野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

<   2018年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

北海道の秋-5 フラワーランドかみふらの・ファーム富田

北海道の秋の平野部での紅葉は本州中部地方の平野部と比べて1か月半から2か月位早い様に思う。現在の北海道
は紅葉も終わり、平野部では初雪が降ったとのニュースも届いている。北海道の秋は紅葉ばかりではなく、美瑛や
富良野の田園や丘陵地では秋の花が咲き誇っている。シリーズ最終は富良野の二つのお花畑で終わりとします。 

広大な丘陵地に各種「サルビア」や「マリーゴールド」等が色鮮やかに行儀よく並んで咲いている
c0198669_17584620.jpg
c0198669_17583775.jpg
c0198669_17583183.jpg
c0198669_17582529.jpg
c0198669_17581833.jpg
c0198669_17581349.jpg
c0198669_17580188.jpg
c0198669_17575067.jpg
c0198669_17572863.jpg
c0198669_17571973.jpg
c0198669_17571172.jpg
c0198669_17570511.jpg
c0198669_17565993.jpg
c0198669_17565100.jpg
c0198669_17564662.jpg
c0198669_17564016.jpg
c0198669_17563572.jpg
c0198669_17563001.jpg

北海道に来ると必ず立ち寄る「ファーム富田」のお花畑
c0198669_17545604.jpg
c0198669_17562078.jpg
c0198669_17561426.jpg
c0198669_17560709.jpg
c0198669_17560012.jpg
c0198669_17555537.jpg
c0198669_17554910.jpg
c0198669_17553897.jpg
c0198669_17553134.jpg
c0198669_17552392.jpg
c0198669_17550967.jpg
c0198669_17550242.jpg
c0198669_17544744.jpg

c0198669_17543834.jpg
c0198669_17543135.jpg
c0198669_17542563.jpg
c0198669_17541944.jpg
c0198669_17541299.jpg

Sony α6000 / PZ16-50F3.5-5.6

by doi_masanori | 2018-10-31 00:01 | 北海道

北海道の秋-4 霧の旭岳

期待していた旭岳の紅黄葉は生憎の天気で十分な感動を得る事は出来なかった。ロープウエイに乗る前からどんよ
りとした曇り空で今にも雨が降りそうな雰囲気でもあった。ロープウエイからの景色で近い所の色づきは何とか見
えるが、離れた所は霧の中に吸い込まれて見えなくなってしまう。ロープウエイの「姿見駅」を降りてからも、雨
は降ってはいなかったが、時折覆いかぶさって来る霧で視界を阻まれてしまう。と言う事で旭岳の頂上は見る事は
出来ない。然しながら、時々霧が晴れて視界が開ける事も有り、狭い範囲の紅黄葉を見る事は出来た。帰りのロー
プウエイでは霧の晴れ間に山麓の広大な景色を見ることが出来、少し気分も安らいだ気になった。       

今にも降りだしそうな様子 駅は利用者で混雑していた 先発のゴンドラが出て行った
c0198669_18324424.jpg

「姿見駅」からゴンドラが戻って来た これに乗る予定
c0198669_18323821.jpg

ゴンドラに乗ると直ぐに眼下近くに黄葉が見えて来た
c0198669_18323116.jpg
c0198669_18322531.jpg
c0198669_18312540.jpg
c0198669_18312081.jpg

標高が高くなるに従って遠くはガスで見えなくなって来る
c0198669_18310339.jpg
散策前に指導員から「レクチャー」を受ける
c0198669_18305523.jpg
c0198669_18304993.jpg
c0198669_18304108.jpg

「エゾオヤマリンドウ」
c0198669_18303678.jpg

近くは見えるが遠くはガスの中
c0198669_18302941.jpg

一面草紅葉 晴れていたら素晴らしい眺めだったに違いない
c0198669_18302294.jpg
c0198669_18301741.jpg
c0198669_18301155.jpg
c0198669_18300512.jpg
c0198669_18300011.jpg
c0198669_18295373.jpg

池の土手斜面の紅葉
c0198669_18294738.jpg

池の畔の枯草が見事に黄葉している
c0198669_18293185.jpg
c0198669_18292401.jpg
c0198669_18291619.jpg
c0198669_18291003.jpg
c0198669_18284619.jpg
c0198669_18283656.jpg
c0198669_18282565.jpg

