野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

<   2017年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ハマシギのアクロバット飛翔 つづき

秋から冬にかけての越冬期は群れで生活するのが普通だが、勿論それ以外の時でも群れで行動すること
の多い「ハマシギ」は干潟などに降りて採食している時もその数に圧倒される。それに、何と言っても
集団で飛翔している時はその群れに釘付けになってしまう程で、何時まで見ていても飽く事がない。
c0198669_22413323.jpg
c0198669_22412658.jpg
c0198669_22412029.jpg
c0198669_22411312.jpg
c0198669_22410648.jpg
c0198669_22405767.jpg
c0198669_22405123.jpg
c0198669_22404543.jpg
c0198669_22403896.jpg
c0198669_22403113.jpg
c0198669_22402549.jpg
c0198669_22400952.jpg
c0198669_22400344.jpg
c0198669_22395689.jpg
c0198669_22395097.jpg
c0198669_22394372.jpg
c0198669_22392522.jpg
c0198669_22391828.jpg
c0198669_22391021.jpg
c0198669_22390439.jpg
c0198669_22385800.jpg
c0198669_22384818.jpg
c0198669_22384122.jpg
c0198669_22383654.jpg
c0198669_22382701.jpg
c0198669_22382183.jpg
c0198669_22381428.jpg
c0198669_22380860.jpg
c0198669_22380391.jpg
c0198669_22363573.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-70

by doi_masanori | 2017-04-30 00:01 | チドリ目/シギ科

ハマシギのアクロバット飛翔

干潟に降りて沢山の群れで思い思いに採食して十分満たされた「ハマシギ」達は、干潟から場所を変えて、
コンクリートで造られた場所に移動して休憩している。暫く休んでいたが突然、舞い上がり群れで移動を始
めた。彼らは、こうした動作を定期的に行っている。どんなタイミングで飛び出すのか見ていても良く分か
らない。また、彼らが群れで飛んでいて方向転換する時、一糸乱れぬその姿勢には驚いてしまう。頻繁に向
きを変えては飛翔しているので、其の度毎に群れの羽に反射する光の色が変化して何とも綺麗に映る。
c0198669_12455672.jpg
c0198669_12454821.jpg
c0198669_12440916.jpg
c0198669_12434967.jpg
c0198669_12434091.jpg
c0198669_12433336.jpg
c0198669_12431231.jpg
c0198669_12430587.jpg
c0198669_12425975.jpg
c0198669_12425098.jpg
c0198669_12424069.jpg
c0198669_12423394.jpg
c0198669_12422594.jpg
c0198669_12421828.jpg
c0198669_12421088.jpg
c0198669_12420232.jpg
c0198669_12415622.jpg
c0198669_12414836.jpg
c0198669_12405245.jpg
c0198669_12404402.jpg
c0198669_12403699.jpg
c0198669_12403011.jpg
c0198669_12402477.jpg
c0198669_12401771.jpg
c0198669_12401071.jpg
c0198669_12400433.jpg
c0198669_12395186.jpg
c0198669_12394561.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-70

by doi_masanori | 2017-04-29 00:01 | チドリ目/シギ科

クサシギ 春の田んぼで

田植えの季節にはまだ少し早いと思うが、これも地域によってかなりの差がある様だ。この地域は未だ1ヶ
月以上先の事と思われるが、中には少しではあるが水が引かれている田んぼも所々ある。こうした田んぼは
これから繁殖期を迎える野鳥たちにとっても大切な場所となる。
この田んぼに「クサシギ」が1羽飛び込んで来て周りを警戒しながらもリラックスした様子で採食していた。
c0198669_21532032.jpg
c0198669_21531433.jpg
c0198669_21530707.jpg
c0198669_21530073.jpg
c0198669_21524928.jpg
c0198669_21523975.jpg
c0198669_21521502.jpg
c0198669_21520358.jpg
c0198669_21515059.jpg
c0198669_21513231.jpg
c0198669_21512127.jpg
c0198669_21511341.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-70

by doi_masanori | 2017-04-28 00:01 | チドリ目/シギ科

春の干潟

干潟の水際には色んな種類のシギ・チドリが集まって来るので、撮影やウォッチングには絶好の季節となった。
沢山の「ハマシギ」の群れが水際で夢中で採食している。その中で彼らとチョッと色の違う「キョウジョシギ」
それに大きさの違う「ダイゼン」が一緒になって採食している。

大きさで分かる「ダイゼン」
c0198669_16055538.jpg

殆んど夏羽に変わっている「ハマシギ」
c0198669_16060095.jpg
c0198669_16061550.jpg

c0198669_16061072.jpg
c0198669_16055077.jpg

突然、一斉に飛び出す
c0198669_16054028.jpg

羽色が違うのですぐ分かる「キョウジョシギ」
c0198669_16053105.jpg
c0198669_16052170.jpg
c0198669_16051637.jpg
c0198669_16050967.jpg
c0198669_16050406.jpg

