野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

タグ:トウカイコモウセンゴケ ( 2 ) タグの人気記事

初秋の湿原

湿原を通り抜ける風にも何処となく季節の移ろいを感じる。暑いさ中、つい先日まで咲いていた湿原の
女王「サギソウ」に代わって、所々に白いジュウタンで覆われた様な「シラタマホシクサ」が見られる様
になった。これから暫くは、この「シラタマホシクサ」を楽しむことが出来る。

やや強い風の中「シラタマホシクサ」が激しく揺れていた
c0198669_21064010.jpg
c0198669_21063265.jpg
c0198669_21062698.jpg
c0198669_21060909.jpg

「金平糖」の様な形も見られる(中央)
c0198669_21055942.jpg

「サワシロギク」
c0198669_21054297.jpg
c0198669_21053164.jpg
c0198669_21052215.jpg
c0198669_21051313.jpg
c0198669_21050520.jpg

「トウカイコモウセンゴケ」
c0198669_21033627.jpg
c0198669_21033184.jpg
c0198669_21032586.jpg
c0198669_21031915.jpg
c0198669_21031231.jpg
c0198669_21025377.jpg
c0198669_21024684.jpg
c0198669_21023112.jpg
c0198669_20583262.jpg
c0198669_20582269.jpg

Lumix DMC-LX100

by doi_masanori | 2016-09-02 21:07 | 葦毛湿原

ナガバノイシモチソウ(食虫植物)

豊橋市の天然記念物に指定されている「ナガバノイシモチソウ」の観察会(8月23日)に参加した。「ナガ
バノイシモチソウ」はレッドデーターブックで絶滅危惧ⅠB類とされ、絶滅が心配されているとのこと。全国
で自生しているのは、群馬、千葉、愛知、宮崎の四県六ヶ所だけでその内、愛知は豊橋、豊明、武豊の三ヶ所
花の色は白とピンクが有るが希少のピンクが見られるのは六ケ所中、豊橋と豊明の二ヶ所だけ。豊橋での場所
は、「幸公園」長三池の北東側の林の中に有る。数年前に一度参加した時は雑草生い茂る中に幾つかのピンク
の花を見ることが出来た。然し、今回来てみると、周囲の木や茂った草などが取り除かれてスッキリ一変して
いた。「ナガバノイシモチソウ」以外の食虫植物なども見ることが出来た。               

「ナガバノイシモチソウ」
c0198669_22305687.jpg
c0198669_22304170.jpg
c0198669_22303110.jpg

ヒメオトギリ
c0198669_22301762.jpg

「ナガバノイシモチソウ」の腺毛から出る粘液の珠
c0198669_22300634.jpg

「トウカイコモウセンゴケ」
c0198669_22294344.jpg
c0198669_22290267.jpg
c0198669_22282783.jpg
c0198669_22280438.jpg
c0198669_22274692.jpg
c0198669_22273814.jpg
c0198669_22272336.jpg
c0198669_22270783.jpg

「ヘクソガズラ」
c0198669_22263818.jpg
c0198669_22262264.jpg
c0198669_22260794.jpg
c0198669_22255086.jpg

「オトギリソウ」
c0198669_22252029.jpg
c0198669_22250591.jpg
c0198669_22244803.jpg

「ヒナノカンザシ」
c0198669_22243967.jpg
c0198669_22243169.jpg

Borg 36ED / Lumix DMC-GX7

by doi_masanori | 2015-08-26 00:01 | 夏の花