野鳥の素顔 <野鳥と日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

<   2019年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

鬼まつり2019 赤鬼と天狗のからかい-1

歴史と伝統を誇る「豊橋鬼祭」には多くの神事や神楽、舞などなどが執り行われるが、その中でも最大の呼び物
となっている「赤鬼と天狗のからかい」はよく知られている。悪い事ばかりする荒ぶる神の化身である「赤鬼」
を、武神の化身である「天狗」が懲らしめると言う、鬼祭の由来の中の一コマとして「赤鬼と天狗のからかい」
が設定されている。ここでは「赤鬼」が登場し、神前に祈念した後「からかい」が始まる。今日は「からかい」
の途中までを紹介。続きはあした。                                  
                       

赤と銀のだんだら巻きの撞木(しゅもく)を持って登場する「赤鬼」
c0198669_14412026.jpg
c0198669_14411235.jpg
c0198669_14410755.jpg

撞木をかざして神前に祈念
c0198669_14405948.jpg
c0198669_14405361.jpg

大きな赤鬼の堂々たる姿
c0198669_14404885.jpg

神前に祈念した後、広場に下りて悪戯からかいの所作を続ける
c0198669_14403981.jpg
c0198669_14400575.jpg
c0198669_14395703.jpg
c0198669_14382887.jpg
c0198669_14380025.jpg
c0198669_14373385.jpg
c0198669_14372956.jpg
c0198669_14372413.jpg
c0198669_14370505.jpg
c0198669_14363601.jpg
c0198669_14355502.jpg
c0198669_14353210.jpg
c0198669_14352579.jpg
c0198669_14352048.jpg
c0198669_14351214.jpg
c0198669_14350493.jpg
c0198669_14345704.jpg
c0198669_14345103.jpg
c0198669_14344460.jpg

所作をしながら「天狗」に近づいて行く
c0198669_14343830.jpg

「天狗」は、境内参道で「赤鬼」の悪戯からかいの所作をずっと見ていた
c0198669_14343369.jpg
c0198669_14342290.jpg

「天狗」は、「赤鬼」を懲らしめようと薙刀を持って迫っていく
c0198669_14341408.jpg
c0198669_14341053.jpg
c0198669_14340306.jpg
c0198669_14335679.jpg
c0198669_14335078.jpg
c0198669_14334015.jpg
c0198669_14333345.jpg
c0198669_14332639.jpg
c0198669_14331992.jpg
c0198669_14330312.jpg
c0198669_14325451.jpg

「天狗」は、「赤鬼」を八角(儀調場)まで追い詰めた
c0198669_14324070.jpg

「赤鬼」は日の丸の扇子を掲げて戦を挑めば、「天狗」も日の丸の扇でそれに応える
c0198669_14322452.jpg
c0198669_14320828.jpg
c0198669_14315740.jpg

此処で「天狗」は、勝負を諦め一旦引き返して行く
c0198669_14314937.jpg
c0198669_14313926.jpg
c0198669_14312991.jpg
c0198669_14310251.jpg
c0198669_14305028.jpg
c0198669_14303542.jpg
c0198669_14301745.jpg
c0198669_14300018.jpg
c0198669_14295101.jpg
c0198669_14294492.jpg
c0198669_14293881.jpg

それを見た「赤鬼」は悪戯の所作で「天狗」を挑発する
c0198669_14293248.jpg
c0198669_14292582.jpg
c0198669_14291996.jpg
c0198669_14291321.jpg
c0198669_14285990.jpg
c0198669_14284966.jpg

「天狗」は「赤鬼」の挑発にどう応え様としているのか・・・?
c0198669_14284297.jpg

sg18200kp+k6059-190210

by doi_masanori | 2019-02-28 00:01 | 鬼まつり

鬼まつり2019 浦安の舞

浦安の舞は、昭和十五年二月の皇紀二千六百年奉祝記念として、以来全国の神社の神前で奉納されている神楽舞
で、ここ安久美神戸神明社も鬼まつり(11日)の午前と午後に一回づつ町内から選ばれた二人の舞姫により、
厳かな雰囲気の中、神前で浦安の舞が奉納された。                           