「キョウジョシギ」と「ダイゼン」
c0198669_16044734.jpg
c0198669_16044005.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-70

by doi_masanori | 2017-04-27 00:01 | チドリ目/シギ科

上中しだれ桃 つづき

ここ、上中の枝垂れ桃の散策路は入り口の一部は別として、自動車の乗り入れが出来なくなっているので、
山あいに咲き乱れている枝垂れ桃を見ながら安心してのんびり散策出来る。枝垂れ桃は咲いている場所と
時間帯により色合いや見え方が違う。ここからは、帰りの時間帯なので光の当たり方が違っているので、
往路で見た景色も違って見える。
c0198669_18540139.jpg
c0198669_18535109.jpg
c0198669_18534401.jpg
c0198669_18533596.jpg
c0198669_18532779.jpg
c0198669_18531772.jpg
c0198669_18530526.jpg
c0198669_18525771.jpg
c0198669_18524929.jpg
c0198669_18524181.jpg
c0198669_18523251.jpg
c0198669_18522029.jpg
c0198669_18521092.jpg
c0198669_18520026.jpg
c0198669_18515415.jpg
c0198669_18503561.jpg
c0198669_18502788.jpg
c0198669_18502088.jpg
c0198669_18501383.jpg
c0198669_18500787.jpg
c0198669_18500084.jpg
c0198669_18490499.jpg
c0198669_18485520.jpg
c0198669_18484312.jpg
c0198669_18482900.jpg
c0198669_18480913.jpg
c0198669_18480338.jpg

Fujifilm X-T10 / XF18-55F2.8-4

by doi_masanori | 2017-04-26 00:01 | 枝垂れ桃の里

上中しだれ桃

豊田市の山あいの桃源郷に今年も出かけた。昨年初めて訪れ感動して帰った記憶があり、今年もどうして
も見たいと思っていた。初回も二度目の今年も満開で見ごろの枝垂れ桃を見ることが出来、再度感動した。
年々訪れる人の数が増えていると言うことを聞いている。今年は昨年に比べて木も成長したせいか桃の花
も少し多くなった様にも感じた。
c0198669_21365220.jpg
c0198669_21363352.jpg
c0198669_21362773.jpg
c0198669_21362130.jpg
c0198669_21360381.jpg
c0198669_21355781.jpg
c0198669_21354320.jpg
c0198669_21353538.jpg
c0198669_21352699.jpg
c0198669_21351222.jpg
c0198669_21334360.jpg
c0198669_21333163.jpg
c0198669_21332292.jpg
c0198669_21331184.jpg
c0198669_21330328.jpg
c0198669_21325555.jpg
c0198669_21324806.jpg
c0198669_21314456.jpg
c0198669_21313215.jpg
c0198669_21311987.jpg
c0198669_21311219.jpg
c0198669_21300643.jpg
c0198669_21294995.jpg
c0198669_21292566.jpg
c0198669_21291653.jpg
c0198669_21290686.jpg
c0198669_21283801.jpg
c0198669_21282677.jpg
c0198669_21281821.jpg
c0198669_21281218.jpg

Fujifilm X-T10 / XF18-55F2.8-4

by doi_masanori | 2017-04-25 00:01 | 枝垂れ桃の里

今咲いている花

今は何処も春の花が真っ盛り、我が家の庭にも沢山の花が咲いている。バラ、フリージア、ダッチアイルス、サク
ラソウ、カーネーション、シクラメン、ビオラ、ゼラニウム、リビングストンデージー、マツバボタン、ストック、
フクロナデシコ、ペリドット・・・等々の花が色とりどりに咲いている。ここではこの他3種類の花を紹介します。

ミヤマオダマキ
c0198669_21474266.jpg
c0198669_21473492.jpg
c0198669_21472895.jpg
c0198669_21472270.jpg
c0198669_21471653.jpg

ガザニア
c0198669_21465867.jpg
c0198669_21465248.jpg

クンシラン
c0198669_21464536.jpg
c0198669_21463905.jpg
c0198669_21463304.jpg

Nikon AF 24-85F2.8-4D / Olympus OM-D E-M10

by doi_masanori | 2017-04-24 00:01 | 家に咲く花

富士山と浅間神社

富士山と関わりの深い浅間神社は全国に1300社あると言われている。富士山の裾野周辺にも数多くの浅
間神社が存在しているが、その中で富士宮市にある富士山本宮浅間大社は全国の浅間神社の総本社で世界文
化遺産に登録されている。富士山は800年頃の延暦噴火や864年の貞観噴火などの火山活動が活性化し
全国に浅間信仰が広まり、活性化した富士山を鎮めるために、木花咲耶姫命(このはなのさくやひめのみこ
と)別名、浅間大神(あさまのおおかみ)を祀った浅間神社となり、明治時代には「富士山本宮浅間神社」
が正式名だった。1982年(S57年)から現在の正式名「富士山本宮浅間大社」となった。
もう一つの村山浅間神社は富士山村山登山道の要所にあり、木花開耶姫を主祭神として祀っている浅間神社
で世界文化遺産に登録されている。ここでは毎年7月1日富士山開山式の神事が行われる。
県指定の天然記念物のイチョウと大杉も見られる。

