野鳥の素顔 <野鳥と日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

カテゴリ:スズメ目/ウグイス科( 146 )

セッカが巣作り準備

川原では「セッカ」の囀りがよく聞かれる。今は繁殖期のさ中故、縄張りの確保や子育ての準備やらで忙しそう
に飛び回っている。偶々、「ハマダイコン」の茎に止まった「セッカ」を見ると、綿の様なものを咥えていた。
以前にも見たことが有るが、これは間違いなく巣作りの材料の様だ。近くに巣が出来ているかも知れない。  

c0198669_22194358.jpg
c0198669_22193265.jpg
c0198669_22192461.jpg
c0198669_22191863.jpg
c0198669_22191245.jpg
c0198669_22190603.jpg
c0198669_22190044.jpg
c0198669_22185526.jpg
c0198669_22185083.jpg
c0198669_22184519.jpg
c0198669_22183952.jpg
c0198669_22183307.jpg
c0198669_22182786.jpg
c0198669_22182137.jpg
c0198669_22181525.jpg
c0198669_22180968.jpg
c0198669_22180348.jpg
c0198669_22175635.jpg
c0198669_22175123.jpg
c0198669_22174614.jpg
c0198669_22173448.jpg
c0198669_22172256.jpg
c0198669_22171465.jpg
c0198669_22170883.jpg
c0198669_22170393.jpg
c0198669_22165787.jpg
c0198669_22165152.jpg
c0198669_22164578.jpg
c0198669_22163958.jpg

b71em10mk2+40147-190504

by doi_masanori | 2019-05-14 00:01 | スズメ目/ウグイス科

セッカの表情

久し振りに「セッカ」に出会った。繁殖期の今は、川原などでは彼等の存在は比較的分かり易い。と言うのも、
囀りながら飛び回っているので見つけ易い。囀りが聞こえる内は居場所は分かるが、そのまま草に止まったりす
るのでよく見ていないと見失ったしまう。「スズメ」より小さい「セッカ」は、草むらに下りると、殆ど分から
なくなってしまう。小柄な「セッカ」の顔は可愛いだろうと思いたいが、見ての通り、髭面のおっさん顔だ。 

c0198669_18244697.jpg
c0198669_18243873.jpg
c0198669_18243492.jpg
c0198669_18242802.jpg
c0198669_18242460.jpg
c0198669_18242099.jpg
c0198669_18241568.jpg
c0198669_18240918.jpg
c0198669_18240588.jpg
c0198669_18240003.jpg
c0198669_18235673.jpg
c0198669_18235269.jpg
c0198669_18234777.jpg
c0198669_18234293.jpg
c0198669_18233789.jpg
c0198669_18233131.jpg

b71em10mk2+40064-190504

by doi_masanori | 2019-05-12 00:01 | スズメ目/ウグイス科

オオヨシキリ 葦原で縄張り争い

葦原に独特の仰々しい囀りがあちらこちらから聞こえてくる。比較的狭い葦原を2・3羽がお互いを威嚇しなが
ら飛び回り、自分の縄張りにしたいエリアの背の高い葦(スイングポスト)に止まって、喧しい程の大きな声で
囀って縄張りを確保しようとしている。そして、その場所付近に相手が近づくと血相?変えて追い回している。

c0198669_18374660.jpg
c0198669_18374067.jpg
c0198669_18373484.jpg
c0198669_18365916.jpg
c0198669_18364510.jpg
c0198669_18360711.jpg
c0198669_18355949.jpg
c0198669_18353743.jpg
c0198669_18352913.jpg
c0198669_18351974.jpg
c0198669_18351355.jpg
c0198669_18350572.jpg
c0198669_18345985.jpg
c0198669_18345344.jpg
c0198669_18344647.jpg
c0198669_18343968.jpg
c0198669_18343312.jpg
c0198669_18342593.jpg
c0198669_18341692.jpg
c0198669_18340259.jpg
c0198669_18335695.jpg
c0198669_18334597.jpg
c0198669_18333913.jpg
c0198669_18333244.jpg
c0198669_18332673.jpg
c0198669_18331849.jpg
c0198669_18330718.jpg
c0198669_18330102.jpg
c0198669_18325482.jpg
c0198669_18324720.jpg
c0198669_18324135.jpg
c0198669_18323693.jpg
c0198669_18322785.jpg
c0198669_18322020.jpg
c0198669_18321306.jpg
c0198669_18320752.jpg
c0198669_18315997.jpg
c0198669_18315236.jpg
c0198669_18313958.jpg
c0198669_18313104.jpg

