野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

カテゴリ:スズメ目/ツグミ科( 320 )

コマドリ・キビタキ・ルリビタキ 野鳥園

夏鳥の「コマドリ」や「キビタキ」は今の時期に見る事は出来るが、留鳥(漂鳥)の「ルリビタキ」でも今の時期
には容易く見る事は出来ない。とは言え、留鳥(漂鳥)と言うことだから一年中この地域(山、里、住宅地等範囲
は広い)の何処かにいるので見ることが出来ると言うことになるので、人里離れた山などに入れば見られるかもし
れない。然し、この野鳥園では簡単に見ることが出来る。                         

「コマドリ」(ツグミ科・夏鳥)
c0198669_17373973.jpg
c0198669_17373290.jpg
c0198669_17372453.jpg
c0198669_17371780.jpg
c0198669_17371140.jpg
c0198669_17370550.jpg
c0198669_17365933.jpg
c0198669_17364818.jpg
c0198669_17364012.jpg
c0198669_17363119.jpg
c0198669_17362163.jpg

背景に同化してチョッと見辛い「キビタキ」(ヒタキ科・夏鳥)
c0198669_17341836.jpg
c0198669_17341139.jpg
c0198669_17335659.jpg

春先にはよく見られた「ルリビタキ」(ツグミ科・留鳥・漂鳥)
c0198669_17355826.jpg
c0198669_17354237.jpg
c0198669_17343274.jpg

Borg 36ED / Nikon 1V2

by doi_masanori | 2018-07-11 00:01 | スズメ目/ツグミ科

トラツグミ 目を離すと!

地上の色模様と同系色の羽色をしている「トラツグミ」は、最初にその存在を見つけ確認するには、探そうと言
う執念と忍耐が必要だ。今回は仲間のバーダーが見つけて教えて貰ったので撮ることが出来た。然し、この「ト
ラ」ちゃん居場所を教えて貰って確認しても、チョッと目を離すと分からなくなってしまうと言う始末、誠に厄
介ものと言わざるを得ない。こんな時は、何人かで見守りながら撮るのが良い方法に違いない。       

c0198669_16473982.jpg
c0198669_16472828.jpg
c0198669_16472285.jpg
c0198669_16471664.jpg
c0198669_16470981.jpg
c0198669_16470216.jpg
c0198669_16465599.jpg
c0198669_16464697.jpg
c0198669_16463990.jpg
c0198669_16462448.jpg
c0198669_16460778.jpg
c0198669_16460248.jpg
c0198669_16455510.jpg
c0198669_16454994.jpg
c0198669_16453493.jpg
c0198669_16452734.jpg
c0198669_16452145.jpg
c0198669_16451466.jpg
c0198669_16450740.jpg
c0198669_16435406.jpg
c0198669_16434758.jpg
c0198669_16433840.jpg
c0198669_16423772.jpg
c0198669_16422911.jpg
c0198669_16420209.jpg
c0198669_16415644.jpg
c0198669_16414930.jpg
c0198669_16414264.jpg
c0198669_16413262.jpg
c0198669_16405967.jpg
c0198669_16405130.jpg
c0198669_16402011.jpg
c0198669_16401369.jpg
c0198669_16400512.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2018-04-06 00:01 | スズメ目/ツグミ科

ジョビ子さん地上の近くで

時々木の上に退避する「ジョウビタキ」も、本来は地上にいる獲物を確保するためにはやっぱり、地上に近い所
まで下りて来て探す方が良いと思っているのだろう。柵や低木、葦などに止まって獲物を捜して採食している。

c0198669_18280685.jpg
c0198669_18275675.jpg
c0198669_18275005.jpg
c0198669_18274190.jpg
c0198669_18273367.jpg
c0198669_18272618.jpg
c0198669_18270753.jpg
c0198669_18265929.jpg
c0198669_18265262.jpg
c0198669_18260643.jpg
c0198669_18255980.jpg
c0198669_18255031.jpg
c0198669_18254345.jpg
c0198669_18252705.jpg
c0198669_18251579.jpg
c0198669_18244289.jpg
c0198669_18243580.jpg
c0198669_18242066.jpg

