野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

タグ:ハジロカイツブリ ( 15 ) タグの人気記事

ハジロカイツブリ 静かな水面で

風が凪いだ静かな水面に「ハジロカイツブリ」が1羽、彼もまた静かに泳いでいる。彼らは採食時には頻繁に
潜水を繰り返し、かなり慌ただしい動きをしていることが多いが、ここでは大きな波を立てることなしに静か
なひと時を過ごしている。静かな雰囲気の中で、小さな目だが”紅一点”がよく目立つ。
c0198669_18433579.jpg
c0198669_18432611.jpg
c0198669_18431822.jpg
c0198669_18431216.jpg
c0198669_18430650.jpg
c0198669_18430178.jpg
c0198669_18425421.jpg
c0198669_18424852.jpg
c0198669_18424179.jpg
c0198669_18423589.jpg
c0198669_18422956.jpg
c0198669_18422358.jpg
c0198669_18421402.jpg
c0198669_18415927.jpg
c0198669_18415340.jpg
c0198669_18414691.jpg
c0198669_18412887.jpg
c0198669_18412106.jpg
c0198669_18411423.jpg
c0198669_18410590.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2017-01-22 00:01 | カイツブリ目/カイツブリ科

ハジロカイツブリ 手こずる獲物 >>>

採食時の「カイツブリ」は潜っては浮上を繰り返しているが、獲物が獲れてない時などは浮上しても
直ぐ潜ってしまうケースが多い。獲物を捕った時は少しは浮上している時間は長い。この浮上時間
の長さも獲った獲物によって変わる様で、小魚などは直ぐ飲み込むので時間は短いが、大物やそ 
の他の魚介類では手こずって時間がかかることが多いので、浮上している時間も自ずと長くなる。

  口に銜えているものは何だろう?  
c0198669_18034816.jpg

口に纏わりついている
c0198669_18033909.jpg

よく見ると「カニ」みたい
c0198669_18032824.jpg
c0198669_18031383.jpg
c0198669_18025727.jpg
c0198669_18025045.jpg
c0198669_18024373.jpg

飲み込むまでにはいろいろ段取りが必要、簡単には飲み込めない
c0198669_18023684.jpg
c0198669_18022384.jpg
c0198669_18021511.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Pentax K-5  

by doi_masanori | 2015-12-21 00:01 | カイツブリ目/カイツブリ科

ハジロカイツブリ 群れから離れて

お知らせ:操作ミスによりPC版ブログのスキンが一変してしまい元に戻せなくなったため本年末  
  迄はこのスキンで投稿します。来年度から再変更の予定です。宜しくお願いいたします。        

10~30羽位の群れで行動しているところをよく見かけるが、群れでばかりではなく場所によっては、
 群れから遠く離れたお気に入りの場所に2.3羽でやって来て、其々単独で行動している個体も居る。 
此処のフィールドでは単独で居るところはよく見が、群れで居るところは今まで見たことは無い。  
c0198669_23174499.jpg
c0198669_23173628.jpg
c0198669_23172851.jpg
c0198669_23171624.jpg
c0198669_23171069.jpg
c0198669_23170493.jpg
c0198669_23165708.jpg
c0198669_23165062.jpg
c0198669_23164387.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Pentax K-5

by doi_masanori | 2015-12-20 00:01 | カイツブリ目/カイツブリ科

ハジロカイツブリ 群れで行動

この地域では「冬鳥」としてやって来る「ハジロカイツブリ」は単独での行動もまれに見るが、殆どの
場合数羽の小群れから30羽以上の比較的大きな群れで居るのを見かける事が多い。群れで行動する時
は、次々に潜って小魚の群れを追い回して捕まえる。                      
c0198669_18491541.jpg
c0198669_18490588.jpg
c0198669_18485504.jpg
c0198669_18483209.jpg
c0198669_18481894.jpg
c0198669_18480618.jpg
c0198669_18475990.jpg
c0198669_18475381.jpg
c0198669_18474766.jpg
c0198669_18474109.jpg

Borg 71FL x1.4DG / Olympus OM-D E-M10




by doi_masanori | 2015-12-08 00:01 | カイツブリ目/カイツブリ科

ハジロカイツブリ 冬羽⇒夏羽

「カイツブリ」の仲間は、換羽すると「冬羽」と「夏羽」ではかなり色合いが違って見えるので、一目して判断出来る。しかしこの画像の
の前半の「ハジロカイツブリ」は「冬羽」から「夏羽」へ換羽の途中の状態なので、どちらとも判断しにくい。少し前までは顔と頸周りが
白い「冬羽」ばかりであったが、今は換羽途中か後半の画像にあるような換羽がほぼ完了した「夏羽」が殆どの様だ。

