野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

カテゴリ:沖縄( 9 )

慶良間の島と海 -4

座間味港から小回りの利く小型船の乗って慶良間諸島の南南西の海域迄「ザトウクジラ」を観る為出
かけた。この「ホエールウォッチング」はサンゴ礁の海と共に座間味村の重要な観光資源になってい
る。この「ウォッチング」はこの辺りまで来てクジラを探しながら移動する訳だが、それだけではな
かかか見つけられない。そこで探す手助けになるのが、座間味島、阿嘉島の山にある展望台から潮を
を吹く「ザトウクジラ」を見つけウォッチング船に位置を連絡すると言う仕組みが採られている。
今回は帰船が迫っている中、展望台からの連絡で、猛スピードで移動して3頭の「クジラ」を確認し
たが、海上が荒れて船は大揺れ、大量の水飛沫で真面にカメラを構えることが出来ず無念であった。

「ザトウクジラ」ウォッチングに、座間味港より出港
c0198669_11455967.jpg

排気煙を吐きながら全速力で南南西のウォッチング海域へ向かう
c0198669_11454310.jpg
c0198669_11452394.jpg

阿嘉大橋を通過
c0198669_11451534.jpg

阿嘉島の南端にある佐久原(さくばる) サクバル奇岩群
c0198669_11450222.jpg
c0198669_11444962.jpg

どんどん南下している
c0198669_11444080.jpg
c0198669_11443041.jpg

「久場島」(くばじま)を通過
c0198669_11442043.jpg
c0198669_11440950.jpg

さらに南下
c0198669_11440159.jpg

雲行きが少し心配 それに「クジラ」らしき姿は何処にも見当たらない。
c0198669_11433669.jpg

今日は見られないかと諦めかけていたところ、展望台から連絡が入り指定場所へ高速で移動を始めた
c0198669_11432846.jpg

ついに「クジラ」を発見!
c0198669_11430440.jpg
c0198669_11425747.jpg

もう少しタイミングが早ければ尾びれの形が見られた 足元フラフラで、シャターチャンスもフラフラ
c0198669_18144136.jpg

正面の島は久場島 
c0198669_11420605.jpg

右に背びれが、左は頭の様に見える
c0198669_11415440.jpg
c0198669_11412345.jpg

潮を吹いているが、姿は見えない
c0198669_11410743.jpg

見えたと思ったが、どうしても頭は見られない
c0198669_11404616.jpg

ここは「ザトウクジラ」さんのどこの部分だろう??
c0198669_11401558.jpg

座間味島に戻り、島のほぼ中央に位置する高月山から周囲を展望
c0198669_11372608.jpg
c0198669_11383551.jpg
c0198669_11385721.jpg

上の地図にある景色 (少し方位は違っている)
c0198669_11381273.jpg

この高月山にはいろいろな種類の「ハイビスカス」が咲いている また、周辺
の森では初夏から夏には「リュウキュウアカショウビン」の姿も見られるとか
c0198669_11384513.jpg
c0198669_11371258.jpg

右奥は「屋嘉比島」その左は「伊釈加釈島」(いじゃかじゃじま)その左は「嘉比島」
その手前の半島は「マリリン」の像のある宇論の崎
c0198669_11380095.jpg

座間味村中心地
c0198669_11374849.jpg
c0198669_11373454.jpg
c0198669_11365590.jpg

高月山展望台の北西の半島にある稲崎(ンナザチ)展望台 此処にはクジラを探す展望デッキがある
c0198669_11364549.jpg

座間味島の西に突き出た半島(島の西端)その奥は「屋嘉比島」左は「久場島」
c0198669_11361735.jpg

北西20kmの洋上に霞む「渡名喜島」(となきじま)
c0198669_11350897.jpg
c0198669_11343824.jpg

座間味島南部の綺麗なビーチ「古座間味」(ふるざまみ) 海水浴シーズンには程々の賑わいがあるとか
c0198669_11332383.jpg
c0198669_11331094.jpg
c0198669_11330091.jpg

