野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

タグ:土星 ( 13 ) タグの人気記事

月と2つの惑星の接近

地球照の見える薄い夕月、と宵の明星の金星、そして土星、の3つの天体が織り成すミニ天体ショー。

正三角形を造る夕月、左下の金星、右下の土星 月の右上は、へびつかい座のザビク
c0198669_22372819.jpg

Pentax DA50-200F4-5.6 / Pentax K-70

by doi_masanori | 2016-11-04 00:00 | 天体

初秋の南天

このところ、月明りがなく星空撮影には良い条件ではあるが、海岸部は普段より強い風が吹いている。
先回の「北天」に代わって今回は「南天」を撮ってみた。「南天」と言っても、やや西より(西南西)
になっている。北の空に比べれば星の数も多くみられる。今回、長時間露光中に流れ星を捉えていた。

下部のオレンジ色のラインは航行船の明かりの軌跡 (このラインが水平線)
120フレームコンポジット 中央右上に流れ星が1つ写っていた
c0198669_16402141.jpg

星空案内 120フレーム中、最初のフレーム
c0198669_16401443.jpg

38フレーム目で捉えていた流れ星
c0198669_17240227.jpg
Nikon D300S / AF-S 12-24F4G

by doi_masanori | 2016-09-03 00:01 | 天体

天の川と惑星

今、南天の天の川周辺の「さそり座」の上に「火星」そして、その上に「土星」が輝いている。この2つの惑
星はずいぶん前から「さそり座」の「アンタレス」と共に近くで三角形を作っていたが、つい先日、直線に並
んだ事があったが、今は”く”の字になり再び三角形を作っている。
明るい2つの惑星とは逆に肉眼では見えないけれど暗い惑星?現在は太陽系惑星から外され準惑星となってい
る「冥王星」が「いて座」の「南斗六星」の上に居る。高倍率望遠鏡なら見ることが出来る。

一直線から”く”の字で三角形に戻った「土星」「火星」「アンタレス」
「アンタレス」の右下で金色に輝いているのは「M4」球状星団
左側は「いて座」付近の「グレート・スター・クラウド」と「暗黒星雲」
c0198669_22042405.jpg

右側は「いて座」から「たて座」にかけての天の川 この付近にはメシエの天体(M※※)
として表されている数多くの星団、星雲が存在している
左側のこの位置に準惑星の「冥王星」が居る
c0198669_22041700.jpg

Pentax DA50-200F4-5.6 / Pentax K-5 / O-GPS1

by doi_masanori | 2016-08-28 00:01 | 天体

最近の土星

今日、8月23日は、暑さが止んで涼しくなり始める頃で、「二十四節気」の「処暑」に当たる。1年を24に区切ったこの暦では、1年
を「春・夏・秋・冬」の四つに分け、さらに其々の季節が六つに分けられている。春は「立春」(2月4日頃)以下六節、夏は「立夏」(5
月6日頃)以下六節、秋は「立秋」(8月7日頃)以下六節、冬は「立冬」(11月7日頃)以下六節と二十四節に分けられている。この
「処暑」は「立秋」の次の節で「二十四節気」の暦の上では”秋”となっている。確かに子供の頃を思い出せば、盆が過ぎて今時分
に成ると、秋風を感じることがあった様に思う。しかし近年では秋風どころか厳しい残暑となっている。しかし、季節は確かに変わり
つつある、夕方7時を回ると薄暮が訪れている。南西の空を見上げると、ひときわ明るい惑星が上下にかなり接近して並んでいる。
上が「土星」下が「火星」。薄暮の中でもくっきりと見える。火星の方が明るく見えるが、写真を撮るならやっぱり「土星」の方がよい。

15秒x18個のAVCHD画像をRegiStax6にて8658フレームの内599フレームをスタック
c0198669_13123668.jpg

15秒x15個のAVCHD画像をRegiStax6にて6526フレームの内599フレームをスタック
c0198669_13122567.jpg

15秒x12個のAVCHD画像をRegiStax6にて5097フレームの内591フレームをスタック
c0198669_13121736.jpg

15秒x7個のAVCHD画像をRegiStax6にて3054フレームの内552フレームをスタック
c0198669_13115975.jpg

Kasai BLANCA-110ED /2xBarlow / Nikon 50xWDS / Sony NEX-6 / pz16-50 / GP2

by doi_masanori | 2014-08-23 00:01 | 天体

土星とM4球状星団 >>>

梅雨明けを待って星空撮影を楽しみにしていたが暑さのせいか空の状態はあまりよくない。それでも挑戦。
この日は土星を撮りに出かけた、21時後半までは良かったがその後雲が掛かり始めた。
土星撮影の後、カメラを変えて、さそり座のM4球状星団を撮ってみた。

