野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

カテゴリ:チドリ目/チドリ科( 144 )

ダイゼンたちの干潟

突然空が暗くなり今にも降りだしそうになった干潟には、数羽のカモとシラサギが疎らに点在しているだけ、他に
は何もいないと思っていたら、遠い所で干潟に溶け込んで分かり難くなっていた「ダイゼン」達が小群れでいた。
寂しい干潟に空模様が拍車をかけていたが、暫くすると「ダイゼン」達が少しずつ近づいてきた。       

この時期になると派手な成鳥の夏羽は見られなくなり、地味な冬羽へ変ったものや、変わりつつある個体が殆ど
c0198669_18445034.jpg
c0198669_18444387.jpg
c0198669_18443756.jpg
c0198669_18443177.jpg
c0198669_18442491.jpg
c0198669_18441900.jpg
c0198669_18441273.jpg
c0198669_18440770.jpg
c0198669_18440183.jpg
c0198669_18435031.jpg

Nikon ED82 / D.com 30WDS / Olympus OM-D E-M10MK2 / ED14-42F3.5-5.6EZ

by doi_masanori | 2018-10-10 00:01 | チドリ目/チドリ科

ムナグロが別の場所にも

前日の「ムナグロ」を見た日と同じ日にかなり離れた別の場所で数羽の「ムナグロ」見つけた。ここは刈り入れが
終わった田んぼの様だが、前の畑と離れているとは言え、「ムナグロ」がそんなに多く居るとも思われないので、
畑にいたのと同じ個体ではないかと思う。                                

c0198669_17495101.jpg
c0198669_17494593.jpg
c0198669_17493965.jpg
c0198669_17493206.jpg
c0198669_17492504.jpg
c0198669_17491609.jpg
c0198669_17490913.jpg
c0198669_17490283.jpg
c0198669_17485623.jpg
c0198669_17484482.jpg

Borg 45EDⅡ / Lumix DMC-GX7

by doi_masanori | 2018-09-09 00:01 | チドリ目/チドリ科

ムナグロが畑に

この時期には畑などでも時々見ることが出来る「ムナグロ」を運よく畑で見つけた。未だ夏羽がしっかり残ってい
る状態の個体や冬羽へ移行中の個体などが見られる。                           

c0198669_17482377.jpg
c0198669_17481572.jpg
c0198669_17480920.jpg
c0198669_17480298.jpg
c0198669_17475603.jpg
c0198669_17474935.jpg
c0198669_17474119.jpg
c0198669_17473517.jpg
c0198669_17472866.jpg
c0198669_17472199.jpg

Borg 45EDⅡ / Lumix DMC-GX7

by doi_masanori | 2018-09-08 00:01 | チドリ目/チドリ科

ケリの雛 親から離れて

近くに親の姿が見えない休耕田で「ケリ」の雛を見付けた。これ位の雛の場合近くに親がいるはずだが見当たらな
い。親から逸れたのかも知れないが、あまり不安そうにも見えない。既に、危険はある程度察知できる様になって
いるのかも知れない。車が近寄ると慌てて逃げる様に足早に遠ざかって行ってしまう。            

c0198669_17475151.jpg
c0198669_17473871.jpg
c0198669_17472519.jpg
c0198669_17470953.jpg
c0198669_17470264.jpg
c0198669_17465383.jpg
c0198669_17464797.jpg
c0198669_17463309.jpg
c0198669_17462427.jpg
c0198669_17461317.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2018-05-25 00:01 | チドリ目/チドリ科

