野鳥の素顔 <野鳥と日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

カテゴリ:スズメ目/ツグミ科( 347 )

トラツグミとタヌキ

落ち葉が沢山あって、日陰でやや暗い所が好みの「トラツグミ」が、今回は木漏れ日がほんの少しだけ差し込む
土手の上にやって来た。此処は好みの餌のある場所の様で落葉を返して見付けては食べていた。「トラツグミ」
が行動するエリア内に、狸の棲み処がある事を鳥友から教えて貰っていた。その辺りを覗いてみたら、居た居た
立派な「タヌキ」に会うことが出来た。                                

始めはこの辺りをウロウロしていた「トラツグミ」
c0198669_18213101.jpg
c0198669_18212306.jpg
c0198669_18211121.jpg

その後は土手の上に移動した
c0198669_18210401.jpg
c0198669_18205829.jpg
c0198669_18204464.jpg
c0198669_18203892.jpg
c0198669_18203381.jpg
c0198669_18202866.jpg
c0198669_18202298.jpg
c0198669_18201564.jpg
c0198669_18201014.jpg
c0198669_18200581.jpg
c0198669_18200096.jpg
c0198669_18195511.jpg
c0198669_18195077.jpg
c0198669_18194394.jpg
c0198669_18193765.jpg
c0198669_18193171.jpg
c0198669_18192663.jpg
c0198669_18191288.jpg
c0198669_18190514.jpg
c0198669_18185886.jpg
c0198669_18184147.jpg
c0198669_18183432.jpg
c0198669_18182886.jpg
c0198669_18181927.jpg

この近くによく出没するらしい「タヌキ」 近くの何処かにねぐらが有るかも知れない
c0198669_18181237.jpg
c0198669_18180153.jpg
c0198669_18175252.jpg
c0198669_18174527.jpg

b36em10+30150-190213

by doi_masanori | 2019-02-24 00:01 | スズメ目/ツグミ科

ジョウビタキの♂と♀

この時期の「ジョウビタキ」は♂と♀は其々自分の縄張りを持っているので、ペアで2ショットを撮るのは難し
い。この個体も100m位離れた其々のエリアで生活している。「ジョウビタキ」は、♂は♂らしい精悍な顔を
しているし、♀は何となく優しい雰囲気の顔をしている様に見える。                   

男らしい精悍な顔立ち
c0198669_16133920.jpg
c0198669_16133333.jpg
c0198669_16132781.jpg
c0198669_16132193.jpg
c0198669_16131571.jpg
c0198669_16130593.jpg

女子らしい優しそうな顔立ち
c0198669_16125610.jpg
c0198669_16125062.jpg
c0198669_16124547.jpg
c0198669_16124008.jpg
c0198669_16123445.jpg
c0198669_16122986.jpg

b45em10+30044+190205

by doi_masanori | 2019-02-22 00:01 | スズメ目/ツグミ科

トラツグミ 落ち葉の中で

この野鳥を撮りたくて探していたところ、前方4~5mの所から飛び出したのが、この「トラツグミ」だった。
行き先を目で追っていたから、その後の彼の行動を撮ることが出来た。然し乍ら、一人で撮っていると非常に疲
れる。と言うのも、チョッと目を離すと分からなくなってしまうので目が離せない。今回は、途中から目利きの
鳥友が加わってくれたのでその後は撮影に少し余裕が出来た。目が離せない鳥の上位クラスの「トラ」ちゃん。

c0198669_17071485.jpg
c0198669_17070838.jpg
c0198669_17065680.jpg
c0198669_17065150.jpg
c0198669_17064142.jpg
c0198669_17063510.jpg
c0198669_17062654.jpg
c0198669_17061245.jpg
c0198669_17060711.jpg
c0198669_17055128.jpg
c0198669_17054591.jpg
c0198669_17053796.jpg
c0198669_17053084.jpg
c0198669_17052055.jpg
c0198669_17050168.jpg
c0198669_17045390.jpg
c0198669_17044188.jpg
c0198669_17043295.jpg
c0198669_17042458.jpg

b45em10+70182+190207

by doi_masanori | 2019-02-17 00:01 | スズメ目/ツグミ科

梅の木ジョウビタキ

この梅園には彼の仲間のライバルはいないので、梅の木やグランドを独り占めにしている。然し、他のライバル
の「モズ」がいるので安心は出来ないが、ここには彼の口に合う食べ物が沢山有る様なので何時も機嫌がいい。

c0198669_17571878.jpg
c0198669_17571222.jpg
c0198669_17570774.jpg
c0198669_17570154.jpg
c0198669_17565591.jpg
c0198669_17565083.jpg
c0198669_17564313.jpg
c0198669_17563841.jpg
c0198669_17563081.jpg

b45em10+90097+190119

by doi_masanori | 2019-01-30 00:01 | スズメ目/ツグミ科

ジョビ ストレッチでリラックス

人馴れしていて、しかも愛想のいい「ジョウビタキ」は、何時もはこちらを窺いながら虫捕りに励んでいる事が
多いが、偶には木の上で羽を伸ばしてリラックスする事も有る。                     

c0198669_17532105.jpg
c0198669_17531482.jpg
c0198669_17530837.jpg
c0198669_17530136.jpg
c0198669_17525525.jpg
c0198669_17524340.jpg
c0198669_17523755.jpg
c0198669_17523275.jpg
c0198669_17522596.jpg
c0198669_17521914.jpg
c0198669_17521403.jpg
c0198669_17520844.jpg

