野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

<   2018年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

秋の展望台-7 ハチクマとツミ

今回は大型の「ハチクマ」と「タカ」の中では一番小さい部類の「ツミ」を紹介。大きい「ハチクマ」が比較的近
くを、小さな「ツミ」が遠くと言うことで、其々の個体の大きさと距離で相乗的な大きさの差となってしまった。
彼等は共に幼鳥の様だ。                                        

比較的近くをそのまま通り過ぎて行った「ハチクマ」
c0198669_18192182.jpg
c0198669_18191331.jpg
c0198669_18190448.jpg

遠い所を通過して行った 後、画像を見て「ツミ」と分かった
c0198669_18185189.jpg
c0198669_18182590.jpg
c0198669_18182086.jpg
c0198669_18181195.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-5

by doi_masanori | 2018-10-17 00:01 | タカ目/タカ科

秋の展望台-6 サシバ-2

二度目の展望台での「タカ」の渡り撮影とウォチング。この日もかなりの数渡りを楽し藻ことが出来た。何と言っ
ても「サシバ」が一番多く見られた。                                  

c0198669_14525963.jpg
c0198669_14524869.jpg
c0198669_14524285.jpg
c0198669_14523562.jpg
c0198669_14514224.jpg
c0198669_14513616.jpg
c0198669_14513159.jpg
c0198669_14512117.jpg
c0198669_14511372.jpg
c0198669_14510761.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-5

by doi_masanori | 2018-10-16 00:01 | タカ目/タカ科

秋の展望台-5 コサメビタキ

この辺りでは春や夏にはあまり見る事が無い「コサメビタキ」もこの時期になるとよく見かける。彼等は「夏鳥」
だが春に渡って来る「夏鳥」ではなく「ノビタキ」の様に秋に渡って来る「夏鳥」の様だ。大きさは13cmと、
「スズメ」より小さいけれど「ヒタキ」特有の真ん丸い目が何処となく可愛い。               

白いアイリングと丸い目が特徴の「コサメビタキ」
c0198669_16440410.jpg
c0198669_16435826.jpg
c0198669_16435242.jpg
c0198669_16434773.jpg
c0198669_16433892.jpg
c0198669_16433325.jpg
c0198669_16432771.jpg
c0198669_16432240.jpg
c0198669_16431605.jpg
c0198669_16431161.jpg

Borg 71FL / Olympus OM-D E-M10MK2

by doi_masanori | 2018-10-15 00:01 | スズメ目/ヒタキ科

秋の展望台-4 モズ

展望台周辺の木立には数種類の小鳥たちがやって来るのが確認できる。ブナ科のどんぐりの木の天辺で高鳴きをし
ている精悍な♂の「モズ」を見付けた。「モズ」達はこの山の裾周辺から頂上付近まで夫々の縄張りを持って生活
している様だ。                                            

c0198669_17531742.jpg
c0198669_17531178.jpg
c0198669_17530337.jpg
c0198669_17525626.jpg
c0198669_17525029.jpg
c0198669_17524360.jpg

Borg 71FL / Olympus OM-D E-M10MK2

by doi_masanori | 2018-10-14 00:01 | スズメ目/モズ科

秋の展望台-3 チョウゲンボウ

展望台上空を「タカ」が通過する合間に「チョウゲンボウ」が1羽姿を見せた。直ぐに行ってしまうわけでも無く
周辺を見え隠れしながら飛んでいる。少ししてもう1羽が現れて2羽でアクロバット飛翔を始めた。正面の木立の
後ろ側を急に飛び出したり隠れたりしながら少し長めの時間2羽で飛んでいた。比較的近い所を高速飛翔でしかも
突然の見え隠れなどで上手く撮れなかったのが悔やまれる。いい場面は何回もあったのに・・・。       

「チョウゲンボウ」が1羽現れ周辺を飛翔
c0198669_18101461.jpg
c0198669_18102289.jpg

もう1羽現れた お互いを牽制している様だった 
こんな姿勢からお互いが急接近したりクロスしたりのアクロバット飛翔を何回となく繰り広げていたが・・・
c0198669_18100255.jpg
c0198669_18095557.jpg
c0198669_18081916.jpg
c0198669_18081241.jpg
c0198669_18080676.jpg