「ブーゲンビリア」 「ハイビスカス」と同じ様によく見られる
c0198669_11324477.jpg

座間味港戻って来た
c0198669_11323396.jpg

高速船「クイーンざまみ」が入港して来た
c0198669_11321192.jpg

沖縄本島へはこの高速船で
c0198669_11314806.jpg

座間味村を後にして那覇泊港迄50分
c0198669_11312999.jpg

Sony NEX-6 / PZ16-50F3.5-5.6

慶良間の海はサンゴ礁の海で「ケラマブルー」と言われている。サンゴの白い砂浜とコバルトブル
ーの海が印象的で、正に「ケラマブルー」の言われが理解出来る。今回は小雨がぱらついたり、雲
が広がったりが多かったが「ケラマブルー」の一部を味わうことはできた。          
これにて「慶良間の島と海」シリーズを終わります。お付合い有難う御座いました。      

by doi_masanori | 2016-03-16 00:01 | 沖縄

慶良間の島と海 -3

座間味のサンゴ礁をグラスボートで移動しながら覗いてみた。サンゴを住処にしている色鮮やかな
魚や、まだ小さかったが「タイマイ」も見ることが出来た。
嘉比島(がひじま)、安慶名敷島(あげなしくじま)はサンゴ礁に囲まれた無人島。安慶名敷島は先の
「マリリンに逢いたい」の「しろ」が途中休憩をとった島とされている。

座間味島周辺マップ
c0198669_14020900.jpg

グラスボートで座間味島と阿嘉島の間にある嘉比島(がひじま)と安慶名敷島(あげなしくじま)周辺のサンゴ礁の海底を散策  
c0198669_14015052.jpg

このサンゴは船底の一枠のグラス窓では一望できない程の大きなサンゴ
c0198669_14014042.jpg

このサンゴは、小さな魚でびっしりと覆われている
c0198669_14013323.jpg
c0198669_14012534.jpg
c0198669_14011735.jpg
c0198669_14011027.jpg
c0198669_14005954.jpg

先程より少し大きな魚も見える、中には色鮮やかなものもいる
c0198669_14005308.jpg
c0198669_14004795.jpg
c0198669_13584194.jpg
c0198669_13583058.jpg

小さな「タイマイ」がゆっくりと通り過ぎていった
c0198669_13575561.jpg
c0198669_13574945.jpg
c0198669_13565567.jpg
c0198669_13564902.jpg
c0198669_13564207.jpg
c0198669_13563703.jpg

色鮮やかな魚も時々見られる
c0198669_13562676.jpg
c0198669_13562221.jpg
c0198669_13561162.jpg
c0198669_13560415.jpg
c0198669_13555758.jpg
c0198669_13555046.jpg
c0198669_13554537.jpg
c0198669_13553680.jpg
c0198669_13553016.jpg
c0198669_13552247.jpg

サンゴが無い砂地の海底の砂紋 透明度が高いため深くても、はっきり綺麗に見える
c0198669_13534614.jpg
c0198669_13533589.jpg
c0198669_13532882.jpg
c0198669_13531961.jpg
c0198669_13531225.jpg
c0198669_13530330.jpg
c0198669_13525540.jpg
c0198669_13515665.jpg
c0198669_13514095.jpg

最初の大きなサンゴの場所に戻って来た
c0198669_13513136.jpg

正面の無人島、嘉比島(がひじま)にこれから上陸
c0198669_13511853.jpg

木や緑のないところは白い砂で覆われている
c0198669_13505016.jpg
c0198669_13504548.jpg

雲が広がってなければ・・と思うが、こればかりは仕方ないか・・・
c0198669_13503850.jpg

嘉比島(がひじま)を後にして 次は
c0198669_13502429.jpg

隣にある無人島の安慶名敷島(あげなしくじま)へ向かう
c0198669_13501842.jpg

島に上陸 正面は座間味島
c0198669_13500879.jpg

サンゴの化石の様なものが砂浜の高いところに
c0198669_13500218.jpg
c0198669_13495404.jpg
c0198669_13493854.jpg
c0198669_13493341.jpg

左前方は嘉比島(がひじま)
c0198669_13492824.jpg

奥を散策すると「ヤギ」を見つけた 勿論こちらには来てくれない、急いで行ってしまった
c0198669_13490155.jpg
c0198669_13485408.jpg

正面右側に座間味港が見える 正面中央辺りの「宇論の崎」に「マリリン」の像がある
c0198669_13484666.jpg

高速船「クイーンざまみ」が那覇泊港に向け出港したところ
c0198669_13482748.jpg

ザトウクジラのモニュメントがある座間味港に戻って来た
c0198669_13482110.jpg

Sony NEX-6 / PZ16-50F3.5-5.6

by doi_masanori | 2016-03-15 00:01 | 沖縄

慶良間の島と海 -2

座間味村で一番大きな島は座間味島(ざまみじま)で村の中心を成している。座間味島から少し離れたと
ころに、阿嘉島(あかじま)、慶留間島(げるまじま)、外地島(ふかじじま)があり、3つの島は橋で
結ばれている。映画「マリリンに逢いたい」で「しろ」が阿嘉島の北浜(にしばま)から座間味島にいる
「マリリン」に逢うため潮流の速い3kmの海峡を泳いで渡った物語のロケ地になっている。阿嘉島の
阿嘉新港の「シロ」の像と、座間味島の宇論の崎の「マリリン」の像は其々向かい合って建っている。

