野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

カテゴリ:ブッポウソウ目/カワセミ科( 204 )

ダム湖のヤマセミ(2018)-4ダイブと飛翔

雛に餌を持って来て巣穴に入ると、中で餌を与え雛の身の回りの世話をしているのか直ぐには出てこない。巣穴か
ら飛び出すと、水面ギリギリを飛んでブイ迄飛んで行く。巣穴の中での匂いを消すためにブイの上からダイビング
して体を洗う。また、移動中に突然ダイブする事も有る。子育て中の親は「ヤマセミ」に限らず、「カワセミ」や
「サンコウチョウ」等もよくダイビングして体を綺麗にしているところを見ることがある。          

c0198669_17593224.jpg
c0198669_17592547.jpg
c0198669_17591629.jpg
c0198669_17591073.jpg
c0198669_17590459.jpg
c0198669_17585765.jpg
c0198669_17584826.jpg
c0198669_17583947.jpg
c0198669_17583219.jpg
c0198669_17582365.jpg
c0198669_17581564.jpg
c0198669_17581037.jpg
c0198669_17575530.jpg
c0198669_17574704.jpg
c0198669_17565847.jpg
c0198669_17564954.jpg
c0198669_17563164.jpg
c0198669_17562635.jpg
c0198669_17561663.jpg
c0198669_17561111.jpg
c0198669_17560593.jpg
c0198669_17555942.jpg
c0198669_17555302.jpg
c0198669_17554101.jpg
c0198669_17553561.jpg
c0198669_17552653.jpg
c0198669_17552013.jpg
c0198669_17551499.jpg
c0198669_17550583.jpg
c0198669_17550012.jpg
c0198669_17544591.jpg
c0198669_17543846.jpg
c0198669_17543060.jpg
c0198669_17542154.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2018-07-01 00:01 | ブッポウソウ目/カワセミ科

ダム湖のヤマセミ(2018)-3飛翔とダイブ

子育て中の「ヤマセミ」の親たちは、餌を確保するには少し離れた場所迄移動しているが、それ以外の時は巣の近
くの比較的狭いアリアで、ほぼ決まったパターンで行動しているので、暫く観察していれば、次にどういう行動を
とるかは大体は想像することが出来る。                                 

魚を持って巣穴近くの木まで移動中
c0198669_17104118.jpg
c0198669_17103530.jpg
c0198669_17102739.jpg
c0198669_17101555.jpg
c0198669_17100584.jpg
c0198669_17095672.jpg
c0198669_17094983.jpg
c0198669_17094394.jpg
c0198669_17093829.jpg
c0198669_17093258.jpg

ブイのロープ上からダイビング
c0198669_17085452.jpg
c0198669_17084822.jpg

餌を持って欄干から警戒視
c0198669_17084104.jpg
c0198669_17083472.jpg
c0198669_17082677.jpg
c0198669_17082091.jpg

移動中に時々ダイビング
c0198669_17081514.jpg
c0198669_17080823.jpg
c0198669_17075320.jpg
c0198669_17074597.jpg
c0198669_17073816.jpg
c0198669_17073227.jpg
c0198669_17072591.jpg
c0198669_17071741.jpg
c0198669_17070996.jpg
c0198669_17070234.jpg
c0198669_17065430.jpg

巣のある場所の対岸へ移動中
c0198669_17064752.jpg
c0198669_17064026.jpg
c0198669_17063349.jpg
c0198669_17062428.jpg
c0198669_17061613.jpg
c0198669_17061050.jpg
c0198669_17060127.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2018-06-30 00:01 | ブッポウソウ目/カワセミ科

ダム湖のヤマセミ(2018)-2

子育て中の「ヤマセミ」は、広いダム湖の巣がある周辺の一部のエリアでのみ行動している。♂と♀が協力して人
を含む外敵に警戒しながらせっせと餌運びをしている。                          

巣の近くの木で巣穴の雛を警護している母親鳥
c0198669_16105178.jpg
c0198669_16104647.jpg
c0198669_16104039.jpg