枯れ草の黄葉が綺麗
c0198669_18281840.jpg
c0198669_18280713.jpg
c0198669_18280069.jpg
c0198669_18274953.jpg
c0198669_18273926.jpg
c0198669_18273019.jpg
c0198669_18272117.jpg
c0198669_18271336.jpg

「姿見駅」周辺
c0198669_18270614.jpg

帰りのロープウエイからの眺め
c0198669_18265772.jpg
c0198669_18265062.jpg

見事な黄葉
c0198669_18264272.jpg
c0198669_18263574.jpg

林立する「ダケカンバ」
c0198669_18262874.jpg
c0198669_18262178.jpg
c0198669_18261092.jpg
c0198669_18260159.jpg
c0198669_18255419.jpg

ロープウエイ駅付近の平地
c0198669_18254650.jpg

Sony α6000 / PZ16-50F3.5-5.6

by doi_masanori | 2018-10-30 00:01 | 北海道

北海道の秋-3 銀泉台・黒岳

銀泉台や黒岳は北海道の紅葉の名所にもなっている。銀泉台は前回訪れた時は既に最盛期は殆ど過ぎていて残念な
思いをしたが、今回は山肌を覆う紅黄葉を見ることが出来た。黒岳は前回、ロープウエイ駅周辺麓の紅黄葉は素晴
らしかったが、今回、麓は未だほとんど色づいて無かった。ロープウエイの駅五合目より上は良く色づいていた。

山岳道路から見る樹海
c0198669_21053310.jpg
c0198669_21052713.jpg
c0198669_21052104.jpg
c0198669_21043941.jpg

「銀泉台」の山斜面を這う黄紅葉
c0198669_21043363.jpg
c0198669_21042700.jpg

この見晴らしスポット迄はバス駐車場から20分位歩かなければならない
c0198669_21042208.jpg
c0198669_21041628.jpg
c0198669_21041100.jpg
c0198669_21040530.jpg
c0198669_21035912.jpg

遠く大雪山系を望む
c0198669_21034259.jpg
c0198669_21033622.jpg
c0198669_21032960.jpg

バスの駐車場付近からの眺め
c0198669_21032115.jpg
c0198669_21031089.jpg
c0198669_21030064.jpg

五合目から「黒岳」を望む
c0198669_21024706.jpg
c0198669_21023962.jpg

五合目から七合目までのリフト乗り場
c0198669_21022960.jpg

五合目のあちこちに咲いている「エゾオヤマリンドウ」
c0198669_21022098.jpg
c0198669_21021177.jpg
c0198669_21020066.jpg
c0198669_21015329.jpg
c0198669_21014680.jpg
五合目駅から麓駅へ
c0198669_21013695.jpg
c0198669_21012143.jpg
c0198669_21011495.jpg

ロープウエイから部分紅葉を見る
c0198669_21010403.jpg

左外れの「黒岳」を含む大雪山系
c0198669_21005778.jpg
Sony α6000 / PZ16-50F3.5-5.6

by doi_masanori | 2018-10-29 00:01 | 北海道

北海道の秋-2 田園風景 夕焼け

北海道は九月も終盤となると気温等からして平地でも秋が実感できる。北海道の大地、特に田園地帯の広さの感覚
は、我が町では到底味わえない。道路を挟んだ両側に広がる田畑は、車窓から眺めていてもとどまることなく延々
と続いていて、その広大な広さを実感した。田園を走行中夕日が山の端に落ち、綺麗な夕焼けを見る事が出来た。

道路の両側に広がる広大な田畑
c0198669_17094111.jpg
c0198669_17093496.jpg
c0198669_17092781.jpg
c0198669_17092159.jpg
c0198669_17091564.jpg

「忠別湖」
c0198669_17090974.jpg
c0198669_17085677.jpg
c0198669_17084741.jpg
c0198669_17084284.jpg

