ブログトップ | ログイン

名残惜しい冬の大三角形

久しぶりの星空。季節は確実に春、午後7時半頃になると東の空に春の大三角形が見られるようになった。同じ頃、冬の夜空を独占していた「冬の大三角形」が、南西方向に
移動していて次第に影が薄くなりつつある。どこか名残を惜しむかのように西に移動してゆくオリオンと冬の大三角形の軌跡を撮ってみた。

f20 F2.8 iso280 s30sec x150=4500秒=75分  150 フレーム比較明コンポジット
名残惜しい冬の大三角形_c0198669_22185236.jpg

星空案内 中間75フレーム目 
名残惜しい冬の大三角形_c0198669_22184368.jpg

最初のフレーム  プロキオンは未だ見えてない
名残惜しい冬の大三角形_c0198669_22181767.jpg

この時点でプロキオンが見え始めた
名残惜しい冬の大三角形_c0198669_22174383.jpg

丁度真ん中の75フレーム目 この辺では薄い雲が発生していて、明るいシリウスもにじんでいる 
名残惜しい冬の大三角形_c0198669_22151274.jpg

この辺もかなり雲が発生していて、暗い星は見辛くなっている
名残惜しい冬の大三角形_c0198669_22142140.jpg

最終150フレーム目 終わるころには全体にうす雲が掛かり始めた
名残惜しい冬の大三角形_c0198669_2214980.jpg

Manual Nikkor 20F2.8s / Nikon D2X
by doi_masanori | 2014-03-31 00:00 | 天体