ケリの雛 見る見る大きく

水が引かれいるが苗が植わってない休耕田で、畔にいた「ケリ」の親が警戒の鳴き声を出したので、直ぐ水田内を
見回して見ると、居た居た!雛が1羽ヨチヨチとは言え、かなりしっかりした足取りで歩いていた。まだ産毛が少
し残っているが嘴だけは成鳥並みに黄色と黒がハッキリしてきている。親の警戒の鳴き声が分かる様になったと見
え、人の気配から遠ざかろうと背を向けて離れて行った。                         

c0198669_17352931.jpg
c0198669_17351996.jpg
c0198669_17315245.jpg
c0198669_17314393.jpg
c0198669_17313875.jpg
c0198669_17313269.jpg
c0198669_17312667.jpg
c0198669_17312035.jpg
c0198669_17310567.jpg
c0198669_17305783.jpg
c0198669_17305034.jpg
c0198669_17292396.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2018-05-24 00:01 | チドリ目/チドリ科

ダイゼン 他に何がいる

時々訪れる事のあるこの干潟では「ダイゼン」の姿はよく見かける。潮の時間にもよるであろうが、他の「シギ・
チドリ」があまり見られない中で「ダイゼン」のグループだけは姿を見せてくれる。この時期になると夏羽に変わ
っている個体が多いが、中にはまだ換羽中の個体もいる。また冬羽の様な個体もあるが、この時期だと成鳥の冬羽
ではく幼鳥かと思われる。「ダイゼン」の他に「アオアシシギ」と「キアシシギ」がいた。          

すっかり夏羽に変わっている「ダイゼン」
c0198669_18162043.jpg
c0198669_18161477.jpg
c0198669_18160051.jpg
c0198669_18150902.jpg
c0198669_18145329.jpg
c0198669_18144868.jpg
c0198669_18134007.jpg

上は「ダイゼン」の幼鳥
c0198669_18132740.jpg

換羽中の「ダイゼン」
c0198669_18132169.jpg

「アオアシシギ」を見付けた。
c0198669_18131458.jpg
c0198669_18130958.jpg

左下に「キアシシギ」も
c0198669_18125258.jpg
c0198669_18124087.jpg
c0198669_18121272.jpg
c0198669_18120344.jpg
c0198669_18115409.jpg
c0198669_18114963.jpg
c0198669_18114449.jpg
c0198669_18113936.jpg
c0198669_18112790.jpg
c0198669_18112004.jpg
c0198669_18111428.jpg
c0198669_18110821.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2018-05-20 00:01 | チドリ目/チドリ科

ケリの雛 少し大きくなった

田んぼの横に奥に続く草の生えた場所がある。ここは、田んぼの持ち主以外は立ち入らない所だと思われるが、こ
の一角でもそもそ動いているものを見つけた。目を凝らして探してみると、やはり「ケリ」の雛だった。勿論、こ
に時探していたのが「ケリ」の雛だったので、そのつもりも有って比較的スムーズに見つけることが出来た。  

以前見付けた、よちよちの雛に比べると少し大きくなっている別の雛
c0198669_18062428.jpg
c0198669_18061611.jpg
c0198669_18061010.jpg
c0198669_18055281.jpg

草の生えた空き地は田んぼと隣り合わせ
c0198669_18054425.jpg
c0198669_18053458.jpg

田んぼに下りて来て自分で餌を捕っている
c0198669_18052326.jpg
c0198669_18051346.jpg
c0198669_18050779.jpg
c0198669_18050164.jpg
c0198669_18045502.jpg
c0198669_18045095.jpg
c0198669_18044578.jpg

田んぼでの採食が終わると再び空き地に戻って行く
c0198669_18043928.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2018-05-14 00:01 | チドリ目/チドリ科

ケリの雛

田んぼの横の農道を車で窓を開けてゆっくり移動していると、突然けたたましい「ケリ」の鳴き声が聞こえた。こ
れは、と直ぐに気付いた。田んぼには水が引かれていて畔の近くで「ケリ」が鳴いている。車を止め、鳴いている
「ケリ」の周りを探してみると、居た居た可愛い雛が。親の警戒の鳴き声を聞いてか、固まった様に動かずじっと
 している。長居はいけないと思い早々に引き上げた。今年の初雛を見ることが出来た。             

c0198669_18412533.jpg
c0198669_18411426.jpg
c0198669_18400858.jpg
c0198669_18394912.jpg
c0198669_18394228.jpg
c0198669_18392748.jpg
c0198669_18392131.jpg
c0198669_18390566.jpg
c0198669_18390013.jpg
c0198669_18385199.jpg
c0198669_18412037.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2018-05-05 00:01 | チドリ目/チドリ科