「旭山公園」「旭山動物園」
c0198669_17083196.jpg
c0198669_17082326.jpg

田園に囲まれた「旭川空港」
c0198669_17081663.jpg
c0198669_17081096.jpg
c0198669_17064339.jpg

R273 糠平国道より見る綺麗な夕焼け
c0198669_17055345.jpg
c0198669_17054745.jpg
c0198669_17053208.jpg

c0198669_17051817.jpg

c0198669_17051254.jpg
c0198669_17050358.jpg

Sony α6000 / PZ16-50F3.5-5.6

by doi_masanori | 2018-10-28 00:01 | 北海道

北海道の秋-1 美瑛四季彩の丘・青い池・青い川

丁度一ケ月程前になるが四年振りに北海道の秋?初秋を見て来た。目的は大雪山系の山の紅葉を見るため。前回は
十月の初旬だったが、山の上の紅葉は既に終わっていたので今回は十日程早く、期待を込めて出かけた。前回、山
の上以外の平地の紅黄葉は何処も素晴らしかったが、逆に今回は平地での紅黄葉は何も見られなかった。旭岳の紅
黄葉は見ごろではあったが・・・。美瑛と言えば各所にあるお花畑が知られている。初秋でも色彩豊かな花模様が
見られた。他に「青い池」・「青い川」と等、瑛を代表する観光スポットにも立ち寄った。          

美瑛にあるお花畑で「四季彩の丘」と呼ばれ、パッチワークの様な模様と色彩を見せてくれている
c0198669_16321097.jpg
c0198669_16320532.jpg
c0198669_16315978.jpg
c0198669_16314827.jpg
c0198669_16314079.jpg
c0198669_16313546.jpg
c0198669_16312969.jpg
c0198669_16312328.jpg
c0198669_16311784.jpg
c0198669_16311055.jpg
c0198669_16310340.jpg
c0198669_16305755.jpg
c0198669_16305127.jpg
c0198669_16304633.jpg
c0198669_16301014.jpg
c0198669_16300132.jpg
c0198669_16295117.jpg
c0198669_16294183.jpg
c0198669_16293102.jpg
c0198669_16292536.jpg
c0198669_16291920.jpg
c0198669_16291379.jpg
c0198669_16290303.jpg

この青い池は災害防止用の堰堤に溜まった水に水酸化アルミニウムを含んだ湧水が混ざり青く見える様になったもの
c0198669_16282511.jpg
c0198669_16281814.jpg
c0198669_16281264.jpg
c0198669_16280608.jpg
c0198669_16275588.jpg
c0198669_16274887.jpg
c0198669_16274096.jpg
c0198669_16273129.jpg
c0198669_16272430.jpg
c0198669_16271501.jpg
c0198669_16270939.jpg
c0198669_16270167.jpg

観光スポット「白髭の滝」の水が青い川に流れ込んでいる
c0198669_16264775.jpg
c0198669_16264182.jpg

十勝岳周辺の湧水に含まれる水酸化アルミニュウムの影響でコロイド現象が起こり太陽光により青く見える川
c0198669_16261088.jpg
c0198669_16260477.jpg
c0198669_16255518.jpg

Sony α6000 / PZ16-50F3.5-5.6

by doi_masanori | 2018-10-27 00:01 | 北海道

田園のノビタキ -9

田園の休耕地を飛び回っている「ノビタキ」は、餌になる虫なども沢山いる様なので未だ少しの間は滞在するので
ないかと思われる。                                          

c0198669_17504158.jpg
c0198669_17503577.jpg
c0198669_17503086.jpg
c0198669_17502498.jpg
c0198669_17501597.jpg
c0198669_17500705.jpg
c0198669_17500003.jpg
c0198669_17495478.jpg
c0198669_17494794.jpg
c0198669_17493905.jpg
c0198669_17493243.jpg
c0198669_17492614.jpg
c0198669_17491989.jpg
c0198669_17491344.jpg
c0198669_17490527.jpg
c0198669_17485664.jpg
c0198669_17484801.jpg
c0198669_17482895.jpg
c0198669_17482200.jpg
c0198669_17481342.jpg

Borg 71FL / Olympus OM-D E-M10

by doi_masanori | 2018-10-26 00:01 | スズメ目/ツグミ科

カミさんの絵手紙 秋に親しむ

日本の四季、それぞれの季節はどれも素晴らしい。中でも秋は一番過ごしやすい季節ではないかと思う。その秋に
親しむ言葉として、読書の秋・実りの秋・スポーツの秋・芸術の秋・食欲の秋・・・・と、色々な事に思いを馳せ
挑戦してみたくなるような季節でもある。家のカミさんも、その秋に向けての絵手紙を忙しそうな日々の中、時間
を見付けて描いている姿を時々見てきた。秋の画材探しに、ウォーキングを兼ねて山へ出かけ「ドングリ」などを
拾って来たり、産直などで秋の野菜や果物を買って来たりしている。勿論これ等の画材も後に食材にしているわけ
だが、色や形が優先されているので、味が今一つと言うことも時々あった。そんなこんなの我が家の秋でもある。

