野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

タグ:マクロ ( 7 ) タグの人気記事

マクロで見るオリエンタルユリ

オリエンタルユリの雄しべや雌しべ、それに花弁の内側にランダムにみられる斑点などを、マクロでクローズアップ
撮影してみた。

花弁の内側
c0198669_18245233.jpg

雌しべ
c0198669_18244664.jpg

沢山の花粉をつけた雄しべ
c0198669_18244193.jpg

花弁の内側の斑点は刺の様に見えるが先端は柔らかい
c0198669_18243586.jpg
c0198669_18234665.jpg
c0198669_18233994.jpg
c0198669_18233411.jpg
c0198669_18232661.jpg
c0198669_18210431.jpg

蕾が開いた隙間から雌しべの先が見える
c0198669_18203193.jpg
c0198669_18201773.jpg
c0198669_18195766.jpg
c0198669_18195092.jpg

カサブランカが咲き始めた時の雄しべの花粉の付き方 時間が経つと花粉の色が濃くなり、しべの全体を覆う
c0198669_18192226.jpg

Nikon AF Micro 200F4D / Sony NEX-6

by doi_masanori | 2017-07-28 00:01 | 家に咲く花

これは何?

久々に超マクロ撮影を試みてみた。以前、鳳凰堂や水滴の超マクロ撮影をフルサイズ20mmの広角レンズ
に接写アダプターを付けて、「リバースマクロ」撮影を紹介しましたが、今回もそのやり方で”あるもの”
を撮ってみた。使用カメラはフルサイズ機のα7だが、今回はセンサーサイズをAPS-Cサイズにして撮影。
撮影倍率は、20mmレンズのリバース撮影の場合は3.46倍で、APS-Cサイズで撮るとフルサイズ換算で
1.5倍すると (3.46x1.5=5.19) 5.19倍で超マクロ撮影となった。

これは何だろう?
c0198669_21562904.jpg

”トゲ”の様だが、先は柔らかそう!?!
c0198669_21562422.jpg

折れてしまった
c0198669_21561503.jpg
c0198669_21560744.jpg

柔らかそうに見えるが、これでなかなか触ると痛い
c0198669_21555064.jpg

トゲは無くなっている ”なぁーんだあれか” なんとなくわかる様な気がする!
c0198669_21554497.jpg

Nikon MF 20F2.8S / BR2A / BR3 / Sony α7

by doi_masanori | 2016-08-04 00:01 | ちょっと一息

水玉を超マクロで撮ると

小さな水玉を超マクロで撮る時には気合を集中して撮る必要がある。超マクロ撮影は被写界深度が
異常に浅くピンと調整が非常に難しい。今回、先回の10円玉鳳凰堂と同じ、撮影倍率6.9倍で
撮っているが、水玉の膨らんだ手前の高い部分と周囲の稜線部との高さの差のピント合せと、被写
界深度を深くする為レンズを絞り込む必要に迫られ、あれこれ気を使う事が多い6.9倍だった。
c0198669_22241574.jpg
c0198669_22240655.jpg
c0198669_22234929.jpg
c0198669_22234015.jpg
c0198669_22233357.jpg
c0198669_22232143.jpg
c0198669_22231043.jpg
c0198669_22225955.jpg
c0198669_22225308.jpg
c0198669_22224524.jpg
c0198669_22223548.jpg
c0198669_22222554.jpg

Nikon MF 20F2.8S / BR2A / BR3 / Olympus OM-D E-M10



by doi_masanori | 2015-09-07 00:01 | ちょっと一息

水玉を2倍マクロで撮ると

「バラ」の花に付いた水滴をマクロレンズで等倍の2倍で撮って見たが、意外と小さい事が分かる。
とは言え、2倍のマクロはかなりの倍率であることには変わりない。現に花びらや葉っぱの形が
分からない位になっている。また、逆に水滴がいかに小さいか?と言う事にもなる。     
c0198669_22135660.jpg
c0198669_22131048.jpg
c0198669_22121464.jpg
c0198669_22112862.jpg
c0198669_22085066.jpg

「バラ」の大きさは直径約8cm
c0198669_22063827.jpg

c0198669_22063014.jpg
c0198669_22061704.jpg

Nikon AF Micro 60F2.8 / Olympus OM-D E-M10

by doi_masanori | 2015-09-06 00:01 | ちょっと一息

鳳凰堂をマクロで見ると?-2

先回(7月7日・13日)の10円玉マクロの続き。今回は、フォーサーズ(4/3型)センサー機を使用。
画面サイズ4608x3456(アスペクト比4:3)フォーサーズサイズを4608x3072(アスペクト
比3:2)で撮影。レンズはMF NIkkor 20F2.8に接写用のレンズアダプターBR2AとBR3を使って先回と同じ
リバースマクロ撮影をしてみた。先回のフルサイズやAPS-Cサイズに比べて更に小さいので、撮影倍率は
フルサイズの2倍と大きくなる。MF20F2.8のリバース撮影倍率が3.46倍だから2倍の6.92倍の撮影倍率と
なる。撮影倍率1倍のAF60F2.8 Microと比べるとその大きさ分かる。                 
           
撮影倍率約6.9倍(フルサイズ比)
c0198669_23041283.jpg
c0198669_23035519.jpg
c0198669_23034781.jpg
c0198669_23034061.jpg
c0198669_23030170.jpg
c0198669_23025523.jpg
c0198669_23024889.jpg
c0198669_23023892.jpg

裏面の稲穂の結びリボン
c0198669_23022417.jpg
Nikon MF 20F2.8S / BR2A / BR3 / Olympus OM-D E-M10

撮影倍率1倍(フルサイズ)の鳳凰堂
c0198669_23021293.jpg
Nikon AF Micro 60F2.8 / Sony ILCE-7

by doi_masanori | 2015-09-01 00:01 | ちょっと一息

鳳凰堂・その他をマクロで見ると?