母親鳥に変わって餌を持ってやって来た父親鳥 時間をかけて周りの様子を確かめている
c0198669_16103451.jpg
c0198669_16102867.jpg
c0198669_16102320.jpg

休憩している♀
c0198669_16101164.jpg
c0198669_16100532.jpg

休憩している♂
c0198669_16095898.jpg
c0198669_16095192.jpg
c0198669_16094692.jpg
c0198669_16093551.jpg

こちらも一休みしている♀
c0198669_16092983.jpg
c0198669_16092241.jpg
c0198669_16091706.jpg
c0198669_16091160.jpg
c0198669_16090361.jpg
c0198669_16085716.jpg

Nikon EDG85 / D.com 30WFA / Nikon CP P340

by doi_masanori | 2018-06-29 00:01 | ブッポウソウ目/カワセミ科

ダム湖のヤマセミ(2018)-1

今年はダム湖では順調に子育てが進んでいるものと思われる。今年の彼等の巣は例年と違って、人が通る路とかな
り近い場所につくられたので、雛を孵す迄は特に警戒心が強かったのではないかと想像できる。勿論子育て中でも
巣の場所は変わらないので、不用意に巣に近寄らないことも必要かと思う。                 

巣に比較的近いこの木は彼等の見守りの場所となっている
c0198669_12370021.jpg
c0198669_12365356.jpg
c0198669_12320721.jpg
c0198669_12292372.jpg
c0198669_12291710.jpg
c0198669_12290986.jpg
c0198669_12290116.jpg
c0198669_12285194.jpg
c0198669_12284519.jpg
c0198669_12283885.jpg
c0198669_12283387.jpg
c0198669_12282742.jpg

それに、このブイも休憩場所として必要の様だ
c0198669_12373692.jpg
c0198669_12372951.jpg
c0198669_12372308.jpg
c0198669_12371745.jpg
c0198669_12371218.jpg
c0198669_12370607.jpg

Nikon EDG85 / D.com 30WFA / Nikon 1V2 / 1Nikkor 18.5F1.8

by doi_masanori | 2018-06-28 00:01 | ブッポウソウ目/カワセミ科

葦原のカワセミ泥沼ダイブ

ここに居た「カワセミ」は5~6回は泥沼へのダイビングを繰り返していた。勿論、ダイビングと言っても泥の
中に飛び込むわけではなく、直前でホバリングして嘴で獲物を捕らえていた。相変わらず魚ではない所が注目に
値する。彼女はここで泥だらけの好物を何度も捕まえて食べた後、対岸の木迄行って其処で何度も体を洗う様に
ダイビングを繰り返していた。                                    

こうしてここで獲物の動きを監視している
c0198669_14473448.jpg

チャンスと有らば直ぐ出動
c0198669_14472383.jpg
c0198669_14470027.jpg

失敗すると言うことは余りなく成功率はかなり高い
c0198669_14464871.jpg
c0198669_14463049.jpg
c0198669_14461573.jpg
c0198669_14455714.jpg
c0198669_14454163.jpg
c0198669_14452411.jpg
c0198669_14451485.jpg
c0198669_14450327.jpg
c0198669_14442027.jpg
c0198669_14435774.jpg

面白いほどよく捕れる これってホントに旨いのかな? カワセミのイメージがチョッと失墜した様な
c0198669_14432990.jpg

いやいや! カワセミも食糧難を生き延びなければ・・・
c0198669_14431034.jpg
c0198669_14425596.jpg
c0198669_14424143.jpg
c0198669_14365729.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2018-02-03 00:01 | ブッポウソウ目/カワセミ科

