野鳥の素顔 <野鳥と日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

<   2012年 04月 ( 39 )   > この月の画像一覧

痛んでいるノスリの翼

大空を悠々と飛んでいる「ノスリ」、よく見ると片方の次列風切と中央の尾羽が欠損していて、何とも痛々しい姿だ。
高齢の成鳥だと思われるが、子供たちは逞しく成長していることだろう。
c0198669_2129259.jpg
c0198669_21291261.jpg
c0198669_21292484.jpg
c0198669_21292971.jpg
c0198669_21293559.jpg
c0198669_21294346.jpg
c0198669_21294889.jpg
c0198669_21295389.jpg
c0198669_21295992.jpg

BORG 71FL/Pentax F-FA1.7x/Kenko AC C-UP Lens No.3/Pentax K-5
by doi_masanori | 2012-04-30 00:01 | タカ目/タカ科

コシアカツバメの飛翔

上空を飛んでいる「コシアカツバメ」を観察していると、急激に方向を転換する時があるが、それは獲物の虫を見つけて捕ろうとする為だと分かった。
ツバメの飛翔はスピード感の中で、複雑な動作が有るので見ていても飽きない。
c0198669_21472696.jpg
c0198669_2147389.jpg
c0198669_21474765.jpg
c0198669_21475545.jpg
c0198669_2148487.jpg
c0198669_21481212.jpg
c0198669_21482262.jpg
c0198669_21483984.jpg
c0198669_21485332.jpg
c0198669_214921.jpg
c0198669_21491491.jpg
c0198669_21493030.jpg

BORG 71FL/Pentax F-FA1.7x/Kenko AC C-UP Lens No.3/Pentax K-5
by doi_masanori | 2012-04-29 00:01 | スズメ目/ツバメ科

クレーター

4月28日 19時45分の月 月齢6.8
合成f2350mm iso800 s1/250 F5.9
c0198669_22362780.jpg


4月28日 19時31分の金星 綺麗に輝いている金星は欠けていた
合成f2650mm iso800 s1/1000 F5
c0198669_22414955.jpg

Nikon EDG-FS-85/D.COM 30XWFA/Nikon CP P300
by doi_masanori | 2012-04-29 00:00 | 天体

ミサゴの狩

山あいにある池に「ミサゴ」がやって来た、上空を何回も旋回しながら獲物を探していたが、どうやら見つけたらしく翼をたたもうとする仕草と同時に翼を
たたんで水面へ急降下、途中運悪く立ち木に遮られてダイビングの瞬間を撮り逃がした。水面から上がった時にはバッチリ獲物を掴んでいた。
その後上空を暫らく旋回して目前を通過して行ってしまった。
c0198669_21281047.jpg
c0198669_2127491.jpg
c0198669_21282084.jpg
c0198669_21275991.jpg
c0198669_21283131.jpg
c0198669_2128877.jpg
c0198669_21284299.jpg
c0198669_21281949.jpg
c0198669_21285179.jpg
c0198669_21282942.jpg
c0198669_2129313.jpg
c0198669_21284133.jpg
c0198669_21291334.jpg
c0198669_21285273.jpg
c0198669_21292620.jpg
c0198669_2129590.jpg
c0198669_21294648.jpg
c0198669_21292876.jpg
c0198669_2130495.jpg
c0198669_21294461.jpg

BORG 71FL/Pentax F-FA1.7x/Kenko AC C-UP Lens No.3/Pentax K-5
by doi_masanori | 2012-04-28 00:01 | タカ目/タカ科

働き者のコシアカツバメたち

巣作りの時は皆各々自分の仕事をしているように見える。中にはサボっているツバメもいるかも知れないが、皆真剣に巣材を運んでいる。
c0198669_13283892.jpg
c0198669_131420100.jpg
c0198669_13142612.jpg
c0198669_13143088.jpg
c0198669_13143587.jpg
c0198669_1314394.jpg
c0198669_13144649.jpg
c0198669_13145016.jpg
c0198669_13145517.jpg
c0198669_13323455.jpg
c0198669_13171855.jpg
c0198669_13332117.jpg
c0198669_13151624.jpg
c0198669_13152480.jpg
c0198669_13152974.jpg
c0198669_13153777.jpg
c0198669_13154320.jpg
c0198669_13155248.jpg

BORG 71FL/Pentax F-FA1.7x/Kenko AC C-UP Lens No.3/Pentax K-5
by doi_masanori | 2012-04-27 00:01 | スズメ目/ツバメ科

