野鳥の素顔 <野鳥と日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

カテゴリ:家に咲く花( 98 )

シリーズ家で咲く花(2019)-10

初夏のこの時期は、温度や湿度が草花にとって良い条件になっているので、色んな種類の花が勝手気ままに咲い
ては萎み、或は散り、を繰り返している。                               

「アマリリス」
c0198669_18365884.jpg
c0198669_18365179.jpg
c0198669_18364286.jpg

「クラスペディア」(ドラムスティック、ゴールドスティック)
c0198669_18361839.jpg
c0198669_18361345.jpg
c0198669_18360749.jpg

「スターチス」
c0198669_18354869.jpg
c0198669_18354129.jpg

「オトギリソウ」
c0198669_18352401.jpg
c0198669_18351707.jpg

「デンドロビューム」
c0198669_18335558.jpg
c0198669_18335034.jpg

「アジサイ」
c0198669_18331445.jpg
c0198669_18330768.jpg

「マツバボタン」
c0198669_18324297.jpg
c0198669_18323562.jpg
c0198669_18323028.jpg
c0198669_18322340.jpg

O1240em5mk2+30126b7-190530

by doi_masanori | 2019-06-06 00:01 | 家に咲く花

シリーズ家で咲く花(2019)-9 クジャクサボテン

花の命は短い” と言われることもあるが、その短さは種、属によって様々ではあるが、「サガリバナ」の花は、
夜開いて、朝になると散ってしまう。同じ様に暗くなると咲き始めて、夜満開になり、朝になると萎んでしまう
「月下美人」等は、夜の暗い時しか見られない花で知られている。先回紹介した真っ赤な「クジャクサボテン」
や今回の赤紫の「クジャクサボテン」は、明るい時に満開を見ることが出来るが、翌日には萎んでしまうので、
これもまた短い命の花と言う事になる。今年はこちらの赤紫で大輪の「クジャクサボテン」は六鉢に其々沢山の
蕾が付いて次々と短い命が開いている。あたかも長い命で咲いている様に見えるこの花も、日々欠かせぬ花柄摘
みがあるからこそ、そんな風に見えるのだろう。                            

c0198669_18221713.jpg
c0198669_18220374.jpg
c0198669_18221170.jpg
c0198669_18215883.jpg
c0198669_18214372.jpg
c0198669_18212128.jpg
c0198669_18213516.jpg
c0198669_18210989.jpg
c0198669_18210263.jpg
c0198669_18205752.jpg
c0198669_18205202.jpg
c0198669_18204414.jpg
c0198669_18202200.jpg
c0198669_18201592.jpg
c0198669_18201073.jpg
c0198669_18200565.jpg
c0198669_18200008.jpg
c0198669_18195548.jpg
c0198669_18194818.jpg
c0198669_18194306.jpg
c0198669_18193796.jpg
c0198669_18193164.jpg
c0198669_18192486.jpg

o1240em5mk2+60001-190529/tmc90kp+k3063-190530

by doi_masanori | 2019-06-04 00:01 | 家に咲く花

シリーズ家で咲く花(2019)-8 カンパニュラ八重咲

今年の「カンパニュラ」(ベルフラワー)は、例年の一重咲きとは違ってピンクの八重咲の「カンパニュラ」が
咲いた。今年は苗の選定を間違えた様で、一重咲きのつもりで植えたものが、蕾が付いた時点で、何時もと違う
咲き方に気付いた。何時も見慣れた一重咲きもシンプルでよい感じだが、この八重咲も中々ゴージャスな雰囲気
の咲き方で、これはこれで中々いい雰囲気を出しているんじゃないかと思う。               

c0198669_15394863.jpg
c0198669_15394041.jpg
c0198669_15393258.jpg
c0198669_15390795.jpg
c0198669_15385645.jpg
c0198669_15383683.jpg
c0198669_15382106.jpg
c0198669_15381101.jpg
c0198669_15380127.jpg
c0198669_15374628.jpg
c0198669_15372553.jpg
c0198669_15370550.jpg
c0198669_15364722.jpg
c0198669_15363349.jpg
c0198669_15361933.jpg

o1240em5mk2+40038-190524

by doi_masanori | 2019-06-02 00:01 | 家に咲く花

シリーズ家で咲く花(2019)-7 プリンセスダイアナ

園芸種の花には、王室や皇室の王妃、妃殿下、或は有名女性の名前が付けられた豪華な花が沢山ある。此方は、
英国王室の元王妃の名前が付いた「四季咲きクレマチス」(プリンセスダイアナ)が今、見ごろに成っている。
この「四季咲きクレマチス」(プリンセスダイアナ)は、5年位前に植えた物を挿し木で育てた2代目になる。