頂上から下は常に雲がかかっていて曇りがちで見えなかった富士山が唯一この時だけ雲がとれ全景が見えた
c0198669_16051029.jpg
c0198669_16045604.jpg

富士山本宮浅間大社の参道から桜の馬場辺りに来た時、突然強い風が吹き始め満開の桜が花吹雪となった
c0198669_16043788.jpg

流鏑馬(やぶさめ)の像
c0198669_16042762.jpg

水面を覆う桜の花びら
c0198669_16041858.jpg

桜門
c0198669_16040964.jpg

桜門 この門の前の左右に長い広場で流鏑馬が行われていた
c0198669_16040494.jpg

桜門から拝殿と奥の本殿が見える
c0198669_16025696.jpg

火山弾と南極の石
c0198669_16013381.jpg

拝殿
c0198669_16012112.jpg

浅間造の本殿と手前の信玄桜
c0198669_16011345.jpg

湧玉池(特別天然記念物)境内に湧出する富士山からの湧水により出来ている池
c0198669_16010213.jpg
c0198669_16005576.jpg

浅間大社の駐車場付近から綺麗に見えるはずの富士山 今日は雄姿が見えない
c0198669_16002579.jpg

村山浅間神社
c0198669_15582774.jpg

村山浅間神社のイチョウ(県指定天然記念物)
c0198669_15581003.jpg
c0198669_15561756.jpg
c0198669_15482045.jpg
c0198669_15561007.jpg
c0198669_15480644.jpg
c0198669_15463194.jpg

c0198669_15462422.jpg
c0198669_15461310.jpg

村山浅間神社の大スギ(県指定天然記念物)
c0198669_15444486.jpg
c0198669_15443631.jpg

頂上は見えないが富士山のそれなりの姿が見えた(帰りに立ち寄った富士川SAから)
c0198669_15404516.jpg
c0198669_15403942.jpg
c0198669_15402339.jpg

Fujifilm X-T10 / XF18-55F2.8-4

by doi_masanori | 2017-04-23 00:01 | 神社仏閣

花公園の珍しい花

この花公園では世界の珍しい花が期間限定で展示されることがある。今回の花はヨルダンの国花に指定され
ている「ブラックアイリス」。この花はほんの短期間の展示しか出来ないらしく、この画像は最終日の展示
のものだった。もう一つ珍しい花は「ブルーポピー」で、こちらはヒマラヤ原産。実はこの花は2014年
の「フラワーパーク花博」の時に「ヒマラヤの青いケシ」と銘打って展示されたもの。

「ブラックアイリス」 
鉢植えが透明のアクリルケースに納められ、休憩エリアのフロアに展示されている
c0198669_21281360.jpg
c0198669_21274502.jpg
c0198669_21272775.jpg
c0198669_21265535.jpg
c0198669_21264425.jpg
c0198669_21262407.jpg
c0198669_21261724.jpg
Fujifilm X-T10 / XF18-55F2.8-4

ヒマラヤの青いケシ 「ブルーポピー」
「ブルーポピー」の背景は高度4000m付近の生育場所の写真が背景になっている 岩石は写真ではなく造り物
c0198669_21243901.jpg
c0198669_21243347.jpg
Nikon 1V2 / 11-27.5F3.5-5.6

c0198669_21242639.jpg
c0198669_21241174.jpg
c0198669_21240409.jpg
c0198669_21234296.jpg
c0198669_21233307.jpg
c0198669_21232163.jpg
Olympus XZ2

by doi_masanori | 2017-04-22 00:01 | フラワーパーク

花公園の花いろいろ

園内では「桜」や「チューリップ」が呼び物の中心になっているが、他にも見るものは沢山ある。屋外で自生
しているものや育てられているもの、また屋内で育てられているもの等色々。

ヤマブキ
c0198669_18501057.jpg
c0198669_18501702.jpg

ミツバツツジ
c0198669_18500072.jpg
c0198669_18495044.jpg

スイセン
c0198669_18492822.jpg
c0198669_18491882.jpg

バラ
c0198669_18485426.jpg
c0198669_18484656.jpg

この時期に アジサイ
c0198669_18481673.jpg

バラ
c0198669_18474986.jpg

オオベニゴウカン
c0198669_18470795.jpg
c0198669_18465927.jpg
c0198669_18465380.jpg
c0198669_18464799.jpg

ラッパバナ
c0198669_18463863.jpg
c0198669_18463249.jpg
c0198669_18461112.jpg
c0198669_18460534.jpg
c0198669_18455869.jpg
c0198669_18455336.jpg

ツバキ
c0198669_18452549.jpg

紅唐子 ツバキ
c0198669_18451895.jpg
c0198669_18450746.jpg

ミズバショウ
c0198669_18434476.jpg

シャクナゲ
c0198669_18433752.jpg
c0198669_18433103.jpg

花ではないが すほうちく
節を境に模様が変わっている?
c0198669_18424957.jpg
c0198669_18424311.jpg
c0198669_18423744.jpg

Fujifilm X-T10 / XF18-55F2.8-4

by doi_masanori | 2017-04-21 00:01 | フラワーパーク