野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

タグ:アオバト ( 45 ) タグの人気記事

アオバトの群れ飛翔

最近迄忘れかけていた「アオバト」のことを想い出し一年ぶりに浜名湖のフィールドに出向いた。このフィールドは
今の時期、晴天の日中は長居の出来ない過酷なフィールドであることは十分承知していたので、早朝にやって来た。
現地について湖面の岸を見て”しまった”と思った。と言うのも、ここは湖とは言え比較的近くが海と繋がっているの
で潮の満ち干が有ることをすっかり忘れていた。何と湖面は満潮の状態で岸辺の岩場はすっかり水に浸かっていた。
こんな状態では岸辺に降りて水を飲むことが出来ない。だから水を飲みに来る機会は少なくなる。然し、どうしても
水が欲しくなれば、水上真近で尾羽を水に着けて羽ばたきながら水を飲む事があるので、それを期待して待つことに
したが、そのチャンスはなかった。結局は彼らの飛翔の姿しか撮る事が出来なかった。

水が飲みたくなると水場の様子を見にやって来る
c0198669_15155098.jpg
c0198669_15153807.jpg
c0198669_15152935.jpg

ここで水をのもうか!飲むまいか!迷っている
c0198669_15152212.jpg

うろうろ
c0198669_15151717.jpg

うろうろ
c0198669_15150854.jpg

どうしよう どうしよう
c0198669_15145662.jpg

水飲みは諦めて戻って行った
c0198669_15144973.jpg
c0198669_15144365.jpg
c0198669_15143835.jpg
c0198669_15143149.jpg
c0198669_15142568.jpg
c0198669_15140431.jpg
c0198669_15135756.jpg
c0198669_15134789.jpg
c0198669_15134112.jpg
c0198669_15133594.jpg
c0198669_15132209.jpg

彼等の飛翔範囲はかなり広く遠くまで飛翔している
c0198669_15131413.jpg
c0198669_15130604.jpg
c0198669_15125741.jpg
c0198669_15124955.jpg
c0198669_15124159.jpg
c0198669_15123562.jpg
c0198669_15122793.jpg
c0198669_15121855.jpg

群れで何度か湖面上にやって来るがなかなか水が飲めない 何とかしてやりたいが・・・
c0198669_15115341.jpg
Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-70

by doi_masanori | 2017-07-23 00:01 | ハト目/ハト科

アオバトの眼

「アオバト」近くで見ると真の綺麗な色をしている。額・喉部から胸にかけての黄色、頭部から背中に
かけて黄色から緑灰色に変化するグラデーション、それにコバルトブルーの嘴、そして、特徴のある眼。
「アオバト」の眼がこんなになっているとは気が付かなかった。真ん中の瞳孔は普通だが、その外回りの
虹彩が、内側は青で外側は赤の2色になっているのに驚いた、綺麗だ。その外回りに黒い眼瞼輪があり
一番外回りはひだ状でコバルトブルーのアイリングが有る。これは自分にとっての新しい発見で有った。
c0198669_17130885.jpg
   
c0198669_17130291.jpg
c0198669_17125548.jpg
c0198669_17124557.jpg
c0198669_17123424.jpg
c0198669_17122840.jpg

Borg 45EDⅡ / Nikon 1V2

by doi_masanori | 2016-08-21 00:01 | ハト目/ハト科

アオバトの飛翔

久しぶりのフィールドに来てみた。此処の常連さんたちの話では、例年に比べて数は少ないとのこと。
しかしこの日は早朝から4・50羽の群れが4回位水飲みにやって来た。良い時に来れた、と運に感謝。
c0198669_18363905.jpg
c0198669_18343669.jpg
c0198669_18343011.jpg
c0198669_18342451.jpg
c0198669_18340625.jpg
c0198669_18335392.jpg
c0198669_18334287.jpg
c0198669_18333671.jpg
c0198669_18333177.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2016-07-10 00:01 | ハト目/ハト科

アオバト 何時まで居てくれるか

どんぐり好きの「アオバト」達は、どんぐりが残っているこのフィールドには定期的に来ている様だ。
土手にはまだまだ有る様だから当分は通って来るものと思われるが、果たして、塩分補給で海岸付近
へ移動するまでいるだろうか?。その頃迄、どんぐりは持たないと思うが?・・・。
c0198669_21135807.jpg
c0198669_21135356.jpg
c0198669_21134874.jpg
c0198669_21134210.jpg
c0198669_21133676.jpg
c0198669_21133106.jpg
c0198669_21132411.jpg
c0198669_21131609.jpg
c0198669_21130880.jpg
c0198669_21125878.jpg
c0198669_21124986.jpg
c0198669_21124238.jpg
c0198669_21123286.jpg
c0198669_21121424.jpg
c0198669_21115876.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2016-03-18 00:01 | ハト目/ハト科

どんぐりを頬張るアオバト

警戒心の強い「アオバト」たちも、好物のどんぐりが食べられるとなれば、少しは危険を冒してでも
近くに人の気配のする餌場に降りてくる。彼らのどんぐりの食べ方は見ごたえがある。どんぐりを食
べるところを見て気づいたことは、「アオバト」には比較的長い舌が有って、横に銜えたどんぐりの
下から舌を出して口の奥に引き込んで飲み込んでいる。この長い舌が有るおかげで水を飲む時に水を
すくって嘴を上に向ける必要がないことが分かった。海水を飲む時も下を向いたまま飲んでいる。
c0198669_21170664.jpg
c0198669_21170134.jpg
c0198669_21165503.jpg