本衣装姿で「扇の舞」と「鈴の舞」を奉納
c0198669_18443496.jpg
c0198669_18442185.jpg
c0198669_18441673.jpg
c0198669_18440605.jpg
c0198669_18440038.jpg
c0198669_18435484.jpg
c0198669_18434885.jpg
c0198669_18434248.jpg
c0198669_18433771.jpg
c0198669_18432319.jpg
c0198669_18431724.jpg
c0198669_18431019.jpg
c0198669_18430538.jpg
c0198669_18425602.jpg
c0198669_18424870.jpg
c0198669_18424299.jpg
c0198669_18423779.jpg
c0198669_18423290.jpg
c0198669_18422696.jpg
c0198669_18421812.jpg
c0198669_18421387.jpg
c0198669_18420674.jpg
c0198669_18415893.jpg
c0198669_18414849.jpg
c0198669_18414018.jpg
c0198669_18413001.jpg
c0198669_18411609.jpg
c0198669_18410967.jpg
c0198669_18405471.jpg
c0198669_18404775.jpg
c0198669_18403961.jpg
c0198669_18403159.jpg
c0198669_18402281.jpg
c0198669_18401474.jpg
c0198669_18400407.jpg
c0198669_18395907.jpg
c0198669_18395357.jpg
c0198669_18394657.jpg
c0198669_18393994.jpg
c0198669_18392607.jpg
c0198669_18391910.jpg
c0198669_18390425.jpg
c0198669_18385506.jpg
c0198669_18384581.jpg
c0198669_18383262.jpg
c0198669_18382681.jpg

町内から選ばれた舞姫が笑顔で応えてくれた 
c0198669_18381748.jpg

sg18200kp+k4557-190211

by doi_masanori | 2019-02-27 00:01 | 鬼まつり

鬼まつり2019 子鬼社参と所作と退散

東三河に春を告げる天下の奇祭と言われている「豊橋鬼祭」。立春を過ぎ暦の上では春を迎えているが、二月の
一番寒い時期に執り行われる「鬼まつり」は平安を起源として現代まで受け継がれて来ている歴史と伝統を誇る
豊橋を代表する祭りで、国の重要無形文化財にも指定されている。狭い境内では有るが、沢山の人で埋めつくさ
れ、熱気に満ちた祭風景は格別なものがある。子鬼の社参と境内での所作の後、粉飴をまきながら退散。   

氏子連が粉飴を撒きながら子鬼が境内に入って来た
c0198669_21354363.jpg
c0198669_21353781.jpg
c0198669_21352818.jpg
c0198669_21352069.jpg
c0198669_21351227.jpg
c0198669_21350129.jpg
c0198669_21344471.jpg
c0198669_21343893.jpg

一気に社殿前迄駈け込んで来た
c0198669_21343212.jpg

社参
c0198669_21342654.jpg

町内氏子子供連が厄除け飴まきの準備で集まっている
c0198669_21341798.jpg
c0198669_21340961.jpg
c0198669_21335703.jpg
c0198669_21335287.jpg
c0198669_21334776.jpg
c0198669_21334029.jpg
c0198669_21333383.jpg

お参りを終えて境内へ
c0198669_21332665.jpg
c0198669_21331853.jpg

ここからは子鬼が赤鬼の真似をして境内を駆けまわる所作を行う
c0198669_21331136.jpg
c0198669_21325560.jpg
c0198669_21324806.jpg
c0198669_21323653.jpg
c0198669_21322846.jpg
c0198669_21322214.jpg
c0198669_21321274.jpg
c0198669_21320695.jpg
c0198669_21320032.jpg
c0198669_21315332.jpg
c0198669_21314634.jpg
c0198669_21313359.jpg
c0198669_21312741.jpg
c0198669_21311790.jpg
c0198669_21310451.jpg
c0198669_21305247.jpg
c0198669_21304791.jpg
c0198669_21303767.jpg
c0198669_21302884.jpg
c0198669_21294267.jpg
c0198669_21293014.jpg
c0198669_21290972.jpg
c0198669_21290157.jpg
c0198669_21284390.jpg
c0198669_21255850.jpg
c0198669_21255177.jpg
c0198669_21254277.jpg
c0198669_21253040.jpg

一連の所作を終え退散・・・
c0198669_21252558.jpg

子鬼が退散と同時に粉飴が撒かれ始めた
c0198669_21251908.jpg
c0198669_21250428.jpg
c0198669_21245540.jpg
c0198669_21244137.jpg
c0198669_21243386.jpg
c0198669_21242620.jpg

