野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

<   2018年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

梅まつり(2018)二人の姫様-1

三寒四温が感じられる様になって来た。枝垂れ梅も咲き始め、「梅まつりも」今が闌。先々日の日曜日、恒例の
二川本陣祭の二人の姫様、雅姫・琴姫の撮影会が行われた。沢山のカメラマンに囲まれた姫様も初めは、チョッ
とばかりはにかみがちではあったが、慣れるにつれて普段の笑顔が見られる様になり、楽しい撮影会となった。

雅姫の大村実来さん(左)と琴姫の小林由佳理さん
c0198669_10343434.jpg
c0198669_10342423.jpg
c0198669_10341304.jpg
c0198669_10335973.jpg
c0198669_10332869.jpg
c0198669_10331716.jpg
c0198669_10325985.jpg
c0198669_10323091.jpg
c0198669_10321917.jpg
c0198669_10304763.jpg
c0198669_10304123.jpg
c0198669_10303656.jpg
c0198669_10301961.jpg
c0198669_10300657.jpg
c0198669_10295906.jpg
c0198669_10295213.jpg
c0198669_10294457.jpg
c0198669_10293120.jpg
c0198669_10291959.jpg
c0198669_10290947.jpg
c0198669_10290062.jpg
Sony α7 / FE70-200F4G

c0198669_10283564.jpg
c0198669_10282772.jpg
c0198669_10281637.jpg
c0198669_10281007.jpg
c0198669_10280207.jpg
c0198669_10275595.jpg
c0198669_10274408.jpg
Nikon D300S / AF-S 17-55F2.8G

by doi_masanori | 2018-02-28 00:01 | 梅まつりの姫様

コゲラ 何時までやってんの!

普段は比較的太い幹を下から上へ移動しながら餌を捕っている「コゲラ」だが、今回、細い枝にぶら下って頻り
に何かを突いている。貴重な餌を見付けた様でその場に居座って食事をしようとしている。外側の殻を少しづつ
剥がしながら中に潜む幼虫を狙っているものと思われる。周りの殻を除くのが難関の様だ。いつになったら中の
餌にたどり着くのだろうか。                                     

c0198669_18123372.jpg

c0198669_18121945.jpg
c0198669_18121286.jpg
c0198669_18114075.jpg
c0198669_18112616.jpg
c0198669_18051137.jpg
c0198669_18050322.jpg
c0198669_18045811.jpg
c0198669_18045279.jpg
c0198669_18044645.jpg
c0198669_18043775.jpg
c0198669_18043121.jpg
c0198669_18042530.jpg
c0198669_18035369.jpg
c0198669_18034568.jpg
c0198669_18033936.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2018-02-27 00:01 | キツツキ目/キツツキ科

シジュウカラ 何を見つけた?

雑木が生い茂る茂みで「シジュウカラ」がゴソゴソ動いている。近づいてみると、蜘蛛の巣でもなく、白い真綿
の様なものに包まれたものを見つけて、周りの真綿を取り除こうと必死になっている。真綿に包まれているもの
は、どうやら昆虫の蛹らしきものだが、真綿が付いたまま飲み込んでしまい、直ぐ飛び去ってしまった。   

c0198669_20584239.jpg
c0198669_20583527.jpg
c0198669_20582281.jpg
c0198669_20581534.jpg
c0198669_20580928.jpg
c0198669_20574969.jpg
c0198669_20573549.jpg
c0198669_20553387.jpg
c0198669_20552717.jpg
c0198669_20551381.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2018-02-26 00:01 | スズメ目/シジュウカラ科

シメの散歩

公園の広場で見つけた「シメ」、食べ物探しと食事で忙しそうで、人が近づいたことが分かっていても余り警戒
する様子はない。パッと見ただけでは、餌になる食べ物がどんなものか分からないが、「シメ」の嘴の中を見る
と何となく分かる。ここでは草や小木の小さな実や種を探して食べている様だ。              

c0198669_14015742.jpg
c0198669_14015048.jpg
c0198669_14014022.jpg
c0198669_14011175.jpg
c0198669_14010604.jpg
c0198669_14010030.jpg
c0198669_14005403.jpg
c0198669_14004236.jpg
c0198669_14002389.jpg
c0198669_13593257.jpg
c0198669_13592235.jpg
c0198669_13591522.jpg
c0198669_13590174.jpg
c0198669_13585415.jpg
c0198669_13584464.jpg
c0198669_13582235.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2018-02-25 00:01 | スズメ目/アトリ科