Borg 45EDⅡ / Lumix DMC-GX7

by doi_masanori | 2018-03-24 00:02 | スズメ目/ツグミ科

ジョビ子さん木の上で

三月も後半に入った。「ジョウビタキ」の♂の姿は見かけなくなったが、♀の方は未だあちこちで見かける。そ
れでも暖かさが増すにつれて何時の間にか姿が見られなくなる。彼女たちは地上近くで昆虫や蜘蛛などを採食し
ていることが多いが、今回の様に木の上にいる事もある。ここでは採食している様子は見られなかった。時々、
こちらと目線が合う事から警戒して木の上へ退避しているのではないかとも思われる。           

c0198669_18343752.jpg


c0198669_18334474.jpg
c0198669_18332998.jpg
c0198669_18331332.jpg
c0198669_18332290.jpg
c0198669_18320394.jpg
c0198669_18310241.jpg
c0198669_18305663.jpg
c0198669_18293735.jpg
c0198669_18292495.jpg
c0198669_18290681.jpg
c0198669_18290062.jpg
c0198669_18285158.jpg
c0198669_18284559.jpg
c0198669_18283982.jpg
c0198669_18283309.jpg
c0198669_18281855.jpg
c0198669_18281220.jpg
c0198669_18280704.jpg


by doi_masanori | 2018-03-22 00:01 | スズメ目/ツグミ科

イソのヒヨ太君

海岸道路を走行中、路肩にいる「イソヒヨドリ」の♂を発見、通り過ぎて車を止め後ろを確認すると丁度道路を
急ぎ足で歩いて横断しているところだった。道路を挟んだ山手の岩場に入り込み獲物探しを始めていた。車から
降りてカメラを持って近づいても逃げる気配はない。勿論、警戒はしている様で、採食の合間にも時々こちらを
ジーっと見つめたり、横目で見たりもしている。                            

c0198669_16242233.jpg
c0198669_16251754.jpg
c0198669_16250939.jpg
c0198669_16243866.jpg
c0198669_16243042.jpg
c0198669_16415634.jpg
c0198669_16241562.jpg
c0198669_16240885.jpg
c0198669_16240027.jpg
c0198669_16233518.jpg
c0198669_16245189.jpg
c0198669_16244580.jpg
c0198669_16231414.jpg
c0198669_16225224.jpg
c0198669_16224623.jpg
c0198669_16223881.jpg
c0198669_16223134.jpg
c0198669_16221882.jpg
c0198669_16221168.jpg
c0198669_16220219.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2018-03-15 00:01 | スズメ目/ツグミ科

イソのヒヨ子さん

海岸近くの草むらで「イソヒヨドリ」の♀を見付けた。別の場所で屋根の上にいる所を見つけカメラを向けた。
♀は、かなり地味な色合いをしているが、よく見ると胸から腹にかけての模様は繊細で綺麗だ。       

c0198669_17391938.jpg
c0198669_17384614.jpg
c0198669_17383983.jpg
c0198669_17383344.jpg
c0198669_17382797.jpg
c0198669_17381817.jpg
c0198669_17381248.jpg
c0198669_17380715.jpg
c0198669_17375557.jpg
c0198669_17375067.jpg
c0198669_17374419.jpg
c0198669_17373891.jpg
c0198669_17372809.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2018-03-14 00:01 | スズメ目/ツグミ科

ジョウビタキ 地上がお好き

冬鳥の「ジョウビタキ」は同じツグミ科の「ツグミ」や「シロハラ」等と同じでこの時期は地上で採食すること
が多い。「ツグミ」や「シロハラ」は地表近くのミミズなどを穿って採食しているが、「ジョウビタキ」は地上
の見える所にいる昆虫の幼虫や蜘蛛などを見付けては採食している。よって地上でウロウロしている事も多い。

c0198669_17473524.jpg
c0198669_17472832.jpg
c0198669_17472285.jpg
c0198669_17471297.jpg
c0198669_17470733.jpg
c0198669_17465956.jpg
c0198669_17465328.jpg
c0198669_17464747.jpg
c0198669_17463959.jpg
c0198669_17463407.jpg
c0198669_17462398.jpg
c0198669_17461748.jpg
c0198669_17461297.jpg
c0198669_17460751.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2018-02-19 00:01 | スズメ目/ツグミ科

