野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

カテゴリ:北海道( 7 )

北海道の温泉 登別温泉地獄谷

日本には3100箇所を超える温泉地が有ると言われているが、北海道は面積も大きいが、約170箇所の温泉地があり日本一の
数を誇っている。そんな中でも全国的にも知名度が高い温泉地として「登別温泉」が有る。この温泉の源泉は直径450mのエリア
に15箇所の源泉の穴が密集していて毎分3000リットル程の11種の泉質の源泉が湧き出ている。このエリアが「地獄谷」として
親しまれ、遊歩道等が整備され人気の観光スポットになっている。
c0198669_17101672.jpg
c0198669_17100835.jpg
c0198669_17093658.jpg
c0198669_17092854.jpg
c0198669_17092200.jpg
c0198669_17091535.jpg

源泉と一緒に噴出した硫黄が堆積している
c0198669_17091041.jpg
c0198669_17090555.jpg

観光案内も整備されている
c0198669_17085845.jpg
c0198669_17085171.jpg
c0198669_17084471.jpg
c0198669_17083621.jpg
c0198669_17082682.jpg

源泉の湯煙が上がっている近くでは鼻をつく硫黄の臭いがする
c0198669_17081647.jpg
c0198669_17080920.jpg
c0198669_17080165.jpg
c0198669_17074726.jpg
c0198669_17074297.jpg
c0198669_17072819.jpg
c0198669_17072051.jpg
c0198669_17071258.jpg
c0198669_17070399.jpg
c0198669_17065240.jpg
c0198669_17064078.jpg
c0198669_17063268.jpg
c0198669_17062572.jpg
c0198669_17061614.jpg
c0198669_17061012.jpg
c0198669_17060412.jpg

鉄泉池 静かに静まりかえっているが
c0198669_17055653.jpg

数分間隔で吹き上がっている
c0198669_17055179.jpg
c0198669_17053640.jpg
c0198669_17052348.jpg
c0198669_17051645.jpg
c0198669_17050920.jpg
c0198669_17050251.jpg
c0198669_17045380.jpg
c0198669_17044594.jpg
c0198669_17043792.jpg
c0198669_17042865.jpg

地獄といえば「閻魔様」
c0198669_17040619.jpg

登別温泉のマスコット「青鬼」
c0198669_17040089.jpg

同じく「赤鬼」
c0198669_17035355.jpg
富士山は雲を被って雪の様 今年の初冠雪は10月16日 この日は未だ雪は降ってなかった
c0198669_17033227.jpg

日本の屋根 手前から北アルプス・中央雲の辺りが中央アルプス・雲の上に連なっている南アルプス・そして富士山
新千歳からセントレアへ向かう途中、富山県上空
c0198669_17032388.jpg

Sony NEX6 / PZ16-50F3.5-5.6

北海道シリーズはこれで終了します。お付き合い有難う御座いました。

by doi_masanori | 2014-10-27 00:01 | 北海道

北海道の田園 美瑛・青い池・富良野・天人峡

美瑛町から富良野にかけて大雪山国立公園の十勝連峰をバックにしたなだらかな丘陵地帯にジャガイモ、小麦、タマネギ等の畑
が広がっている。美瑛町には今話題を集めている「青い池」と呼ばれる観光スポットが有る。富良野にはフラワーガーデン等の
花施設も沢山有る。有名な「ファーム富田」は昨年夏に来ているが、再び訪れることになった。今回は季節的に良かったのと、天
気に恵まれて「十勝連峰」を見ることが出来た。旭岳の近くに有る渓谷「天人峡」の紅葉も素晴らしかった。

美瑛の丘ではパッチワークのような畑が見られる
c0198669_18534089.jpg
c0198669_18533532.jpg
c0198669_18535047.jpg
c0198669_18532513.jpg
c0198669_18532003.jpg
c0198669_18531004.jpg