b71x17n3k5+88266a-19422

by doi_masanori | 2019-05-10 00:01 | スズメ目/ウグイス科

ウグイス みすぼらしい姿

七月に入り日増しに暑さを感じる様になったが、この時期でも雑木や繁みがある所では「ウグイス」の美声が聴か
れる。この「ウグイス」換羽中とあって見ての通り哀れな姿、今聞いている極上の囀りをこの姿と結びつけたくは
無いと思ってしまう。野鳥は換羽中は体力温存のために飛翔や囀り等は極力抑えて行動するとのことを聞いたこと
があるが、この「ウグイス」に関しては美しく力強い囀りを何回となく繰り返していた。それに、囀っていた木か
ら30m以上離れた低木迄の飛翔を2回確認した。尾羽や風切羽がそれ程少ない訳では無いので、飛翔には差し支
え無いとしても体力温存出来ているだろうか?チョッと心配。                       

”ホーホケキョ”が聞こえる 何時も聴くより一段と冴え渡って聞こえる 然し、この姿を見てびっくり・・・
c0198669_18060326.jpg
c0198669_18054922.jpg
c0198669_18054232.jpg
c0198669_18053259.jpg
c0198669_18052533.jpg
c0198669_18051904.jpg

尾羽もかなり抜けている
c0198669_18051088.jpg
c0198669_18050404.jpg
c0198669_18045689.jpg
c0198669_18044469.jpg
c0198669_18043809.jpg
c0198669_18043378.jpg
c0198669_18042550.jpg
c0198669_18041965.jpg
c0198669_18041061.jpg

羽はやや寂しいが、殊の外活発に行動している様に見える
c0198669_18040348.jpg

Tamron SP AF90F2.8 Di Macro1:1 272E / Pentax K-5

by doi_masanori | 2018-07-04 00:01 | スズメ目/ウグイス科

オオヨシキリ 葦原でリラックス

普段、葦原では比較的仰々しく騒ぎ立てている「オオヨシキリ」だが、葦原の高い所に出て来ても賑やかな囀りば
かりでなく偶にはストレッチをしたりして寛ぐこともある様だ。                      

枯草の上で一休み
c0198669_17230034.jpg
c0198669_17225375.jpg
c0198669_17223542.jpg
c0198669_17222467.jpg
c0198669_17221737.jpg

上で休憩後葦の中に飛び込んだ
c0198669_17220905.jpg
c0198669_17215998.jpg

次の行動開始
c0198669_17215339.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2018-06-13 00:01 | スズメ目/ウグイス科

野鳥園のウグイスとコマドリ

野鳥園の裏の林の中から「ウグイス」の囀りが聞こえて来た。野鳥園の「ウグイス」の前へ来て見るとこちらでも
美声で囀っている。先程の囀りも彼だったのかとも思った。別の場所で「コマドリ」が出て来るのを待っていたが
なかなか出て来ないので、諦めかけた時、奥の方から近くの餌場に飛んで来たのでやっと撮れると思ったが、何故
か急いでいる様子、2・3度餌を突いただけで、あれよあれよと言う間にいなくなってしまった。       

日本三鳴鳥の中で、最も聞き慣れた”ホーホケキョ”の囀りを聞かせてくれる「ウグイス」
c0198669_11371938.jpg
c0198669_11371066.jpg
c0198669_11370266.jpg
c0198669_11351549.jpg
c0198669_11350215.jpg
c0198669_11345420.jpg
c0198669_11342287.jpg
c0198669_11341644.jpg
c0198669_11340997.jpg
c0198669_11331317.jpg

こちらも三鳴鳥で”ヒンカララ”の囀りは今は聞かれない  やっと出て来た「コマドリ」だが??
c0198669_11324512.jpg
c0198669_11323963.jpg
c0198669_11322639.jpg
c0198669_11321131.jpg