梅ジョビ チョッと淋しい

梅園では梅の種類によって花の咲き具合が違っていて、未だ蕾のものから、かなり賑やかに咲いているものなど
まちまちの状態で、園内が花で包まれるには未だ少し時間が掛かりそう。ここにやって来る「ジョウビタキ」は
地上の獲物を捕るのが目的なので、梅の木に止まる時は、花など咲いてない見通しの良い枝に止まって地上の獲
物が見易い様にしている。それ故、花が綺麗に咲いている枝などを避けるのは必然的かも知れない。     

c0198669_14525423.jpg
c0198669_14524822.jpg
c0198669_14524278.jpg
c0198669_14521911.jpg
c0198669_14523670.jpg
c0198669_14521376.jpg
c0198669_14520102.jpg
c0198669_14520769.jpg
c0198669_14515504.jpg
c0198669_14514656.jpg
c0198669_14480200.jpg
c0198669_14475693.jpg
c0198669_14475027.jpg
c0198669_14474300.jpg
c0198669_14473633.jpg
c0198669_14473039.jpg
c0198669_14472525.jpg
c0198669_14471883.jpg
c0198669_14471274.jpg
c0198669_14470729.jpg
c0198669_14462991.jpg
c0198669_14462371.jpg
c0198669_14461575.jpg
c0198669_14461043.jpg
c0198669_14460279.jpg
c0198669_14455785.jpg
c0198669_14455213.jpg
c0198669_14530010.jpg
c0198669_14454586.jpg
c0198669_14453920.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2018-02-18 00:01 | スズメ目/ツグミ科

トラツグミ 落ち葉の下に何がある

緑地公園の散策路は毎年のように沢山の落ち葉がジュータンの様に敷き詰められている。人が歩くにはこの落葉
がクッションになって実に心地よい感触で歩くことが出来る。野鳥たちは、この様な人の通る散策路でさえ果敢
に飛び出して来て落ち葉の下の獲物を探している。また、森の中は散策路に限らず広場や木の下などは厚く積も
った落ち葉で覆われている。この時期、落葉の下の豊富な食糧を目当てに生活しているのがツグミ科の野鳥達。
一番多いのは「シロハラ」で彼等は落葉を嘴で突いてガサガサ音を立てているので直ぐ分かる。また、彼らより
一回り大きな「トラツグミ」も運が良ければ見つける事が出来る。彼を見つけるに、は落葉との保護色に細心の
注意が必要だ。                                           

c0198669_16034609.jpg
c0198669_16033802.jpg
c0198669_16033029.jpg
c0198669_16032202.jpg
c0198669_16030011.jpg
c0198669_16024809.jpg
c0198669_16024030.jpg
c0198669_15553716.jpg
c0198669_15551779.jpg
c0198669_15551137.jpg
c0198669_15550498.jpg
c0198669_15545869.jpg
c0198669_15545296.jpg
c0198669_15544606.jpg
c0198669_15544131.jpg
c0198669_15543258.jpg
c0198669_15540706.jpg
c0198669_15540257.jpg
c0198669_15535501.jpg
c0198669_15534852.jpg
c0198669_15534026.jpg
c0198669_15525383.jpg
c0198669_15524643.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2018-02-09 00:01 | スズメ目/ツグミ科

梅園のジョウビタキ

梅園にやって来る「ジョウビタキ」を撮るには今頃が良いと思う。今であれば彼に会える機会は非常に多い。だ
が、今の梅園では花は少なくて蕾ばかりでのシチュエーションではイマイチ!と思われる人も多いことだろう。
そう思う人は花が程々咲くまで待った方が良いことは確か。但し、そうなると花見を楽しむ人が多くなり、警戒
心の強い「ジョビ」君は出没を控えることになり、会えるチャンスが少なくなることも確か。頃合いが難しい。

c0198669_12181621.jpg
c0198669_12175756.jpg
c0198669_12174880.jpg
c0198669_12173235.jpg

「ジョウビタキ」も「モズ」と同じ様に木の上と地上を頻繁に往復している
c0198669_12172277.jpg
c0198669_12171604.jpg
c0198669_12170881.jpg
c0198669_12165824.jpg
c0198669_12165161.jpg
c0198669_12164216.jpg
c0198669_12163564.jpg
c0198669_12162915.jpg
c0198669_12162407.jpg
c0198669_12161685.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2018-01-26 00:01 | スズメ目/ツグミ科