7月25日 20時59分~ の土星  
f770 F7 コリメートf4125 e.p14 iso800 s1/3 AVCHDビデオ 60sec RegiStax6にて520/1735フレームスタック
c0198669_1240385.jpg

Kasai BLANCA-110ED / 2xBarlow / D.com 30XWFA / Sony NEX-6 / Vixen GP2

7月25日 21時08分~ の土星
f770 F7 コリメートf8250 e.p14 iso800 s1/3x12 RegiStax6にて12フレームスタック
c0198669_12395644.jpg

Kasai BLANCA-110ED / 2xBarlow / D.com 30XWFA / Sony NEX-6 / Vixen GP2

さそり座アンタレス付近の M4 球状星団
f770 F7 iso3200 s30secx6=180sec RegiStax6にて6フレームスタック
c0198669_12205416.jpg

Kasai BLANCA-110ED / Vixen Flip Mirror / Pentax K5 / Vixen GP2
by doi_masanori | 2014-07-29 00:01 | 天体

土星の姿

天体撮影は気象条件と撮影する人の都合が有るためベストコンディションで撮影する機会は少ない。しかし撮影の好きな天文ファンは少しぐらい条件が悪くても、良くなるだろう
の考えの下に撮影に出かける人も少なからずいると思う。私の場合はその部類の典型といえるだろ。この日も強風であったが後半は微風になるとの天気予報を信じて出かけ
たが、結局後になっても微風にはならなかった。そんな中、土星撮影に挑戦。時折、強い風にあおられビデオ画像が歪むところが幾つか有ったが、今の高度な画像処理ソフト
のお陰で不良画像は除去することが出来るので、それを活用して、それなりの土星の姿が出来た思っている。
f770x2倍バロー+14mmアイピースによるコリメート(f 16,500)  160秒のビデオ画像6420フレームの内3560フレームスタック
c0198669_2110763.jpg

Kasai BLANCA-110ED / 2xBarlow / D.com 30XWFA / Sony NEX-6 / PZ16-50 / GP2
by doi_masanori | 2014-05-21 00:00 | 天体

久しぶりの土星

今、日没は6時半ごろで、西北西の方角に太陽が沈むと直ぐに、真反対の東南東の方角から「土星」が昇ってくる。今は春の大三角形(デネボラとアルクトゥールスとスピカ)が
見やすい時期では有るが、デネボラとスピカの間に赤い火星が目立って輝いている。その火星とスピカよりも明るいアルクトゥールスと土星が作る三角形の方が一段と明るく
存在感が有る。明るい火星と土星の間で一等星のスピカも存在が薄れてしまっている。これからは土星も見やすくなってくる。

f770x2倍バロー+14mmアイピースによるコリメート  180秒のビデオ画像7091フレームの内4060フレームスタック
c0198669_23115936.jpg

Kasai BLANCA-110ED / 2xBarlow / D.com 30XWFA / Sony NEX-6 / PZ16-50 / GP2
by doi_masanori | 2014-05-08 00:00 | 天体

土星

満月の直ぐ上で月光に遮られて輝いていた土星
c0198669_061133.jpg

Nikon EDG85 /Nikon 75xWDS /Nikkor VR10-30f3.5- 5.6/Nikon 1V2
by doi_masanori | 2013-05-25 00:06 | 天体

土星久しぶり

今年になって初めての土星の撮影。リングの傾きが昨年に較べて少し大きく成った。これからは土星の観望がし易くなる。
c0198669_14214949.jpg

Nikon EDG85 / Nikon 75xWDS / Nikkor VR10-30 F3.5-5.6 / Nikon 1V2
by doi_masanori | 2013-05-03 00:00 | 天体

土星と月

今、土星はおとめ座の1等星スピカの上にあり、土星の左横に火星が見える。日没から暗くなり始めた西の空の低いところに3つの明るい星が見える。
右上の星が土星、21時前におとめ座スピカ・火星と共に地平線に沈んでしまう。これからは土星の見られる時間が少なく成る。
c0198669_14422453.jpg

Nikon EDG-FS-85/Nikon 75xWDS/Sony DSC-W300

月齢5.5(8/23)の月
c0198669_14431084.jpg

Nikon ED82/Nikon 50xWDS/Nikon CP P300
by doi_masanori | 2012-08-25 00:00 | 天体