子供を前に読み聞かせ
c0198669_18052133.jpg
c0198669_18050694.jpg
c0198669_18045964.jpg

割り箸に墨と筆に顔彩で仕上げ 文字は割り箸に墨を付け左手で
c0198669_18044646.jpg
c0198669_18043596.jpg

これも割り箸に墨と筆に顔彩で仕上げ 文字は割り箸に墨を付け左手で
c0198669_18042342.jpg
c0198669_18035343.jpg
c0198669_18034343.jpg
c0198669_18033422.jpg
c0198669_18032707.jpg

ハスの花托の穴にきめ込み
c0198669_18032033.jpg
c0198669_18025849.jpg
c0198669_18024191.jpg

そっと置いておくと芽が出て来る 食べ忘れた訳では無い
c0198669_18022921.jpg
c0198669_18021882.jpg

はがき2枚合わせのサイズに描いたもの
c0198669_18020533.jpg

Pentax DA50F1.8 / Pentax K-70

by doi_masanori | 2018-10-25 00:01 | 絵手紙

田園のノビタキ -8

休耕田や畦道等に生えている比較的背丈の高い枯草や、新たに生えて来た若い草等に止まって獲物を捜している。

「オオイヌタデ」に止まる「ノビタキ」
c0198669_15593122.jpg
c0198669_15593715.jpg
c0198669_15584973.jpg
Nikon ED82 / 30WDS / Olympus OM-D E-M10 / ED14-42F3.5-5.6EZ

「カラスノエンドウ」に止まる「ノビタキ」
c0198669_15581926.jpg
c0198669_15581344.jpg
Nikon ED82 / 30WDS / Olympus OM-D E-M10 / ED14-42F3.5-5.6EZ

「カワラケツメイ」に止まる「ノビタキ」
c0198669_15574424.jpg
c0198669_15573672.jpg
c0198669_15573109.jpg
Nikon ED82 / 30WDS / Olympus OM-D E-M10 / Lumix G20F1.7

by doi_masanori | 2018-10-24 00:01 | スズメ目/ツグミ科

田園のノビタキ -7

此処に住む「ノビタキ」達も此方にやって来て既に1か月以上が経っていると思われるので、生活のリズムもすっ
かり出来て来ているんではないかと思われる。皆それぞれ余裕を持った表情で日々を過ごしている様に見える。 

c0198669_14094815.jpg
c0198669_14095402.jpg
c0198669_14094306.jpg
c0198669_14075194.jpg
c0198669_14074510.jpg
c0198669_14073666.jpg
c0198669_14071377.jpg

Nikon ED82 / 30WDS / Olympus OM-D E-M10 / ED14-42F3.5-5.6EZ

by doi_masanori | 2018-10-23 00:01 | スズメ目/ツグミ科

桜の花とリンゴの花

桜の花もリンゴの花も共に春に咲くのが通例となっているのは誰もが認める事だが、ここに有る桜とリンゴの花は
今咲いている。まー、桜の花に関しては秋に咲く桜も何種類(四季桜・10月桜・ア-コレイド・・)かあるが、
リンゴの花に関しては秋咲きは聞いた事が無い。然し、最近は異常気象の影響で秋に狂い咲きする事も有る様だ。
この桜は「10月桜」と「アーコレイド」で春と秋に2度咲きする品種。狂い咲きのリンゴの品種は不詳。   

今咲いている「十月桜」の花
c0198669_22384180.jpg
c0198669_22383496.jpg
c0198669_22382760.jpg
c0198669_22382267.jpg

春と秋に二度咲きする「十月桜」
c0198669_22374615.jpg
c0198669_22373735.jpg

「アーコレイド」の花
c0198669_22361357.jpg
c0198669_22355984.jpg

こちらも春と秋に二度咲きする「アーコレイド」
c0198669_22355288.jpg

左手前の「十月桜」と右奥の「アーコレイド」
c0198669_22344121.jpg

今咲いているリンゴの花
c0198669_22340480.jpg
c0198669_22335804.jpg
c0198669_22335058.jpg

Sigma DC Macro 18-200F3.5-6.3 / Pentax KP

by doi_masanori | 2018-10-22 00:01 | 植物園の花