野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

カテゴリ:植物園の花( 66 )

桜の花とリンゴの花

桜の花もリンゴの花も共に春に咲くのが通例となっているのは誰もが認める事だが、ここに有る桜とリンゴの花は
今咲いている。まー、桜の花に関しては秋に咲く桜も何種類(四季桜・10月桜・ア-コレイド・・)かあるが、
リンゴの花に関しては秋咲きは聞いた事が無い。然し、最近は異常気象の影響で秋に狂い咲きする事も有る様だ。
この桜は「10月桜」と「アーコレイド」で春と秋に2度咲きする品種。狂い咲きのリンゴの品種は不詳。   

今咲いている「十月桜」の花
c0198669_22384180.jpg
c0198669_22383496.jpg
c0198669_22382760.jpg
c0198669_22382267.jpg

春と秋に二度咲きする「十月桜」
c0198669_22374615.jpg
c0198669_22373735.jpg

「アーコレイド」の花
c0198669_22361357.jpg
c0198669_22355984.jpg

こちらも春と秋に二度咲きする「アーコレイド」
c0198669_22355288.jpg

左手前の「十月桜」と右奥の「アーコレイド」
c0198669_22344121.jpg

今咲いているリンゴの花
c0198669_22340480.jpg
c0198669_22335804.jpg
c0198669_22335058.jpg

Sigma DC Macro 18-200F3.5-6.3 / Pentax KP

by doi_masanori | 2018-10-22 00:01 | 植物園の花

女郎花 秋の七草 背丈が気になる

ここ二・三日は連日の猛暑から解放され、何処となく秋を感じることが出来る様になってはいるが、まだまだ予断
を許さない状況が続きそうだ。「オミナエシ」(女郎花)が咲いている。秋の七草の一つとして奈良時代から親し
まれて来た「オミナエシ」にはいろんな別名がある。「オミナメシ」(女飯)、「チメグサ」(血目草)、「アワ
バナ」(粟花)、「ハイショウ」(肺醤)等々。因みに、秋の七草は「桔梗」「撫子」「藤袴」「葛」「萩」「雄
花」「女郎花」となっている。「オミナエシ」の茎の高さは、図鑑などでは0.6~1m、或は1.5m位と書か
れている。然し、この群生して咲いている「オミナエシ」の背丈は優に2mを超える高さになっている。気になっ
て仕方がない。と言うのも「オミナエシ」は、女性花に例えられる草花なので、1m位迄で楚々と咲いているのが
似合っているのではないかと思っているから・・・。                           

背の高い「オミナエシ」が咲いている
c0198669_16010869.jpg

アゲハ蝶がやって来た
c0198669_16010208.jpg
c0198669_16005689.jpg
c0198669_16004222.jpg
c0198669_16003689.jpg
c0198669_16002956.jpg
c0198669_16002366.jpg
c0198669_16001786.jpg

大きな大きな「オミナエシ」
c0198669_16000914.jpg

Borg 36ED / Nikon 1V2

by doi_masanori | 2018-08-21 00:01 | 植物園の花

蓮の花と花托

蓮の花は、蕾から開花、満開、散る間際、そして散った花びらが大きな葉の上に落ちた様など、どの場面をとって
も何処か絵になる様に思える。この花が咲き終わって花びらが散ってしまうと其の中心部から「花托」と言われる
奇妙な形をしたものが現れる。この「花托」は初期の状態では表面は黄緑で穴は見えないが、成長が進むにつれて
多数の穴が出来て、其々の穴に実が出来る。この実は「果托」と言われるらしい?。その後「花托」は茶色に変わ
ると共に、「果托」も茶色に変わり種になる。この「花托」は開花する時には35℃位の温度を発熱していると言
われている。花が散って茶色くなった「果托」からも香りが出ている。蓮の生命の神秘がうかがえる。     

満開を過ぎた花びらにも存在感がある
c0198669_17070252.jpg

初期状態の「花托」
c0198669_17065638.jpg
c0198669_17064986.jpg

茶色になった「花托」の穴に残っている「果托」・「種」
c0198669_17064367.jpg

「果托」や「種」の大きさはバラバラ
c0198669_17062931.jpg
c0198669_17060059.jpg
c0198669_17055309.jpg
c0198669_17053915.jpg
c0198669_17053394.jpg
c0198669_17052665.jpg
c0198669_17051984.jpg
「花托」の裏側(下側)
c0198669_17044721.jpg

まだ蕾も沢山見られる
c0198669_17044037.jpg

Borg 36ED / Nikon 1V2

by doi_masanori | 2018-08-20 00:01 | 植物園の花

睡蓮の花

真夏の太陽が降り注ぐ中、「蓮の花」から少し離れたところに「睡蓮の花」が集まって咲いている。水面ギリギリ
に咲いている花は水面に映って上下二つの花となって咲いている。                     
c0198669_10025082.jpg

c0198669_10023776.jpg
c0198669_10022661.jpg
c0198669_10021599.jpg
c0198669_10020575.jpg
c0198669_10015791.jpg
c0198669_10014840.jpg

Borg 36ED / Nikon 1V2

by doi_masanori | 2018-07-25 00:01 | 植物園の花

ハスにトンボが

「蓮の花」が綺麗に咲いている池の片隅では水棲昆虫や「トンボ」が沢山集まって来ている。「ハス」の周りを飛
び交っているのは大型の「オニヤンマ」が多い。綺麗に開いた花にはなかなか止まってくれず、殆ど、先の尖った
蕾に方に止まってしまう。期待している様にはならないものだ!。                     

c0198669_12124707.jpg
c0198669_12123174.jpg
c0198669_12120801.jpg
c0198669_12120132.jpg
c0198669_12115009.jpg
c0198669_12114153.jpg
c0198669_12111986.jpg
c0198669_12111067.jpg
c0198669_12103687.jpg
c0198669_12101881.jpg
c0198669_12100153.jpg
c0198669_12095172.jpg
c0198669_12093969.jpg

