野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

カテゴリ:スズメ目/ヒタキ科( 50 )

オオルリ 野鳥園

梢に止まって囀る「オオルリ」の声を聞く聴く機会が遠のいた。と言うのも縄張り争いをする時期も過ぎ、あの
三鳴鳥の囀りも聞かれなくなった。それに、森の木々も緑の葉っぱを大量に茂らせて、下から梢を見通す事も出
来ない状態なので、囀りが聞こえても見つけるのは大変。そこで、姿を見るだけなら野鳥園が良い。ここでは囀
りは聞かれないが、♂の成鳥をじっくり観察することが出来る。
c0198669_18372599.jpg
c0198669_18371714.jpg
c0198669_18371101.jpg
c0198669_18370445.jpg
c0198669_18364400.jpg
c0198669_18363691.jpg
c0198669_18362915.jpg
c0198669_18362020.jpg
c0198669_18360883.jpg
c0198669_18360083.jpg
c0198669_18355244.jpg
c0198669_18354677.jpg
c0198669_18351955.jpg
c0198669_18351153.jpg
c0198669_18350518.jpg
c0198669_18345692.jpg
c0198669_18344943.jpg
c0198669_18344254.jpg
c0198669_18341845.jpg
c0198669_18340431.jpg
c0198669_18335639.jpg
c0198669_18333891.jpg

Pentax DA50-200F4-5.6 / Pentax KP

by doi_masanori | 2017-07-05 00:01 | スズメ目/ヒタキ科

オオルリ 森に響く囀り・・・

ウォーキングで森に入ると、ここへ来て「オオルリ」の囀りが激しさを増している・・・。と、思いきや、この
賑やかな囀りは本物の鳴き声ばかりではないことが分かった。と言う訳で本物が、縄張り奪還にやって来た様だ。
ここにやって来た「オオルリ」は何と、パートナーを連れていたので、ペアを撮ることが出来た。
c0198669_18242238.jpg
c0198669_18241505.jpg
c0198669_18240592.jpg
c0198669_18235937.jpg
c0198669_18233966.jpg
c0198669_18233040.jpg
c0198669_18232086.jpg
c0198669_18231527.jpg
c0198669_18230731.jpg
c0198669_18225305.jpg
c0198669_18224030.jpg
c0198669_18223123.jpg
c0198669_18221752.jpg

Borg 45EDⅡ / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No4 / Pentax K-70

by doi_masanori | 2017-05-03 00:01 | スズメ目/ヒタキ科

キビタキ ウォーキング路に出没

今期初めて「キビタキ」に会った。今回は運よく会うことが出来たと言うことだが、何時もなら鳴き声を頼りに
捜しまわっているが、この「キビタキ」は歌を忘れたカナリヤ”の如く鳴き声を発する事無く道路脇から餌をとり
に路に飛び出して来たので彼を確認することが出来た。その後も鳴き声が無いままなので、あの澄んだ綺麗な囀
りを聞くことが出来なかった。然し未だ縄張りが定着するまでは囀り続ける筈なので期待している。
c0198669_16394857.jpg
c0198669_16392603.jpg
c0198669_16390428.jpg
c0198669_16385593.jpg
c0198669_16385028.jpg
c0198669_16382739.jpg
c0198669_16381971.jpg
c0198669_16345690.jpg
c0198669_16344831.jpg
c0198669_16344173.jpg

Borg 45EDⅡ / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No4 / Pentax K-70

by doi_masanori | 2017-05-01 00:01 | スズメ目/ヒタキ科

かわいい顔のコサメビタキ

この時期になると、ぼちぼち帰り支度を始める「コサメビタキ」。どんぐり目と白いアイリングで実に可愛い
顔をしている。これから来春までは会えなくなってしまう、と言っても実際には春にはめったに会えないから
会えるのは来秋ということになる。

木陰に身を寄せて出来るだけ目立たない様にしている
c0198669_18463389.jpg

c0198669_18462747.jpg
c0198669_18462145.jpg
c0198669_18460995.jpg
c0198669_18460391.jpg
c0198669_18454349.jpg
c0198669_18453213.jpg
c0198669_18452493.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2016-10-15 00:01 | スズメ目/ヒタキ科