丁度「タマネギ」の収穫で忙しそう
c0198669_18530510.jpg
c0198669_18525460.jpg

よく見ると此れ全部「タマネギ」こんな畑が延々と続いている
c0198669_18524722.jpg

畑の向うには雪を被った十勝連峰が見える
c0198669_18522403.jpg
c0198669_18521829.jpg
c0198669_18521030.jpg

話題の「青い池」 美瑛町の南西部にあり災害防止用の堰堤に水が溜まって出来た池で、池になる前に自生していたカラマツや
シラカバは水没して立ち枯れた。そしてこの付近の湧き水に水酸化アルミニュウム等の白色系の微粒子が含まれており、川の水
と混ざる事によってコロイドが生成される為、そのコロイドと水中に差し込む太陽光によって水が青色に見えると言われている
c0198669_18512948.jpg
c0198669_18512450.jpg
c0198669_18511931.jpg
c0198669_18511336.jpg

「ラヴェンダー」で有名なファーム富田 この紫の花は「ムラサキサルビア」
c0198669_18505910.jpg
c0198669_18502617.jpg
c0198669_18501733.jpg
c0198669_18501064.jpg

赤、白、紫の「サルビア」
c0198669_18500112.jpg

「クレオメ」 「フウチョウ科」の一年草
c0198669_18495506.jpg
c0198669_18493846.jpg

「ラヴェンダー」畑 株だけを残して来年を待っている
c0198669_18493310.jpg
c0198669_18491979.jpg
c0198669_18484741.jpg
c0198669_18483763.jpg
c0198669_18482442.jpg

鈴生りの「ヒメリンゴ」
c0198669_18481384.jpg

昨夏には見ることが出来なかった「十勝連峰」
c0198669_18480406.jpg
c0198669_18472901.jpg

天人峡の紅葉
c0198669_18542865.jpg
c0198669_18542331.jpg
c0198669_18541467.jpg

「涙岩」 滝の様に見えるが岩が湿っているだけ
c0198669_18540974.jpg
c0198669_18540191.jpg

Sony NEX6 / PZ16-50F3.5-5.6

by doi_masanori | 2014-10-26 00:01 | 北海道

北海道の屋根 薄っすらと雪化粧の旭岳

北海道の屋根と言われている大雪山国立公園の2000m級の山々の中の最高峰が旭岳(2291m)。旭岳周辺はロープウエイ等
も整備されていて人気観光スポットになっている。今年の旭岳の初冠雪は9月16日なので、この姿はそれから3週間経っている。
紅葉も少しは期待していたが、流石北国の高山での季節の移ろいは早く、其の気配は全く無くなっていた。代わりに薄雪をまとった
美しい山を見ることが出来た。ネットで確認したところ、今日10月25日時点では5合目付近は雪で覆われ真っ白になっている。

シュガーパウダーをまぶした様な旭岳の雄姿
c0198669_23450566.jpg

ロープウエイから見えるエゾマツ、トドマツ、ダケカンバの群生林
c0198669_23472543.jpg
c0198669_23471812.jpg
c0198669_23470157.jpg

旭岳の隣に聳える熊ヶ岳(2108m)
c0198669_23465407.jpg

紺碧の空の色をそのまま映している池塘が点在している
c0198669_23464728.jpg
c0198669_23461629.jpg
c0198669_23455672.jpg

現在では散策路の有る五合目一帯は真っ白な雪に覆われている
c0198669_23454410.jpg
c0198669_23453480.jpg
c0198669_23451480.jpg

c0198669_23445652.jpg

摺鉢池
c0198669_23444893.jpg
c0198669_23443779.jpg
c0198669_23442501.jpg
c0198669_23441745.jpg
c0198669_23441088.jpg
c0198669_23440414.jpg

鏡池
c0198669_23435440.jpg
c0198669_23434513.jpg
c0198669_23433616.jpg
c0198669_23432943.jpg
c0198669_23432397.jpg
c0198669_23431166.jpg
c0198669_23423616.jpg
c0198669_23172726.jpg