どんぐりの実の先端は尖っているのに、こんな風に銜えて頬っぺたに傷がついて痛いだろうに・・・
c0198669_21164929.jpg

どんぐりの下側から長ーい舌が・・・
c0198669_21164362.jpg

舌で巻き込んで一気飲み?!?
c0198669_21163547.jpg
c0198669_21163093.jpg
c0198669_21162578.jpg

c0198669_21161744.jpg
c0198669_21161151.jpg
c0198669_21160552.jpg
c0198669_21155915.jpg
Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-5

by doi_masanori | 2016-03-10 00:01 | ハト目/ハト科

アオバト 冬場の生活

今まで「アオバト」は春から秋にかけては海岸などで海水を飲むため群れで行動していることしか
知らなかった。改めて図鑑などで調べてみると、北海道では「夏鳥」、九州以南では「冬鳥」、そして
てそれ以外では「留鳥」または「漂鳥」となっている。豊橋地方では「漂鳥」と思われる。と言うのも
今まで冬場に「アオバト」を見たことがなかったからだ。しかし「留鳥」と言うことになると、ひょっ
として彼らは人知れず、冬の期間は近くの森や林で木の実を食べていたかもしれないと思ってしまった。
公園の林の中へ定期的に「どんぐり」を食べに来る「アオバト」達がいたので、つい考えたしまった。

♂が木から降りてきて周りの安全を確かめている
c0198669_16361294.jpg
c0198669_16360561.jpg

長居は無用とばかり急いで丸呑みを始める
c0198669_16355497.jpg
c0198669_16354323.jpg
c0198669_16353335.jpg
c0198669_16352751.jpg
c0198669_16351921.jpg
c0198669_16350075.jpg

♀も食事に夢中
c0198669_16345441.jpg
c0198669_16344758.jpg
c0198669_16343948.jpg
c0198669_16343286.jpg

下の食事場所に降りる前に木の上で暫くは下の様子を窺っている
c0198669_16342290.jpg
c0198669_16341530.jpg

by doi_masanori | 2016-03-01 00:01 | ハト目/ハト科

アオバト 磯の岩場で

此処の岩場にやって来る「アオバト」は岩場の隙間に侵入して来た海水を飲んだり、波しぶきと共に
打ち上げられ岩の凹みに溜まった海水を目当てに飲みに来る。
c0198669_22080834.jpg
c0198669_22010760.jpg
c0198669_22012452.jpg
c0198669_22000501.jpg
c0198669_21585513.jpg
c0198669_21571150.jpg
c0198669_21534605.jpg
c0198669_21532577.jpg
c0198669_21530330.jpg
Borg 71FL x1.4DG / Sony NEX-6

by doi_masanori | 2015-08-04 00:01 | スズメ目/アトリ科

アオバト 繰り返し水を飲みに

「アオバト」は初夏から秋には塩分をとるために海岸にやって来て海水を飲む。「アオバト」以外の他の
「ハト」は海水を飲むことは無いので「アオバト」は、まとまった塩分を必要とする消化構造のようだ。
食べ物は地上に下りて採食することはないので、殆ど木の上で木の実や新芽を食べている。
c0198669_23275755.jpg
c0198669_23274750.jpg
c0198669_23273749.jpg
c0198669_23272975.jpg
c0198669_23272567.jpg
c0198669_23271995.jpg
c0198669_23271475.jpg
c0198669_23270998.jpg
c0198669_23265714.jpg
c0198669_23264789.jpg
c0198669_23264258.jpg
c0198669_23263535.jpg
c0198669_23262971.jpg
c0198669_23261933.jpg
c0198669_23260282.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Pentax K-50



by doi_masanori | 2015-07-24 00:01 | ハト目/ハト科

アオバト 飛翔と木止り

フィールド内を巡回飛翔している「アオバト」達は大きな群れであれ、小さな群れであれ、何れにしても
水飲み場の様子を見に来て、チャンスであれば下りて水を飲む。また危険と判断すれば引き返すか近
くの木に止まって様子を見ながらチャンスを窺っている事もある。
c0198669_22235836.jpg
c0198669_22234709.jpg
c0198669_22234276.jpg
c0198669_22233476.jpg
c0198669_22232828.jpg
c0198669_22232222.jpg
c0198669_22231470.jpg
c0198669_22230401.jpg
c0198669_22225526.jpg
c0198669_22253655.jpg
c0198669_22224777.jpg
c0198669_22224159.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Pentax K-50

by doi_masanori | 2015-07-22 00:01 | ハト目/ハト科

アオバト 水を飲みに

ふと!思い出して、「アオバト」の様子を見に行ってきた。梅雨時でも、また少し位の雨なら日々の暮ら
しのリズムを崩さずに定期的に水を飲みに来る。大きな群れで行動したり、時には群れから分かれて
少数になってしまいながらも水を求めてやって来る。
c0198669_13155828.jpg
c0198669_13155376.jpg
c0198669_13154646.jpg
c0198669_13154007.jpg
c0198669_13153543.jpg
c0198669_13153133.jpg
c0198669_13152612.jpg
c0198669_13152118.jpg
c0198669_13151577.jpg
c0198669_13151175.jpg
c0198669_13150538.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Pentax K-50

by doi_masanori | 2015-07-20 00:07 | ハト目/ハト科