那覇泊港から阿嘉島経由でここ座間味まで連れて来てくれた「フェリーざまみ」
c0198669_22462786.jpg
c0198669_22461735.jpg

こちらに来る時阿嘉島には立ち寄ったものの下船しなかったので、これから阿嘉島、慶留間島、外地島の観光に小型船で出港
座間味港を出るとすぐ洋上訓練で停泊中の海上保安庁の巡視船「いらぶ」PL-87に出会った 尖閣諸島周辺警備の大型巡視船
c0198669_23175351.jpg

先の「たらま」PL-85と同じ1000トン型巡視船 総トン数1500トン 全長96m 幅11.5m
c0198669_22454150.jpg
c0198669_22453226.jpg

阿嘉新港に到着
c0198669_22444140.jpg

国立公園に指定されている「北浜」(にしばまと読む)
c0198669_22443437.jpg

ビーチへ降りる階段
c0198669_22442707.jpg

サンゴ礁の海とビーチは素晴らしい
c0198669_22441803.jpg
c0198669_22434633.jpg
c0198669_22433720.jpg
c0198669_22432924.jpg
c0198669_22432130.jpg
c0198669_22431326.jpg
c0198669_22430366.jpg

天然記念物に指定されている「ケラマジカ」
c0198669_22424799.jpg
c0198669_22423903.jpg

「ケラマジカ」は日本鹿の亜種で、体も小さく毛色は暗色 現在は屋嘉比島(やかびじま)、阿嘉島、慶留間島にのみ生息する貴重な鹿
c0198669_22422792.jpg

阿嘉大橋を渡って慶留間島(左方面)へ
c0198669_22414636.jpg
c0198669_22412918.jpg

阿嘉島の阿嘉小中学校
c0198669_22404955.jpg

外地島にある慶良間空港 地元の観光ガイドの話によると、石原前東京都知事が議員時代に提唱して造られたとのこと
c0198669_22403594.jpg
c0198669_22402740.jpg

使用頻度の少ない空港だが、夏のダイビングの時期や緊急時等にはチャーター便の利用により、少しは使われるとか・・
c0198669_22401417.jpg

この屋敷は琉球王朝末期に船頭職をしていた仲村渠親雲上(なかんだかりぺーちん)さんが、唐儲け(とうもうけ)(中国交易)
によって富を成し、19世紀後半に建築した 先の沖縄戦で多くの砲弾を受けたが、保存修理を経て現在の姿を残している
c0198669_22393759.jpg

国の重要文化財の高良家住宅 石垣は「ちぶる石」(サザナミサンゴ)と呼ばれる珊瑚を用い「相方積み」と言う技法で積まれている
c0198669_22400423.jpg

屋敷地は台風から建物を守るため周囲地盤より低くして、軒高近く迄石垣を積み上げている
c0198669_22395226.jpg

船頭主家(しんどうしゅーやー)と呼ばれる高良家 一目で沖縄と分かる、今に伝わる寄せ棟造りの赤瓦葺屋根
c0198669_11565106.jpg

阿嘉大橋の上からサンゴの海を見る
c0198669_22391517.jpg
c0198669_22385687.jpg
c0198669_22382715.jpg

海の色がケラマブルーのグラデーション
c0198669_22381800.jpg
c0198669_22380814.jpg
c0198669_22380089.jpg
c0198669_22375207.jpg
c0198669_22374185.jpg
c0198669_22372186.jpg
c0198669_22371267.jpg
c0198669_22370615.jpg

阿嘉新港 阿嘉島と座間味島は小型船で往来する
c0198669_22365952.jpg

座間味へ戻って来た
c0198669_22365085.jpg

Sony NEX-6 / PZ16-50F3.5-5.6

by doi_masanori | 2016-03-14 00:01 | 沖縄

慶良間の島と海 -1

慶良間(けらま)諸島は沖縄本島の西の東シナ海浮かぶ大小10以上の島々のことで、此処には2つの
村がある。1つは慶良間諸島の中で一番大きな渡嘉敷島(とかしきじま)にある渡嘉敷村、そしてもう
1つはそれ以外の大小10余りの島々からなる座間味村(ざまみむら)がある。今回訪れたのは座間味
村で、人口900人(2014/2)那覇の泊(とまり)港から北西へ40km、高速船で50分、フェリ
ーで1時間半かかる。多島海の景観、高密度に生息するサンゴ礁の海に囲まれた座間味村は2014年
3月5日のサンゴの日に隣の渡嘉敷村と共に「慶良間諸島国立公園」に指定された。この海域はザトウ
クジラの繁殖海域であることから、他の国立公園では例のない沖合7kmまでが海域指定されている。
また、この海域で生息するサンゴや魚類保護の為、慶良間諸島全域が「ラムサール条約」に登録済。

