野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

タグ:宝剣岳 ( 3 ) タグの人気記事

千畳敷・宝剣岳の高山植物

中央アルプスの「駒ケ岳」や「千畳敷」周辺は、高山植物の宝庫として知られ、人気のスポットになって
いる。何といっても、標高2600m迄、ロープウエイが連れて行ってくれるので、登山者だけでなく高
山植物を観賞するだけの人たちも沢山訪れて楽しんでいる。高山植物も季節の移り変わりに敏感でその年
その年で微妙に開花の時期がずれたり、毎年開花しない植物もあり変化に富んでいることも魅力の一つ。

オオヒョウタンボク
c0198669_22385214.jpg
c0198669_22384666.jpg

ツマトリソウ
c0198669_22383827.jpg
c0198669_22383146.jpg

ミヤマキンポウゲ
c0198669_22381931.jpg

モミジカラマツ
c0198669_22380790.jpg

ヒメウスユキソウ(コマウスユキソウ)
c0198669_22374305.jpg
c0198669_22371923.jpg
c0198669_22371231.jpg

タカネツメクサ
c0198669_22370379.jpg

コマクサ
c0198669_22264550.jpg
c0198669_22225941.jpg
c0198669_22223441.jpg
c0198669_22221513.jpg
c0198669_22214065.jpg

不詳
c0198669_22211616.jpg
c0198669_22205164.jpg

コウメバチソウ
c0198669_22390604.jpg

チシマギキョウ
c0198669_22204229.jpg
c0198669_22202943.jpg

ミヤマダイコンソウ チシマギキョウ
c0198669_22202061.jpg

ミヤマゼンコ
c0198669_22193300.jpg

ミヤマシシウド
c0198669_22192613.jpg

タカネグンナイフーロ
c0198669_22185010.jpg
c0198669_22184174.jpg

クルマユリ
c0198669_22182112.jpg
c0198669_22181102.jpg

ミヤマトリカブト
c0198669_22175332.jpg
c0198669_22173351.jpg
c0198669_22172233.jpg

D.com Digitan Z6 / Nikon CP P340

by doi_masanori | 2015-08-18 00:01 | 高山の花

高山周辺を望遠で切取る

山登りは軽量の装備で」と言うことで、カメラも軽量の機材を選んで持参。Borg36EDとNikon1V2の
超軽量望遠システムで合わせて700gの軽さ、この他にも三脚付のデジタンシステムを持ってきたので
殊の外、機材の軽量化には気を遣う。標高2600m以高の場所では直射を浴びても、通り過ぎる冷たい
涼風が心地よい。そんな中で、周りの景色等をカメラで切取る楽しさに魅かれて毎年足を運んでいる。

「御嶽」 痛ましい噴火災害から一年余りが過ぎてしまった 今日は頭を雲の上に出していた
c0198669_16334062.jpg
c0198669_16332877.jpg

「乗鞍岳」 「御嶽」より遠い位置に同じ様に頭だけ見えた
c0198669_16332012.jpg

「宝剣岳」頂上
c0198669_14414886.jpg

「乗越浄土」と「八丁坂」
c0198669_14414128.jpg

「宝剣岳」の頂上付近
c0198669_14412537.jpg

「木曾中岳」の頂上
c0198669_14411860.jpg

「木曾駒ケ岳」の頂上
c0198669_14411259.jpg

「木曾小屋」
c0198669_14410040.jpg

「イワヒバリ」
c0198669_14392909.jpg
c0198669_14391740.jpg

「チングルマ」
c0198669_14390018.jpg

「コバイケイソウ」
c0198669_14382549.jpg
c0198669_14381973.jpg
c0198669_14381149.jpg

「ミヤマリンドウ」
c0198669_14380383.jpg
c0198669_14375675.jpg
c0198669_14375082.jpg

「チングルマ」 此の辺りでは既に花は咲き終えていた
c0198669_14373798.jpg

「タカネグンナイフーロ」の蕾
c0198669_14371406.jpg

「ミヤマトリカブト」
c0198669_14370520.jpg

「クロユリ」
c0198669_14365396.jpg
c0198669_14364532.jpg

Borg 36ED / Nikon 1V2

by doi_masanori | 2015-08-17 00:01 | 中央アルプス

宝剣岳岩場トレッキング

所々に打ち込まれたハーケンやチェーンを頼りに、垂直に近い結構な高さの岩壁を登ったり、下ったりで
その場その場で緊張することもある。毎年訪れていてコース事情はほぼ分かっているので、その点は安心
出来るところもある。岩場の登り下りは起伏のある稜線をスティックを使って登る時よりも楽に感じる。
と言うのも、岩登りは両手を使うことになるので力が手足に分散されて、脚への負担が軽減されるためか
も知れない。岩山を下ると、宝剣小屋のある広い稜線に出る。登山分岐点の「乗越浄土」迄来て一休み。

これから宝剣の岩場トレッキング
c0198669_22455932.jpg

この岩を登って
c0198669_22454968.jpg

垂直に近い岩壁をチェーンを頼りに下りる
c0198669_22454012.jpg
c0198669_22452959.jpg
c0198669_22452168.jpg

幾つもの岩場をクリアーしなければ頂上には辿り着かない
c0198669_22451410.jpg

途中に咲いている可憐な花に癒される
c0198669_22450693.jpg
c0198669_22444965.jpg
c0198669_22443988.jpg
c0198669_22443062.jpg

目前の岩場から目を逸らすとスリルのある谷間が目に飛び込んでくる
c0198669_22442356.jpg
c0198669_22441710.jpg
c0198669_22440268.jpg
c0198669_22434965.jpg

厳しい岩場もチェーンを頼りに登らなければ・・
c0198669_22433975.jpg
c0198669_22433017.jpg
c0198669_22425978.jpg

頂上付近から振り返ると 右、「三ノ沢岳」 左稜線「極楽平」「桧尾岳」「空木岳」方面
c0198669_22424695.jpg

宝剣岳頂上の岩の上に立ちご満悦
c0198669_22423577.jpg

行きはよいよい、帰りは恐い
c0198669_22423007.jpg
c0198669_22422300.jpg
c0198669_22421511.jpg

超狭い宝剣岳頂上 右上に2931mの標識
c0198669_22420771.jpg

頂上から下り始めの岩場も注意が必要
c0198669_22420033.jpg
c0198669_22414917.jpg

チェーンをしっかりつかんで
c0198669_22414117.jpg

宝剣小屋(青い屋根)が見えた
c0198669_22413333.jpg

ガスが掛かって見えないことが多い「天狗岩」
c0198669_22412620.jpg

正面は「中岳」「駒ケ岳」方面 画面左側あたりに「コマクサ」の保護区が有る
c0198669_22411914.jpg

正面は「伊那前岳」方面
c0198669_22411392.jpg
c0198669_22410549.jpg

登山分岐点「乗越浄土」 ここから千畳敷へ下る
c0198669_22405099.jpg

Nikon CP P300

by doi_masanori | 2015-08-15 00:01 | 中央アルプス