野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

2018年 10月 04日 ( 1 )

田園のノビタキ -2

田園地帯に広がる田んぼは、数年前に比べ年々整備が行き届き最近では休耕田が殆ど無くなり稲が植わった田んぼ
が広がっている。以前は休耕田が多くそこに草が生い茂って野鳥が沢山集まっていたが、最近でそれが極端に少な
くなった。数少なくなった休耕田の草は、稲穂より成長が早く背丈が高くなっている。多くは、マメ科の「カワラ
ケツメイ」で雑草の如く生い茂っている。秋の渡りで渡って来た「ノビタキ」が時々やって来て止まっている。 

「ノビタキ」は「カワラケツメイ」の天辺が好き
c0198669_18033088.jpg
c0198669_18032574.jpg
c0198669_18031877.jpg
c0198669_18031328.jpg
c0198669_18023912.jpg
c0198669_18023419.jpg
c0198669_18022510.jpg
c0198669_18021838.jpg
c0198669_18021348.jpg
c0198669_18020775.jpg

Borg 71FL / Lumix DNC-GX7

by doi_masanori | 2018-10-04 00:01 | スズメ目/ツグミ科