白い粉で霞んで良く見えない
c0198669_21241842.jpg
c0198669_21240965.jpg
c0198669_21240365.jpg
c0198669_21235659.jpg
c0198669_21234539.jpg

sg18200kp+k4643-190211

by doi_masanori | 2019-02-26 00:01 | 鬼まつり

太平洋沖合の水鳥たち

太平洋沖の海上で見られる水鳥たちの集団行動が陸側からでもよく見える。海上近くを飛び交う「カモメ」たち
が、その状況を教えてくれる「ユリカモメ」が飛び交っているその下では、「カンムリカイツブリ」や「ウミア
イサ」たちが頸を精一杯伸ばして集まっているので直ぐ分かる。勿論、魚の群れがいるので、それを上から下か
追っかけて捕まえようとしている。然し、この光景は気が付けばよいが、意外と見過ごしてしまう事が多い。 

c0198669_23581670.jpg
c0198669_23581039.jpg
c0198669_23580580.jpg
c0198669_23580003.jpg
c0198669_23575403.jpg
c0198669_23574958.jpg
c0198669_23574298.jpg
c0198669_23573560.jpg
c0198669_23573142.jpg
c0198669_23572650.jpg
c0198669_23572052.jpg
c0198669_23571482.jpg
c0198669_23570932.jpg
c0198669_23570334.jpg
c0198669_23565703.jpg

b71em10mk2+20380-190212


by doi_masanori | 2019-02-25 00:01 | カイツブリ目/カイツブリ科

トラツグミとタヌキ

落ち葉が沢山あって、日陰でやや暗い所が好みの「トラツグミ」が、今回は木漏れ日がほんの少しだけ差し込む
土手の上にやって来た。此処は好みの餌のある場所の様で落葉を返して見付けては食べていた。「トラツグミ」
が行動するエリア内に、狸の棲み処がある事を鳥友から教えて貰っていた。その辺りを覗いてみたら、居た居た
立派な「タヌキ」に会うことが出来た。                                

始めはこの辺りをウロウロしていた「トラツグミ」
c0198669_18213101.jpg
c0198669_18212306.jpg
c0198669_18211121.jpg

その後は土手の上に移動した
c0198669_18210401.jpg
c0198669_18205829.jpg
c0198669_18204464.jpg
c0198669_18203892.jpg
c0198669_18203381.jpg
c0198669_18202866.jpg
c0198669_18202298.jpg
c0198669_18201564.jpg
c0198669_18201014.jpg
c0198669_18200581.jpg
c0198669_18200096.jpg
c0198669_18195511.jpg
c0198669_18195077.jpg
c0198669_18194394.jpg
c0198669_18193765.jpg
c0198669_18193171.jpg
c0198669_18192663.jpg
c0198669_18191288.jpg
c0198669_18190514.jpg
c0198669_18185886.jpg
c0198669_18184147.jpg
c0198669_18183432.jpg
c0198669_18182886.jpg
c0198669_18181927.jpg

この近くによく出没するらしい「タヌキ」 近くの何処かにねぐらが有るかも知れない
c0198669_18181237.jpg
c0198669_18180153.jpg
c0198669_18175252.jpg
c0198669_18174527.jpg

b36em10+30150-190213

by doi_masanori | 2019-02-24 00:01 | スズメ目/ツグミ科

オオハムに会えた

冷たい強風が吹き荒ぶ真冬の太平洋は、白波が立ち厳しさが伝わって来る。「カモメ」等の海鳥はこの強風を物
ともせず悠々と魚を求めて飛び交っている。一方、防波堤を介した入江は少しは波は治まったてはいるものの風
の方は、相変わらず強く吹き抜けている。入り江に目をやると「カンムリカイツブリ」と一緒に2羽の「オオハ
ム」の姿が見えた。強風に煽られ三脚が自立できない状態だったが彼等を追ってみた。           

c0198669_17452143.jpg
c0198669_17451688.jpg
c0198669_17451156.jpg
c0198669_17450560.jpg
c0198669_17445319.jpg
c0198669_17443606.jpg
c0198669_17443138.jpg
c0198669_17442450.jpg
c0198669_17441814.jpg
c0198669_17441423.jpg
c0198669_17440067.jpg
c0198669_17433578.jpg
c0198669_17433110.jpg
c0198669_17432692.jpg
c0198669_17431996.jpg
c0198669_17431547.jpg
c0198669_17431085.jpg
c0198669_17430543.jpg
c0198669_17430025.jpg
c0198669_17425460.jpg

b71em10mk2+20574-190212

by doi_masanori | 2019-02-23 00:01 | アビ目/アビ科

ジョウビタキの♂と♀

この時期の「ジョウビタキ」は♂と♀は其々自分の縄張りを持っているので、ペアで2ショットを撮るのは難し
い。この個体も100m位離れた其々のエリアで生活している。「ジョウビタキ」は、♂は♂らしい精悍な顔を
しているし、♀は何となく優しい雰囲気の顔をしている様に見える。                   

