野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

タグ:ノビタキ ( 101 ) タグの人気記事

田園のノビタキ

稲穂が見られる田んぼも残り少なくなった。草むらの草も秋色を帯びる物が多くなり、秋の深まりが一層感じられる
様になって来た。「ノビタキ」が秋の渡りの途中で立ち寄るこの地でもこの時期になると、数もめっきり少なくなっ
ている。これから少しすると彼等に会えなくなると思うと一抹の淋しさを感じる。
c0198669_18225197.jpg
c0198669_18223669.jpg
c0198669_18223036.jpg
c0198669_18222213.jpg
c0198669_18215230.jpg
c0198669_18214408.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2017-11-07 00:01 | スズメ目/ツグミ科

ノビタキ 強風の中で-2

鳥達が地上の獲物を探すには地上で探すよりも少しでも高い所が有利だと心得ている様だ。風の強い時は草や稲穂に
止まる事は出来ないので、竹竿の様なものはもってこいの止まり物となる。止まる土台はしっかりしていても、何し
ろ吹く風は非常に強く何度も煽られ飛ばされる。それでも何とか獲物を探さなくては・・・と、竹竿の先に留まろう
とする「ノビタキ」の執念を見た。
c0198669_18473200.jpg
c0198669_18472634.jpg
c0198669_18470993.jpg
c0198669_18465355.jpg
c0198669_18464019.jpg
c0198669_18463285.jpg
c0198669_18462295.jpg
c0198669_18461139.jpg
c0198669_18455199.jpg
c0198669_18454019.jpg
c0198669_18452571.jpg
c0198669_18451858.jpg
c0198669_18450991.jpg
c0198669_18450041.jpg
c0198669_18445022.jpg
c0198669_18443543.jpg
c0198669_18442429.jpg
c0198669_18441630.jpg
c0198669_18440998.jpg
c0198669_18440245.jpg
c0198669_18434838.jpg
c0198669_18433310.jpg
c0198669_18432682.jpg
c0198669_18431885.jpg
c0198669_18430093.jpg
c0198669_18424765.jpg
c0198669_18424005.jpg
c0198669_18422378.jpg
c0198669_18421067.jpg
c0198669_18410383.jpg
c0198669_18405466.jpg
c0198669_18403432.jpg
c0198669_18402607.jpg
c0198669_18400463.jpg
c0198669_18395309.jpg
c0198669_18384607.jpg
c0198669_18383817.jpg
c0198669_18383289.jpg

Nikon ED82 / 50WDS / Sony NEX-6 / Nikon 24F2.8S

by doi_masanori | 2017-10-29 00:01 | スズメ目/ツグミ科

ノビタキ 強風の中で

田園では刈り入れ前の稲穂がかなりの田んぼで見られるが、これからは刈り入れも速いピッチで進むことと思われる。
田んぼや畦道、草むら、農道などで「ノビタキ」の姿が見られる。「ノビタキ」が、田んぼと農道の境に立っている
竹竿の先に止まって獲物を探していたが、時折吹く強い風に苦労しながらも必死で抵抗している姿が有った。
c0198669_17245266.jpg
c0198669_17244692.jpg
c0198669_17233854.jpg
c0198669_17231650.jpg
c0198669_17230330.jpg
c0198669_17225698.jpg
c0198669_17224845.jpg
c0198669_17224143.jpg

強風にあおられ必死に抵抗している
c0198669_17222934.jpg
c0198669_17222242.jpg
c0198669_17221671.jpg

我慢しきれず飛ばされてしまう
c0198669_17214920.jpg
c0198669_17212968.jpg
c0198669_17212230.jpg
c0198669_17211437.jpg
c0198669_17205780.jpg
c0198669_17205298.jpg

獲物を見つけ捕獲後、道路際で直ぐ近くまでやって来た
c0198669_17202041.jpg
c0198669_17201453.jpg
c0198669_17200736.jpg
c0198669_17195270.jpg

Nikon ED82 / 50WDS / Sony NEX-6 / Nikon 24F2.8S

by doi_masanori | 2017-10-28 00:01 | スズメ目/ツグミ科

ノビタキ 田園の秋-2

刈り入れが既に終わった田んぼも所々に見られるが、未だ多くの田んぼは黄金色に染まっている。稲の成長と共に畔
や草むらの草やススキも順調?に育っている。周辺で生活している鳥達にとっては、この成長した草やススキは日々
暮らしの足場となっていて欠かせないものに思える。「ノビタキ」もこの草やススキ止まって、餌探しをしたり休憩
をしたりしている。
c0198669_18142103.jpg
c0198669_18141336.jpg
c0198669_18140196.jpg
c0198669_18135053.jpg
c0198669_18085285.jpg
c0198669_18084688.jpg
c0198669_18084030.jpg
c0198669_18083499.jpg
c0198669_18081312.jpg
c0198669_18080804.jpg
c0198669_18075854.jpg
c0198669_18075289.jpg
c0198669_18074098.jpg
c0198669_18073228.jpg
c0198669_18072485.jpg
c0198669_18071867.jpg

