野鳥の素顔 <野鳥と日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

カテゴリ:のんほいパーク( 17 )

アサギマダラ

「フジバカマ」の花を求めて「アサギマダラ」が、渡りの途中で立ち寄った、と言う便りが全国各地から聞かれ
ている。豊橋でも10月初旬から1ヶ月位は、渡り途中に次々と立ち寄っていると聞いている。今回マーキング
されている個体を始めてみることが出来た。                              

c0198669_17320085.jpg
c0198669_17315480.jpg
c0198669_17314538.jpg
c0198669_17312399.jpg
c0198669_17311136.jpg
c0198669_17310494.jpg
c0198669_17305144.jpg
c0198669_17303390.jpg
c0198669_17302353.jpg
c0198669_17301609.jpg
c0198669_17300728.jpg
c0198669_17300101.jpg
c0198669_17295513.jpg
c0198669_17294625.jpg
c0198669_17390665.jpg
c0198669_17293675.jpg
c0198669_17291282.jpg
c0198669_17290621.jpg
c0198669_17285764.jpg
c0198669_17284801.jpg

知る人ぞ知る 解読出来ない「マーキング」
c0198669_17283530.jpg

o14150g7mk3+11287-191030

by doi_masanori | 2019-11-05 00:01 | のんほいパーク

立てば芍薬の花 ‼

先回紹介した「牡丹」の花より2・3週間遅れて見ごろを迎える「芍薬」の花は、「牡丹」と同じ様に、大輪の
豪華な花を付けるので、美しい女性の(立ち)姿に例えられている。「牡丹」の花が、木に咲く花であるのに対
して「芍薬」の花は、草花である。葉っぱや幹、茎などを見ないで、大輪の豪華な花だけを見て両者を見分ける
のはかなり難しいことの様にも思える。                                

c0198669_17155972.jpg
c0198669_17153626.jpg
c0198669_17152839.jpg
c0198669_17152088.jpg
c0198669_17151088.jpg
c0198669_17143668.jpg
c0198669_17134402.jpg
c0198669_17133649.jpg
c0198669_17132654.jpg
c0198669_17131467.jpg
c0198669_17130215.jpg
c0198669_17125045.jpg
c0198669_17123212.jpg
c0198669_16490734.jpg
c0198669_16490173.jpg

tmc90g7/kp+20414b12-190515

by doi_masanori | 2019-05-23 00:01 | のんほいパーク

南アフリカからやって来たサーバル

2016年11月13日生まれの雌の「サーバルキャット」が、2017年3月21日に豊橋のんほいパークに
やって来て、公募で決まった「ステル」(アフリカーンス語で星の意)の名前で、アフリカ園内の夜行性動物館
で公開されている。動物園によっては明るい所で公開されている所もあると聞くが、ここ、のんほいパークでは
  何故夜行性動物館の薄暗い中で公開されているかは分からない。とにかく暗いので写真を撮るのは大変だ。    

c0198669_18162988.jpg
c0198669_18162305.jpg
c0198669_18161890.jpg
c0198669_18161111.jpg
c0198669_18160533.jpg
c0198669_18155794.jpg
c0198669_18154919.jpg

tmc90kp+k2650-190515

by doi_masanori | 2019-05-19 00:01 | のんほいパーク

白クジャクが羽を広げた

羽を大きく一杯に広げた「クジャク」の姿は中々簡単に見る事は出来ない。昔、見たことが有る鶏小屋に使われ
ていた金網が前面に張ってある比較的狭い「クジャク」用のケージに大きな2羽の「シロクジャジク」が飼育、
展示されている。普段はこのスペースでも問題なさそうだが、羽を一杯に広げた時などは、本当に狭く感じる。
手前の金網越しの撮影なので、クリアな画像が撮れなくて残念だった。                  

c0198669_16584341.jpg
c0198669_16583796.jpg
c0198669_16582656.jpg
c0198669_16581695.jpg
c0198669_16580955.jpg
c0198669_16575736.jpg
c0198669_16575019.jpg
c0198669_16573998.jpg
c0198669_16572684.jpg
c0198669_16571925.jpg

tmc90k70+k5824-190423

by doi_masanori | 2019-05-04 00:01 | のんほいパーク

睡蓮の池

「睡蓮の池」と言うとモネの庭園を思い浮かべてしまう。睡蓮を浮かべたモネの池は、全国各地に有るだろうが、
身近なところでは豊橋の動植物園「のんほいパーク」に有る。睡蓮は普通の公園の池等でも見ることが出来るが、
「のんほいパーク」では、モネの池以外でも、直ぐ近くのボート池でも見ることが出来る。          

モネの庭園睡蓮の池
c0198669_17325576.jpg

ボート池の睡蓮
c0198669_17324710.jpg
c0198669_17324154.jpg
c0198669_17323098.jpg
c0198669_17320601.jpg