葦原のカワセミ

公園の所々に残されている葦原の一角で「カワセミ」がジッと息を潜めて何かを狙っている姿を見た。然し、こ
こには魚がいる様な水もなく、いったい何を捕まえようとしているのか想像がつかない。その時一瞬狙っていた
場所から飛び出したが、その動きを見定める事は出来無かった。次の瞬間、元の場所の近くに何か咥えて戻って
来た。、勿論こんな所には魚は居ないはず、よく見ると黒い甲殻で覆われた水棲昆虫の様。「ゲンゴロウ」か?
驚いた。この泥だらけの昆虫を丸呑みした。その昔、この公園では大きく立派な魚を捕る「カワセミ」を何度も
撮ったことがあるが、今ではこの有様!?!。これで良いのか?良くないのか?・・・。          

c0198669_14342819.jpg
c0198669_14341683.jpg
c0198669_14335801.jpg
c0198669_14333123.jpg
c0198669_14331545.jpg
c0198669_14325970.jpg
c0198669_14313014.jpg
c0198669_14312256.jpg
c0198669_14311385.jpg
c0198669_14310540.jpg
c0198669_14305431.jpg
c0198669_14304478.jpg
c0198669_14303659.jpg
c0198669_14303061.jpg
c0198669_14302149.jpg
c0198669_14301226.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2018-02-01 00:01 | ブッポウソウ目/カワセミ科

ダム湖のヤマセミ デジスコで

ここのペアの2羽は殆どが対岸の岩場や木に止まっている事が多いが、偶には比較的近くの橋の手摺りのパイプ
やコンクリートの橋桁迄来ることもある。いずれにしても比較的離れているのでデジスコも使ってみた・・・。
c0198669_18134476.jpg
c0198669_18133756.jpg
c0198669_18132826.jpg
c0198669_18132165.jpg
c0198669_18131174.jpg
c0198669_18130254.jpg
c0198669_18125412.jpg
c0198669_18124734.jpg
c0198669_18124020.jpg
c0198669_18123287.jpg
c0198669_18122590.jpg
c0198669_18121459.jpg
c0198669_18120851.jpg
c0198669_18120268.jpg
c0198669_18115406.jpg
c0198669_18114697.jpg

Nikon EDG85 / D.com 30WFA / Nikon 1V2 / 1Nikkor 18.5F1.8

by doi_masanori | 2017-06-05 00:01 | ブッポウソウ目/カワセミ科

ダム湖のヤマセミ その後の状況は?-2

その後も、ペアが其々に同じ穴やまた別の穴に飛び込んで、中の様子を確かめていた。この様な行動は以前にも
見た事があるが、果たしてこれだけでカップルに成ったかどうかは分からない。然し、その後も巣材らしき物を
巣穴に運び込んだりしているのも確認しているのでが、ひょっとしてOKかかも知れない。そうあって欲しい。

岩場の中央付近の目立たないところに居る♂だが、対岸の方を気にして見ている
c0198669_18354401.jpg

然し、そちらとは反対の方向へ飛び出した
c0198669_18353908.jpg
c0198669_18353333.jpg
c0198669_18352714.jpg
c0198669_18351987.jpg
c0198669_18342647.jpg

これから先は手前側の木に遮られて見えなくなった 今までの行動エリアから離れたところへ飛んで行った
c0198669_18342025.jpg

時間が経って、最初の岩場に♂がやって来た
c0198669_18340665.jpg
c0198669_18334981.jpg

暫くすると ♀がやって来た
c0198669_18333676.jpg

暫くペアで過ごしていた
c0198669_18332500.jpg
c0198669_18332035.jpg

場面が変わって、水位版の上に♀が何か咥えている 巣材の様なものを
c0198669_18331222.jpg
c0198669_18330647.jpg
c0198669_18330112.jpg

水位版から飛び出した どこへ行くのだろう?
c0198669_18323332.jpg
c0198669_18322104.jpg
c0198669_18320911.jpg

前回も出入りしていた巣穴に向かった
c0198669_18314832.jpg
c0198669_18313806.jpg

この穴に巣材らしきものを持ち込んだ様だ その後はすべて未確認でこの場を去った
次の機会に状況を確認することにした
c0198669_18313105.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-70

by doi_masanori | 2017-06-04 00:01 | ブッポウソウ目/カワセミ科

ダム湖のヤマセミ その後の状況は?

