野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

カテゴリ:葦毛湿原( 18 )

ハルリンドウとフモトスミレ

湿原の春は「ハルリンドウ」が真っ盛りで鮮やかなブルーが目に染みる。葦毛湿原は2013年から生物多
様性の保全と健全な生態系の持続を目標として、大規模な植生回復作業が行われている。よって毎年少しづ
づつ湿原内の様相が変わっていることに気付かされる。昨年まではあまり気付かなかったエリアに「ハルリ
ンドウ」が沢山咲いてたりしている。今年はこの湿原では初めての「フモトスミレ」を見ることが出来た。
この白くて小さなスミレは、今までの様に草や低木が生い茂っている状態では、知っていた人はともかく知
らない人は気付くことが無かったと思われる。これも植生回復作業のお陰かも知れない。

「ハルリンドウ」 葦毛湿原春の風物詩
c0198669_18272630.jpg
c0198669_18271339.jpg
c0198669_18270494.jpg
c0198669_18264667.jpg
c0198669_18263954.jpg

「ショウジョウバカマ」も所々で未だ見られる
c0198669_18263218.jpg
c0198669_18262170.jpg
c0198669_18252792.jpg
c0198669_18252185.jpg
c0198669_18251299.jpg
c0198669_18250380.jpg
c0198669_18245748.jpg

「フモトスミレ」 「ハルリンドウ」のすぐ隣で咲いていた1cm足らずの白いスミレ 
c0198669_18241129.jpg
c0198669_18235219.jpg
c0198669_18234446.jpg
c0198669_18233811.jpg
c0198669_18233188.jpg

Borg 36ED / Sony NEX-6

by doi_masanori | 2017-04-09 00:01 | 葦毛湿原

湿原の春

湿原の花「ハルリンドウ」がぼちぼち咲き始めているのではないかと想いつつ湿原に行ってみた。昨年は数
日前位に訪れた時には既に日差しを浴びて綺麗に咲いていた。然しながら、今年は咲いている花は数える程
しかなかった。しかも薄曇りでかつ時々薄日が差す状況の下だったので、十分に開いた花を見る事は出来な
かった。群生する花が見られるのはもう少し先の様だ。もう一つ、この時期の湿原の花として親しまれてい
るのが「ショウジョウバカマ」でこちらは時期相応で濃淡の赤紫の花が所々で精よく咲いていた。

活きよく咲いている「ショウジョウバカマ」
c0198669_21114814.jpg
c0198669_21114158.jpg
c0198669_21105138.jpg

日差し不足もあり今一つの「ハルリンドウ」
c0198669_21104211.jpg
c0198669_21101578.jpg
c0198669_21100477.jpg
c0198669_21095612.jpg
c0198669_21091042.jpg
c0198669_21090026.jpg
c0198669_21085127.jpg
c0198669_21084442.jpg
c0198669_21083783.jpg
c0198669_21080571.jpg
c0198669_21075796.jpg
c0198669_21075161.jpg

湿原の外で見つけた「ホトケノザ」
c0198669_21045070.jpg

同じく「オドリコソウ」
c0198669_21040402.jpg
D.com Digitan Z6 / Nikon CP P340

c0198669_21035128.jpg
c0198669_21034468.jpg
c0198669_21033729.jpg
c0198669_21033096.jpg
c0198669_21032588.jpg
c0198669_21031722.jpg
Borg 36ED / Nikon 1V2

by doi_masanori | 2017-03-27 00:01 | 葦毛湿原

湿原の秋

秋とは言えど、日中の湿原はまだまだ暑い。しかし太陽が雲で遮られ、そこに弱い風でも通り抜けると、
一変して体の汗が心地よく引いてゆくのが分かる。今、此処では「シラタマホシクサ」が人気を独占して
目立っているが、それでも数も少なく目立たない花たちも、精一杯目立とうと努力しているのが分かる。

サワシロギク
c0198669_22571347.jpg

ミズギボウシ
c0198669_22570689.jpg
c0198669_22565722.jpg
c0198669_22565073.jpg
c0198669_22563782.jpg
c0198669_22562781.jpg
c0198669_22561906.jpg
c0198669_22561120.jpg
c0198669_22560529.jpg

イワショウブ
c0198669_22555951.jpg
c0198669_22555043.jpg
c0198669_22553997.jpg
c0198669_22553276.jpg
c0198669_22552339.jpg

ホザキノミミカキグサ
c0198669_22551634.jpg
c0198669_22550425.jpg
c0198669_22545386.jpg
c0198669_22544121.jpg

