野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

タグ:手筒花火 ( 3 ) タグの人気記事

「飛鳥Ⅱ」見送りセレモニー

「飛鳥Ⅱ」は豊橋三河港を午後6時に出港することになっている。出港に先立って、午後5時から見送りの
セレモニーが行われ、続けて豊橋が自慢の手筒花火を「飛鳥Ⅱ」の乗客たちに披露した。晴天のこの時間帯
では未だ強い西日が差していてかなりの明るさの中ではあったが、巨大な「飛鳥Ⅱ」の船体が西日を半分く
らい遮って日陰を作っていたので、この明るさの中でも迫力のある火花、煙、音なを乗客の人達も満喫出来
たのではないかと思われる。また、セレモニーの前から乗客たちには地元の太鼓演奏が披露されていた。
そして、セレモニー、手筒花火の後も船が岸壁を離れるまで演奏が続いていた。

地元の「しおかぜ太鼓」がセレモニーの前後を務めていた
c0198669_14281398.jpg
c0198669_14280633.jpg
c0198669_14280009.jpg
c0198669_14275323.jpg

手筒花火連と共に佐原豊橋市長が「飛鳥Ⅱ」の乗客に見送りの挨拶を
c0198669_14274356.jpg

手筒花火の披露 最初は4人同時の手筒(女性もいる)
c0198669_14273327.jpg
c0198669_14272495.jpg

この時間帯は未だ、西日が照り付けているが、船体に遮られ日陰の部分が出来ている
c0198669_14271764.jpg
c0198669_14270767.jpg

手筒の火花は十分確認できる
c0198669_14265906.jpg
c0198669_14264858.jpg

最初に女性の手筒が轟音と共に火を吹いて終炎
c0198669_14264135.jpg
c0198669_14263403.jpg
c0198669_14262843.jpg
c0198669_14262283.jpg
c0198669_14261646.jpg

4人一斉の手筒は終わった
c0198669_14260250.jpg

次は10人一斉の手筒が披露される
c0198669_14255225.jpg
c0198669_14254388.jpg
c0198669_14253616.jpg
c0198669_14252885.jpg

10人一斉に手筒の炎が上がった(右端2人は女性)
c0198669_14245216.jpg
c0198669_14244374.jpg
c0198669_14243689.jpg
c0198669_14242133.jpg
c0198669_14235938.jpg
c0198669_14233809.jpg
c0198669_14233246.jpg

終炎時、轟音と共に手筒の上下から炎を吹きさす瞬間が手筒花火の醍醐味だ
c0198669_14231998.jpg
c0198669_14231143.jpg

最後の手筒が終炎して10人全ての手筒が無事に終わった
c0198669_14230591.jpg

Fujifilm X-T10 / XF18-55F2.8-4

by doi_masanori | 2017-04-01 00:01 | 豊橋みなとフェスティバル

手筒花火 発祥の地豊橋-2

「豊橋祇園祭」は吉田神社の例祭として祭りを行う実行組織として「豊橋祇園祭奉賛会」が運営。奉賛
会は、吉田神社を中心に氏子八町内が協力して祭りを運営する目的で発足した有志団体とのこと。
この伝統ある手筒花火の奉納から花火文化の保存が各町内の協力、努力により受け継がれている。
c0198669_22111366.jpg
c0198669_22105296.jpg
c0198669_22104422.jpg
c0198669_22103793.jpg
c0198669_22103290.jpg
c0198669_22102472.jpg
c0198669_22101752.jpg
c0198669_22100644.jpg
c0198669_22095928.jpg
c0198669_22095068.jpg
c0198669_22093120.jpg
c0198669_22091429.jpg
c0198669_22090372.jpg
c0198669_22085761.jpg

三人の内左右が相次いで終わり、中央の一人が残った
c0198669_22084709.jpg

いつ終わるか?気をもんで待っていたが中々終わらない 其の内、炎が小さくなって来た
c0198669_22081975.jpg
見る見る炎が小さくなる
c0198669_22081023.jpg

結局、迫力のある終わり方は出来なかった 
c0198669_22080234.jpg
c0198669_22075636.jpg
c0198669_22075066.jpg
c0198669_22073267.jpg
c0198669_22072478.jpg
c0198669_22065622.jpg
c0198669_22064824.jpg

Sony NEX-6 / PZ16-50F3.5-5.6

by doi_masanori | 2015-07-26 00:01 | 豊橋祇園祭花火

手筒花火 発祥の地豊橋-1

豊橋の夏を彩る祇園祭。そのスタートを切って勇壮に執り行われる手筒花火は450年の歴史を誇
る伝統の花火とされている。吉田神社略記に永禄3年吉田城代大原備前の守知尚公が手筒花火を始
めた」と記されている。昔は何度か訪れた事が有ったが何十年ぶりかで大筒、手筒花火の終炎時の
大地を揺るがす壮絶な音響を再体感した。狭い境内故、近距離での炎と音の響きは格別なものだ。
c0198669_23053885.jpg
c0198669_23053197.jpg
c0198669_23052342.jpg
c0198669_23051618.jpg
c0198669_23050901.jpg
c0198669_23045782.jpg
c0198669_23045030.jpg
c0198669_23044166.jpg
c0198669_23043337.jpg
c0198669_23042246.jpg
c0198669_23041448.jpg
c0198669_23040282.jpg
c0198669_23033601.jpg
c0198669_23032854.jpg
c0198669_23032184.jpg
c0198669_23030587.jpg
c0198669_23022865.jpg
c0198669_23022127.jpg
c0198669_23021117.jpg
c0198669_23020475.jpg
c0198669_23015786.jpg
c0198669_23014995.jpg
c0198669_23013264.jpg

Sony NEX-6 / PZ16-50F3.5-5.6

by doi_masanori | 2015-07-25 00:01 | 豊橋祇園祭花火