雪を被った大雪の山々
c0198669_23171793.jpg
c0198669_23170350.jpg
c0198669_23163001.jpg

地獄谷を真近で見ることが出来る 此処では噴煙と共に硫黄の臭いも体験できる
c0198669_23155774.jpg
c0198669_23152960.jpg
c0198669_23150963.jpg
c0198669_23150061.jpg
c0198669_23135553.jpg
c0198669_23134004.jpg

姿見の池 この池に映る旭岳の雄姿を見ることは出来なかった
c0198669_23123243.jpg
c0198669_23122528.jpg
c0198669_23114321.jpg

チングルマの綿毛
c0198669_23113513.jpg

もう直ぐ雪に埋もれてしまう
c0198669_23101008.jpg
c0198669_23091661.jpg
c0198669_23085340.jpg

所々で見られる霜柱
c0198669_23080894.jpg
c0198669_23075707.jpg
c0198669_23074981.jpg
c0198669_23073020.jpg
c0198669_23072500.jpg

旭岳を後に
c0198669_23071434.jpg

ロープウエイのお陰で旭岳を目の当たりにすることが出来た
c0198669_23070289.jpg

Sony NEX6 / PZ16-50F3.5-5.6


by doi_masanori | 2014-10-25 00:01 | 北海道

北海道の黄紅葉-3 層雲峡

層雲峡は大雪山国立公園内の北に位置していて北海道で有名な温泉地であると同時に景勝地でも有る。石狩川の両側に聳える
断崖絶壁が約24kmにわたって連なっている様は見事な景観だ。この壮大な景観を一層引立たせてくれるのが秋の紅葉の時期。
此処には3度来ているが今回の様に時期が一致して素晴らしい紅黄葉に出会えたのは勿論初めてのこと、幸運だった。温泉街は
勿論、川の両脇も断崖を包み込むように秋色に染まっていて、しかも其れが延々と続いている。

色彩のグラデーション
c0198669_17434107.jpg

ウラジロナナカマド
c0198669_17433461.jpg
c0198669_17432685.jpg
c0198669_17431583.jpg
c0198669_17430400.jpg
c0198669_17425766.jpg
c0198669_17424794.jpg
c0198669_17424008.jpg
c0198669_17421772.jpg
c0198669_17420606.jpg
c0198669_17420108.jpg
c0198669_17415203.jpg
c0198669_17414418.jpg
c0198669_17413360.jpg
c0198669_17412588.jpg
c0198669_17411953.jpg
c0198669_17411394.jpg

この辺りは黄葉が多い
c0198669_17410284.jpg
c0198669_17404062.jpg
c0198669_17403427.jpg
c0198669_17402867.jpg
c0198669_17401974.jpg
c0198669_17401277.jpg
c0198669_17400769.jpg
c0198669_17400219.jpg
c0198669_17395790.jpg


銀河の滝 層雲峡の観光スポット 近くに流星の滝も有る
c0198669_17394821.jpg
c0198669_17393936.jpg
c0198669_17392434.jpg
c0198669_17152829.jpg
c0198669_17152283.jpg
c0198669_17151432.jpg
c0198669_17141829.jpg
c0198669_17140500.jpg

黒岳ロープウエイ ここも観光スポット
c0198669_17135839.jpg
c0198669_17134639.jpg
c0198669_17133829.jpg
c0198669_17130965.jpg
c0198669_17125163.jpg
c0198669_17115587.jpg
c0198669_17113950.jpg

断崖を縁取る紅葉のリボン
c0198669_17113127.jpg

Sony NEX6 / PZ16-50F3.5-5.6


by doi_masanori | 2014-10-24 00:01 | 北海道

北海道の黄紅葉-2 幌鹿峠・三国峠・銀泉台

秘境「然別湖」から冬季は閉鎖される「幌鹿峠」を下り国道273号(層雲峡に通ずる道)に入り、ここから北上して「三国峠」を通り
「大雪湖」に至る。この国道は大雪国立公園内の東側を走っている。途中「大雪湖」の南側付近から西側に入る林道が有る。其の
林道を使って「銀泉台」に立ち寄る。この「銀泉台」は北海道で一番早く紅葉が見られる場所として有名になっている。紅葉の見頃
は9月中旬から下旬、特に此処から大雪山「赤岳」までの紅葉トレッキングは最高との事。今回訪れた時は最盛期は過ぎていた。
c0198669_12364096.jpg
c0198669_12363031.jpg