鬼まつり(2018) 赤鬼と天狗のからかい

鬼まつりの最大の呼び物となっている「赤鬼と天狗のからかい」が始まる頃になると神明社の境内は観客で埋め
つくされる。まずは、赤鬼が参道に姿を現し本殿前の八角の儀調場に入り、神前に跪いて祈念してから、儀調場
から境内に下りて、いたずらの仕草をしながら、参道中程に控えている天狗に向けて進んで行き、それから「か
らかい」が始まる。今回は、呼び物後半のタンキリ飴と白い粉の洗礼を避けて早々に退散して来た。     

赤鬼登場 儀調場へ向かう
c0198669_18350228.jpg

c0198669_18335263.jpg

跪いて神前に祈念
c0198669_18333758.jpg
c0198669_18333099.jpg
c0198669_18332112.jpg
c0198669_18331407.jpg

儀調場を下りた赤鬼 さて・・・
c0198669_18330823.jpg
c0198669_18330266.jpg

これから赤鬼の本性が出て”いたずら”が始まる
c0198669_18325225.jpg
c0198669_18324403.jpg
c0198669_18323483.jpg
c0198669_18322896.jpg
c0198669_18322004.jpg
c0198669_18321211.jpg
c0198669_18320653.jpg
c0198669_18315862.jpg
c0198669_18315125.jpg
c0198669_18314446.jpg

向こうに控えている天狗が見えたが、”いたずら”を止めようとしない
c0198669_18313891.jpg
c0198669_18313244.jpg

見かねた天狗は薙刀で赤鬼を威嚇する
c0198669_18312244.jpg
c0198669_18311140.jpg
c0198669_18305944.jpg
c0198669_18305084.jpg
c0198669_18304445.jpg
c0198669_18303689.jpg

天狗は少しづつ追い詰めて行く
c0198669_18302967.jpg
c0198669_18302307.jpg
c0198669_18301602.jpg

赤鬼は追い詰められながらも少々ふざけている様にも・・・
c0198669_18301035.jpg
c0198669_18300173.jpg
c0198669_18295534.jpg
c0198669_18294885.jpg
c0198669_18293975.jpg
c0198669_18211823.jpg

赤鬼は後づさり出来ない所まで追い詰められた
c0198669_18211143.jpg

此処で、天狗は薙刀を振りかざして赤鬼を成敗しようとする
c0198669_18210251.jpg

ご・ごめんなさい 天狗様 もう悪いことはしません
c0198669_18205612.jpg
c0198669_18205028.jpg

赤鬼は平身低頭、謝って成敗を逃れた
c0198669_18203722.jpg

天狗は扇をかざして、赤鬼に悪さをしない約束をさせる
c0198669_18201898.jpg
c0198669_18193782.jpg
c0198669_18191602.jpg
c0198669_18190686.jpg
c0198669_18190031.jpg
c0198669_18185124.jpg
c0198669_18184567.jpg
c0198669_18183825.jpg
c0198669_18182480.jpg
c0198669_18181542.jpg
c0198669_18175760.jpg
c0198669_18174575.jpg
c0198669_18171533.jpg
c0198669_18170826.jpg

この日は少し気温が高かったので赤鬼は扇子の風を求めていた
c0198669_18170152.jpg
c0198669_18165423.jpg
c0198669_18164617.jpg

