野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

waoblog.exblog.jp

最近の土星

今日、8月23日は、暑さが止んで涼しくなり始める頃で、「二十四節気」の「処暑」に当たる。1年を24に区切ったこの暦では、1年
を「春・夏・秋・冬」の四つに分け、さらに其々の季節が六つに分けられている。春は「立春」(2月4日頃)以下六節、夏は「立夏」(5
月6日頃)以下六節、秋は「立秋」(8月7日頃)以下六節、冬は「立冬」(11月7日頃)以下六節と二十四節に分けられている。この
「処暑」は「立秋」の次の節で「二十四節気」の暦の上では”秋”となっている。確かに子供の頃を思い出せば、盆が過ぎて今時分
に成ると、秋風を感じることがあった様に思う。しかし近年では秋風どころか厳しい残暑となっている。しかし、季節は確かに変わり
つつある、夕方7時を回ると薄暮が訪れている。南西の空を見上げると、ひときわ明るい惑星が上下にかなり接近して並んでいる。
上が「土星」下が「火星」。薄暮の中でもくっきりと見える。火星の方が明るく見えるが、写真を撮るならやっぱり「土星」の方がよい。

15秒x18個のAVCHD画像をRegiStax6にて8658フレームの内599フレームをスタック
c0198669_13123668.jpg

15秒x15個のAVCHD画像をRegiStax6にて6526フレームの内599フレームをスタック
c0198669_13122567.jpg

15秒x12個のAVCHD画像をRegiStax6にて5097フレームの内591フレームをスタック
c0198669_13121736.jpg

15秒x7個のAVCHD画像をRegiStax6にて3054フレームの内552フレームをスタック
c0198669_13115975.jpg

Kasai BLANCA-110ED /2xBarlow / Nikon 50xWDS / Sony NEX-6 / pz16-50 / GP2

by doi_masanori | 2014-08-23 00:01 | 天体