野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

<   2013年 09月 ( 46 )   > この月の画像一覧

森のヤマガラ >>>

朝晩は秋を感じる心地よい涼しさになった。森の中に入ると何処となく秋色感じる。そんな中で忙しそうに動き回る「ヤマガラ」を見つけた。
c0198669_15201545.jpg
c0198669_15202175.jpg
c0198669_15203156.jpg
c0198669_15203850.jpg
c0198669_15204633.jpg
c0198669_15205357.jpg
c0198669_1521075.jpg
c0198669_1521892.jpg
c0198669_15211363.jpg
c0198669_15212517.jpg
c0198669_15213439.jpg
c0198669_15214032.jpg
c0198669_15214693.jpg

Borg 71FL / Nikon 1V2
by doi_masanori | 2013-09-30 00:01 | スズメ目/シジュウカラ科

遠い遠い球状星団M22

いて座で目立つ南斗六星の柄杓の柄、その直ぐ上にある球状星団がM22。この星団は地球からとてつもなく遠い(10400光年)ところで輝いている。
星の明るさとしては5.1等級、肉眼では暗いところで見れば何とか確認できる程度の暗い星。しかし、この星団の大きさは直径で約110光年とこれも驚き!
c0198669_15151591.jpg

Kasai BLANCA-110ED / Pentax K5 / Vixen GP2+DD-3
by doi_masanori | 2013-09-30 00:00 | 天体

秋ノビの季節 -3

田園の農道で背丈の高い草が茂っているところで、草の天辺で「ノビタキ」を見ることがある。地上近くの草むらに潜む虫を上から探していてる。
c0198669_1726063.jpg
c0198669_1726980.jpg
c0198669_17261477.jpg
c0198669_17261973.jpg
c0198669_17262515.jpg
c0198669_17262966.jpg
c0198669_17263583.jpg
c0198669_17263934.jpg
c0198669_17264455.jpg
c0198669_17265086.jpg
c0198669_1726563.jpg
c0198669_1727111.jpg

Borg 71FL / Nikon 1V2
by doi_masanori | 2013-09-29 00:01 | スズメ目/ツグミ科

見張りのモズ >>>

自分の縄張りの中にあるこの木の上は、見通しがよいので定期的にやって来て、ライバルの侵入を監視している。
c0198669_173563.jpg
c0198669_1731072.jpg
c0198669_1731569.jpg
c0198669_1731914.jpg
c0198669_1732492.jpg
c0198669_1732995.jpg
c0198669_173332.jpg
c0198669_1733880.jpg

Borg 71FL / Nikon 1V2
by doi_masanori | 2013-09-28 00:01 | スズメ目/モズ科

この時期のM42

今の時期でも深夜0時を過ぎれば、東から冬の星座、オリオン座が昇ってくる。オリオンのベルト(三ツ星)の右側に位置する「M42/M43」オリオン大星雲を見ることが出来る。
c0198669_16591962.jpg

Kasai BLANCA-110ED / Pentax K5 / Vixen GP2+DD-3
by doi_masanori | 2013-09-28 00:00 | 天体

サギは庭木の天辺が好き

この辺の一角に、綺麗に刈り込まれた背の高い庭木が何本か植わっている。この辺りに住むサギ達はこの庭木の天辺がお気に入りとみえ、入れ代わり立ち代りやって来る。
餌を捕るときは周りの田んぼに降りているが、休憩の時は高くて見通しのよい木の上が安心なのだろう。
c0198669_168035.jpg
c0198669_168544.jpg
c0198669_1681065.jpg
c0198669_1681563.jpg
c0198669_1682135.jpg
c0198669_1682619.jpg
c0198669_1683248.jpg
c0198669_1683726.jpg

Borg 71FL / Nikon 1V2
by doi_masanori | 2013-09-27 00:01 | コウノトリ目/サギ科

朝の月

真っ青な朝の空にとけこみそうな二十日の月が顔を出していた。
9月26日7時30分の月 二十日月 月齢20.5
c0198669_1643058.jpg

Borg 71FL / Nikon 1V2
by doi_masanori | 2013-09-27 00:00 | 天体

秋ノビの季節 -2 >>>

「ノビタキ」は比較的背丈の高い草などに止まって獲物の虫などを探していて、獲物が見つかると直ぐ捕らえに行く。高いところ所の方が見付けるには有利と言うことか?。
c0198669_2295879.jpg
c0198669_2210428.jpg
c0198669_2210973.jpg
c0198669_221016100.jpg
c0198669_22102922.jpg
c0198669_22102320.jpg
c0198669_22103546.jpg

Borg 71FL / Nikon 1V2
by doi_masanori | 2013-09-26 00:01 | スズメ目/ツグミ科

宵の明星は今欠けている

”明けの明星”、”宵の明星”で知られている金星は地球に一番近い惑星で、見かけが大きいことと、表面の反射率が高い(太陽光の78%を反射)ことで、地球から見ると
最も明るい惑星であり、一番明るく輝く時で-4.7等級と超明るい星です。今、西の空で”宵の明星”として、その明るさが実感できる時です。
金星は地球に対して、半径が0.95倍、重さが0.82倍で、太陽の周りを225日で1周しているので、平均で584日毎に地球と会合している。
金星の軌道で太陽と地球の間を通過する側の半円軌道で、太陽と地球の間に来た時を内合と言い、太陽の光を遮るので見えない状態(月で言う新月)、又太陽の向こう側を
周る半円軌道で太陽の真後ろに来た時を外合と言い金星が丸く見える状態(月の満月)で、今の金星は東側が欠けているので、東寄りの外合軌道を移動していることになる。

自作のパーティノフマスクを使って明るい金星でピント合せを行う  ピントが合うとこんな感じになる 6sec
c0198669_21381077.jpg

明るい金星の周りの光を入れて撮った状態 4sec 左上が少し欠けている 以下4枚等倍切り出し
c0198669_21382033.jpg

画像処理で周りの光を取り除いた状態 4sec 左上の欠けが見やすいが未だ膨らんだ感じがする 
c0198669_21384470.jpg

シャッター速度を上げて周りの光を除いて撮ると同じ焦点距離でも像が小さくなる s1/50 この形が正常で欠けの状態がよく分かる
c0198669_21385220.jpg

さらにシャッター速度を上げると像はもっと小さくなるが形状が不安定になる s1/200 実際にはかなり欠けていることが分かる
c0198669_21385915.jpg

Kasai BLANCA-110ED / Pentax K5
by doi_masanori | 2013-09-26 00:00 | 天体

秋ノビの季節 -1

田園のあちらこちらで「ノビタキ」姿が見られるようになった。これから秋の終わりごろまでの間、撮影出来たときは、ノビタキの素顔を紹介します。
c0198669_001495.jpg
c0198669_002591.jpg
c0198669_003024.jpg
c0198669_003587.jpg
c0198669_005079.jpg
c0198669_005559.jpg
c0198669_01068.jpg
c0198669_01692.jpg

Borg 71FL / Nikon 1V2
by doi_masanori | 2013-09-25 00:02 | スズメ目/ツグミ科