野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

カテゴリ:スズメ目/シジュウカラ科( 84 )

最後にシジュウカラが水浴びに

大きな石の穴に溜まった水場は野鳥達にとても重宝がられている様に思った。然し今回、4羽の野鳥達が順番にやっ
て来て最後に「シジュウカラ」がやって来たが、その後は待っていたが何も来なかった。重宝がられているとは言え
何時でも気軽に来れる場ではない様だ。勇気のある1羽が、水浴びなり水飲みをしていれば、それを見ていて其処へ
行く勇気が出てくるのかも知れない。だから!一気に短時間で順番に・・・と言うことになるのだろうか?。
c0198669_17371241.jpg
c0198669_17365845.jpg
c0198669_17364360.jpg
c0198669_17362801.jpg
c0198669_17361166.jpg
c0198669_17355601.jpg
c0198669_17354579.jpg
c0198669_17351163.jpg
c0198669_17342346.jpg
c0198669_17332435.jpg
c0198669_17331441.jpg
c0198669_17322358.jpg
c0198669_17311151.jpg
c0198669_17305560.jpg
c0198669_17310306.jpg

Nikon ED82 / D.com 30WFA / Sony NEX-6 / Sigma 30F2.8

by doi_masanori | 2017-12-05 00:01 | スズメ目/シジュウカラ科

水浴びにやって来たヤマガラ

大きな石に穴が掘られていて、その穴に水が溜まっている。周りの林の何処からともなく「ヤマガラ」やって来て、
その溜まった水の中にいきなりジャブンと入り、バチャバチャと水浴びを始めた。この慣れた羽さばきが出来ると言
うことは、初めてではなく度々やって来ていて水浴び体験をしているからかも知れない。
c0198669_16475512.jpg
c0198669_16474209.jpg
c0198669_16473368.jpg
c0198669_16472560.jpg
c0198669_16471408.jpg
c0198669_16470129.jpg
c0198669_16465096.jpg
c0198669_16463709.jpg

Nikon ED82 / D.com 30WFA / Sony NEX-6 / Sigma 30F2.8

by doi_masanori | 2017-12-02 00:01 | スズメ目/シジュウカラ科

ヤマガラ どんぐり大好き

この時期になると、沢山積もっていた落ち葉も風に吹かれて少なくなっている。落葉の下に隠れていた木の
実も、小鳥たちには見付け易くなっでいる。「ヤマガラ」は、小さな嘴で大きなドングリを咥えて、木の上
で足で押さえ突いて食べている。
c0198669_18405671.jpg
c0198669_18404822.jpg

何かを見つけた様子 ヤマガラの顔の直ぐ右側に猿の赤ちゃんの様な顔が見える
c0198669_18404118.jpg

見付けたのはドングリだった この小さな口ではとてもの飲み込めそうにない
猿の赤ちゃんはその様子をジッと見ている?
c0198669_18403330.jpg
c0198669_18402367.jpg
c0198669_18401769.jpg

ここでは食べれそうにないので安全な木の上で食べよーっと!
c0198669_18400947.jpg

Borg 36ED / Nikon 1V2

by doi_masanori | 2017-02-28 00:01 | スズメ目/シジュウカラ科

シジュウカラ 何を見つけた?

岩陰で「シジュウカラ」が何かゴソゴソしている。よく見ると獲物を捕まえて足で押さえつけている。辺りを見
回しながら嘴で咥えたり、放したりしている。獲物は蜘蛛みたい?。「シジュウカラ」は木の実や種などの他
昆虫や蜘蛛なども好んで食べている。
c0198669_18452003.jpg
c0198669_18451391.jpg
c0198669_18450410.jpg
c0198669_18445833.jpg
c0198669_18445333.jpg
c0198669_18444761.jpg
c0198669_18444150.jpg
c0198669_18443548.jpg
c0198669_18441434.jpg
c0198669_18440798.jpg
c0198669_18440251.jpg
c0198669_18435671.jpg
c0198669_18435066.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-70

by doi_masanori | 2017-02-24 00:01 | スズメ目/シジュウカラ科

ヤマガラ 獲物は何処に 

アサギマダラを撮っていたら、突然「ヤマガラ」が現れて案内板の上に止まった。よく見ると蛾の様な虫を
咥えている。どうやらそれはそのまま食べてしまった様だ。その後、地上の獲物を探していたが、見つから
ない様なので地上の近くは諦めて、木の上の方に移動して止まった。彼はこの位置を意識して止まったのか、
それとも偶然か、見上げる先に虫がいた!。
c0198669_14235459.jpg
c0198669_14234601.jpg
c0198669_14233676.jpg
c0198669_14232857.jpg
c0198669_14232011.jpg
c0198669_14230284.jpg
c0198669_14225529.jpg
c0198669_14224280.jpg
c0198669_14220614.jpg
c0198669_14215510.jpg
c0198669_14214324.jpg
Borg 36ED / Nikon 1V2

by doi_masanori | 2016-10-25 00:01 | スズメ目/シジュウカラ科

シジュウカラ 混群を離れて

森や林の少し開けた木立ちの葉っぱに見え隠れしながら「メジロ」「コゲラ」等に混じって「シジュウカラ」
が混群で枝から枝を移動している。この時期はこれから冬に向けて体力増進?のため特に動物性蛋白質を求め
て木の枝や葉っぱに隠れている小さな虫を探しながら飛び回っている。
c0198669_11265616.jpg
c0198669_11264373.jpg
c0198669_11263711.jpg
c0198669_11262294.jpg
c0198669_11261477.jpg
c0198669_11260806.jpg
c0198669_11260070.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2016-10-17 00:01 | スズメ目/シジュウカラ科

