野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

カテゴリ:ツル目/クイナ科( 33 )

クイナがいた

葦原の水が淀んでだ場所で、葦の中に隠れたり出てきたり、しきりに警戒しながら採食している「クイナ」
がいた。水の汚れが気になったが、この辺りではあまり見られない比較的珍しい鳥なのでアップしてみた。
c0198669_18030539.jpg
c0198669_18025037.jpg
c0198669_18023610.jpg
c0198669_18022700.jpg
c0198669_18022150.jpg
c0198669_18021284.jpg
c0198669_18020402.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Kenko C UP L No3 / Pentax K-50

by doi_masanori | 2017-01-14 00:01 | ツル目/クイナ科

バンの雛 早く大きくなって

大きい方の雛は自分で餌を突いて採食しているが、こちらの小さい雛はまだ、それが出来ない様だ。
母親が水草を嘴で集めて銜えて雛に与えている。此の雛はまだ、親がいなければ駄目なのか?それ
とも甘えているのか?雛の背中に手の様に見えるのは翼で、その内に羽毛が生えて幼鳥羽になる。
c0198669_18295174.jpg
c0198669_18294069.jpg
c0198669_18293271.jpg
c0198669_18292629.jpg
c0198669_18292169.jpg
c0198669_18291340.jpg
c0198669_18290135.jpg
c0198669_18283451.jpg
c0198669_18282229.jpg
c0198669_18281627.jpg
c0198669_18280935.jpg
c0198669_18271197.jpg
c0198669_18270569.jpg
c0198669_18265973.jpg
c0198669_18265108.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Pentax K-50

by doi_masanori | 2015-06-28 00:01 | ツル目/クイナ科

バン 雛の行動

芦原の一角で生活している「バン」の親子。子供はまだまだ小さく殆ど何も出来ないくらいなので、親は
雛から目を離すことは出来ないところだ。しかし子供は(雛)は自分は程々出来ると思っているのか、親
が時々やっている水浴びを見て試してみたり、片足で立って痒いところを大きな足を使って掻いている。
c0198669_13415332.jpg
c0198669_13413948.jpg
c0198669_13413266.jpg
c0198669_13412673.jpg
c0198669_13412092.jpg
c0198669_13411583.jpg
c0198669_13411039.jpg
c0198669_13410565.jpg
c0198669_13405924.jpg
c0198669_13405483.jpg
c0198669_13404991.jpg
c0198669_13404393.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Pentax K-50

by doi_masanori | 2015-06-24 00:01 | ツル目/クイナ科

バンの親子

遊水地の芦原で「バン」が子育てをしている。普段は殆ど母親が面倒を見ている様だが、時折父親も
様子を見に戻って来る。子供は2羽確認出来た。まだ雛ではあるが、かなり成長していて餌を探して
突く様な仕草もしている。雛の成長は早いのでこの巣を離れるのも時間の問題だろう。

2羽の雛の内、小さい方の雛と母親
c0198669_18334386.jpg
c0198669_18333620.jpg
c0198669_18333114.jpg
c0198669_18332557.jpg
c0198669_18332001.jpg

奥にいるのは、もう1羽の雛
c0198669_18331560.jpg
c0198669_18331045.jpg
c0198669_18330496.jpg
c0198669_18325588.jpg
c0198669_18324850.jpg
c0198669_18324022.jpg

Borg 71FL / Pentax F-AF1.7x / Pentax K-50

by doi_masanori | 2015-06-20 00:01 | ツル目/クイナ科

バンの幼鳥

「バン」と言えば額の部分の額板と嘴の基部が赤いのが特徴だが、このバンはその部分がまだ黒い状態、しかも額板の大きさも
まだ小さい。今年この公園で生まれた幼鳥と思われる。これから順調に成長出来ることを期待する。
c0198669_18455349.jpg
c0198669_18454533.jpg
c0198669_18453139.jpg
c0198669_18451803.jpg
c0198669_18450958.jpg
c0198669_18445830.jpg
c0198669_18444976.jpg
c0198669_18443944.jpg