コシアカツバメの巣作り用土運び

「コシアカツバメ」は10日くらい前に確認しているが、その前から来ていると思われる。今ではもう既にかなりの数になっている。
代わる代わる土を取りにやって来る、巣作りも急ピッチですすめられていて、電線に止まって休憩する暇は無いようだ。
c0198669_1819281.jpg
c0198669_18193661.jpg
c0198669_18194743.jpg
c0198669_18195534.jpg
c0198669_1820495.jpg
c0198669_18201272.jpg
c0198669_18202429.jpg
c0198669_18203675.jpg
c0198669_18204637.jpg
c0198669_1821347.jpg

BORG 71FL/Pentax F-FA1.7x/Kenko AC C-UP Lens No.3/Pentax K-5
by doi_masanori | 2012-04-26 00:01 | スズメ目/ツバメ科

ヒバリの囀り

次ページに「トキワマンサク」を掲載しました。

「ヒバリ」は草むらや野菜畑などにいることが多いと思っていたが、こうした開けた場所にいることを最近知った。今までは保護色で気付かなかったようだ。
地上から舞い上がって囀りはじめると、ホバリングしながら、精一杯の声で5分以上囀り続ける。
c0198669_18152762.jpg
c0198669_18153742.jpg
c0198669_18154468.jpg
c0198669_18155662.jpg
c0198669_1816975.jpg
c0198669_18163585.jpg
c0198669_18164626.jpg
c0198669_18164158.jpg
c0198669_18165132.jpg
c0198669_18165770.jpg

BORG 71FL/Pentax F-FA1.7x/Kenko AC C-UP Lens No.3/Pentax K-5
by doi_masanori | 2012-04-25 00:02 | スズメ目/ヒバリ科

群生トキワマンサク

静岡県指定天然記念物の「トキワマンサク」が満開で見頃を向かえている。湖西市の神座地区に群生している貴重な樹木のようです。
詳細は写真の案内を御参照ください。
c0198669_1749497.jpg
c0198669_17495737.jpg
c0198669_1750564.jpg
c0198669_17501271.jpg
c0198669_17504210.jpg
c0198669_17505117.jpg
c0198669_17511598.jpg
c0198669_17512934.jpg
c0198669_17513973.jpg
c0198669_17514633.jpg
c0198669_17515488.jpg
c0198669_1752021.jpg
c0198669_17524410.jpg
c0198669_187693.jpg
c0198669_1753383.jpg
c0198669_17531024.jpg

Nikon D300s/ED12-24F4D/ED17-55F2.8D

c0198669_17544296.jpg
c0198669_17544971.jpg
c0198669_187354.jpg
c0198669_1755837.jpg

デジタン Z6(ZEISS) / Nikon CP P300
by doi_masanori | 2012-04-25 00:01 | 樹木

群飛ぶカワラヒワとヒヨ

「カワラヒワ」は繁殖期以外はだいたい群れで行動している、今の時期も群れでいることが多い。人馴れしていて採食している時など結構近くまで寄って来る。
しかし、逃げる時は皆一斉に飛び出す。「ヒヨドリ」もこの時期群れで飛んでいるところをよく見かける。
c0198669_2251771.jpg
c0198669_2251933.jpg
c0198669_2252883.jpg
c0198669_2252961.jpg
c0198669_2254190.jpg
c0198669_2254363.jpg
c0198669_2255243.jpg
c0198669_2255315.jpg

BORG 71FL/Pentax F-FA1.7x/Kenko AC C-UP Lens No.3/Pentax K-5
by doi_masanori | 2012-04-24 00:01 | スズメ目/アトリ科

コチドリの繁殖行動

♂の「コチドリ」のディスプレイに誘われて♀が近づいてくるが直ぐにお互い気に入ることは少なく、不成立になることが多い。
今回運よくペアリングを撮ることが出来た。
c0198669_21154363.jpg
c0198669_2116239.jpg
c0198669_21155853.jpg
c0198669_2116374.jpg
c0198669_2116117.jpg
c0198669_21165117.jpg
c0198669_21162873.jpg
c0198669_2117865.jpg
c0198669_21164464.jpg
c0198669_21172125.jpg
c0198669_2117017.jpg

BORG 71FL/Pentax F-FA1.7x/Kenko AC C-UP Lens No.3/Pentax K-5
by doi_masanori | 2012-04-23 00:01 | チドリ目/チドリ科