ヤマガラ 小競り合い

松の枝に止まって表皮を突いて虫を捕っていた「ヤマガラ」に突然、別の「ヤマガラ」がすぐ横迄来てホバ
リングを始めた。虫を咥えていた「ヤマガラ」は驚いて自分もホバリングして応戦?お互いホバのまま上下
してバトル?。ほんの一瞬の出来事ではあったが結局、あとからやって来た「ヤマガラ」が飛び去った。
これはいったい何だったのだろう・・・。

c0198669_18194188.jpg
c0198669_18193221.jpg
c0198669_18192571.jpg
c0198669_18191933.jpg
c0198669_18191216.jpg

Borg 36ED / Nikon 1V2

by doi_masanori | 2016-09-27 00:01 | スズメ目/シジュウカラ科

ヤマガラ 何やってんの

木の上で何かざわつく気配を感じて、原因を確かめようと暫く見上げてあちこち探していたら見つけた。
向こう向きで羽を伸ばしたり、羽毛を逆立てたり、体を震わせて激しく動いていた。途中「ヤマガラ」と
分かったが、普通の羽繕いとは様子が違っているみたい、羽に虫でも入ったのだろうか?・・・。
c0198669_21224230.jpg
c0198669_21222823.jpg
c0198669_21191373.jpg
c0198669_21174992.jpg
c0198669_21172651.jpg
c0198669_21124642.jpg
c0198669_21122343.jpg
c0198669_21115666.jpg
c0198669_21114607.jpg
c0198669_21113115.jpg
c0198669_21105667.jpg
c0198669_21074329.jpg
c0198669_21055974.jpg
c0198669_21054852.jpg
c0198669_21020903.jpg
c0198669_21015868.jpg

Borg 45EDⅡ / Olympus OM-D E-M10

by doi_masanori | 2016-06-13 00:01 | スズメ目/シジュウカラ科

シジュウカラ巣作り準備か

大きな木と少し離れた小さな木の茂みを何度も往復している「シジュウカラ」を見つけた。大きな木の
方に近づいて暫く様子を見ることにした。太い木の表皮は緑色の苔でびっしり覆われている。
嘴で苔や表皮を突いて細かくして茂みの中に運んで行き、すぐ戻って来てまた苔を突く、これを何十回
も繰り返している。この状況からして間違いなく茂みの中では巣作りが行われているだろう。
c0198669_21403377.jpg
c0198669_21402646.jpg
c0198669_21402008.jpg
c0198669_21401106.jpg
c0198669_21395731.jpg
c0198669_21393858.jpg
c0198669_21393230.jpg

さすがにこの大きさだと運んで行けない
c0198669_21392281.jpg
c0198669_21384187.jpg

大きいものはくわえ上げて
c0198669_21383641.jpg

振り回したりして
c0198669_21381897.jpg

程よい大きさにして運んで行く
c0198669_21381325.jpg
c0198669_21380708.jpg
c0198669_21380284.jpg
c0198669_21375585.jpg
c0198669_21374586.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2016-04-02 00:01 | スズメ目/シジュウカラ科

シジュウカラも実採りに四苦八苦

全長が同じ15cmの「シジュウカラ」と「コゲラ」の嘴を比べてみると「シジュウカラ」はコゲラに比べて太く
短い。「コゲラ」は細く尖ってやや長い。共にこの小さな嘴で、比して大きな実(種)を咥えることは一目
瞭然、特に「シジュウカラ」には酷な作業に思える。然し、彼らは苦労をしてでもこの実が食べたいのか
豊富に有る様で無いこの時期の食料としては貴重なものかもしれない。

まづは、この実から・・・
c0198669_21325805.jpg
c0198669_21325115.jpg

もうちょっと深く咥えなきゃぁ
c0198669_21323891.jpg

”しまった” 落としてしまった
c0198669_21322828.jpg
c0198669_21321893.jpg

仕方ない こちらの実にしようっと
c0198669_21315933.jpg

風に揺れて、うまく口へ入ってくれない
c0198669_21315286.jpg

なかなかうまく咥えられない どうしてかな?
c0198669_21314404.jpg

よし! 今度は上手くいった
c0198669_21313869.jpg
と思ったら 滑ってしまった
c0198669_21312896.jpg

どうなっているのだろう?
c0198669_21311609.jpg

よし! 今度こそ
c0198669_21311031.jpg

と、思ったらまた滑ってしまった
c0198669_21310421.jpg

やれやれ 嘴が疲れてしまった どうしたものか
c0198669_21305868.jpg

諦めるべきか・・・
c0198669_21304941.jpg

それしかないのか 残念無念
c0198669_21303750.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Pentax K-50



by doi_masanori | 2016-01-26 00:01 | スズメ目/シジュウカラ科