野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

カテゴリ:家に咲く花( 61 )

家に咲いている花

寒くなって来た今日この頃、庭の花も春の様な華やかさは無くなって来ているが、それでも、この時期に咲くべき花
たちは自分をアピールするために努力している様子がうかがえる。

園芸種サボテン(名称不詳) 円錐に伸びながら周りは白い小さな花で覆われる
c0198669_17460704.jpg
c0198669_17454304.jpg
c0198669_17444254.jpg
c0198669_17442818.jpg
c0198669_17442015.jpg
c0198669_17435984.jpg
c0198669_17424700.jpg
c0198669_17413987.jpg
c0198669_17220161.jpg
c0198669_17214141.jpg

色んな色の挿し木したキクが所々で咲いている
c0198669_17205203.jpg
c0198669_17203723.jpg
c0198669_17202553.jpg
c0198669_17200473.jpg
c0198669_17194604.jpg
c0198669_17192973.jpg

タイマツバナ(鉢植え) 幾つかの鉢植えが時期をずらして咲いている
c0198669_17183610.jpg
c0198669_17182839.jpg

ツボスミレ(ニョイスミレ)
c0198669_17175998.jpg
c0198669_17175126.jpg

赤い小粒のジュズサンゴ
c0198669_17173586.jpg

クンシランの子房 花が咲き終わった後に残った子房が色づいてきた
c0198669_17171434.jpg

Nikon AF Micro 200F4D / Sony NEX-6

by doi_masanori | 2017-11-24 00:01 | 家に咲く花

小菊が花盛り

家の庭やプランターで挿し木した「小菊」が今、勝手気ままに花を咲かせている。庭に植わっているものは毎年6月
茎を短く切って整理して来年に備えている。そして茎を切った上の部分は、さらに短く切ってプランターへ挿し木し
て増やしている。またこの時期切り花として買ってきた「小菊」も茎を切って挿し木にしている。地植えの「小菊」
はだいたい毎年咲くが、挿し木したものは咲く確率は高くは無いが、それでも園芸好きのカミサンは小まめに手を加
えて楽しんでいる様だ。沢山咲いた時の喜びがあるからだろう。趣味とはこんなものか!と、分かる様な気もする。
c0198669_22500418.jpg
c0198669_22493476.jpg
c0198669_22482188.jpg
c0198669_22470050.jpg
c0198669_22465108.jpg
c0198669_22462925.jpg
c0198669_22444059.jpg
c0198669_22432053.jpg
c0198669_22425237.jpg
c0198669_22421404.jpg
c0198669_22410931.jpg
c0198669_22405077.jpg
c0198669_22402944.jpg
c0198669_22394344.jpg
c0198669_22373476.jpg
c0198669_22354266.jpg

小雨が降り始めた 花びらに薄っすらと雨敵が
c0198669_22344596.jpg
c0198669_22342576.jpg
c0198669_22340616.jpg
c0198669_22335455.jpg
c0198669_22330417.jpg
c0198669_22325416.jpg

寒さが増すにつれて赤味が増してきた「ピラカンサ」に着いた雨の水滴
c0198669_22320884.jpg
c0198669_22320075.jpg

もう1か月以上前から咲いている「ホトトギス」まだ蕾も付いている
c0198669_22312813.jpg
c0198669_22303572.jpg

Borg 45EDⅡ / Lumix DMC-GX7

by doi_masanori | 2017-11-13 00:01 | 家に咲く花

センニチコウ 変な咲き方!その正体は?

花壇などで見られる「センニチコウ」は丸(球)に近い状態で咲いているのが普通の咲き方であるが、家で見られる
「センニチコウ」は普通の咲き方の中に1つ2つ変わった咲き方をしている花が有る。その変った咲き方を解明する
ため調べてみた。上部の紅紫のすぐ下で花を包むようにしている部分に触れるとパラパラと落ちて来た。そこでもう
一度指で弾くと簡単に落ちる。全部落としてしまうと上部の丸い花の部分と下の前から有った脊髄の様な部分と同じ
形になった。このパラパラ落ちた部分を調べてみると”種”であることが分かった。と言うことで、この突然変異的な
咲き方は、子孫を残すための種をつくる使命を与えられた花ではないかと思った。