沖縄の海は本州では味わえない魅惑が感じられる(恩納村のホテルより海岸線と東シナ海を望む)
c0198669_13525116.jpg
c0198669_13521347.jpg
c0198669_13520376.jpg
c0198669_13514896.jpg

何時でも何処でも普通に見られる「ハイビスカス」
c0198669_13512961.jpg

これから向かう慶良間諸島の「座間味村」周辺マップ
c0198669_13511403.jpg

”ギフトビル”?リボンで飾られている 広い広場にスーツケースが2つ、さて誰のものだろう那覇泊(とまり)公園広場)
c0198669_15110899.jpg

高速船で出港の予定が天候不良で航行出来ないため、急きょフェリーに変更して出港(「フェリーざまみ」より)
c0198669_13505920.jpg

波之上臨海道路の橋が泊港のゲートになっている
c0198669_13504656.jpg
c0198669_13503541.jpg

橋の内側湾内はフェリーや高速船、連絡船の停泊ポートになっている
c0198669_13502806.jpg
c0198669_13502164.jpg
c0198669_13501174.jpg
c0198669_13495685.jpg

橋をくぐると東シナ海に出る
c0198669_13491134.jpg
c0198669_13490334.jpg
c0198669_13485215.jpg

海上保安庁の巡視船「たらま」PL-85 尖閣諸島専従で警備に当たっている
c0198669_13484296.jpg
c0198669_13483374.jpg
c0198669_13482106.jpg
c0198669_13481241.jpg
c0198669_13480310.jpg
c0198669_13475522.jpg

正面の島は「慶留間島」(げるまじま)
c0198669_13474569.jpg

左の外地島(ふかじじま)と右の「慶留間島」(げるまじま)を結ぶ慶留間橋
c0198669_13473582.jpg

右奥に阿嘉島(あかじま)と村集落が見えて来た
c0198669_00365232.jpg

阿嘉島(あかじま)の村 橋を渡った左側は慶留間島(げるまじま)
c0198669_00363198.jpg

乗船している「フェリーざまみ」阿嘉島に寄港して終点、座間味島(ざまみじま)へ
c0198669_00362488.jpg
c0198669_00354452.jpg

阿嘉新港に立ち寄る
c0198669_00353618.jpg
c0198669_00345429.jpg

阿嘉新港を後にする この辺りまで来ると海の色がコバルトブルーに代わって来る
c0198669_00340311.jpg

座間味港が見えて来た 海の色が感動的
c0198669_00284043.jpg
c0198669_00282923.jpg
c0198669_00281580.jpg

「ザトウクジラ」のモニュメントが見える
c0198669_00274477.jpg

座間味港に間もなく到着
c0198669_00273132.jpg

「タコノキ」(蛸の木)根元が蛸足になっている 沖縄では街路樹にも使われている 沖縄各地でよく見かける
c0198669_00252694.jpg

座間味村のナンバープレート
c0198669_00245679.jpg

この地で福島県いわき市のナンバープレートを見つけた こちらで生活を・・? 東日本震災から5年つい考えてしまう
c0198669_00244547.jpg
c0198669_00220545.jpg

ブーゲンビリア
c0198669_00190383.jpg

Sony NEX-6 / PZ16-50F3.5-5.6

by doi_masanori | 2016-03-13 00:01 | 沖縄

沖縄っと言えば・・・5 南国の果実・食材・その他

宿泊した万座のホテルで朝市が行われていた。朝市と言うことで、果物や野菜(根菜類)が主であったが、地元豊橋では普段見られない様なものばかりだったので紹介します。
他に、那覇市民の足として、那覇空港から国際通り付近を通り首里城までの総延長12.9kmを走るモノレール(愛称ゆいレール)がある。ホテルの近くの壺川駅付近で花電車
ならぬ、首里城モノレールを見ることが出来た。車両を横から見ると、首里城が飛び出して立体的に見える不思議な塗装が施してあり印象的だった。
その他、見れば沖縄っと分かるもの等を紹介します。