c0198669_14575864.jpg
c0198669_14575133.jpg
c0198669_14565792.jpg
c0198669_14564235.jpg
c0198669_14554994.jpg
c0198669_14553997.jpg
c0198669_14522017.jpg
c0198669_14590211.jpg
c0198669_14480471.jpg
c0198669_14485268.jpg
c0198669_14481524.jpg
c0198669_14453956.jpg

o14150/o1240em5mk2+30010-190513-21

by doi_masanori | 2019-05-27 00:01 | 家に咲く花

シリーズ家で咲く花(2019)-6

真っ赤な「クジャクサボテン」が咲いた。10日ほど前から赤い小さな蕾が沢山付いて、日1日と蕾が膨らんで
少し前から真っ赤な花が次々と咲き始めた。早咲きでチョッと小振りの真っ赤な「クジャクサボテン」は、一鉢
にかなりの数の花が咲いていて、丁度見ごろを迎えている。                       

c0198669_18190832.jpg

c0198669_18190293.jpg
c0198669_18185520.jpg
c0198669_18173131.jpg
c0198669_18172289.jpg
c0198669_18171354.jpg
c0198669_18170883.jpg
c0198669_18160418.jpg
c0198669_18153240.jpg
c0198669_18152771.jpg
c0198669_18152186.jpg
c0198669_18150905.jpg

O1240em5mk2+10001-190521

by doi_masanori | 2019-05-25 00:01 | 家に咲く花

シリーズ家で咲く花(2019)-5

家に咲いている花を撮るとき、広い畑に咲いている花や公園の花壇全体を風景として写すような事は、我が家の
狭い庭では無理なので、どうしても主題として狙うものは、ひと塊になって咲いている花や一輪の花に限定され
てしまう事になる。また、一輪の花でも、マクロレンズを使ってその一部分をクローズアップで撮影すると趣も
変わったものになる。                                        

「ナスタチウム」(キンレンカ)
c0198669_17384615.jpg
c0198669_17383754.jpg

「クンシラン」
c0198669_17383219.jpg

「ゼラニウム」
c0198669_17382279.jpg
c0198669_17381794.jpg

「クレマチス」
c0198669_17380349.jpg
c0198669_17375808.jpg

「シラン」
c0198669_17374820.jpg
c0198669_17374366.jpg

「イキシャ」
c0198669_17370217.jpg


c0198669_17365566.jpg
c0198669_17365026.jpg

「スターチス」
c0198669_17362887.jpg
c0198669_17362140.jpg
c0198669_17361527.jpg
c0198669_17361089.jpg

「薔薇」
c0198669_17352099.jpg
c0198669_17351497.jpg

「セイヨウオダマキ」(八重紫)
c0198669_17343723.jpg
c0198669_17343296.jpg
c0198669_17342660.jpg
c0198669_17342096.jpg
c0198669_17341508.jpg

「ミヤマオダマキ」
c0198669_17335133.jpg

tmc90g7+20536-190506

by doi_masanori | 2019-05-17 00:01 | 家に咲く花

シリーズ家で咲く花(2019)-4

五月は何と言っても「母の日」なるイヴェントのお陰で、「カーネーション」をあしらえた飾り花等が注目され
る月でもある。この「母の日」は随分昔から有った様だが、近年になって急速にイヴェントとして定着てきた様
に思う。これも花屋さん達の業界の努力の賜物だと思われる。「カーネーション」の花は何となくこの時期に咲
く花でシーズンオフには花は見られないと思っていたが、我が家では「母の日」に毎年子供たちから貰う飾り花
の中の「カーネーション」の切花の芽を挿して育てたものが一年中咲いている。今年も母は張り切ってる様だ。

一年を通して咲いている「カーネーション」
c0198669_17203875.jpg
c0198669_17202873.jpg
c0198669_17202338.jpg

「シレネカロリニアナ」の花弁
c0198669_17200788.jpg

「シレネカロリニアナ」の花弁とよく似た「フクロナデシコ」の花弁 ♡形の切れ込みが特徴
「フクロナデシコ」は花の色・大きさ・形・群生する咲き方等「シレネカロリニアナ」と酷似
c0198669_17195111.jpg