先回鳳凰堂のマクロ撮影はMF24F2.8迄のリバースマクロ撮影でしたが、今回MF20F2.8の超広角
レンズを使うのに必要なステップダウンリングが入手出来たので、これを介してBR2Aを取付け撮影
してみた。フルサイズでマクロレンズのMC60F2.8の撮影倍率を1とするとMF20F2.8のリバース
撮影では約3.5となる。更にAPS-Cサイズでは撮影倍率は1.5倍となるため驚く程の倍率で
の撮影となる。鳳凰堂を含め、サンプル画像をいくつか紹介します。

Nikkor MF20F2.8S / ILCE-7 Full Size 撮影倍率は約3.5倍
c0198669_21594133.jpg

Nikkor MF20F2.8S / ILCE-7 APS-C Size 十円玉の鳳凰堂の屋根がこの大きさに写るとは?撮影倍率は約5.3倍(Full Size 換算)
c0198669_21593161.jpg

以下 Full Size コチョウランの花唇部
c0198669_21592394.jpg
c0198669_21590263.jpg
c0198669_21585783.jpg
c0198669_21584289.jpg
c0198669_21583486.jpg

以下 Full Size クラスペディアのドライフラワー
c0198669_21581399.jpg
c0198669_21580385.jpg

APS-C Size
c0198669_21574545.jpg

Full Size ユリの花弁から滴る水滴
c0198669_21573362.jpg

以下 Full Size 直径5mmの赤いジュズサンゴの丸い実から滴る水滴
c0198669_21571187.jpg
c0198669_21565382.jpg
c0198669_21564204.jpg

以下 Full Size 花瓶の壁面の一部
c0198669_21563134.jpg
c0198669_21562289.jpg
Nikon MF 20F2.8S / BR2A / BR3 / Sony ILCE-7

APS-C Size 直径19mmのクラスペディア(ゴールドスティック)ドライフラワー 撮影倍率1.5倍(Full size換算)
c0198669_21560001.jpg
Nikon AF Micro 60F2.8 / Sony ILCE-7


by doi_masanori | 2015-07-13 00:01 | ちょっと一息

鳳凰堂をマクロで見ると?

最近マクロレンズを使う機会が増えた。MC200F4と60F2.8を常用してふと!昔を思い出した。デジ
タル1眼を使う前のフィルム1眼の時に時折使っていた接写用のレンズアダプターが有ることを思い出
してアクセサリー収納箱を探してみたら出てきた。Nikon BR2A と BR3 の2点、これをフルサイズのMF
レンズに前後を逆にして使う。前レンズのフィルターネジに BR2A を付け、マウント側に BR3 を付ける。
レンズを逆に付けることで撮影倍率が標準50mmレンズで1倍近くになる。広角レンズになるに従って
倍率が高くなる。因みに、200F4や60F2.8のマクロレンズは撮影倍率は共に1倍であるから、このアダ
プターと広角レンズを使えば撮影倍率は1倍以上で撮影出来ると言う訳。何はともあれ、専用のマクロ
レンズ以上の倍率で撮れると言うことで興味をそそる。今回MC60F2.8 / AF50F1.4 / MF35F1.4 / MF
24F2.8 と Sonyのフルサイズミラーレス ILCE-7 を使って撮り比べてみた。

 イメージセンサーのサイズ35.8x23.9mm 10円玉直径23.5mmで撮影倍率は等倍(1倍)
MC60F2.8D / ILCE-7 Full Size (35.8x23.9)
c0198669_22075936.jpg

MC60F2.8D / ILCE-7 APS-c Size (約23.5x15.7)
c0198669_22075279.jpg
Nikon AF Micro 60F2.8D / Sony ILCE-7

平面が傾いていたため左右端がぼけてしまった 撮影倍率は1倍近くになっている MC60F2.8Dとほぼ同じ
Nikkor AF50F1.4D / ILCE-7 Full Size
c0198669_22073993.jpg

Nikkor AF50F1.4D / ILCE-7 APS-c Size
c0198669_22073309.jpg
Nikon AF 50F1.4D / BR2A / BR3 / Sony ILCE-7

Nikkor MF35F1.4S / ILCE-7 Full Size
c0198669_22071334.jpg

Nikkor MF35F1.4S / ILCE-7 APS-c Size
c0198669_22070659.jpg
Nikon MF 35F1.4S / BR2A / BR3 / Sony ILCE-7

専用マクロレンズに比べてフルサイズでこれだけ倍率が上がると撮影意欲が・・・
Nikkor MF24F2.8S / ILCE-7 Full Size
c0198669_22065869.jpg

APS-Cサイズではさらに倍率が・・・
Nikkor MF24F2.8S / ILCE-7 APS-c Size
c0198669_22064163.jpg
Nikon MF 24F2.8S / BR2A / BR3 / Sony ILCE-7

接写レンズアダプター BR2A レンズのフィルターネジに付けてニコンFマウントにする
c0198669_21575330.jpg

レンズFマウントに付けてレンズフードにする
c0198669_21574570.jpg

左上からMF35F1.4S / Sony EマウントとNikon Fマウント変アダプターでSとDレンズ用、その右はNikon Gレンズ用
下の左がBR2A、右がBR3
c0198669_21573614.jpg
Nikon CP P340

by doi_masanori | 2015-07-07 00:01 | ちょっと一息