これを輪切りにすると、文字通り星形になるトロピカルスターフルーツ
c0198669_12543468.jpg

天然のアイスクリームと言われていて非常に珍しい果物
c0198669_12512492.jpg
c0198669_12511767.jpg

カニステルは別名エッグフルーツ、クダモノタマゴとも呼ばれている 実を割るとビワのような大きな種がある
c0198669_1251335.jpg

パパイヤは南国を代表する果物(野菜)で呼び方も場所により其々で沢山の呼び方があると言う 熟してくると黄色みを帯びてくる
c0198669_12505419.jpg

沖縄では熟す前の緑色のものを野菜として調理して食べることが多いとのこと
c0198669_12504344.jpg

クガニーとは完熟した黄金(クガニー)のシークワーサーのことだと言われているが、クガニーとシークワーサーは別の種類とも言われていて、よくわからない??
c0198669_12503464.jpg

そら芋(エアポテト)は芋は芋でも地中に出来る芋ではなく地上(宙)にできる芋のこと むかごの仲間とか
c0198669_12502471.jpg

ウコンはショウガ科の植物で、カレー粉やからし、たくあん等の黄色味を付けるに使う 又、健康食品にも使われている 沖縄では「うっちん」と呼ばれていて、根っこをゆでて、干して、煎じて、缶詰にされた「うっちん茶」が販売されている
c0198669_12501888.jpg

春ウコンは健康食品が主でカレー粉には使われていないとか?
c0198669_1250059.jpg

ガジュツはウコンと同種同族で、別名紫ウコンと言われている 沖縄ではムラサキウッチンと呼ばれている
c0198669_12495417.jpg

むかごは、じねんじょや長芋等の地上に出た茎つるにできた実の様なもので、大きさ形色は様々、先のそら芋もこの仲間 「むかごご飯」が知られている
c0198669_12494178.jpg

沖縄の地元でタピオカと呼ばれているこの長芋の様な物はキャッサバと呼ばれる熱帯の植物の根っこではないか?キャッサバの根っこからとった澱粉製品がタピオカと言われている 朝市で売る時の商品名を分かり易い「タピオカ」にしたのかも・・
c0198669_124933100.jpg

ホテルでの朝市風景
c0198669_12492358.jpg
c0198669_12491151.jpg
c0198669_12484977.jpg

曇っていたが沖縄の海が見えた
c0198669_12484017.jpg

ハイビスカスも咲いていた
c0198669_1248358.jpg

那覇市内壺川駅周辺 モノレールが走っている
c0198669_124745100.jpg

壺川駅に向かって首里城モノレールがやって来る
c0198669_12473939.jpg

首里城が飛び出して見える
c0198669_1247106.jpg

壺川駅を出発 やっぱり飛び出している
c0198669_1247426.jpg

普通のモノレールとすれ違い あ!首里城が凹んだ!
c0198669_12465380.jpg
c0198669_12464871.jpg

ここから見るとやっぱり飛び出している
c0198669_12463491.jpg

正面が壺川駅 右がホテル
c0198669_12462650.jpg

朝、散歩で橋を渡って対岸に来たら 何と!そこはジャイアンツの那覇キャンプの場所で、始まったばかりだった
c0198669_12461270.jpg
c0198669_1246360.jpg

沖縄の景勝地万座毛 あいにくの雨だった
c0198669_12444720.jpg
c0198669_12444129.jpg

2月の半ば、ツバメが巣づくり さすが沖縄
c0198669_12442759.jpg
c0198669_12441995.jpg

平和記念公園
c0198669_1244219.jpg

摩文仁の丘
c0198669_1243522.jpg
c0198669_12434653.jpg

ひめゆりの塔
c0198669_12433490.jpg

ひめゆり学徒隊が追い詰められた経路
c0198669_12432169.jpg

資料館の裏庭
c0198669_12425556.jpg

手榴弾が投げ込まれ、多くの若い命が散った伊原第三外科壕の近くでこの痛ましい出来事を見ていた「ガジュマル」の木
c0198669_1242482.jpg

帰りの那覇空港は既に暗くなっていた
c0198669_12423112.jpg

セントレアから沖縄に向かう時はじんべえさんが連れて行ってくれた
c0198669_1242120.jpg

じんべえで始まりじんべえで終わった沖縄の旅でした
c0198669_12415342.jpg

これで”沖縄っと言えば・・”シリーズを終わります。お付き合い頂きありがとうございました。
Sony NEX-6 / PZ16-50F3.5-5.6
by doi_masanori | 2014-03-23 00:01 | 沖縄