劇的な瞬間を撮り逃がした後、彼らの行動を観察していると、其々が別々に巣穴探しをしている事が分かった。
彼等が巣穴を探すと言うことは、ひょっとしてその必要が生じたからかも知れない。確かなことはもう少し観察
しないと分からない。

岩場にペアでいたが、♂の方がその場から離れて飛び出した
c0198669_18404954.jpg
c0198669_18403823.jpg
c0198669_18403010.jpg
c0198669_18401643.jpg
c0198669_18400826.jpg
c0198669_18400205.jpg

対岸の岩場にやって来た
c0198669_18395551.jpg

対岸の♀を確認している
c0198669_18394300.jpg

居る居る
c0198669_18393624.jpg

確認して安心していると
c0198669_18393146.jpg

♀が飛び出して来て巣穴探しを始めた
c0198669_18392489.jpg
c0198669_18391831.jpg
c0198669_18391253.jpg
c0198669_18390394.jpg

中の様子を確認するため巣穴に飛び込んだ
c0198669_18384500.jpg

♂は♀が巣穴へ入って行くのを見ていた
c0198669_18382817.jpg

♀が出てくるのを確認して、今度は♂が飛び出した
c0198669_18380119.jpg
c0198669_18375129.jpg
c0198669_18374563.jpg
c0198669_18373821.jpg
c0198669_18372719.jpg
c0198669_18372166.jpg
c0198669_18371048.jpg
c0198669_18370178.jpg
c0198669_18365644.jpg
c0198669_18364971.jpg
c0198669_18364388.jpg

先程の♀が入って行った穴とは別の穴に入って行った
c0198669_18363637.jpg

さて、こちらの穴はどうでしたか?
c0198669_18362835.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-70

by doi_masanori | 2017-06-03 00:01 | ブッポウソウ目/カワセミ科

ダム湖のヤマセミ 恋は実っただろうか?

今年になって初めてダム湖に来てみた。今年の「ヤマセミ」の様子を確かめるためだ、2羽の♂♀が湖上を移動
したり、岩陰に止まったりで、活発に行動している様に見えた。この2羽は未だカップルにはなってないと思わ
れる。彼らの行動を観察していて、ひょっとして、ペアリングに成功したのではないかと思わされる直前のショ
ットが有ったが、その直後のショットが撮れてなかった。残念無念。

切り株に♀が止まっている
c0198669_18461982.jpg
c0198669_18461206.jpg

ここを飛び出した さて、何処へ行くのだろうか
c0198669_18452349.jpg
c0198669_18451463.jpg
c0198669_18450856.jpg
c0198669_18450280.jpg

水面近くまで下りて来て
c0198669_18445265.jpg

目的の場所へ向かって水面すれすれを飛翔
c0198669_18444560.jpg
c0198669_18443662.jpg
c0198669_18442025.jpg
c0198669_18441261.jpg
c0198669_18440636.jpg
c0198669_18435913.jpg
c0198669_18435255.jpg
c0198669_18434359.jpg
c0198669_18433780.jpg

目前に岩が見えて来た
c0198669_18432960.jpg
c0198669_18432337.jpg

その岩面に沿って上昇して行く
c0198669_18431645.jpg
c0198669_18430936.jpg
c0198669_18430314.jpg
c0198669_18425534.jpg

岩の途中まで来ると♂がいた
c0198669_18424038.jpg

♀は♂のいる近くの岩に止まった
c0198669_18423296.jpg
c0198669_18422428.jpg

暫く♂は♀の方を気にして見つめていたが、突然♀に向かって飛び出した
c0198669_18421666.jpg

どうもこの辺りから、画像が鮮明でないが、♀に近づいている
c0198669_18420902.jpg

どうしてこんな隅に移っているのか理由分からない、この画像から見て交尾寸前では?これから先は
写っていなかった おそらく、このシーンをファインダー内でよく見てなく撮影を止めたと思われる
c0198669_18420196.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-70

by doi_masanori | 2017-06-02 00:01 | ブッポウソウ目/カワセミ科