田んぼのタゲリ

今期に成って初めて「タゲリ」を撮ることが出来た。群れで飛んでいる所や田んぼで採食している所など何回か見た
見たことは有るが撮るまでには至らなかった。今回は車の中から比較的近い距離で撮ることが出来た。「タゲリ」は
後頭部に特徴ある長い冠羽がある。また、上面の羽色は光沢のある緑色で赤紫の光沢羽も混じっていて、日に当たる
と輝いて綺麗に見える。

見方によっては目が上下に2つ有る様な錯覚にかられる独特な顔の持ち主
c0198669_00305616.jpg
c0198669_00304885.jpg

何かを見付けた様だ 地面に嘴を差し込んでいる
c0198669_00303740.jpg
c0198669_00302889.jpg

タニシの様なものを咥えている クリックして最大に拡大するとそれらしく見える
田んぼでの採食ではこの様な甲殻類が好物の様だ
c0198669_00301650.jpg
c0198669_00300916.jpg
c0198669_00295787.jpg
c0198669_00294849.jpg
c0198669_00294075.jpg
c0198669_00293214.jpg
c0198669_00292639.jpg
c0198669_00292020.jpg
c0198669_00291286.jpg
c0198669_00290467.jpg
c0198669_00284931.jpg
c0198669_00284313.jpg

また何か咥えている
c0198669_00283662.jpg

土がついたまま飲み込んでしまう・・・ 味はどうなっているのだろうか? グルメとは言えないなぁ・・
c0198669_00282844.jpg

また見付けた
c0198669_00281731.jpg
c0198669_00281093.jpg

c0198669_00275413.jpg
c0198669_00274242.jpg
c0198669_00272720.jpg
c0198669_00270186.jpg
c0198669_00265106.jpg
c0198669_00264316.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2017-12-29 00:01 | チドリ目/チドリ科

ダイゼン 水浴びでスッキリ

干潟の水際に「ダイゼン」が10羽くらい集まって来て、てんで我々採食の行動を始めた。その中に1羽だけ離れて
別行動でジャバジャバ水浴びを始めた個体がいる。周りの皆は採食に夢中になっていると言うのに、かなり時間をか
けて入念に水浴びしていた。水浴び後はスッキリの様子、ご機嫌で皆と一緒に採食を始めた。
c0198669_18224376.jpg
c0198669_18223544.jpg
c0198669_18222758.jpg
c0198669_18222123.jpg
c0198669_18221507.jpg
c0198669_18220996.jpg
c0198669_18220305.jpg
c0198669_18215579.jpg
c0198669_18214874.jpg
c0198669_18213981.jpg
c0198669_18213132.jpg
c0198669_18211489.jpg
c0198669_18210748.jpg
c0198669_18205993.jpg
c0198669_18205052.jpg
c0198669_18204554.jpg
c0198669_18203713.jpg
c0198669_18202319.jpg
c0198669_18201674.jpg
c0198669_18200845.jpg
c0198669_18200049.jpg
c0198669_18195358.jpg
c0198669_18194635.jpg
c0198669_18193801.jpg
c0198669_18192810.jpg
c0198669_18191994.jpg
c0198669_18191098.jpg
c0198669_18185117.jpg
c0198669_18184064.jpg
c0198669_18180696.jpg
c0198669_18175444.jpg
c0198669_18174537.jpg
c0198669_18172814.jpg
c0198669_18171561.jpg
c0198669_18170857.jpg

Nikon ED82 / 30WDS / Sony α6000 / E50F1.8

by doi_masanori | 2017-11-01 00:01 | チドリ目/チドリ科