沖縄っと言えば・・・4 夜の国際通り

「国際通り」は那覇市の繁華街。沖縄県庁、那覇市役所、議会建物が近くに有る、スクランブル交差点を起点に東南東方向に約1.5kmの範囲で道の両側に飲食店、土産物店、
民謡酒場などが並んでいて、特に多くの観光客で賑わっている。昼間は普通の商店街通りであるが、夜になって明かりが付き始めると一変してしまう。
夜の街並みを見ながらぶらぶら歩いていると、あちこちで店の中から三線の音色や島唄などが聞こえてくる。泡盛を飲みながら歌って踊って騒ぐのも楽しいものだ。
国際通りの周りにモノレールの駅が3箇所有る。遅くなってもホテルに帰るにはタクシーより便利かも?と思って利用してみた。ホテルのすぐ近くが駅なので便利だった。

県庁北口スクランブル交差点から1km強の地点、むつみ橋付近 この辺りも賑わっていた
c0198669_14431371.jpg
c0198669_14425880.jpg
c0198669_14425219.jpg
c0198669_14423586.jpg

本通りから横に入り込んだアーケード街 ここにも土産物屋がいっぱい
c0198669_14422280.jpg
c0198669_14421620.jpg

沖縄を象徴するシーサーの置物はいたる所で見られる
c0198669_1442785.jpg
c0198669_1442016.jpg
c0198669_14415275.jpg
c0198669_14414691.jpg

ユーモラスな表情のシーサーも土産物屋をのぞけば必ずある
c0198669_14413718.jpg
c0198669_14413084.jpg
c0198669_1441135.jpg
c0198669_1441763.jpg
c0198669_14405959.jpg
c0198669_14385368.jpg
c0198669_14384236.jpg
c0198669_14383727.jpg
c0198669_14382562.jpg
c0198669_14381938.jpg

民族衣装のよく似合う娘が店の前に立っていると、つい、足を止めてしまう
c0198669_14381097.jpg

おまわりさんも夜回りは欠かせない
c0198669_1438491.jpg

甘いスイーツの香りでいっぱい??の御殿
c0198669_14375373.jpg
c0198669_14374779.jpg
c0198669_14373756.jpg

色々とわけの分からないキャラクターグッズがいっぱい 若者には人気がありそう
c0198669_14372960.jpg

ちょっと一息、気楽に入れそうな店もあちこちに
c0198669_1437980.jpg

県庁北口のスクランブル交差点 正面の建物は「パレットくもじ」百貨店
c0198669_14365447.jpg

スクランブル交差点の南方向に見える沖縄県庁
c0198669_14364829.jpg

スクランブル交差点の北西 画面正面がモノレール県庁前駅
c0198669_14363484.jpg
c0198669_14362251.jpg

切符を買って、ホテルのある壺川駅まで
c0198669_14361520.jpg

ここから壺川まで2区間 あっという間に着いてしまった
c0198669_1436760.jpg

明るい時の国際通りは、何故か情緒は感じられない だだの商店街に見えてしまう
c0198669_14353387.jpg

昼間のスクランブル交差点
c0198669_14352349.jpg

沖縄県庁
c0198669_14351810.jpg

道路を挟んで隣にある那覇市役所
c0198669_143572.jpg

Sony NEX-6 / PZ16-50F3.5-5.6
by doi_masanori | 2014-03-22 00:01 | 沖縄

沖縄っと言えば・・・3 首里城

首里城は中国や日本の文化が取り入れられ14世紀末に建立された琉球独特の城と言われている。首里城の歴史は琉球王朝の歴史でもある。歴史年表によると、琉球王国
が出来たのは、中国では明、日本では室町時代の初めのこと、王国時代に入ると城壁や多くの門が造られた。そして中国では清後期、日本では明治中期、琉球では琉球藩が
設置されて首里城は明け渡たされ、琉球王国の崩壊となった。その間、栄枯盛衰を繰り返し、王国崩壊までに3度の首里城の消失、再建が繰り返されている。琉球王国崩壊に
伴い琉球藩は沖縄県となった。その後、大正元年1925年首里城正殿が国宝に指定され、その8年後の昭和8年1933年には守礼門等4つの門が国宝に指定された。
その後、1945年あのひめゆり部隊で知られる痛ましい沖縄戦線で首里城は4度の消失に見舞われた。沖縄はアメリカの統治下に置かれていたが、守礼門その他の復元は
行われていた。昭和47年1972年沖縄は本土復帰を果たしたが、その後も着々と首里城の改修、復元が行われ、平成4年1992年11月3日、復元が終了して首里城公園の
一部が一般公開された。2000年の沖縄サミットの夕食会が首里城北殿で行われ、その年に首里城跡、石門、玉陵が世界遺産に登録された。その後も城内の未公開施設が
次々と一般公開されて現在に至っている。

