ブログトップ | ログイン

イリジウム11衛星 後半の閃光

久しぶりに「イリジウム衛星」を撮影した。今回は撮影方向がうまく設定できず、衛星のフレアがピークに
なる直前に見付け、慌ててカメラをその方向に向けてバルブでレリーズを押し25秒間露光して撮影した。
そのため、ほぼフレアのピーク時からフレアが減衰して行く迄の後半部分のみの撮影となった。

今の時期は、夕方南西の空を見ると、ひときは明るく-4.1等の明るさで宵の明星(金星)が輝いている
このイリジウム11衛星は、金星の約1.5倍の明るさ-6.4等で北東の「カシオペア座」付近を通過した
イリジウム11衛星 後半の閃光_c0198669_12154155.jpg

Pentax DA35F2.4AL / Pentax K-70

by doi_masanori | 2016-12-02 00:01 | 天体