ボート池の横の小さな池の睡蓮
c0198669_17315864.jpg
c0198669_17310439.jpg
c0198669_17305816.jpg
c0198669_17305156.jpg
c0198669_17304671.jpg
c0198669_17303983.jpg
c0198669_17303359.jpg

Sigma DC Macro 18-200F3.5-6.3 / Pentax KP

by doi_masanori | 2018-09-16 00:01 | のんほいパーク

蓮の葉シャワー

蓮は、根っこから茎、そして葉っぱの葉脈迄が空洞になって繋がっている。この空洞を利用して、葉っぱと茎の付
け根を切って葉っぱにホースで繋ぐ。大きな葉っぱの周囲を切り取って葉脈の穴が見える様にして、水道圧を掛け
ると見事なシャワーとなる。チョッと前までは暑さしのぎになっていた様だが、今ではもう要らない。     
      
水面を覆う蓮の葉 蕾もまだ少しは残っている
c0198669_17440685.jpg

葉っぱの葉脈から水飛沫が
c0198669_17440059.jpg
c0198669_17435345.jpg
c0198669_17434576.jpg
c0198669_17433999.jpg
c0198669_17433332.jpg
c0198669_17432834.jpg

蓮の葉の不思議な構造
c0198669_17431868.jpg

Sigma DC Macro 18-200F3.5-6.3 / Pentax KP

by doi_masanori | 2018-09-15 00:01 | のんほいパーク

お決まりのポーズ ミーアキャット

動物園の「ミーアキャット」のいるエリアでは、かなり近い距離で彼等を見ることが出来る。一匹でいても、人の
多少に係わらず、このポーズを決めている。このポーズをする時の姿勢を観察すると、人が足を投げ出して座る様
にお尻を下ろして短い脚をちょこんと出して、背筋を伸ばす格好となる。よく見るとやや後ろにのけぞり気味に見
えるが、其処は強靭な尻尾で支えているので、この姿勢を保つことがが出来ている。この姿勢から頭だけを動かし
て、前向き、右向き、左向き、前向き、そして左後斜上向き等、規律正しい姿勢でお決まりポーズを決めている。

c0198669_17505362.jpg
c0198669_17504296.jpg
c0198669_17503606.jpg
c0198669_17503037.jpg
c0198669_17501558.jpg
c0198669_17500939.jpg

Sigma DC Macro 18-200F3.5-6.3 / Pentax KP

by doi_masanori | 2018-09-13 00:01 | のんほいパーク

小っちゃいセキレイとでっかいサイ

大きな体の「サイ」が顎をついて気持ちよさそうに昼寝しているところへ、1羽の「ハクセキレイ」がやって来た
余りの大きさの違いで、「セキレイ」から眼を離して「サイ」を見ていて再び「セキレイ」に目を向けると直ぐ見
つけることが出来はい。もう1頭の「サイ」が近づいて来て、同じ様に顎をつき、薄っすらと目を明けて「セキレ
イ」を見つめている。                                         

c0198669_17522583.jpg
c0198669_17521121.jpg

Sigma DC Macro 18-200F3.5-6.3 / Pentax KP

by doi_masanori | 2018-09-12 00:01 | のんほいパーク

ミーアキャット

アフリカ南部のアンゴラ、ナミビア、ボツワナ、南アフリカ共和国などに分布生息している「ミーアキャット」は
哺乳綱・食肉目・マングース科・スリカータ属・ミーアキャット種と言う分類になっているので、「キャット」と
言っても「猫」ではなくどうも「マングース」の親戚の様だ。和名では「スリカータ」とか「ミーアキャット」で
呼ばれている。「ミーアキャット」の後足2本で立ち前足2本を垂れ下げる仕草が良く知られている。そんな動作を
目の前でしてくれた。                                         

お馴染みのポーズ
c0198669_18033304.jpg
c0198669_18030724.jpg
c0198669_18025937.jpg
c0198669_18024869.jpg
c0198669_18024067.jpg
c0198669_18022128.jpg
c0198669_18021600.jpg

Borg 36ED / Nikon 1V2

by doi_masanori | 2018-07-24 00:01 | のんほいパーク

マンドリル 動物園の人気者

カラフルな顔やお尻で人馴れして愛嬌を振りまいている「マンドリル」は、皆から親しまれている様で、宿舎の
前は何時も人が集まっている。                                    

c0198669_17381864.jpg
c0198669_17381271.jpg
c0198669_17380689.jpg
c0198669_17375810.jpg
c0198669_17375207.jpg
c0198669_17374016.jpg
Tamron SP AF90F2.8 Di Macro1:1 272E / Pentax K5

by doi_masanori | 2018-04-24 00:00 | のんほいパーク