1527年頃造られた首里城入口にある守礼門(別名首里門) 1933年国宝に指定される 沖縄戦で消失、1958年復元
c0198669_14122987.jpg


1519年に創建された”そのひゃん うたき いしもん” 2000年世界遺産に登録される
c0198669_14122128.jpg


石門の解説 英語・琉球沖縄語・標準語で解説されている
c0198669_14121645.jpg

標準語の解説
c0198669_1412723.jpg


1933年国宝に指定された 歓会門
c0198669_14115347.jpg

城壁の隅角部が上を向き丸みのある形に特徴がある この部分を「隅頭石(すみがしらいし)」と言われ、昔から角には悪い気が集まりやすいと言われており、
角を無くすことで人当たり(風あたり)を良くするという意味合いがあるようです。
c0198669_14114648.jpg

当時の石垣を残して復元された石垣
c0198669_14114085.jpg

歓会門を入ると当時の衣装を着けた門衛が”メンソーレ” いらっしゃいませ と歓迎してくれた
c0198669_14113349.jpg

右上の門は瑞泉門 1933年に国宝に指定された
c0198669_1623263.jpg

c0198669_14112565.jpg

城壁の石の積み方に注目 正面の四角い石が行儀よく並んで積まれている布積み、上の段の四角以外の形が互いに隙間なく積まれている相方積み
c0198669_14111140.jpg

龍樋
c0198669_1411434.jpg
c0198669_14105828.jpg

漏刻門と布積みの城壁 
c0198669_14104873.jpg

漏刻門
c0198669_14103836.jpg

こちらの城壁の石組みは相方積み
c0198669_1410262.jpg
c0198669_1410710.jpg

沖縄戦では首里城に軍の司令部が置かれていて、ここから海岸で米軍が上陸するのを見ていたとか
c0198669_1410277.jpg
c0198669_1495450.jpg

広福門
c0198669_1494718.jpg

奉神門 この門を入ると正面に首里城正殿が見える
c0198669_1493960.jpg
c0198669_1493298.jpg
c0198669_149207.jpg

首里城正殿
c0198669_1491375.jpg
c0198669_1485650.jpg

国王の休憩場所としての奥書院の庭園
c0198669_1484449.jpg

御差床(うさすか) 国王の玉座として様々な儀式や祝宴が行われたところ
c0198669_1483794.jpg

首里城正殿構造模型
c0198669_1483180.jpg
c0198669_1482343.jpg

正殿の床下は首里城跡として世界遺産に登録されている 床にガラス窓があり床下の様子を見ることが出来る
c0198669_1481723.jpg
c0198669_148328.jpg
c0198669_1475453.jpg

当時の儀式、政が模型で再現されている
c0198669_1474762.jpg

御差床の模型
c0198669_1472550.jpg
c0198669_1471162.jpg
c0198669_1465950.jpg

淑順門 国王やその家族が暮らす御内原(おうちはら)と呼ばれる場所への表門
c0198669_1465164.jpg

当時の石垣を残して復元された石垣がここにもある
c0198669_146397.jpg
c0198669_1462983.jpg

首里の街から見える首里城
c0198669_1461972.jpg

Sony NEX-6 / PZ16-50F3.5-5.6
by doi_masanori | 2014-03-21 00:01 | 沖縄

沖縄っと言えば・・・2 オキちゃん

”沖縄っと言えば”っと言う程でもないが、海洋博公園内のイルカショー専用プール、オキちゃん劇場で人気のイルカショーが行われていた。
オキちゃんは海洋博覧会時のマスコットキャラクター。モチーフは南バンドウイルカやオキゴンドウイルカ等で博覧会のために15匹が捕獲、選別されオキちゃんと命名された。
博覧会会場内で行われたイルカショーに出演していた。現在、1975年の博覧会から現役で活躍中のオキちゃんとその子供、他に現役29年のベテランのゴンちゃんもいるとか。

美ら海水族館から公園施設と本来なら目を見張るう美しさとされる珊瑚礁の海と、東シナ海、伊江島を望む
c0198669_21213960.jpg

海側から見た美ら海水族館
c0198669_21212425.jpg

オキ沖ちゃん劇場でダイビングショーの始まり
c0198669_21211472.jpg
c0198669_2121691.jpg
c0198669_21205924.jpg
c0198669_212053100.jpg
c0198669_21204821.jpg
c0198669_21204178.jpg
c0198669_21202611.jpg
c0198669_21202079.jpg
c0198669_2120135.jpg
c0198669_2120343.jpg
c0198669_21195659.jpg
c0198669_21194913.jpg
c0198669_2119391.jpg
c0198669_21193077.jpg
c0198669_21192393.jpg
c0198669_21191730.jpg
c0198669_2119865.jpg
c0198669_2119122.jpg
c0198669_21185423.jpg
c0198669_21184694.jpg
c0198669_21183969.jpg
c0198669_21183268.jpg
c0198669_21182559.jpg
c0198669_21181952.jpg
c0198669_21181360.jpg
c0198669_2118688.jpg
c0198669_2118035.jpg
c0198669_21175449.jpg
c0198669_21174825.jpg
c0198669_21174157.jpg
c0198669_2117349.jpg
c0198669_2117243.jpg