こんなに長くなってしまっている
c0198669_18164394.jpg

上の部分は普通に咲いている丸い花と変わりない
c0198669_18163588.jpg
c0198669_18161959.jpg

下の部分は骨の様に見える
c0198669_18125332.jpg

この画像は8月1日の記事として載せた画像(参考) この花の咲き方が今回の変な咲き方の発端の花
c0198669_18165795.jpg

2か月半過ぎてこんな姿に・・・
c0198669_18132198.jpg

咲き方の真相究明のため、花のすぐ下のものを弾き落としてみるとこんな姿に・・・
c0198669_21381361.jpg

殆どは普通の咲き方をしている
c0198669_18122438.jpg

種づくりの使命を負った花 この花の下にあるものは種となる
c0198669_18121043.jpg

普通の咲き方
c0198669_18120301.jpg
c0198669_18114623.jpg

Sigma DC Macro 18-200F3.5-6.3 / Pentax KP / Nikon AF Micro 200F4D / Sony α7

by doi_masanori | 2017-10-14 00:01 | 家に咲く花

月下美人また咲いた

今年の「月下美人」は最初に咲いた鉢に10日後にもう1輪咲いたが、その後は一鉢に1輪づつで、この1輪を入れて
計4輪の花を見ることが出来た。2014年の9月には一鉢に2日間で10輪以上の花が咲いたことが有るが、最近
ではそんな快挙は体験していない。毎年同じ様に世話をして育てている様だが、最近は上手くいっていない。然し、
一鉢に1輪の花でも一晩しか見られないと思うと、どこか愛おしさを感じる。
c0198669_17262408.jpg
c0198669_17255575.jpg
c0198669_17242988.jpg

午後10時頃、屋内に入れる直前の花、暗い所で誰にも見られずに咲いている白い花
c0198669_17235887.jpg

Nikon MF 180F2.8S / Fujifilm X-T10

by doi_masanori | 2017-09-10 00:01 | 家に咲く花

月下美人 今年も咲いた

今年も一輪だけだが「月下美人」の白い花を見ることが出来た。一昨日の晩、暗くなり始めから昨日の夜中を過ぎ、
夜明け前位まで咲いていたと思われる。一昨日の夕方蕾を見た時、ひょっとして暗くなったら咲き始めるかも”と思
いつつ注意をしていたが、結局咲いているのに気づいた時は22時が少し過ぎていた。と言うことで咲き始める瞬間
を見る事が出来なかった。一晩しか咲くことを許されてない大倫の真っ白な花は、儚くも美しい・・「月下美人」

これ位が満開ではないか??? 8/20 0:04
c0198669_16034319.jpg

蕾の先を見るとひょっとして今晩咲くかも”と思いつつ 8/19 17:42
c0198669_16032815.jpg

ふと!気が付いたらもうこんなに開いていた 8/19 22:06
c0198669_16030251.jpg
c0198669_16024898.jpg
c0198669_16023261.jpg

8/19 22:56
c0198669_16020623.jpg
c0198669_16015982.jpg
c0198669_16014957.jpg
c0198669_16013967.jpg
c0198669_16010377.jpg

8/20 0:06
c0198669_16004963.jpg
c0198669_16003505.jpg
c0198669_16002401.jpg
c0198669_15593797.jpg

8/20 0:11
c0198669_15592880.jpg

朝目が覚めた時、こんなに成っていた 8/20 8:06
c0198669_15591793.jpg

Nikon AF 24-85F2.8-4D / Fujifilm X-T10

by doi_masanori | 2017-08-21 00:01 | 家に咲く花

マクロで見るオリエンタルユリ

オリエンタルユリの雄しべや雌しべ、それに花弁の内側にランダムにみられる斑点などを、マクロでクローズアップ
撮影してみた。

花弁の内側
c0198669_18245233.jpg

雌しべ
c0198669_18244664.jpg

沢山の花粉をつけた雄しべ
c0198669_18244193.jpg

花弁の内側の斑点は刺の様に見えるが先端は柔らかい
c0198669_18243586.jpg
c0198669_18234665.jpg
c0198669_18233994.jpg
c0198669_18233411.jpg
c0198669_18232661.jpg
c0198669_18210431.jpg

蕾が開いた隙間から雌しべの先が見える
c0198669_18203193.jpg
c0198669_18201773.jpg
c0198669_18195766.jpg
c0198669_18195092.jpg