旧国鉄士幌線のアーチ橋 コンクリート造りで通称「めがね橋」と呼ばれ親しまれていた
c0198669_12361965.jpg
c0198669_12360936.jpg
c0198669_12360026.jpg

「ヒグマ」に注意
c0198669_12355359.jpg
c0198669_12354578.jpg

白樺並木
c0198669_12353787.jpg

旧士幌線の駅舎
c0198669_12352938.jpg

この辺りは国道の左右に白樺林が延々と続いている
c0198669_12351758.jpg
c0198669_12351047.jpg
c0198669_12350204.jpg
c0198669_12345613.jpg

北海道では白樺は一切植林しないとの事 よって白樺林は人手に掛からない為自然のままの自然林
c0198669_12345039.jpg

三国峠周辺 山肌の高い所では既に落葉している「ダケカンバ」も低い所では眩しい程の黄葉を見せている
c0198669_12344420.jpg
c0198669_12343654.jpg
c0198669_12342622.jpg
c0198669_12341830.jpg
c0198669_12335510.jpg
c0198669_12334215.jpg
c0198669_12333445.jpg
c0198669_12332557.jpg

峠を下って来ても黄葉は続いている
c0198669_12331470.jpg
c0198669_12330649.jpg
c0198669_12325574.jpg

少し雪を頂いた大雪の山々が所どころから見られる
c0198669_12324801.jpg
c0198669_12324035.jpg
c0198669_12323282.jpg

銀泉台駐車場付近
c0198669_12322603.jpg
c0198669_12322005.jpg

此処から赤岳まで約3時間 此処から10分位登った所辺りが紅葉見ポイント
c0198669_12303483.jpg

この辺りの紅葉が素晴らしいとか
c0198669_12321025.jpg
c0198669_12320062.jpg
c0198669_12311351.jpg

山の斜面に広がる「ナナカマド」 真っ赤く色付いた「ナナカマド」の葉と黄色の「ダケカンバ」のコントラストが見たかった
c0198669_12310416.jpg
c0198669_12305536.jpg
c0198669_12304876.jpg

駐車場への道
c0198669_12302773.jpg

c0198669_12301650.jpg
c0198669_12300948.jpg

林道の左右は「シラカバ」「トドマツ」「クマササ」等の原生林
c0198669_12295832.jpg
c0198669_12295267.jpg

国道273号に出ると再び左右に黄葉か広がる
c0198669_12294148.jpg
 
大雪湖
c0198669_12293491.jpg

大雪湖ダム付近
c0198669_12292408.jpg

Sony NEX6 / PZ16-50F3.5-5.6

by doi_masanori | 2014-10-23 00:01 | 北海道

北海道の黄紅葉-1 夕張山系と然別湖畔

今月初旬から北海道大雪山国立公園を一巡りして来た。この広い国立公園は、神奈川県の広さと同じ位の面積と言われている。
10月初めと言えば、愛知県では紅葉の話は持ち上がらないが大雪山系の高山では紅葉は終わっている。しかし低い山や丘陵は
この時期が見頃のところが未だ沢山有る。夕張山系の黄紅葉と秘境「然別湖」(しかりべつ)の湖上から見た湖畔の黄紅葉。

夕張山地、丘陵地山肌の黄葉
c0198669_12432857.jpg
c0198669_12431996.jpg
c0198669_12424930.jpg
c0198669_12424243.jpg
c0198669_12423305.jpg
c0198669_12422857.jpg

独特の高層マンションが建ち並ぶ 占冠村(しむかっぷむら)のトマム星野リゾート
c0198669_12422130.jpg
c0198669_12421687.jpg
c0198669_12420795.jpg
c0198669_12415886.jpg
c0198669_12415387.jpg