エゾビタキにも会えた

秋の渡りのこの時期になると、どっかかあか?で運よく、この「エゾビタキ」と先の「コサメビタキ」に会う機
会がある。「エゾビタキ」は旅鳥なので、渡りの途中で立ち寄っている訳だから、あまり長居?はしないのでは
ないかと思われる。
c0198669_15110369.jpg
c0198669_15105767.jpg
c0198669_15104462.jpg
c0198669_15103736.jpg
c0198669_15103266.jpg
c0198669_15102553.jpg
c0198669_15101063.jpg
c0198669_15095619.jpg
c0198669_15095065.jpg
c0198669_15093367.jpg
c0198669_15092864.jpg
c0198669_15092200.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2016-10-07 00:01 | スズメ目/ヒタキ科

コサメビタキ 青空の下で

秋の渡りの時期に入って、今季初めて「コサメビタキ」に会うことが出来た。歩いていると、木の梢から飛
出して少し離れた梢に止まった小さな鳥が彼(女)だった。「夏鳥」に分類されているが、他の夏鳥の様に
普段は平地で見る事は少なく、この時期になって山から下りてくるので、「旅鳥」と間違えてしまう。「ヒ
タキ」類の中では「オジロビタキ」(L12cm)に次いで大きい(L13cm)。と言ってもかなり小さい。

葉っぱと比べると・・・
c0198669_18384119.jpg
c0198669_18383451.jpg
c0198669_18382548.jpg
c0198669_18372665.jpg
c0198669_18372103.jpg
c0198669_18371317.jpg
c0198669_18370661.jpg
c0198669_18370041.jpg
c0198669_18365352.jpg
c0198669_18364648.jpg

Borg 36ED / Nikon 1V2

by doi_masanori | 2016-10-04 00:01 | スズメ目/ヒタキ科

キビタキの囀り

夏鳥の到来で「キビタキ」と「オオルリ」を楽しみにしている。今期は例年より少し早め(4/23)にフィー
ルドに入り、両方の囀りと姿を確認している。「キビタキは今期二度目に撮影したもの。今は「オオルリ」
と同じで、囀りは上手でないが、囀りの音色は「オオルリ」にもひけを取らないものを持っている。
c0198669_21385347.jpg
c0198669_21381137.jpg
c0198669_21373600.jpg
c0198669_21372497.jpg
c0198669_21365252.jpg
c0198669_21363899.jpg
c0198669_21362699.jpg
c0198669_21361007.jpg
c0198669_21360290.jpg
c0198669_21352947.jpg
c0198669_21345721.jpg
c0198669_21341336.jpg
c0198669_21333062.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2016-04-28 00:01 | スズメ目/ヒタキ科

オオルリの囀り

日本三鳴鳥の一つにあげられている「オオルリ」の囀りが聞かれるようになった。まだ、来て間もない
ので絶妙な囀りではないが、もう暫くすると本来の澄んだ綺麗な囀りが聞かれるようになるだろう。
c0198669_18404095.jpg
c0198669_18403353.jpg
c0198669_18402624.jpg
c0198669_18401640.jpg
c0198669_18401195.jpg
c0198669_18400556.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2016-04-26 00:01 | スズメ目/ヒタキ科

オジロビタキの若鳥

若鳥らしき「オジロビタキ」を見つけた。喉は白い、嘴は肉色味が残っており、雨覆いや三列風切
の羽先は淡色なので第一回冬羽ではないかと思われる。第二回夏羽以降と成鳥の喉は橙色になる又
雨覆いの羽先の色も濃くなり羽先の境が分かり難くなる。
c0198669_21470209.jpg
c0198669_21474973.jpg
c0198669_21465565.jpg
c0198669_21480224.jpg
c0198669_21464328.jpg
c0198669_21454721.jpg
c0198669_21453676.jpg
c0198669_21451729.jpg
c0198669_21445420.jpg
c0198669_21444153.jpg
Borg 36ED / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No.3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2016-03-17 00:01 | スズメ目/ヒタキ科

エゾビタキとコサメビタキ

渡り途中の「エゾビタキ」と「コサメビタキ」に同じ場所で出会った。「エゾビ」は旅鳥、「コサメビ」は夏鳥
の彼らは別行動をしていると思われるが、短い区間では行動を共にしているかも知れない。         

    エゾビタキ     
c0198669_16160232.jpg
c0198669_16155013.jpg
c0198669_16154209.jpg
c0198669_16144233.jpg
c0198669_16124991.jpg
c0198669_16124095.jpg
c0198669_16112453.jpg
c0198669_16110589.jpg
c0198669_16105837.jpg

コサメビタキ
c0198669_16104647.jpg
c0198669_16103790.jpg
c0198669_16102309.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Pentax K-50

by doi_masanori | 2015-10-21 00:01 | スズメ目/ヒタキ科