この後、木立に隠れてしまった
c0198669_18075966.jpg
c0198669_18074945.jpg
c0198669_18074219.jpg

Borg 71FL / Olympus OM-D E-M10MK2

by doi_masanori | 2018-10-13 00:01 | タカ目/ハヤブサ科

秋の展望台-2 サシバ 

秋の「タカ」の渡りと言えば「サシバ」が代表されるが、今回も近くまで来て旋回するもの、遠いところを通り過
ぎて行くもの等、何回か確認することが出来た。                             

成鳥も通過しただろうが、撮影出来たのは若鳥や幼鳥だけだった
c0198669_17202729.jpg
c0198669_17201915.jpg
c0198669_17201358.jpg
c0198669_17200773.jpg
c0198669_17200226.jpg
c0198669_17195733.jpg
c0198669_17192429.jpg

Borg 71FL / Olympus OM-D E-M10MK2

by doi_masanori | 2018-10-12 00:01 | タカ目/タカ科

秋の展望台-1 ミサゴ・チゴハヤブサ

今期初めて展望台にやって来て秋の渡りを楽しんだ。この日は数は然程多くはなかったが、色々な種類の「タカ」
を見ることが出来た。この後、シリーズで掲載予定。今日は「ミサゴ」と「チゴハヤブサ」。         

最初に「ミサゴ」が現れた
c0198669_17214945.jpg
c0198669_17214449.jpg

2度目に現れた「ミサゴ」は大きな魚を搬送中だった
c0198669_17213941.jpg
c0198669_17213303.jpg

突然現れた「チゴハヤブサ」の成鳥
c0198669_17212830.jpg
c0198669_17210384.jpg

Borg 71FL / Olympus OM-D E-M10MK2

by doi_masanori | 2018-10-11 00:01 | タカ目/タカ科

ダイゼンたちの干潟

突然空が暗くなり今にも降りだしそうになった干潟には、数羽のカモとシラサギが疎らに点在しているだけ、他に
は何もいないと思っていたら、遠い所で干潟に溶け込んで分かり難くなっていた「ダイゼン」達が小群れでいた。
寂しい干潟に空模様が拍車をかけていたが、暫くすると「ダイゼン」達が少しずつ近づいてきた。       

この時期になると派手な成鳥の夏羽は見られなくなり、地味な冬羽へ変ったものや、変わりつつある個体が殆ど
c0198669_18445034.jpg
c0198669_18444387.jpg
c0198669_18443756.jpg
c0198669_18443177.jpg
c0198669_18442491.jpg
c0198669_18441900.jpg
c0198669_18441273.jpg
c0198669_18440770.jpg
c0198669_18440183.jpg
c0198669_18435031.jpg

Nikon ED82 / D.com 30WDS / Olympus OM-D E-M10MK2 / ED14-42F3.5-5.6EZ

by doi_masanori | 2018-10-10 00:01 | チドリ目/チドリ科

晦日月

今日は「新月」で月が見えない。その1日前の薄い薄い「晦日月」を撮ることが出来た。日の出前の薄っすらと明
け始めた晴天の東空に薄い「晦日月」を見つた。この月は少しづつ薄くなって見えなくなってしまう。     

c0198669_18335851.jpg
c0198669_18335167.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-5

by doi_masanori | 2018-10-09 00:01 | 天体

田園のノビタキ -6

休耕田で枯れ始めた「カラスノエンドウ」に「ノビタキ」が止まっている。休耕田には「カワラケツメイ」と同じ
様にこの草もたくさん生えている。彼等はどうもマメ科のこれ等の野草にやって来て止まっていることが多い。理
由は定かでないが、単純に休耕田に生えている野草の中で比較的足腰が強い茎や枝で止まり易いのかも知れない。

c0198669_16215607.jpg
c0198669_16214059.jpg
c0198669_16215119.jpg
c0198669_16212831.jpg
c0198669_16211958.jpg
c0198669_16211356.jpg
c0198669_16210144.jpg
c0198669_16205261.jpg

Nikon EDG85 / 50WDS / Sony NEX-6 / Sigma 30F2.8DN

by doi_masanori | 2018-10-08 00:01 | スズメ目/ツグミ科