpg
c0198669_17132099.jpg
c0198669_17130343.jpg
c0198669_17125847.jpg
c0198669_17125283.jpg
c0198669_17113444.jpg
c0198669_17111790.jpg
c0198669_17115029.jpg
c0198669_17105242.jpg
c0198669_17104798.jpg
c0198669_17094505.jpg
c0198669_17093551.jpg
c0198669_17090991.jpg
c0198669_17090209.jpg
c0198669_17085662.jpg
c0198669_17085025.jpg

sg18200kp+k0011-190412

by doi_masanori | 2019-04-24 00:01 | 風景

川原のコチドリ-2 相手が決まった

川原に集まって来る「コチドリ」達は、今は真に繁殖期と言う事もあり餌探しの合間に結婚相手を探している様
に思われる。相手探しと言っても人間と違って「コチドリ」さん達は相手を見つけ出会ったとたんに、電光石火
の早業で交尾を成し遂げてしまう。今迄に彼等が恋愛期間を楽しんでいる様な場面には出会った記憶は無い。 

c0198669_18045751.jpg
c0198669_18045127.jpg
c0198669_18042650.jpg
c0198669_18042128.jpg
c0198669_18041545.jpg
c0198669_18040288.jpg
c0198669_18034941.jpg
c0198669_18031837.jpg
c0198669_18031109.jpg
c0198669_18030603.jpg
c0198669_18025560.jpg
c0198669_18024996.jpg
c0198669_18023777.jpg
c0198669_18022747.jpg
c0198669_18022128.jpg
c0198669_18021648.jpg
c0198669_18021017.jpg

b71em10mk2+30437-190403

by doi_masanori | 2019-04-23 00:01 | チドリ目/チドリ科

山里の枝垂れ桃

山里に春を告げる「枝垂れ桃」の季節がやって来た。昨年は時期を見誤って見ることが出来なかった。そこで、
今年は地元の観光協会に問い合わせて確認してから出かけることにした訳だが、それでも全体の見ごろの判断を
間違えたため、前回、前々回の時の様に「枝垂れ桃の里」全域での見ごろ楽しむことは出来なかった。然し乍ら
一部の地域では満開の赤、白、ピンクの「枝垂れ桃」を楽しのことが出来た。また沢山の「レンギョウ」の黄色
が、桃の花に絶妙な色添えをしていた。                                

c0198669_18193065.jpg
c0198669_18191106.jpg
c0198669_18185503.jpg
c0198669_18184744.jpg
c0198669_18184072.jpg
c0198669_18183424.jpg
c0198669_18184744.jpg
c0198669_18184072.jpg
c0198669_18210218.jpg
c0198669_18183424.jpg
c0198669_18165545.jpg
c0198669_18163176.jpg
c0198669_18162307.jpg
c0198669_18161628.jpg
c0198669_18123437.jpg
c0198669_18122834.jpg
c0198669_18115492.jpg
c0198669_18113889.jpg
c0198669_18111795.jpg
c0198669_18100798.jpg
c0198669_18093223.jpg
c0198669_18092104.jpg
c0198669_18082502.jpg
c0198669_18074662.jpg
c0198669_18073808.jpg
c0198669_18065836.jpg
c0198669_18062046.jpg
c0198669_18060199.jpg
c0198669_17540309.jpg
c0198669_17511804.jpg
c0198669_17502986.jpg
c0198669_17501791.jpg
c0198669_17501001.jpg
c0198669_17495916.jpg
c0198669_17490878.jpg
c0198669_18205119.jpg
c0198669_17482674.jpg
c0198669_17475451.jpg
c0198669_17473924.jpg
c0198669_17473393.jpg
c0198669_17472666.jpg
c0198669_17470623.jpg

sg18200kp+k9731-190412

by doi_masanori | 2019-04-22 00:01 | 枝垂れ桃の里

水辺のクサシギと平成最後の満月

川原でリラックスして休憩している「クサシギ」を見付けた。今迄、他のフィールドでは見た事が無いが、何故
   かこのフィールでは何度も見ている。                                    

水面に菜の花が映る川原で休憩する「クサシギ」
c0198669_18190543.jpg
c0198669_18185998.jpg
c0198669_18184977.jpg
c0198669_18184461.jpg
c0198669_18183809.jpg
c0198669_18183306.jpg
c0198669_18182760.jpg
c0198669_18182026.jpg
c0198669_18181474.jpg
c0198669_18181013.jpg
c0198669_18180509.jpg
c0198669_18175920.jpg
c0198669_18164542.jpg
c0198669_18163943.jpg
c0198669_18162794.jpg
c0198669_18162084.jpg
c0198669_18161317.jpg
c0198669_18160833.jpg
c0198669_18154858.jpg
c0198669_18154462.jpg
c0198669_18153811.jpg
c0198669_18153369.jpg
c0198669_18152568.jpg
b71em10mk2+40082-190414


先日19日の満月が「平成最後の満月」と言う事でなので ”平成最後の・・・” のブームに乗って撮っておく
ことにした。                                            

平成最後の満月
c0198669_21595630.jpg
eg85x38sg30n6+01175-190419

by doi_masanori | 2019-04-21 00:01 | チドリ目/シギ科