然別(しかりべつ)へ向かう山間の地域は標高が高いため「ダケカンバ」の黄葉は終わり白い幹だけが見えている
c0198669_12414647.jpg

トンネルを出たところが然別湖と秘境の温泉地
c0198669_12410782.jpg

湖から正面に見える唇に見える其の名の通り(くちびる山)と呼ばれている標高1173mの天望山
c0198669_12410001.jpg

山肌の「ダケカンバ」はすっかり葉を落としている 唇の上に月齢11.03の月が顔を出している
c0198669_12405564.jpg
c0198669_12404975.jpg
c0198669_12404320.jpg

早朝の然別湖 湖上に朝霧が立ち込めている
c0198669_12394232.jpg

ピークは少し過ぎた感が有るが、早朝の湖畔は湖上から立ち込める朝霧や朝靄に包まれた黄紅葉が幻想的に映る。
c0198669_12393715.jpg
c0198669_12393190.jpg
c0198669_12391979.jpg
c0198669_12391334.jpg
c0198669_12390475.jpg
c0198669_12385365.jpg
c0198669_12363022.jpg
c0198669_12362154.jpg
c0198669_12354211.jpg
c0198669_12353098.jpg
c0198669_12351879.jpg
c0198669_12351294.jpg
c0198669_12350653.jpg
c0198669_12345623.jpg
c0198669_12343293.jpg
c0198669_12340656.jpg
c0198669_12335041.jpg
c0198669_12333648.jpg
c0198669_12332891.jpg
c0198669_12332097.jpg
c0198669_12331171.jpg

この湖にしか生息しない「ミヤベイワナ」北海道の天然記念物に指定されている
c0198669_12330391.jpg

大雪山系の岩場などで生息している(エゾナキウサギ」
c0198669_12325673.jpg

Sony NEX6 / PZ16-50F3.5-5.6


by doi_masanori | 2014-10-22 00:01 | 北海道

富良野のお花畑

先日の北海道旅行で訪れた富良野の 「FARM TOMITA」 のお花畑を紹介します。
「FARM TOMITA」 はテレビでも紹介されたことのある、日本最大級のラベンダー畑を有する FARM とのことです。
目的のラベンダーは低温、寒波の影響で開花が遅れたとのことで、7月10日の時点では紫の色づきがもう少しと言うところ、
ラベンダー以外、けいとう、マリーゴールド、サルビア、ベゴニア、日々草、百日草、インパチェンス、ポピーなど色とりどりの花が広大なファームに咲き誇っていた。
c0198669_13212916.jpg
c0198669_155155.jpg
c0198669_155119100.jpg
c0198669_15512998.jpg
c0198669_15513725.jpg
c0198669_15514596.jpg
c0198669_15515335.jpg
c0198669_15515977.jpg
c0198669_1552633.jpg
c0198669_15521213.jpg
c0198669_15521964.jpg
c0198669_15522633.jpg
c0198669_1552513.jpg
c0198669_15525885.jpg
c0198669_1553661.jpg
c0198669_15531840.jpg
c0198669_15532773.jpg
c0198669_15533690.jpg
c0198669_1553475.jpg
c0198669_15535742.jpg
c0198669_155467.jpg
c0198669_1557588.jpg
c0198669_15573647.jpg
c0198669_15574941.jpg
c0198669_15575972.jpg
c0198669_1558851.jpg
c0198669_15581926.jpg
c0198669_15583058.jpg
c0198669_1558385.jpg
c0198669_1559035.jpg
c0198669_15591236.jpg
c0198669_15592141.jpg
c0198669_15593379.jpg
c0198669_15595365.jpg

Nikon D300s/ED12-24F4G

c0198669_160357.jpg
c0198669_1601330.jpg
c0198669_1602527.jpg
c0198669_1603438.jpg
c0198669_1605379.jpg
c0198669_161030.jpg
c0198669_161818.jpg
c0198669_161161.jpg

Nikon 1V2 / Nikkor VR10-30f3.5-5.6
by doi_masanori | 2013-07-31 00:00 | 北海道