Nikon ED82 / 50WDS / Nikon CP P340

by doi_masanori | 2017-10-17 00:01 | スズメ目/ツグミ科

ノビタキ 田園の秋

田園一帯は黄金色に染まって収穫を待っている。畦道や手入れの行き届かない田んぼにはススキがあちこちで伸びて
一増秋の気配が感じられる。ススキの中を獲物を捜して飛び交っている「ノビタキ」も細いススキに止まって一休み
している。田園の秋の一コマ。
c0198669_13435043.jpg
c0198669_13432716.jpg
c0198669_13431271.jpg
c0198669_13425976.jpg
c0198669_13425374.jpg
c0198669_13424268.jpg
c0198669_13423469.jpg
c0198669_13412219.jpg
c0198669_13411684.jpg
c0198669_13410616.jpg
c0198669_13410000.jpg
c0198669_13405477.jpg
c0198669_13403872.jpg
c0198669_13402811.jpg
c0198669_13401585.jpg

Nikon ED82 / 50WDS / Nikon CP P340

by doi_masanori | 2017-10-15 00:01 | スズメ目/ツグミ科

ノビタキ 草むらが好き

畦道に生える比較的背の高い草は「ノビタキ」が止まるには都合の良い高さなのかも知れない。この位置から下の方
にいる獲物を狙っている。何と言っても草むらは「ノビタキ」にとっては獲物の宝庫に成っている。
c0198669_16384599.jpg
c0198669_16383955.jpg
c0198669_16383292.jpg
c0198669_16382668.jpg
c0198669_16382059.jpg
c0198669_16381361.jpg
c0198669_16380879.jpg
c0198669_16380137.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2017-09-25 00:01 | スズメ目/ツグミ科

ノビタキ もう来ていたとは

久し振りに田園の様子が気になり出かけてみた。(9/15)稲穂の実りも順調の様で、田園の色も徐々に色づき始
めている。例年では彼岸の中日ごろ来ているが、それでも「ノビタキ」に会う事は無かった。今年の「秋ノビ」の渡
りは少し早い様にも思われる。これからの田園は暫くの間は「ノビタキ」の舞台となるだろう。
c0198669_16030827.jpg
c0198669_16030010.jpg
c0198669_16025482.jpg
c0198669_16024473.jpg
c0198669_16023773.jpg
c0198669_16023051.jpg
c0198669_16021412.jpg
c0198669_16020645.jpg
c0198669_16020066.jpg
c0198669_16015476.jpg
c0198669_16014947.jpg
c0198669_16014160.jpg
c0198669_16013338.jpg
c0198669_16012489.jpg
c0198669_16011870.jpg
c0198669_16011284.jpg
c0198669_16010505.jpg
c0198669_16005938.jpg
c0198669_16005293.jpg
c0198669_16004519.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2017-09-20 00:01 | スズメ目/ツグミ科

ノビタキの素顔-6

背高の草に止まって辺りを入念な眼差しで見回して獲物を探している「ノビタキ」。獲物を見つけるとすぐ
さま飛出して、嘴で咥えて捕まえ元の草の上に戻って来る。こうした動作を繰り返して獲物を捕っている。
彼らはかなり高い確率で、草の上から狙って獲物を確保している。
c0198669_16471457.jpg
c0198669_16472185.jpg
c0198669_16474036.jpg
c0198669_16472993.jpg
c0198669_16475920.jpg
c0198669_16470322.jpg
c0198669_16465659.jpg
c0198669_16464124.jpg
c0198669_16462767.jpg
c0198669_16462027.jpg
c0198669_16461471.jpg
c0198669_16455833.jpg
c0198669_16455086.jpg
c0198669_16454275.jpg
c0198669_16453383.jpg
c0198669_16452285.jpg
c0198669_16451307.jpg
c0198669_16450486.jpg
c0198669_16444099.jpg
c0198669_16443143.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2016-10-31 00:01 | スズメ目/ツグミ科

ノビタキの素顔-5

田園の「ノビタキ」は、周りの茂った低草よりひときわ高い枯草の先っぽ等に、好んで止まることが多い。
この様な先端は折れ曲がってはいるが細い所でも、茎を足で掴んで普通の顔して止まっている。
改めて野鳥の体重の軽さには驚かされる。この位置のどんな体制からでも獲物を捕らえることが出来る。
c0198669_17375667.jpg
c0198669_17374799.jpg
c0198669_17373716.jpg
c0198669_17372788.jpg
c0198669_17371003.jpg
c0198669_17370132.jpg
c0198669_17364963.jpg
c0198669_17363512.jpg
c0198669_17362014.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2016-10-26 00:01 | スズメ目/ツグミ科

ノビタキの素顔-4

鉄パイプの杭に止まっては周囲の様子を窺って獲物を探している「ノビタキ」。獲物を見つけると素早く飛
び降りて、かなり高い確率で仕留めている。どんな場所にいても、こうした行動の繰り返しで彼らは、獲物
を確保して生きている。
c0198669_21245332.jpg
c0198669_21244467.jpg
c0198669_21243519.jpg
c0198669_21241717.jpg
c0198669_21235776.jpg
c0198669_21233659.jpg
c0198669_21232713.jpg
c0198669_21231536.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2016-10-23 00:01 | スズメ目/ツグミ科