天狗は、赤鬼に約束させて、揚々と引き上げる! が・・・?
c0198669_18164049.jpg

遠ざかった天狗をよそ目に再び自慢の”いたずら”を始める
c0198669_18163005.jpg
c0198669_18162292.jpg

天狗は、何かおかしいことに気が付く
c0198669_18161065.jpg
c0198669_18160221.jpg

赤鬼は、天狗の後で悪さのし放題
c0198669_18155285.jpg

この後も「からかい」は続くが今回はこれまで
c0198669_18154274.jpg

怖い顔しても、お茶目な赤鬼
c0198669_18153509.jpg

Sigma DC Macro 18-200F3.5-6.3 / Pentax KP

by doi_masanori | 2018-02-24 00:01 | 鬼まつり

鬼まつり(2018) 浦安の舞

この「浦安の舞」は、皇紀2600年奉祝記念として昭和15年2月以来、例祭にはこの舞が奉納されている。
今年の舞姫は曲尺手町の柘 植遥さんと岩田梨花さんの二人で、厳かな舞を見せてくれた。         

舞姫の柘植 遥さん
c0198669_19015904.jpg

舞姫の岩田梨花さん
c0198669_19015185.jpg
c0198669_19014579.jpg
c0198669_19013531.jpg
c0198669_19012327.jpg
c0198669_19011304.jpg
c0198669_19010794.jpg
c0198669_19010009.jpg
c0198669_19004706.jpg
c0198669_19004110.jpg
c0198669_19002964.jpg
c0198669_19002395.jpg
c0198669_19001349.jpg
c0198669_19000563.jpg
c0198669_18595776.jpg
c0198669_18595076.jpg
c0198669_18594475.jpg
c0198669_18593579.jpg
c0198669_18592586.jpg
c0198669_18592047.jpg
c0198669_18591327.jpg
c0198669_18590632.jpg
c0198669_18590063.jpg
c0198669_18585403.jpg
c0198669_18584617.jpg
c0198669_18583958.jpg
c0198669_18583249.jpg
c0198669_18582178.jpg
c0198669_18581504.jpg
c0198669_18580990.jpg
c0198669_18572860.jpg
c0198669_18572277.jpg
c0198669_18570810.jpg
c0198669_18565974.jpg
c0198669_18565285.jpg
c0198669_18564572.jpg
c0198669_18563845.jpg
c0198669_18563320.jpg
c0198669_18562194.jpg
c0198669_18561400.jpg
c0198669_18560818.jpg
c0198669_18560107.jpg
c0198669_18555512.jpg

Sigma DC Macro 18-200F3.5-6.3 / Pentax KP

by doi_masanori | 2018-02-23 00:01 | 鬼まつり

鬼まつり(2018) 子鬼社参

国の重要無形文化財に指定されている「豊橋鬼祭」が2月11日、12日に行われ、今年は12日を見て来た。
赤鬼と同じ装束の子鬼は、若者や子供たちを連れて参道をタンキリ飴を撒きながら本殿に向かってやって来る。
先ずは本殿で参拝を済ませた後、境内に戻って、赤鬼の悪戯の真似をして境内を飛び回る。一通りの真似を終え
ると、再び白い粉とタンキリ飴を撒きながら境内から退散して行く。厄除け神事とは言え境内で見ている沢山の
観客は真っ白になっている。かなりのご利益を受けたものと思う。                    

札木町の子鬼(井伊亮太)が参道に姿を見せた
c0198669_17335065.jpg
c0198669_17334128.jpg

後に付いて来た町内の子供たち
c0198669_17333553.jpg
c0198669_17332991.jpg

本殿で参拝
c0198669_17332255.jpg
c0198669_17331570.jpg
c0198669_17330832.jpg
c0198669_17330215.jpg

境内に戻って赤鬼の真似をして駆け回る
c0198669_17325526.jpg
c0198669_17325013.jpg
c0198669_17324103.jpg
c0198669_17323406.jpg
c0198669_17322907.jpg
c0198669_17321966.jpg
c0198669_17321230.jpg
c0198669_17313853.jpg
c0198669_17313290.jpg
c0198669_17312514.jpg
c0198669_17312007.jpg
c0198669_17311582.jpg
c0198669_17310797.jpg
c0198669_17310296.jpg
c0198669_17305785.jpg
c0198669_17305112.jpg
c0198669_17304442.jpg
c0198669_17303608.jpg
c0198669_17303007.jpg
c0198669_17302366.jpg
c0198669_17301799.jpg
c0198669_17301130.jpg
c0198669_17294622.jpg
c0198669_17293864.jpg
c0198669_17293115.jpg