カサブランカが咲き始めた時の雄しべの花粉の付き方 時間が経つと花粉の色が濃くなり、しべの全体を覆う
c0198669_18192226.jpg

Nikon AF Micro 200F4D / Sony NEX-6

by doi_masanori | 2017-07-28 00:01 | 家に咲く花

ピンクのオリエンタルユリも咲いた

白色の「カサブランカ」に続いてピンクのオリエンタルハイブリッドのユリが咲いた。このピンクのハイブリッド種
は種類が多く名称が特定できない。ユリの場合は球根を購入時、名前が分からないまま購入するものも多いので、花
が咲いて、やっと確認する事が出来る。名前が直ぐ分かるものは良いが、分からないものは色々な手段で調べなけれ
ばならないのでチョッと厄介な所も有るが、分かった時などは単純に嬉しい。「カサブランカ」や「ムスカデット」
の様に比較的知られた名前が、このピンクのユリに有るかどうか分からない。次回の宿題とする。

c0198669_17044903.jpg
c0198669_17044123.jpg
c0198669_17043220.jpg
c0198669_17042512.jpg
c0198669_17041747.jpg
c0198669_17040654.jpg
c0198669_17035918.jpg
c0198669_17035260.jpg
c0198669_17034662.jpg
c0198669_17033852.jpg
c0198669_17032675.jpg
c0198669_17031260.jpg
c0198669_17030721.jpg
c0198669_17030123.jpg

Pentax DA50F1.8 / Pentax KP

by doi_masanori | 2017-07-27 00:01 | 家に咲く花

カサブランカが咲いた

今年もオリエンタルユリのハイブリッド種「カサブランカ」が真っ白な花を咲かせた。今年の花は例年よりやや小さ
めに感じる。毎年秋に球根を鉢植えしているが、その年の気温や気象状況によって生育状況が違うので、いつも同じ
状態の花を見る訳にはいかない。これって当たり前のことかな?!・・・。

最初まづ一輪(約18cm)が咲いた 昨年は20cm位だった
c0198669_17420045.jpg
c0198669_17415459.jpg
c0198669_17414516.jpg
c0198669_17402233.jpg

二輪目の蕾が開き始めた
c0198669_17400925.jpg

三日後に二輪目が開いた
c0198669_17400281.jpg
c0198669_17393653.jpg
c0198669_17392317.jpg

その後次々と真っ白な大輪が開いた
c0198669_17385230.jpg
c0198669_17384034.jpg
Pentax DA50F1.8 / Pentax KP

by doi_masanori | 2017-07-26 00:01 | 家に咲く花

オリエンタルユリが咲いた

家で育てている園芸ユリの「オリエンタルハイブリッドリリー」が咲いた。先にイエローが咲き、3日後にホワ
イトが咲き始めた。この二つは早目に咲き始めたが、他の種類は未だ蕾が固い状態なので、何時咲き始めるかよ
く分からない。それでも暑さも本格的なので意外と早くになるかも知れない。

「オリエンタルハイブリッド」のイエローハット
c0198669_22100762.jpg
c0198669_22095748.jpg
c0198669_22090588.jpg
Pentax DA50F1.8 / Pentax KP

「オリエンタルハイブリッド」のホワイト
c0198669_22085317.jpg
c0198669_22084050.jpg
Nikon MF 180F2.8S / Olympus OM-D E-M10

c0198669_22082397.jpg
c0198669_22081316.jpg
c0198669_22075708.jpg
Nikon AF 85F1.8D / Olympus OM-D E-M10

c0198669_22072158.jpg
c0198669_22070797.jpg
c0198669_22065972.jpg
c0198669_22065012.jpg
Pentax DA35F2.4AL / Pentax KP

c0198669_22072158.jpg
c0198669_22071428.jpg
c0198669_22062982.jpg
Pentax DA50-200F4-5.6 / Pentax KP

by doi_masanori | 2017-07-12 00:01 | 家に咲く花

大輪のクジャクサボテンが次々と

先回の真っ赤な小振りの「クジャクサボテン」に続いて、今年も6鉢ある大輪の「クジャクサボテン」が次々と
咲いている。此方の「クジャクサボテン」は花弁」の周囲がぼかしのある薄ピンク色に縁どられているので花弁
に変化があるので綺麗だ。
c0198669_14302361.jpg
c0198669_14301315.jpg
c0198669_14300314.jpg
c0198669_14295652.jpg
c0198669_14294953.jpg
c0198669_14293526.jpg
c0198669_14292565.jpg
c0198669_14290814.jpg
c0198669_14290078.jpg
c0198669_14284586.jpg
c0198669_14283497.jpg
c0198669_14271467.jpg
c0198669_14270887.jpg
c0198669_14264952.jpg
c0198669_14263364.jpg
c0198669_14262377.jpg
c0198669_14261798.jpg
c0198669_14261017.jpg
Nikon AF 24-85F2.8-4D / Olympus OM-D E-M10

by doi_masanori | 2017-06-07 00:01 | 家に咲く花