男らしい精悍な顔立ち
c0198669_16133920.jpg
c0198669_16133333.jpg
c0198669_16132781.jpg
c0198669_16132193.jpg
c0198669_16131571.jpg
c0198669_16130593.jpg

女子らしい優しそうな顔立ち
c0198669_16125610.jpg
c0198669_16125062.jpg
c0198669_16124547.jpg
c0198669_16124008.jpg
c0198669_16123445.jpg
c0198669_16122986.jpg

b45em10+30044+190205

by doi_masanori | 2019-02-22 00:01 | スズメ目/ツグミ科

葦原メジロ

今年は、花「メジロ」を狙っていても中々チャンスに恵まれない。ところが葦原ではよく「メジロ」に会う機会
が多い。此処での彼等の餌捕りは、奥の方で葦に隠れることが多いが、それでも葦の茎を突いて真剣に餌を捕っ
ている素顔は見ていて飽く事ことがない。                               

c0198669_15540169.jpg
c0198669_15535700.jpg
c0198669_15535190.jpg
c0198669_15534642.jpg
c0198669_15534162.jpg
c0198669_15533667.jpg
c0198669_15533102.jpg
c0198669_15532613.jpg
c0198669_15532140.jpg
c0198669_15531615.jpg
c0198669_15531101.jpg
c0198669_15530674.jpg
c0198669_15530276.jpg
c0198669_15525709.jpg
c0198669_15525256.jpg
c0198669_15524501.jpg
c0198669_15524091.jpg
c0198669_15523550.jpg
c0198669_15523063.jpg
c0198669_15522428.jpg
c0198669_15521598.jpg
c0198669_15520347.jpg

b45em10+50046+190205

by doi_masanori | 2019-02-21 00:01 | スズメ目/メジロ科

タシギ目の前で固まってしまった

先の「バン」がいたエリアで「タシギ」を見てしまった。「タシギ」も此の場所では保護色で、止まっていれば
殆ど見過ごしてしまうだろう。今回、偶々「バン」を撮っている時に ”ピクッ” と動いたのに気が付きタイミ
ングよく見つけた。かなり近い位置にいたので彼も逃げるチャンスを逃がした様だ。勿論、こちらに気付いてい
るので、その場で目をパッチリ開けたまま固まってしまった。此方もレンズを向けたまま動くのを待っていた。

この格好のまま10分以上動かなかった
c0198669_15160324.jpg

何か気配を感じたのか頭だけを持ち上げた
c0198669_15155874.jpg
c0198669_15155456.jpg
c0198669_15154812.jpg

「バン」が横を通り過ぎて行った
c0198669_15154366.jpg

この時目線がこちらに向けられた
c0198669_15153355.jpg

直ぐに目線を元に戻した
c0198669_15152823.jpg
c0198669_15152110.jpg
c0198669_15151561.jpg

再び元の姿勢に戻った
ここに居ては何時まで経っても動きは見られないと思い場所を離れた
c0198669_15150717.jpg

b45em10+50604+190205

by doi_masanori | 2019-02-20 00:01 | チドリ目/シギ科

クイナとバンの若

冬羽の「クイナ」を見付けた。夏羽の様に嘴全体が赤くなっていないが、冬羽とは言え、かなり赤味を帯びてい
る。警戒心が非常に強いので、足早に葦に隠れてしまった。                       
少し離れたエリアで「バン」の若を見付けた。額板が未だ十分発達していない若鳥だが、嘴の先は黄色くなって
いるいが、額版に繫がっている部分の嘴は冬羽の為か赤くなってない。此方は然程警戒心は強くない様だ。  

警戒心が強い「クイナ」
c0198669_14175253.jpg
c0198669_14183053.jpg
c0198669_14182403.jpg
c0198669_14180082.jpg
c0198669_14173872.jpg
c0198669_14173143.jpg

「クイナ」に比べたら警戒心は断然弱い「バン」の若
c0198669_14170586.jpg
c0198669_14170061.jpg
c0198669_14165427.jpg
c0198669_14162462.jpg
c0198669_14161283.jpg
c0198669_14160130.jpg
c0198669_14155412.jpg

b45em10+50015+190205

by doi_masanori | 2019-02-19 00:01 | ツル目/クイナ科