Borg 36ED / Nikon 1V2

by doi_masanori | 2018-07-22 00:01 | 植物園の花

蓮の花 季節を感じて

連日の猛暑、晴天が続いていて、ここらで一雨欲しい等と、つい思ってしまうが、この度の「西日本豪雨災害」の
被害状況を知る度に心が痛む。軽々しく、一雨欲しい等と、言える状況ではない事を悟り深く反省している。  
体感的に感じる暑さは、目で見て涼感を感じる様にすればよい。この時期に咲く大きな「蓮の花」は炎天下に咲い
ていても、水面を吹き抜ける涼風や、白やピンクの涼し気な花を木陰から眺めて涼しさを想像するのも一方法か。

c0198669_17034044.jpg
c0198669_17032654.jpg
c0198669_17031618.jpg
c0198669_17030239.jpg
c0198669_17024588.jpg
c0198669_17023693.jpg
c0198669_17022762.jpg
c0198669_17005719.jpg
c0198669_17004997.jpg
c0198669_17004453.jpg
c0198669_17001173.jpg
c0198669_16593353.jpg
c0198669_16591179.jpg
c0198669_16585301.jpg
c0198669_16582835.jpg
c0198669_16573815.jpg
c0198669_16570817.jpg
c0198669_16563827.jpg

Borg 36ED / Nikon 1V2

by doi_masanori | 2018-07-19 00:01 | 植物園の花

夏のダリアと・・・

花が咲く時期が5月~10月位までと比較的長い期間見られる「ダリア」の花。種類が豊富なので花の咲き方や形
等も色々有り、特に色に関しては青色系以外は殆どあると言われている。「ダリア」は情熱っぽい感じの花も有る
ので少し暑さを感じるかも知れないので、ほんのちょっとでも涼しさが感じられそうな「キキョウ」と「ホタルブ
クロ」も載せてみた。                                         

色んな形や色がある「ダリア」
c0198669_17152798.jpg
c0198669_17152132.jpg
c0198669_17151334.jpg
c0198669_17150444.jpg
c0198669_17144859.jpg
c0198669_17143702.jpg

風船が弾ける様に咲く「キキョウ」
c0198669_17142498.jpg

高原の涼しさを思わせる「ホタルブクロ」
c0198669_17141113.jpg
c0198669_17135832.jpg

Borg 36ED / Nikon 1V2

by doi_masanori | 2018-07-16 00:01 | 植物園の花

アメリカデイコとサンゴシトウ

「ジャカランダ」の隣で同じ様に大きく育っている「アメリカデイコ」は、花の色が「ジャカランダ」とは対照的
で燃える様な赤色の花が沢山咲いている。「アメリカデイコ」の反対隣りでは「サンゴシトウ」の真っ赤な花も見
られる。                                               

「アメリカデイコ」
c0198669_15153462.jpg
c0198669_15152728.jpg
c0198669_15151450.jpg
c0198669_15150341.jpg
c0198669_15144413.jpg
c0198669_15142288.jpg
c0198669_15135091.jpg

「サンゴシトウ」 「アメリカデイコ」と同じマメ科のデイコ属
c0198669_15132543.jpg

Borg 36ED / Nikon 1V2

by doi_masanori | 2018-06-27 00:01 | 植物園の花

ジャカランダ今年も

のんほいパークの植物園で昨年に続き今年も花を咲かせ薄紫の花を見ることが出来た。昨年7年ぶりに花を咲かせ
て、珍しいことと思っていたところ今年も咲いた。以前はこの木の周辺は鬱蒼としていて「ジャカランダ」の生育
を阻んでいたのではないかと思われるが、昨年あたりから周辺がスッキリして風通し見通しが良くなった。この分
だと、これから毎年咲くのではないかと期待が持てる。                          

c0198669_18230503.jpg
c0198669_18225807.jpg
c0198669_18225290.jpg
c0198669_18224472.jpg
c0198669_18223921.jpg
c0198669_18222649.jpg
c0198669_18221972.jpg
c0198669_18220782.jpg
c0198669_18211045.jpg
c0198669_18210260.jpg
c0198669_18205535.jpg
c0198669_18204874.jpg
c0198669_18193259.jpg

Borg 36ED / Nikon 1V2

by doi_masanori | 2018-06-26 00:01 | 植物園の花

チョッと珍しい花

珍しい花と言うことだから勿論、名前を聞いたこともないが、一つは中国原産の「チュウキンレン」、もう一つは
南アフリカ原産の「キング・プロテア」。「チュウキンレン」(地湧金蓮)は別名「チャイニーズ イエローバナ
ナ」とも呼ばれている。「キングプロテア」は王者の風格と言う花言葉を持ち、南アフリカの国花になっている。

「チュウキンレン」 苞の付け根にある沢山の筒状の器官が一つ一つの独立した花になっている
c0198669_18472547.jpg

「キング・プロテア」 王者の風格に相応しい見事な咲き方
c0198669_18471170.jpg
c0198669_18465979.jpg
c0198669_18465144.jpg
c0198669_18464313.jpg

こちらの白い種類は蕾だけでまだ花は見られない
c0198669_18462961.jpg
c0198669_18461233.jpg
c0198669_18460285.jpg

Borg 36ED / Nikon 1V2

by doi_masanori | 2018-06-14 00:01 | 植物園の花