Nikon ED82 / D.com 30WFA / Olympus OM-D E-M10 /Lumix G20F1.7


by doi_masanori | 2014-12-15 00:01 | ツル目/クイナ科

バンの幼鳥と親

遊水池で一見して「バン」と分かる成鳥を見つけた。直ぐ近くで「幼鳥」らしき固体もいて無心に採食している。この2羽は親子と推測できる。
子供の方は、あどけなさが残っているよう見えるが、嘴の上の額板が見え始めているので、もう少しすると「若鳥」と言う方が適切になるかもしれない。
c0198669_22273417.jpg
c0198669_22272090.jpg
c0198669_2227223.jpg
c0198669_2226579.jpg
c0198669_22265123.jpg
c0198669_22264684.jpg
c0198669_22264093.jpg
c0198669_22271062.jpg
c0198669_22263450.jpg
c0198669_22262760.jpg
c0198669_22262130.jpg

Borg 71FL / Lumix DMC-GX7
by doi_masanori | 2014-07-25 00:01 | ツル目/クイナ科

池の住鳥 バン >>>

公園の池に住み着いている「バン」は流石に人馴れしていて、池から上がって来たときでも、警戒心は殆んど無くて、何時ものんびりして過ごしている。
勿論、水の上にいる時も、人は気にせずマイペースの様だ。
c0198669_22402333.jpg
c0198669_22401726.jpg
c0198669_2240891.jpg
c0198669_2240260.jpg
c0198669_22394113.jpg

Nikon EDG85 / D.com 30XWFA / Nikon 1V2 / 11-27.5F3.5-5.6
by doi_masanori | 2014-04-15 00:01 | ツル目/クイナ科

オオバンさん何時までやってんの

公園の池端の石の上でブルンブルン水しぶきを上げている「オオバン」がいた。黒い身体から白い飛沫が逆光の中を飛び交うのが面白く、ついカメラを向けた。
撮り始めて7分位の間ファインダー越しに仕草を見ながら撮っていたが、羽に溜まった水を嘴で挟んで動かしながら搾り出したり、身震いさせて振り飛ばしたりしていいた。
途中で撮影は中止したが、彼はまだ真剣に水払いしていた。潜るのが専門のオオバン、羽の油が無くなってしまったのか、かれこれ十数分経過してもまだやっている。

銀塩時代に使っていた 35F1.4 のマニュアルレンズでのコリメート撮影
c0198669_21491952.jpg
c0198669_21492484.jpg
c0198669_21492939.jpg
c0198669_21493519.jpg
c0198669_2149414.jpg
c0198669_21494621.jpg
c0198669_21495131.jpg
c0198669_21495767.jpg
c0198669_2150310.jpg
c0198669_2150915.jpg
c0198669_21501510.jpg
c0198669_21502029.jpg
c0198669_21502622.jpg
c0198669_21503130.jpg
c0198669_21503785.jpg
c0198669_21505019.jpg

Nikon EDG85 / Nikon 30xWDS / Nikkor 35F1.4S / Nikon D300S
by doi_masanori | 2013-12-27 00:01 | ツル目/クイナ科

オオバンが増えてきた

この場所には毎年「オオバン」が沢山集まる。今まではカイツブリやサギ類が多く集まっていたが、オオバンやカモと入れ変わってきた。

枯れた葦原に朝日が当たり、水面が金色に染まった中をオオバンがのんびり泳いでいる
c0198669_2122871.jpg
c0198669_21221646.jpg
c0198669_2142184.jpg
c0198669_21224251.jpg
c0198669_21225663.jpg
c0198669_2129680.jpg
c0198669_2133042.jpg
c0198669_21333871.jpg
c0198669_21334535.jpg
c0198669_21335125.jpg

Borg 71FL / Nikon 1V2
by doi_masanori | 2013-10-17 00:01 | ツル目/クイナ科

ヒクイナ 道を歩いて何処へ行く

田畑の周りには地道もあるがこの様に簡易舗装された農道もある。道の路肩には雑草が生い茂っていて、小動物たちが身を隠すには絶好の環境だ。
路肩の繁みから「ヒクイナ」現れたが、こちらに気付かず舗装道路をヨチヨチ歩いて遠ざかって行った。
c0198669_21385039.jpg
c0198669_21385745.jpg
c0198669_2139275.jpg
c0198669_2139740.jpg
c0198669_21391358.jpg
c0198669_21391890.jpg
c0198669_21392357.jpg
c0198669_21392931.jpg
c0198669_21393435.jpg
c0198669_21394118.jpg

BORG 71FL/Pentax F-FA1.7x/Kenko AC C-UP Lens No.3/Pentax K-5
by doi_masanori | 2013-05-31 00:01 | ツル目/クイナ科