キセルアザミ
c0198669_22543686.jpg
c0198669_22543167.jpg

Borg 45EDⅡ / Olympus OM-D E-M10

by doi_masanori | 2016-09-08 00:01 | 葦毛湿原

初秋の湿原

湿原を通り抜ける風にも何処となく季節の移ろいを感じる。暑いさ中、つい先日まで咲いていた湿原の
女王「サギソウ」に代わって、所々に白いジュウタンで覆われた様な「シラタマホシクサ」が見られる様
になった。これから暫くは、この「シラタマホシクサ」を楽しむことが出来る。

やや強い風の中「シラタマホシクサ」が激しく揺れていた
c0198669_21064010.jpg
c0198669_21063265.jpg
c0198669_21062698.jpg
c0198669_21060909.jpg

「金平糖」の様な形も見られる(中央)
c0198669_21055942.jpg

「サワシロギク」
c0198669_21054297.jpg
c0198669_21053164.jpg
c0198669_21052215.jpg
c0198669_21051313.jpg
c0198669_21050520.jpg

「トウカイコモウセンゴケ」
c0198669_21033627.jpg
c0198669_21033184.jpg
c0198669_21032586.jpg
c0198669_21031915.jpg
c0198669_21031231.jpg
c0198669_21025377.jpg
c0198669_21024684.jpg
c0198669_21023112.jpg
c0198669_20583262.jpg
c0198669_20582269.jpg

Lumix DMC-LX100

by doi_masanori | 2016-09-02 21:07 | 葦毛湿原

サギソウの季節

真夏の湿原はとにかく暑い。時折通り抜ける風の心地よさに、一時ではあるが暑さを忘れてしまう。
この暑い時期にしか見る事の出来ない貴重な湿原の花を見ていると、その時は暑さを忘れてしまう。
サギソウ、ミズギボウシ、トウカイコモウセンゴケ、ミミカキグサ、ミズギク、ノリウツギなどが咲いていた。

サギソウ
c0198669_21255086.jpg

トウカイコモウセンゴケ
c0198669_21245369.jpg
c0198669_21243293.jpg

ホザキノミミカキグサ
c0198669_21241396.jpg
c0198669_21233384.jpg

ミズギボウシ
c0198669_21231938.jpg
c0198669_00180624.jpg

ミズギク
c0198669_21221606.jpg
c0198669_21220003.jpg

ミミカキグサ
c0198669_21213912.jpg
c0198669_21212415.jpg
c0198669_21202321.jpg
c0198669_21200473.jpg
c0198669_21194185.jpg
c0198669_21192749.jpg
c0198669_21185839.jpg
c0198669_21205024.jpg

ノリウツギ
c0198669_21184576.jpg
c0198669_21183374.jpg

Borg 36ED / Lumix DMC-GX7

by doi_masanori | 2016-08-06 00:01 | 葦毛湿原

ハルリンドウ満開

先回足を運んで以来半月ぶりに「ハルリンドウ」目当てに湿原へ出かけた。特に情報を得た訳でも
ないが、こちらの都合で、頃を見計らって出かけてきたのが、大当たりの様で、日頃殺風景な湿原
が部分的ではあるが「ハルリンドウ」の目の覚めるような”ブルー”で染められていた。
c0198669_22293504.jpg
c0198669_22285156.jpg
c0198669_22283316.jpg
c0198669_22282446.jpg
c0198669_22275061.jpg
c0198669_22273326.jpg
c0198669_22271701.jpg

「ショウジョウバカマ」も所々に咲いている
c0198669_22281010.jpg
c0198669_22270724.jpg
c0198669_22264977.jpg
c0198669_22263302.jpg
c0198669_22255771.jpg
c0198669_22254283.jpg
c0198669_22253102.jpg
c0198669_22251309.jpg
c0198669_22250553.jpg
c0198669_22245418.jpg
c0198669_22244877.jpg
c0198669_22241503.jpg

「タチツボスミレ」 湿原への山道の片隅で咲いていた
c0198669_22300753.jpg
Lumix DMC-LX100

by doi_masanori | 2016-04-07 00:01 | 葦毛湿原

ハルリンドウとショウジョウバカマ

桜の開花が例年より早くなるとの情報がある中、湿原の野草もその情報と同じ傾向と成っている。
晴天の折、久しぶりに山登りで汗をかいた。行きに湿原を通っても気付かなかったが、帰りに開花して
いる「ハルリンドウ」を見つけた。普段この時期は花といえば「ショウジョウバカマ」くらいで他に何
もないところに「ハルリンドウ」で驚いた。今年は早い!!。最盛期頃をみて、もう一度来てみよう。