名前所縁のフクロが付いている「フクロナデシコ」 
c0198669_17194429.jpg
c0198669_17193894.jpg

「チョウジソウ」(丁字草)
c0198669_17185577.jpg

「セイヨウオダマキ」(ピンク)
c0198669_17185086.jpg

「クラスペディア」(ドラムスティック」の蕾
c0198669_17183692.jpg

挿し木で育てた「バラ」
c0198669_17181553.jpg

「ピラカンサ」の花が咲き始めた
c0198669_17173996.jpg
c0198669_17173417.jpg

tmc90g7+20512-190505

by doi_masanori | 2019-05-15 00:01 | 家に咲く花

シリーズ家で咲く花(2019)-3

今日は庭で咲いているものでなく、室内で咲いている鉢植えの「コチョウラン」で、2種類の色で小形のもの。
これは、両方とも1・2輪は咲いていたが残りは全て蕾だったものを購入。今年はこうして花が楽しめてはいる
が、問題は来年も同じ様に綺麗に咲いてくれるか不安もある。現在、白色の大小二鉢の「コチョウラン」も順調
に花を咲かせているので、同じように行けるのではないかと、楽観的なところを見せる ”うちのカミサン”。 

c0198669_18015180.jpg
c0198669_18014201.jpg
c0198669_18013743.jpg
c0198669_18013194.jpg
c0198669_18012656.jpg
c0198669_18011695.jpg
c0198669_18011052.jpg
c0198669_18005645.jpg
c0198669_18005286.jpg
c0198669_18004690.jpg
c0198669_18004093.jpg
c0198669_18003492.jpg

tmc90k70+k6159-190424

by doi_masanori | 2019-05-09 00:01 | 家に咲く花

シリーズ家で咲く花(2019)-2

春に咲く花の種類や数は、一年を通じて一番多く華やかな季節でもある。家の狭い庭でも色鮮やかな花が所狭し
と咲いている。咲き始めて咲き終わる迄の期間は、短いもの長いものそれこそ種類によってまちまちであるが故
庭に咲いている花の種類(色)は、余韻を残しながら少しづつ変って行くその変化を楽しむことが出来る。  

「ミヤマオダマキ」
c0198669_15201750.jpg
c0198669_15201157.jpg
c0198669_15200561.jpg
c0198669_15195845.jpg
c0198669_15195329.jpg

「クンシラン」
c0198669_15194622.jpg

「ガザニア」
c0198669_15193462.jpg

「セイヨウオダマキ」
c0198669_15192182.jpg
c0198669_15191648.jpg
c0198669_15191031.jpg

「カーネーション」
c0198669_15183269.jpg
c0198669_15182356.jpg
c0198669_15181806.jpg

三時頃になると徐に開き始める「ペリドット」(三時草)
c0198669_15180445.jpg
c0198669_15175801.jpg
c0198669_15175267.jpg

「シラー」
c0198669_15171133.jpg
c0198669_15170624.jpg

「ストック」
c0198669_15162543.jpg

「ストック」(八重)
c0198669_15161798.jpg
c0198669_15161249.jpg

「マツバギク」
c0198669_15154844.jpg

右側は「リビングストーン」
c0198669_15154301.jpg

「フクロナデシコ」
c0198669_15152318.jpg
c0198669_15151348.jpg
c0198669_15150881.jpg
c0198669_15145687.jpg

tmc90k70+k5358-19041819

by doi_masanori | 2019-05-07 00:01 | 家に咲く花

シリーズ家で咲く花(2019)-1

春になると、毎年の事ながら大小色とりどりの花が庭のあちこちで咲き始める。これもカミさんが、趣味で種か
ら苗を育てたり、年越しの球根を植え変えたり、買ってきた苗を植えたり、寒いうちから手間をかけ手入れをし
て育てて来たものばかり。少し前までは緑一色で殺風景だったのが、ここに来て色んな花が一斉に咲き始めると
一変して春の装いとなり、何処となく気分も晴れやかになる。                      

株分けして今年初めて咲いた「クンシラン」
c0198669_18014491.jpg

「リビングストーンデージー」
c0198669_18013704.jpg

苗から育てた 八重の「ストック」
c0198669_18011856.jpg
c0198669_18011058.jpg
c0198669_18005791.jpg
c0198669_18004481.jpg

今年は公園や家庭の庭先でよく見られた 「シレネカロリニアナ」
c0198669_18002597.jpg
c0198669_18002079.jpg

「シレネ・・」「リビングストーン」「ビオラ」「ミヤマオダマキ」等の寄せ植えとプランター植え
c0198669_18001488.jpg

「マツバギク」
c0198669_18000345.jpg
c0198669_17595872.jpg

咲き始めた「シラー」
c0198669_17595202.jpg
c0198669_17594757.jpg

「フリージア」
c0198669_17593963.jpg

鉢植えの「コチョウラン」 家で開花するのは2回目
c0198669_17593081.jpg

花びらを透過撮影したもの
c0198669_17592114.jpg
tmc90k70+k5267-190416

by doi_masanori | 2019-05-05 00:01 | 家に咲く花