b45em10+30191+190123

by doi_masanori | 2019-01-28 00:01 | スズメ目/ツグミ科

イソヒヨドリ 目の前で

このフィールドではよく会う「イソヒヨ」さん。顔馴染みと言う事も有って、会えば何時でも ”写真撮ってもい
いわよ” とばかり愛想がいい!! なーんて都合よく思ってみたくなる程で、近づいても逃げようとしない。 
お陰でかなり細かい所まで観察できた。                                

c0198669_18213545.jpg
c0198669_18213065.jpg
c0198669_18212596.jpg
c0198669_18211834.jpg
c0198669_18211249.jpg
c0198669_18210651.jpg
c0198669_18205481.jpg
c0198669_18204451.jpg
c0198669_18204012.jpg
c0198669_18203428.jpg
c0198669_18202800.jpg
c0198669_18202242.jpg

B71em10mk2+30239+4f‐190107

by doi_masanori | 2019-01-20 00:01 | スズメ目/ツグミ科

梅の木ジョビ

今年も昨年と同じ様に梅の開花は遅れている様だ。蕾が膨らんだものは有るものの、開花はまだ先になりそうな
様子。昨年の12月後半に出会った「ジョビ」君が今年も出迎えてくれた。彼は実に人懐っこく、警戒心は余り
感じられないので、かなり近づいても大丈夫そう。此方を気にしながらもポーズを取ってくれている気もする。

c0198669_17590873.jpg
c0198669_17590472.jpg
c0198669_17585561.jpg
c0198669_17584936.jpg
c0198669_17584356.jpg
c0198669_17583844.jpg
c0198669_17583392.jpg
c0198669_17581991.jpg
c0198669_17581447.jpg
c0198669_17580780.jpg
c0198669_17575985.jpg
c0198669_17575485.jpg
c0198669_17574967.jpg
c0198669_17574403.jpg
c0198669_17573976.jpg
c0198669_17573474.jpg
c0198669_17572996.jpg
c0198669_17572345.jpg

B71em10mk2+60116‐190106

by doi_masanori | 2019-01-16 00:01 | スズメ目/ツグミ科

梅園のジョビ

梅園は近いので時々訪れる。ここに居る「ジョウビタキ」の様子を見るためだが、必ず会える訳では無いので会え
た時は幸運だ。今は未だ新芽が伸びた程度で、ほぼ枯れ木の状態になっている。見つけるには都合は良いが、絵的
には花が欲しい。無理を言ってもしょうがないので、年を越して花を待つしかない。             

c0198669_18101422.jpg
c0198669_18100479.jpg
c0198669_18095858.jpg
c0198669_18095229.jpg
c0198669_18094603.jpg
c0198669_18092364.jpg
c0198669_18090535.jpg
c0198669_18085893.jpg
c0198669_18081914.jpg
c0198669_18081270.jpg
c0198669_18080855.jpg
c0198669_18075241.jpg

Borg 71FL / Olympus OM-D E-M10MK2

by doi_masanori | 2018-12-25 00:01 | スズメ目/ツグミ科

イソヒヨドリの♀

堰堤の上に止まってジッとしている「イソヒヨドリ」を見付けた。車から降りて撮りながら少しづつ近づいて行っ
たが、逃げようとしない。彼女は、かなり前から此方に気づいていた様だが、一向に逃げようとする気配はなかっ
た。そこで調子に乗ってどんどん近づき、5m位まで近づくと、流石に背を向けられてしまった。       

c0198669_16341578.jpg
c0198669_16335345.jpg
c0198669_16334560.jpg
c0198669_16333047.jpg
c0198669_16332258.jpg
c0198669_16331515.jpg
c0198669_16330918.jpg
c0198669_16330399.jpg
c0198669_16325502.jpg
c0198669_00145269.jpg
c0198669_16324070.jpg

c0198669_16323171.jpg
c0198669_16322362.jpg
c0198669_16321865.jpg
c0198669_16321321.jpg
c0198669_16320703.jpg

Borg 71FL / Olympus OM-D E-M10MK2

by doi_masanori | 2018-12-22 00:01 | スズメ目/ツグミ科

ツグミとシジュウカラ

最近「ツグミ」の姿を見る様になった。まだ、地上で餌を啄んでいるところは見ていなく、比較的高い木の枝に止
まっているところしか見てない。近くの木で「シジュウカラ」が大あくび?しているところをGet。     

「ツグミ」が高い所に
c0198669_18012304.jpg
c0198669_18011730.jpg

これは ”あくび” か?
c0198669_18010924.jpg
c0198669_18010224.jpg
c0198669_18005456.jpg
c0198669_18004728.jpg

Borg 71FL / Olympus OM-D E-M10MK2

by doi_masanori | 2018-12-21 00:01 | スズメ目/ツグミ科