ハルリンドウ
c0198669_17002139.jpg
c0198669_17001054.jpg
c0198669_16575663.jpg
c0198669_16565426.jpg
c0198669_16563163.jpg

現在の咲き具合 群生して咲くまでには少し時間がかかりそう
c0198669_16560148.jpg
Lumix DMC-LX100

c0198669_16544991.jpg
c0198669_16543496.jpg
c0198669_16542006.jpg
c0198669_16541059.jpg
c0198669_16535528.jpg

ショウジョウバカマ
c0198669_16533981.jpg
c0198669_16533324.jpg
Borg 45EDⅡ / Lumix DMC-GX7

by doi_masanori | 2016-03-19 00:01 | 葦毛湿原

魅惑の花 サギソウ

真夏の湿原は何といっても「サギソウ」で、あちらこちらでに咲いている。”白鷺の舞”の形容にぴったり
魅力的な姿を見せてくれている。暑いさ中ではあるが、この花を見れば暑さは吹き飛んでしまうのでは?
c0198669_16123713.jpg
c0198669_16122840.jpg
c0198669_16122072.jpg
c0198669_16115132.jpg
c0198669_16103497.jpg
c0198669_16101589.jpg
c0198669_16095765.jpg
c0198669_16091467.jpg
c0198669_16073568.jpg
c0198669_16052691.jpg
c0198669_16050800.jpg
c0198669_16033578.jpg
c0198669_16032393.jpg
c0198669_16031536.jpg

Borg 36ED / Olympus OM-D E-M10

by doi_masanori | 2015-08-13 00:01 | 葦毛湿原

夏の湿原の花

真夏の湿原では「ガクアジサイ」の様に咲く同じアジサイ属の「ノリウツギ」の白い花が良く目立って咲い
ている。もう一つ目立っているのが「サギソウ」で密集したり、点在したりして咲いている。それ以外は、
沢山咲いていても目立たない小さな花が多い。「ミミカキグサ」「モウセンゴケ」等々で結構にぎやかだ。

ノリウツギ
c0198669_21543298.jpg

ホザキノミミカキグサ
c0198669_21542249.jpg

モウセンゴケの花
c0198669_21535286.jpg

ミミカキグサ
c0198669_21533018.jpg
c0198669_21532200.jpg
c0198669_21531014.jpg

シラタマホシクサ
c0198669_21520269.jpg

トウカイモウセンゴケの花
c0198669_21512159.jpg

サギソウ
c0198669_21504311.jpg
c0198669_21503512.jpg
c0198669_21502920.jpg
c0198669_21484872.jpg

ノカンゾウ と思われる
c0198669_21472272.jpg
Borg 36ED / Olympus OM-D E-M10

by doi_masanori | 2015-08-12 00:01 | 葦毛湿原

湿原の春

湿原の春は、早春から「ショウジョウバカマ」が咲き始めるが、この花が終盤を迎える少し前から「ハルリンドウ」が咲き始めて湿原
には本格的な春が訪れる。味気ない湿原に新しい息吹が蘇える。今年は今が盛りで見頃に成っている。同じ様に春を告げる囀りを
聞かせてくれる「ウグイス」も姿は見えないが、早春時から一気に上達した素晴らしい「フルフレーズ」の声が湿原にこだましている。
c0198669_22265744.jpg
c0198669_22264399.jpg
c0198669_22263506.jpg
c0198669_22262191.jpg
c0198669_22261315.jpg
c0198669_22260417.jpg
c0198669_22255873.jpg
c0198669_22254085.jpg
c0198669_22253096.jpg
c0198669_22252574.jpg
c0198669_22251599.jpg
c0198669_22250721.jpg
c0198669_22244155.jpg
c0198669_22243156.jpg
c0198669_22242648.jpg

湿地のあちらこちらの水溜りには沢山の「オタマジャジュシ」が見られる 果たしてどれ位生き残られるだろうか?
c0198669_22241718.jpg

帰り道 ついついレンズを向けてしまう
c0198669_22240694.jpg

そしてクローズアップで撮りたく成ってしまう
c0198669_22235287.jpg

D.com Digitan Z6 / Nikon CP P340

by doi_masanori | 2015-04-11 00:01 | 葦毛湿原