タンキリ飴と白い粉煙が上がった
c0198669_17292179.jpg
c0198669_17290956.jpg
c0198669_17290016.jpg
c0198669_17284983.jpg
c0198669_17283570.jpg
c0198669_17282594.jpg
c0198669_17281703.jpg

視界が悪く先が見えない
c0198669_17280761.jpg
c0198669_17280153.jpg
c0198669_17275591.jpg
c0198669_17275014.jpg

粉煙は大分収まった これから子鬼は、神明社を後にして町内に向かった
c0198669_17274105.jpg

Sigma DC Macro 18-200F3.5-6.3 / Pentax KP

by doi_masanori | 2018-02-22 00:01 | 鬼まつり

早春の木花実

早春のこの時期、木に咲く花として馴染みのある花は紅白黄の梅の花。そして「ネコヤナギ」や「ミツマタ」の
蕾などで、もう少しすると一斉に花が咲き始める。また、秋に付けた実が今まで残っているものもある。   

黄梅の「ロウバイ」
c0198669_00214009.jpg

白梅の「臥龍梅」
c0198669_00135992.jpg
c0198669_00132612.jpg
c0198669_00135151.jpg

紅梅の「八重寒紅」
c0198669_00211422.jpg
c0198669_00201824.jpg

「ネコヤナギ」の蕾
c0198669_00183382.jpg
c0198669_00165265.jpg
c0198669_00161723.jpg
c0198669_00154188.jpg
c0198669_00144827.jpg
c0198669_00143260.jpg

「ミツマタ」の蕾
c0198669_00141224.jpg

「サンザシ」の実
c0198669_00193336.jpg

「ロウヤガキ」の実
c0198669_00131278.jpg
c0198669_00130567.jpg

「ヒメザクロ」実
c0198669_00125880.jpg

Borg 36ED / Olympus OM-D E-M10

by doi_masanori | 2018-02-21 00:01 | 植物園の花

早春の草花

今年は例年に比べて気温の低い日が続いていて暖かな日が少ない。庭や公園の草花も見るからに成長が遅れてい
いる様にも思える。それでも早春の草花は確実に息づいている。植物園の野草園を散策して見つけた草花たち。

春を呼ぶ「フキノトウ」
c0198669_10162655.jpg
c0198669_10161906.jpg

顔を出した「フクジュソウ」
c0198669_10155885.jpg
c0198669_10155257.jpg
c0198669_10154357.jpg
c0198669_10153300.jpg

「セツブンソウ」
c0198669_10150771.jpg

「クロッカス」
c0198669_10145080.jpg
c0198669_10143949.jpg
c0198669_10143303.jpg

「ラナンキュラス」
c0198669_10140444.jpg
c0198669_10135751.jpg
c0198669_10134137.jpg
c0198669_10122578.jpg

「ミスミソウ」
c0198669_10113336.jpg
c0198669_10112765.jpg

「コウヤボウキ」
c0198669_10105528.jpg
c0198669_10104217.jpg

「アネモネ」
c0198669_10100323.jpg
c0198669_10091409.jpg
c0198669_10090688.jpg

Borg 36ED / Olympus OM-D E-M10

by doi_masanori | 2018-02-20 00:01 | 植物園の花

ジョウビタキ 地上がお好き

冬鳥の「ジョウビタキ」は同じツグミ科の「ツグミ」や「シロハラ」等と同じでこの時期は地上で採食すること
が多い。「ツグミ」や「シロハラ」は地表近くのミミズなどを穿って採食しているが、「ジョウビタキ」は地上
の見える所にいる昆虫の幼虫や蜘蛛などを見付けては採食している。よって地上でウロウロしている事も多い。

c0198669_17473524.jpg
c0198669_17472832.jpg
c0198669_17472285.jpg
c0198669_17471297.jpg
c0198669_17470733.jpg
c0198669_17465956.jpg
c0198669_17465328.jpg
c0198669_17464747.jpg
c0198669_17463959.jpg
c0198669_17463407.jpg
c0198669_17462398.jpg
c0198669_17461748.jpg
c0198669_17461297.jpg
c0198669_17460751.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2018-02-19 00:01 | スズメ目/ツグミ科