ブログトップ | ログイン

Iridium 18

今回の「イリジウム衛星」はさほど明るくは無いがMag-3.6の衛星のフレアピーク前後の画像を撮る事が出来た。
先回は時間や時刻等の設定ミスで撮影のタイミングずれてしまい後半のフレアしか撮れなかった事への戒めとして、
十分なチェックと準備で今回は何とか思い通りの撮影が出来た。

f33mm(換算49.5mm) s1/5 62フレームx2秒間隔=124秒
これを見る限りもう少し広角側で撮影すれば、始まりと終わりがプラス出来そう
 中央左の一番明るい点がフレアのピークで北北東26度仰角38度、右上から左下へ移動
画像をクリックして最大拡大にすると移動軌跡がはっきり確認出来ます
Iridium 18_c0198669_18395567.jpg

Sigma DC Macro 18-200F3.5-6.3 / Pentax KP

by doi_masanori | 2017-11-05 00:01 | 天体