ここからは3頭のイルカが空を飛ぶ
c0198669_21171810.jpg
c0198669_2117921.jpg
c0198669_2117429.jpg
c0198669_21165723.jpg
c0198669_21164962.jpg
c0198669_21163881.jpg
c0198669_21162143.jpg
c0198669_21161562.jpg
c0198669_21161099.jpg
c0198669_2116275.jpg
c0198669_21155336.jpg

この日はお日様がたまに顔を出す程度で殆ど曇り空、期待していた珊瑚礁の海もご覧のとおりでした
c0198669_21154056.jpg

Sony NEX-6 / PZ16-50F3.5-5.6
by doi_masanori | 2014-03-20 00:01 | 沖縄

沖縄っと言えば・・・1 ジンベエザメ

突然ですが!1か月前沖縄を訪れた時の画像が、整理できたので紹介します。沖縄は2000年のG8サミットが行われる1か月前の6月以来14年ぶりでした。
1975年沖縄海洋博が開催された翌年1976年に博覧会跡地に造られた国営の海洋博公園の中にある「沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館」の中に「ジンベエザメ」がいる。
世界最大の水槽(35mx27mx深10m)、世界最初のサメの飼育、世界最多3尾等を誇る水族館。2005年まではジンベエザメを飼育する水族館は世界で3つしかなかった。
その3つが何と日本国内にあった。現在も沖縄の他、大阪の「海遊館」、鹿児島の「いおワールドかごしま水族館」で、一回り小さい「ジンベエザメ」を見ることが出来る。
ジンベエの他に黒潮に乗って回遊する大型の回遊魚、別水槽で珊瑚礁の魚類、深海の魚類、人魚のモデルとなった「マナティ」等を見ることができる。前回訪れた時は、
「マナティ」の水槽の隣に「ジュゴン」も飼育されていた記憶がある。他に「ダイオウイカ」のホルマリン標本も展示されていた。

ゲートを入ってから海に向かった高台に立つと、正面に格好いい山のある「伊江島」と言う島が見える
c0198669_22471232.jpg
c0198669_2247314.jpg

ブーゲンビリア
c0198669_22465145.jpg
c0198669_22464522.jpg

ジンベエザメ 5m~8mが3尾
c0198669_22462876.jpg
c0198669_22461259.jpg
c0198669_2245556.jpg
c0198669_22454716.jpg
c0198669_22451791.jpg

ナンヨウマンタ
c0198669_22451133.jpg
c0198669_22444945.jpg
c0198669_22443326.jpg
c0198669_22442822.jpg

ナンヨウマンタ、カツオ、ヒョウモンオトメエイ
c0198669_22441979.jpg
c0198669_22441126.jpg
c0198669_2244264.jpg

ナンヨウマンタ、キハダ
c0198669_22435328.jpg
c0198669_22434117.jpg
c0198669_22433581.jpg
c0198669_22432940.jpg
c0198669_2243193.jpg
c0198669_22431298.jpg
c0198669_2243134.jpg
c0198669_22425371.jpg

ダイオウイカ
c0198669_22423698.jpg
c0198669_2242298.jpg

アカサンゴ
c0198669_22421583.jpg

マナティ
c0198669_2242877.jpg

サンゴの海
c0198669_22415013.jpg
c0198669_22414587.jpg

タマカイ
c0198669_22413682.jpg
c0198669_22413046.jpg

熱帯の海
c0198669_22411983.jpg

メガネモチノウオ
c0198669_22411128.jpg

ハナミノガサゴ
c0198669_22405860.jpg

オニヒトデ
c0198669_22405236.jpg

ガンガゼ
c0198669_22404349.jpg
c0198669_22403637.jpg
c0198669_22402773.jpg
c0198669_22401231.jpg

ヤンバルクイナ
c0198669_22392734.jpg

イシカワガエル
c0198669_2239205.jpg

ジンベエザメ
c0198669_22391381.jpg
c0198669_223903.jpg

Sony NEX-6 / PZ16-50F3.5-5.6
by doi_masanori | 2014-03-19 00:01 | 沖縄