換羽中(顔と頸が白からゴマシオになって、目の後ろに飾り羽が目立ってきた
c0198669_22292488.jpg
c0198669_22291671.jpg
c0198669_22291015.jpg
c0198669_22290283.jpg
c0198669_22285478.jpg
c0198669_22284988.jpg

ほぼ「夏羽」に変わっている
c0198669_22284179.jpg
c0198669_22283575.jpg
c0198669_22282915.jpg
c0198669_22282429.jpg
c0198669_22281915.jpg

「夏羽」と「換羽途中羽」
c0198669_22281264.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Pentax K-50


by doi_masanori | 2015-03-13 00:01 | カイツブリ目/カイツブリ科

内湾のハジロカイツブリ

内湾と遊水池を交互に行き来している「カモ」たちと一緒に「ハジロカイツブリ」も行ったり来たりしている。一回り小さいが、「カモ」
たちとは違う行動をしているので、群の中でも容易に見つけることが出来る。
c0198669_23074593.jpg
c0198669_23074049.jpg
c0198669_23073147.jpg
c0198669_23072299.jpg
c0198669_23071138.jpg
c0198669_23065816.jpg
c0198669_23065227.jpg
c0198669_23064525.jpg

Nikon ED82 / 50WDS / Lumix DMC-GX7 / G20F1.7


by doi_masanori | 2014-11-18 00:01 | カイツブリ目/カイツブリ科

ハジロカイツブリ目立つ赤橙目

冬羽の「ハジロカイツブリ」は全身白黒の中で赤橙色の目はよく目立つ。このエリアでは2羽で3組居るのが確認できた。
c0198669_13391159.jpg
c0198669_13391727.jpg
c0198669_13392249.jpg
c0198669_13393680.jpg
c0198669_1339429.jpg
c0198669_1339476.jpg
c0198669_1339523.jpg
c0198669_13395698.jpg

Nikon EDG-FS-85/D.COM 30XWFA/Nikon CP P300
by doi_masanori | 2013-12-11 00:01 | カイツブリ目/カイツブリ科

ハジロカイツブリが一羽 つづき

前日と同じエリア内に居るにもかかわらず、ほんの少し離れた場所に居るだけで水の色が変わって別の所にいる様に見える。
カイツブリの足はカモと違い、体の後ろの方に付いているので、足を伸ばしたときはかなり後ろの方に見える。
c0198669_23502419.jpg
c0198669_23503071.jpg
c0198669_23503535.jpg
c0198669_23504159.jpg
c0198669_23504747.jpg
c0198669_23505217.jpg
c0198669_23505747.jpg
c0198669_2351932.jpg
c0198669_23512786.jpg
c0198669_23513566.jpg
c0198669_23514036.jpg
c0198669_2351456.jpg
c0198669_23514924.jpg
c0198669_2351552.jpg
c0198669_2352359.jpg
c0198669_23521113.jpg

Borg 71FL / Nikon 1V2
by doi_masanori | 2013-10-20 00:01 | カイツブリ目/カイツブリ科

ハジロカイツブリが一羽

毎年このフィールドで見られる「ハジロカイツブリ」ではあるが、早くも今年会うことが出来た。この個体は若鳥で第1回冬羽の様だ。
毎年このエリアでは1羽しか見ることが出来ない、家族や仲間が近くに居るのかどうか分からない。
c0198669_22323899.jpg
c0198669_22324558.jpg
c0198669_22325269.jpg
c0198669_2232571.jpg
c0198669_2233218.jpg
c0198669_2233987.jpg
c0198669_22331992.jpg
c0198669_2233254.jpg
c0198669_22333471.jpg
c0198669_2235288.jpg
c0198669_22353316.jpg
c0198669_22431323.jpg
c0198669_22431931.jpg
c0198669_22433694.jpg
c0198669_22525746.jpg
c0198669_22481929.jpg
c0198669_22472721.jpg
c0198669_22472158.jpg

Borg 71FL / Nikon 1V2
by doi_masanori | 2013-10-19 00:01 | カイツブリ目/カイツブリ科

主役がいなく ハジロ のみ >>> 月

この時期、帰ってしまった訳ではないであろうが、ここの主役のシノリガモが一羽も姿が見られなかった。沖の方で十数羽の「ハジロカイツブリ」がいただけ。
ハジロは時々近くに来るが、直ぐ沖に行ってしまう。少し離れたところでカンムリカイツブリが一羽だけで採食していた。
c0198669_21111370.jpg
c0198669_21112555.jpg
c0198669_21112688.jpg
c0198669_21113910.jpg
c0198669_2111403.jpg
c0198669_21115761.jpg
c0198669_2112027.jpg
c0198669_21121356.jpg
c0198669_21121644.jpg

カンムリカイツブリが一羽だけで・・・
c0198669_21122988.jpg

Nikon EDG-FS-85/D.COM 30XWFA/Nikon CP P300
by doi_masanori | 2013-02-20 00:01 | カイツブリ目/カイツブリ科