Borg 36ED / Nikon 1V2

by doi_masanori | 2018-06-06 00:21 | スズメ目/ウグイス科

オオヨシキリ 葦原で賑やかに

然程広くない葦原に3か所のソングポストがあり、其々の縄張りを持った「オオヨシキリ」が自分の近くのポスト
に立って、大声を出して縄張りを宣言している。同時に2つのポストで宣言する事も有るのでかなり騒がしい。又
ポスト以外の葦原の下の方からも聞こえてくるので、この葦原はとにかく喧しい。              

c0198669_18141400.jpg
c0198669_18140879.jpg
c0198669_18135863.jpg
c0198669_18135265.jpg
c0198669_18134392.jpg
c0198669_18133696.jpg
c0198669_18132919.jpg
c0198669_18132234.jpg
c0198669_18131712.jpg
c0198669_18130880.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax KP

by doi_masanori | 2018-05-29 00:01 | スズメ目/ウグイス科

ウグイス 新緑に見え隠れ

山道を散策していると色んな野鳥の囀りを聞くことが出来る。中でも「ウグイス」の囀りは格別であろう。離れた
所から聞こえる時は然程感じないが、直ぐ近くの時は其の鳴き声の素晴らしさでつい足を止めてしまう。然しなが
らその素晴らしい声の主を見つけるには忍耐がいる。諦めは禁物、じっと我慢してひたすら鳴き声の方向を探せば
其の内に姿が見える事も有る。今の時期は新緑覆われているので見つけるのに苦労する。           

c0198669_17522046.jpg
c0198669_17521474.jpg
c0198669_17520869.jpg
c0198669_17515834.jpg
c0198669_17515259.jpg
c0198669_17514262.jpg
c0198669_17513568.jpg
c0198669_17512924.jpg
c0198669_17512363.jpg
c0198669_17511233.jpg

Borg 36ED / Nikon 1V2

by doi_masanori | 2018-05-19 00:01 | スズメ目/ウグイス科

ウグイス 声はすれども姿が・・・

野山へ出かけると「ウグイス」のとっておきの美しい囀りを聞くことが出来る。特に今の時期は、最高の囀りが
響き渡っている。然し、この「ウグイス」、鳴き声は超一流だが、羽色が極端に地味で鳴き声との差が余りにも
大きく、姿を見るとガッカリすることになる。この羽色とは別に、顔は精悍で姿もスマートで動きは俊敏だから
総体的には申し分のない野鳥と言うことになる。そして、すぐ近くで美しい囀りが聞こえていても、その姿を見
ようとしても容易に見つけることが出来ない忍者の様な野鳥だ。                     

忍者の様な「ウグイス」の鳴き声を聞き、その方向に耳を澄ませて見つめる事 数分
その時茂みの中で動く物を見付けた 茂みから少し広い所に出て来た美声の主を確認
c0198669_18414851.jpg

c0198669_18414276.jpg
c0198669_18413749.jpg
c0198669_18411726.jpg
c0198669_18411184.jpg
c0198669_18410554.jpg
c0198669_18372310.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2018-04-09 00:01 | スズメ目/ウグイス科

セッカ 幼鳥?成鳥冬羽?

田園地帯の田んぼや草むらではよく「セッカ」を見る事がある。繁殖期には喧しいほどの囀りで飛び回っているが、
今は鳴き声一つ聞かれず、無声の状態で稲穂や草むらの陰を出入りしているので探しにくい。然し、時折草の上に止
まるのでそのチャンスを見逃してはならない。この「セッカ」は幼鳥なのか、成鳥なのか良く分からないが、喉から
胸、腹等の色、下嘴の色等からして幼鳥の様に思うが、勿論、成鳥の下嘴も肉色なので迷う。此方は黄色味がやや強
く見えるのでやはり幼鳥か?果たしてどうだろう?。
c0198669_17182439.jpg
c0198669_17181675.jpg
c0198669_17181047.jpg
c0198669_17180106.jpg
c0198669_17175330.jpg
c0198669_17174676.jpg
c0198669_17172328.jpg
c0198669_17171746.jpg
c0198669_17170747.jpg
c0198669_17170149.jpg
c0198669_17165507.jpg
c0198669_17164961.jpg
c0198669_17164080.jpg
c0198669_17163329.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2017-09-28 00:01 | スズメ目/ウグイス科